ビット コイン ボルト。 ビットコインボルト(BTCV)は詐欺で稼げない暗号通貨?評価や評判を検証!!|副業の初期費用と仕事内容は?詐欺で稼げない?

ビットコインボルトとマイニングシティは詐欺?検証してみた

ビット コイン ボルト

もくじ ~ page contents ~• ビットコインボルト(BTCV)とは? まずはビットコインボルト(BTCV)が何を目的として生まれたのか。 目的はビットコインと同じく、資産(価値)を安全に保有するために発行されています。 よく例えに出されるのは「金(GOLD)」ですが、金(GOLD)を持っていても普段の買い物には使うことはできません。 ビットコインボルト(BTCV)も同じように、自分が持っている資産価値をブロックチェーンという新しい技術によって安全に保有するための通貨です。 その為、今ある円やドルといった法定通貨の代わりになる電子マネーのようなものとは考え方が異なります。 仮想通貨取引所MXC エムエックスシー |ビットコインボルトの換金可能! 現在のビットコイン(BTC)では完全なセキュリティは保てない ビットコインと同じようなものであれば、必要ないのでは?と思われるかもしれませんが、ビットコインには弱点があります。 仮想通貨誕生の先駆けとなり、現在は仮想通貨(暗号資産)の中で基軸通貨となっているビットコインですが、安全性の面ではまだ十分なものではありません。 例えば、一度送付したビットコイン(BTC)は取り戻すことができなかったり、全てのウォレットの0. この問題点を解決し、より安全に、より高いセキュリティで資産を保有できる仮想通貨(暗号資産)が必要とされているわけです。 そこで、2019年12月に誕生したのがビットコインボルト(BTCV)なのです。 ビットコインボルト(BTCV)はビットコインに変わるものになるか こうしたビットコインの弱点を埋めるために、実に多くのビットコイン系の仮想通貨が開発されています。 その中で、ビットコインボルト(BTCV)が次世代のビットコインになり得るのかという点が重要ですね。 どれだけ仕組みが素晴らしくても、どれだけ安全性を高めても、その仮想通貨を支持するコミュニティがなければ意味がありません。 ビットコインボルト(BTCV)には、仮想通貨(暗号資産)の役割を果たす十分な仕組みと、コミュニティ構築のための手段の両方が備わっています。 ビットコインボルト(BTCV)が支持される可能性は? 仮想通貨(暗号資産)が普及していくには、様々な分野でのコミュニティ構築が必要です。 セキュリティや使いやすさを進化させる開発者• コミュニティを拡大させるためのプロモーションやマーケティング• 仮想通貨の発行を担うマイナー(マイニングに参加する企業・人) このようにすべての要素がバランスよく発展していく必要があります。 「Orbs Hexa」が開発のグループパートナー ビットコインボルト(BTCV の開発はMINEBEST(マインベスト)社が行っていますが、パートナーとして「Orbs Hexa」グループと提携しています。 「Orbs Hexa」グループは、日本でも有名になったエイダコインのCARDANOの開発をになっており、仮想通貨(暗号資産)業界をけん引する開発グループです。 ビットコインボルト(BTCV を進化させていく環境は整っていると言えます。 マーケティング展開を担うデジタルマイニング協会 ビットコインボルト(BTCV は、MINEBEST(マインベスト)社のCEOであるイエール氏によって開発された仮想通貨です。 イエール氏は、仮想通貨業界の国連とも言われる「デジタルマイニング協会」の会長を務める人物です。 このデジタルマイニング協会には、世界のビットコインマイニング企業のトップ10がすべて加入しています。 イエール氏のもとには、マイニングに関するありとあらゆる最新の情報が入ってくるため、プロモーションやマーケティングにかけては信頼できる十分な理由があります。 ビットコインボルト(BTCV のマイニングを担うマイニングマシンは、BITMAIN(ビットメイン)社をサプライヤー企業として連携することで賄われています。 こうした業界の中心企業との太いパイプがあることも、ビットコインボルト(BTCV のマイニングの信頼性を高めています。 このようにビットコインボルト(BTCV には、ビットコインに代わる仮想通貨として発展していく土台が構築されているのです。 ビットコインボルト(BTCV)のマイニング実績は? 環境が整っていたとしても、実際にマイニングによってビットコインボルト(BTCV)を入手できているかが最も重要なところになります。 当サイトで管理しているマイニングシティのアカウントで、実際にビットコインボルト(BTCV)がどれだけ採掘できているかを公開します。 2020年6月4日のビットコインボルト(BTCV)マイニング実績 2020年6月4日時点のビットコインボルト(BTCV)のマイニング実績です。 これを 月利計算すると22. 現時点での状況としては、 投資額を4ヶ月半で回収できる見通しです。 マイニング自体は1,100日~1,200日続きますので、 元本を回収したあとはすべて利益ですね! しかも現時点でのビットコインボルト(BTCV)の価格換算なので、 価格が上昇すればもっと早く回収ができるかもしれません。 あくまでも現時点の実績からの見通しに過ぎませんが、ビットコインボルト(BTCV)の価値が今以上に膨れ上がればさらに大きな利益を得る可能性もあります。 今のこのタイミングでビットコインボルト(BTCV)のマイニングに参加する価値は大きいと判断することはできるでしょう。 ビットコインボルト(BTCV)のマイニングに参加するには? ビットコインボルト(BTCV)のマイニングに参加する手順を簡単に解説しておきましょう。 マイニングプールはビットコインで購入しますので、ビットコインを購入するところから始めましょう。 既にビットコインを持っている方は、すぐにプールを購入することができますね。 ビットコイン購入のために取引所の開設• 取引所でビットコインの購入• ビットコインをウォレットに送金• マイニングシティのアカウントを作成• 10日の準備期間を経てマイニングスタート 上記の流れでマイニングを開始することができます。 ビットコインを持っていない方は、日本国内の取引所を開設しビットコインを購入しましょう。 【注意!】取引所から直接ビットコインを送るのは絶対NG! 1点注意しておきたいポイントがあります。 マイニングシティでビットコインボルト(BTCV)のマイニングプールを購入する場合、取引所から直接送金(入金)するのは絶対にやめましょう。 マイニングプールの購入ボタンを押してから、一定の時間が経過すると、購入手続きが無効になります。 取引所からの送金は時間がかかることがあるため、リスクが高くなります。 必ず取引所からビットコインをウォレットに移し、ウォレットから送金するようにしてください。 当サイトからマイニングシティに登録した方は無料でサポートいたします。 マイニングシティへの送金など、手続きをするにあたって不安な方は、お気軽にお問合わせください。 但し、無料でサポートできるのは、当サイトからマイニングシティに登録した方のみに限定させていただいております。 有料でのサポートも承りますので、必要な方は下記の問い合わせフォームよりお問合わせください。

次の

Bitcoin Vault / BTCV(ビットコイン ボルト)についてプロジェクト概要を解説

ビット コイン ボルト

Bitcoin Vault(ビットコインボルト)は非中央化デジタルマイニング基準(DDMS)への参加に必要なソフトウェアのアップグレードに成功したことを発表しました。 この基準は• 世界中でマイニングを公正に分配することにより、民主的なバランスを生み出す• マイニングの収益性を持続可能なレベルで成長させる• このことを記念し、、zoomでパーティーを開催することを決定しました。 パーティーには、• Mining City のCEO:Greg Rogowski 氏• Minebest のCEO:Eyal Avramowich 氏• Mining City のリーダー など、特別ゲストが登壇する予定です。 CoinealはBTCVが上場した初めての取引所であり、今回のパートナーシップにより、より多くのユーザーがBTCVを活用できる市場を構築していくとのことです。 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)とは Bitcoin Vault(ビットコインボルト)とは Bitcoin Vault(ビットコインボルト)は名前がビットコインに似ていますが、ビットコインから派生した暗号資産ではなく、ポーランドに本社を構えるマイニング企業、MINEBEST(マインベスト)社が2019年12月に開発した暗号資産です。 ビットコインボルトは金(ゴールド)のようなに希少性の高い資産となる暗号資産になることを目的として開発されました。 実際、金(ゴールド)は法定通貨よりインフラに強く、戦争や新型コロナウイルスなどの影響を受けにくく、資産価値が高まっています。 そのような金(ゴールド)のようになる目的で作られたビットコインボルト(BTCV)は現在の新型コロナウイルスの逆境に負けず、2020年5月2日現在も価格が上がり続け、上場から85倍急騰しています。 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)の特徴 高い盗難防止対策 ビットコインボルトはトークンの盗難を防止するため、全ての取引を144のブロックで監視・警告が行われます。 通常ビットコインでは、一度送金した取引をキャンセルすることはできず、送金先を間違えてしまった時も後戻りはできません。 また、これは間違いだけではなく、ハッキングなどによる盗難に関しても同じことがいえます。 しかし、ビットコインボルトでは、ハッキングなどが起きた際は復元キーにより取引が行われてから24時間以内であれば、取引をキャンセルすることができ、不正取引ができない仕組みとなっています。 独自のブロックチェーンを生成可能 冒頭で述べたように、ビットコインボルトはビットコインから派生した暗号資産ではないため、ビットコインボルト独自にブロックチェーンを生成することが可能です。 10分当175個のブロックを生成することができ、10分当12. 5個ほどしか生成できないビットコインブロックチェーンと比べるとどれほど高スピードでブロックが生成されているかわかります。 これにより、ユーザーはトランザクションの待ち時間などを短縮することができ、取引においてタイミングを逃すなど損をする心配がなくなります。 非中央化仮想通貨スタンダード(DDMS)に対応する初のブロックチェーン ビットコインボルトは国際仮想通貨協会(WDMO)のに適用した初のブロックチェーンです。 DDMSに必要な機能を実装するため、ビットコインボルトは日々、ソフトウェアのアップグレードを行っています。 ビットコインボルトの半減期周期は6ヶ月周期 ビットコインボルトとビットコインの大きな違いの1つは半減期の周期の違いです。 ビットコインの半減期の周期が4年に1度なのに対し、ビットコインボルトは6ヶ月に1度半減期が訪れます。 周期が長いビットコインは全てのコインをマイニングするには2040年ごろまでかかるとされています。 しかし、ビットコインボルトは6ヶ月に一度半減期を迎えるため、2024年ごろには全てのコインのマイニングが完了する計算になっています。 通常、半減期を迎えると価格の上昇が期待されるため、短い周期での半減期が起こるビットコインボルトの価格の上昇が楽しみですね! マイニングでビットコインボルトを取得できる 冒頭でも触れたようにビットコインボルトはマイニング企業である、MINEBEST社が発行する暗号資産であるため、マイニングとも深い関係をもっています。 通常マイニングはユーザーがマイニングマシンを購入し、電気代などの損失を被りながら行う必要があります。 しかし、ビットコインボルトはMINEBESTのクラウドマイニングであるMining Cityがユーザーの代わりにマイニングを行ってくれます。 つまり、電気代などの損失を産むことなくビットコインボルトをマイニングできるということです。 ビットコインボルトを発行するMINEBEST社やMining Cityに関してはこの下! Bitcoin Vault(ビットコインボルト)の開発会社MINEBEST(マインベスト)とは MINEBEST(マインベスト)社とは ビットコインボルトを開発したMINEBEST社とは、ポーランドに拠点を置く、マイニング企業です。 世界で初めて特定国政府である、カザフスタン政府公認の指定経済特区を拠点としており、圧倒的なコストパフォーマンスと効率性を向上させる独自技術ソリューションを提供しています。 世界上位10マイナーとして表彰履歴のあるマイニング企業であり、CEOのEyal Avramovich氏は世界デジタルマイニング協会会長も努めています。 Mining City(マイニングシティー)とは とは、MINEBESTの提供するクラウドマイニングプロジェクトです。 2019年には、日本向けにMing City Japan Projectをローンチしており、日本国内外で大きく注目されています。 マイニングシティーの強みはなんと言っても「低コストで行えるマイニング」であり、ユーザーの出資に対して、マイニング報酬を還元する仕組みを構築しています。 Mining Cityの特徴:低価格で電力を確保 Mining Cityは世界的にみても電気代の安い。 カザフスタン・ ウズベキスタンでマイニングを行っています。 また、カザフスタンでは豊富に取れる石炭を利用した火力発電をメインに発電を行い、ウズベキスタンでは、水力発電により電力を賄っています。 このように地域の環境に応じて最安価な電力確保の方法を取っています。 Mining Cityの特徴:圧倒的な電力供給 MINEBESTグループ全体では、600MWもの電力量給料があります。 また、その全てが自社で運営を行っているため、他社と比較すると大幅にコストをカットし、運営を行うことが可能となっています。 Mining Cityの特徴:最安価のマイニングマシン Mining Cityは取り扱うマイニングマシンを、大小メーカーに関わらず、売り先がなく困っているマイニングマシンを最安値で大量購入しています。 マシンを最安値で仕入れることにより、マイニングコストも下げています。 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)のロードマップ Bitcoin Vault(ビットコインボルト)の上場先 Coinealに上場 ビットコインボルトが発行するBTCVは現在Coinealに上場しています。 Coinealとは とは、2018年4月に香港で設立された比較的新しい暗号資産取引所です。 日本での知名度はあまり高くありませんが、 世界的には豊富な取引量から常に10位以内をキープしています。 CoinealでのBTCVの購入方法 1. ホーム画面上部にある「 売買取引」を選択します。 上部で「 成行取引」もしくは「 市場価値取引」を選択し、「 価格」と「 数量」を入力し、「 買う」を選択することで、購入することができます。 売る場合は同じように取引方法と価格・数量を設定し、「 売る」を選択することで売却することができます。 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)の基本情報 暗号資産名 Bitcoin Vault(ビットコインボルト) トークン名 BTCV 公開日 2019年12月12日 発行上限 21,000,000 BTCV 発行枚数 — 開発国 MINEBEST:ポーランド Minigcity:キプロス 開発会社 MINEBEST(マインベスト)社 Bitcoin Vault(ビットコインボルト)のSNS一覧.

次の

ビットコインボルト(BTCV)は坂本よしたかの詐欺暗号通貨?評価レビュー

ビット コイン ボルト

最近SNS上でビットコインボルト(BTCV)という仮想通貨の話題が多く挙がっています。 ビットコインボルトは「マイニングシティ」という仮想通貨投資の案件で紹介され、新しくマイニングできるようになった通貨のことです。 取引所に上場してから 100倍以上の値上がりをしたため、多くの注目を集めるようになったと見られます。 そこで、本記事ではビットコインボルトについて、概要、特徴を説明して、投資するべきか否かの判断をしていきたいと思います。 今のところそれ以外の使い道はほぼ無く、ビットコインのように店頭で支払いが出来たり、リップルのように国際送金のやり取りに秀でている訳ではありません。 ビットコインボルトの特徴 ビットコインボルトはビットコインと同じ思想で設計されています。 しかし、似ているのは名前、総発行枚数とASICで採掘できる点くらいで、ほぼ別の通貨と言ってよいでしょう。 一回目の半減期は2020年の五月頃を予定。 最終的に2100万BTCVが採掘されるのは2024年の5月頃になる予定です。 (引用:より) ビットコインのマイニング報酬の半減期は4年に1回ですから、ビットコインボルトは8倍のスピードで半減期を迎えることになります。 マイニングの半減期は「通貨の価値が下がることを防止するため」に用意されています。 簡単に説明すると、マイニングで市場に流通する通貨が増えた場合、通常であれば市場価値は下がってしまう。 それを抑制するために、マイニングで貰える報酬を少なくすることでマイニングに参加する人を絞り、市場に流通させる通貨量を調整する、ということです。 半減期後は通貨の価格が上がることもあるので、そのチャンスが多いとも取れます。 一方でマイニング報酬が減っていくペースが速いので、早々にマイナーが撤退してしまい、新規ブロックが全然作られないという危険性もあると言えます。 これはビットコインには無い機能(1度行なった取引は取り消せない)。 ハッキングを受けたとしても、該当のその取引を取り消せば自分の資産を守ることができます。 国際仮想通貨協会はマイニングに関する国際的な基準を作ることを目的としています。 そこでいま準備しているのが分散デジタルマイニング標準 DDMS です。 DDMSを仮想通貨マイニングの国際的な標準として提案しようとしています。 ビットコインボルトはこのDDMSに適応した1つ目の仮想通貨ということになります。 そこでDDMSはマイニングが平等に行えるように仮想通貨のマイニング方法について地域差が生まれないような仕組みを提案しようとしています。 SNS上で話題になっているのも「ビットコインボルトとマイニングシティの投資で稼ぎましょう!」という内容がほとんどです。 実際、ビットコインボルトはマイニングシティ以外ではマイニングすることが出来ません。 ビットコインボルトの将来性は?投資すべき? 特徴を洗い出したところで、ビットコインボルトに投資すべきか判断したいと思います。 結論:ビットコインボルトには投資すべきではない ビットコインボルトに将来性を感じることが出来ませんでした。 特徴だけ見ていくと「ビットコインの改良版かな?」という印象を受けて、「投資してみてもいいかも」と思うかもしれません。 ここからはビットコインボルトに投資すべきではない理由を解説します。 現在、SNS上ではネガティブ情報があまり出ていないので、参考にしてみてください。 ハッキングされない通貨はない まず、仮想通貨全般に言えることですが、インターネットにつながっている以上、 ハッキングのリスクは全ての仮想通貨に存在します。 そこをビットコインボルトは「 24時間以内の取引であればキャンセルが可能」という特徴で回避しようとする訳ですが、これはハッキングする側も利用することが出来ます。 つまり、誰かの取引に介入する余地が残されている。 これでは何のためにブロックチェーン技術を使っているのか分からなくなってしまいます。 ブロックチェーンは取引履歴を改ざん出来ないからこそ信頼出来る技術として仮想通貨の設計に利用されています。 もし、本当にハッキングリスクを無くすのであれば、コールドウォレットに保管するなどネットに繋がれない状態で仮想通貨を保存する必要があります。 ビットコインボルトは取引に介入できる余地が残されている点において、セキュリティ以前の問題と言えるでしょう。 ロードマップ、ホワイトペーパーが粗すぎる (引用:より) 仮想通貨の目的や機能、設計方法などが記載されているのがホワイトペーパーです。 ホワイトペーパーは会社で言うところの事業計画書。 他の投資家から投資してもらうために、一番気合いを入れて作る部分です。 ところが、 ビットコインボルトのホワイトペーパーはPDFで8ページしかありません。 しかも、そのうちの4ページはなぜかビットコインを説明しています。 参考までにオントロジーという通貨のホワイトペーパーを見てみると、50ページありました。 投資家たちが8ペーしかない事業計画書を見て投資したいと思うでしょうか・・・? また、さらに付け加えるとロードマップもザンネンなものになっています。 2021年以降の予定が載ってない! 2019年に発足したプロジェクトで1年先のことしか載ってないのは明らかに問題です。 その内容もさることながら、ビットコインボルトをどうしていくのかというビジョンが見えない。 2020年5月現在、ロードマップには2020年第4クオーターまでしか載っていません。 新規に参入する投資家からすると「何を狙って参入すればいいのか分からない」ので、ビットコインボルトのホルダーは増えないのではないでしょうか。 DDMSの信頼性に欠ける DDMSはマイニングの国際標準を作ろうとしている団体です。 そのDDMSの公式ホームページですが、 通信にHTTP接続を使っておりセキュリティに問題があります。 (引用:より) 一般のブログでさえセキュリティが高いHTTPS接続が使われているのに、国際標準を作ろうとする団体のセキュリティが緩い。 これでは家中の鍵を開けっ放しにしてる人から「セキュリティは大事だよ!」と言われるようなもの。 正直、これだけで「信用のおけない団体だな」という印象ですが、他にも、 ・提携してもいない企業を勝手に載せている ・実現不可能なこと(各地域にマイニングパワーを平等に行き渡らせる)を言っている ・そもそも詳細なホワイトペーパーは2020年の第三四半期に出る予定なのでは? と、かなりめちゃくちゃなことを言っていました。 国際マイニング協会なんて大層な名前を付けられると、「なんか凄そうだな」と思ってしまいがちですが、その信頼性はかなり怪しいです。 ハッシュレートが異常な値 2020年5月12日現在、ビットコインボルトのハッシュレートは「3. これは、 ビットコインキャッシュとほぼ同等の値です(2020年5月12日時点)。 では、 ビットコインボルトがビットコインキャッシュと同じくらい人気が高いのでしょうか? おそらく、 それはNoでしょう。 コインマーケットキャップの市場ランキングでもBCHは5位、BTCVは2050位となっています。 明らかに規模が違いすぎますし、そんなにマイニングが激化している訳がありません。 それほどの人気なら仮想通貨界隈でニュースになっているはずです。 ここから言えることは、 ビットコインボルトのハッシュレートが掲載されているサイトは怪しいということ(ちなみにこのサイトもセキュリティに問題のあるHTTP接続を採用していました)。 ハッシュレートが高いと人気が高い通貨と見られるので、情報を操作している可能性もあります。 ビットコインボルトの将来性は厳しい 以上、「ビットコインボルトの将来性」について検討してみましたが、 ビットコインボルトに長期的な期待をするのはおすすめできません。 理由は上記した通り。 仮想通貨としての魅力、運営の対応、不審な点が数々あるなど、ビットコインボルトはかなり問題が多い仮想通貨プロジェクトと言わざるを得ません。 特にホワイトペーパーの軽さと、ロードマップが十分でないところ。 このような仮想通貨が稀少性の高い金と同じ価値になれるとは思えません。 ビットコインボルトの将来性は非常に低いでしょう。 ビットコインボルトとの付き合い方 先ほど「ビットコインボルトの将来性は低い」と言いましたが、短期的なトレード目的で持つのはありかもしれません。 確かにビットコインボルトには不審な点が多く、長期的に保有するのはおすすめできません。 しかし、チャートを見てみると最初期に買っていた人は多くの利益を得られたのは間違いないでしょう。 BTCVは2019年12月にリリースされたばかり。 もうしばらくは、運営が買い支えをしてでも終わらせたくない案件だと予想しており、 もう少し価格の上昇が続くのではないかと睨んでいます。 ただ、ビットコインボルトはマイニングだと集めるまで1100日間かかってしまうのが難点。 その間に値下がりするリスクも気になるところです。 なので ビットコインボルトが欲しかったら取引所で直接購入すると良いでしょう。 すぐにトレード出来ますし、将来価格が上がった時に沢山買った方がよいはず。 現在、ビットコインボルトを扱っている取引所は以下3つ (2020年5月12日調べ) ・coineal ・liquid 日本人利用不可 ・MXC liquidは日本人の利用が不可なので、ビットコインボルトを購入することができません。 coinealかMXCを利用するようにしましょう。 Coineal取引所はコインマーケットキャップの取引所ランキングで19位。 MXC取引所は4位となっているので、どちらの取引所でも安心して取引を行うことが出来ます。 ビットコインボルトのチャート 現在価格:12,948円 最高価格:15,275円 最低価格:2,371円 (コインマーケットキャップ調べ) SNSでよく言われている上場から60倍とか、120倍というのがどこから来ているのかが分かりませんが、上場以来右肩上がりのチャートになっています。 ビットコインボルトの買い方 ビットコインボルトの買い方は大きく2種類あります。 取引所で直接購入する coineal取引所、もしくはMXC取引所にて購入します。 マイニングシティについてはこちらの記事を参照してください。 ・ビットコインボルトに興味はありませんか? ・ビットコインボルトの無料セミナーやってます! ・ビットコインボルトはこれから絶対きます! などといった書き込みが散見されます。 厳密にはビットコインボルトそのものへの評判を話し合っている訳ではありません。 マイニングシティは人にマイニングシティを紹介して、登録してもらうと自分の報酬を増やすことが出来る「MLM方式」を採用しています。 つまり、ツイッターの上の勧誘活動は自身の収益を増やすためのもの。 勧誘してくる人は良いことしか言わない可能性があるので用心しておきましょう。 ビットコインボルトのまとめ.

次の