今治タオル 不買運動。 今治タオルに風評被害?誤解を招くNHKの報道と地域名ブランドの難しさ|引き出物セレクト

NHK「ノーナレ」報道についてのご報告

今治タオル 不買運動

6月24日夜の『ノーナレ』では、愛媛県の縫製工場で働く低賃金、長時間労働を強いられるベトナム人技能実習生が取り上げられた。 番組中では具体的な社名や地名には触れられなかったものの、批判が高まった。 そして、写り込んだ建物をGoogleストリートビューで「特定」する人たちが現れたのだ。 その建物に「森清タオル」(株式会社オルネット)という看板があることから、「犯人」が同社であるとする書き込みが相次ぎ、誹謗中傷が殺到した。 しかし、実際にはこの建物は、同社が別の企業に貸していたものだったという。 やはいずれも、番組で取り上げられた工場と同社は無関係だと発表している。 また、番組の放送後に「今治タオル不買」というハッシュタグも現れている。 同社は「誤った報道が拡散されて行くことは大変遺憾」「決して今治タオル市場全体が放送内容のような業界ではないことを皆様にはご理解頂きたい」と述べている。 組合は「重く受け止めている」 こうした状況を受け、タオルを製織する企業104社が加盟している「今治タオル工業組合」が公式声明を発表した。 声明では、報道された企業は同組合の組合員ではないが、「組合員等の縫製の下請企業である」と明らかにした。 そのうえで、「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております」などとしている。 番組では、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生がいるとも報じられた。 この件についても、「一日も早い回復を願っております」とした。 同組合としても事実関係について情報収集をしているといい、すでに調査を進めている外国人技能実習機構の情報などを参考にしながら、「実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討」するとしている。 今後、加盟社による全員協議会とコンプライアンス研修を実施するという。 なお、「組合員等の下請け企業」としている点について、BuzzFeed Newsの取材に応じた同組合によると、組合に属さないほかの企業の請負もしている可能性があるため、「等」としているという。

次の

今治タオル工場が外国人を騙して奴隷労働で大炎上!?不買運動も!

今治タオル 不買運動

「今治タオル」の裁縫工場で働くベトナム人技能実習生が劣悪な労働環境下にある実態を伝えたNHKのドキュメンタリー「ノーナレ」の放送を受け、同ブランド振興団体の「今治タオル工業組合」(愛媛県今治市)は2019年6月26日、声明を発表した。 番組で紹介された企業は「当組合の組合員でないことを確認しております」とするものの、同企業が組合所属企業の下請けを担っているとして、「当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています」としている。 番組をめぐっては、取り上げられた企業とは異なる企業名がインターネット上で拡散。 インターネット上で誹謗中傷を受ける事態に発展しており、やり玉にあげられた企業が憶測を否定する声明を出すなど、混乱が広がっている。 組合「道義的責任を非常に重く受け止め」 今治タオル工業組合は5月時点でタオル製織会社104社が所属し、タオル生産に関する情報収集・提供、調査研究や、今治タオルの振興事業を行っている。 声明では、「6月24日(月)NHK『ノーナレ』報道(本報道)について、当組合に対しても様々なご意見を頂戴しております。 また、今治タオルをご愛顧頂いている皆様、お取引先各社様、並びに関係各所の皆様方には多大なるご心配をお掛けしております。 つきましては、当組合が現時点で把握しております事実関係についてご報告をさせていただきます」として、放送された劣悪な労働環境について次のように認識を示した。 「本報道にありましたベトナム人技能実習生の皆さまが受けた耐え難い苦痛に対しまして、当組合では社会的責任及び道義的責任を非常に重く受け止め、事実確認を進めております。 また、仕事中に脳出血で倒れ意識不明の状態が続いている実習生につきましては、外国人技能実習機構(同機構)が早急に事実を確認しているとのことですが、一日も早い回復を願っております」 放送内容の事実関係について情報収集を進めているとして、「現時点で当組合が把握している事実」を4点公表した。 1点目は「ベトナム人技能実習生の受入企業(当該企業)は、当組合に所属する企業(組合員)ではありません」というもの。 番組で「28人のベトナム人が働く下請工場」「仕事はタオルの縫製」と紹介された企業について組合員でないことを確認したという。 また番組内で触れられた「『明日組合で話し合うと言っている』とある組合」も、「外国人技能実習生の監理団体(受入を行う協同組合)であるとされ、当組合とは別の組織です。 当該企業と当組合との直接の接点はありません」とした。 2点目に示したのは「当該企業は当組合員等の縫製の下請企業であることから、当組合も社会的責任及び道義的責任を重く受け止めています」という同組合の姿勢。 今治タオルの振興を進める組合として「この問題を非常に重く受け止めております」とした。 3点目は改善に向けた取り組みに関するもので、「今後の対応は、技能実習生の労働環境の改善を最優先に考えて支援などに取組みます」としている。 外国人技能実習機構が進める調査の結果などを参考に「実習生の身分や地位等の利益を最優先して労働環境の改善などの対応を真摯に検討してまいります」と方針を示した。 4点目は組合員企業やその下請企業に対する取り組みとして、「当組合では、経済産業省等から指導を受けています『繊維産業における外国人技能実習の適正な実施等のための取組』と『繊維産業の適正取引の推進と生産性・付加価値向上に向けた自主行動計画』を基に、これまで以上に組合員はもとより下請企業の法令及びコンプライアンス遵守について周知徹底を強化します」とした。 具体的には「7月8日(月)午後1時30分から組合員104社を招集して、全員協議とコンプライアンス研修『組織で考える不祥事防止策』を開催いたします。 また、一過性のことと捉えず、今後より一層業界として是正のための取組みを継続してまいります」としたほか、「調査と並行し、組合員104社に対し、各社内のみならず、各社の業務委託先に関しても、労働者の健全な待遇や環境形成のサポートを行なえる制度構築、内規設計等を検討してまいります」と示している。 ネット上で憶測が拡散 番組をめぐっては、紹介されたベトナム人技能実習生が働く企業が「森清タオル・オルネット」ではないかとの憶測がネット上で拡散し、オルネット自身が公式サイトで25日、「当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません。 今後もみなさまに愛される会社を目指して参りますので、よろしくお願いいたします」と憶測を否定する事態となっていた。 それでもネットの過熱は収まらず、同社は26日にもサイトを更新。 ネットの憶測の根拠とされている要素や疑惑について1つ1つ打ち消したほか、「万が一誹謗中傷の記事が訂正・削除されていない又は継続しているようであれば、遺憾ではございますが法的措置も検討しております」との姿勢も示した。 森清タオル・オルネットは今治タオル工業組合に所属する企業の1つ。 同社がいわれのない誹謗中傷を受けていることについて、同組合の担当者は26日、J-CASTニュースの取材に「森清タオル様が公式サイトでしっかりとしたご見解を出している。 読んでいただければご理解いただけると思う。 それ以上はこちらから何か言える問題ではないと思っている」と話した。 NHKも番組サイトで「放送後、この番組で実習生が働いている会社として、特定の企業(森清タオル・オルネット)を中傷する内容がインターネットに書き込まれていますが、その企業は、当番組で取り上げた会社ではありません」と憶測を明確に否定している。 (J-CASTニュース編集部 青木正典).

次の

今治タオル不買運動に、NHK「技能実習生の悲惨な実態」から誤解が拡散

今治タオル 不買運動

今治タオル工場で働くベトナム人の中には、 75万円もの借金をして日本へ技術の勉強に来た人も。 ベトナムの平均年収は20万円なので、75万円はかなりの大金です。 大金をはたいて日本にやってきたものの、満足な賃金を支払われず劣悪な労働環境の元今治タオルを作らされている現状でした。 月に22日間働いたとしても 1日の残業時間は約8時間。 労働基準法で定められた労働時間の約2倍もの労働を強いられていたことになります。 過労死の労働時間は、 月の残業時間が80時間だといわれているので、180時間は過労死ラインを遥かに超えた時間となっています。 過労死はニュースでも大きく取り上げられるので、『今治タオル不買』のハッシュタグは今後も大きな波紋を呼ぶことでしょう。 通常では考えられない量のノルマを課せられ「できないならベトナムに帰すぞ」と怒鳴り散らされていたそう。 今治タオル不買関連のツイートでは「 リアル版カイジ」という言葉も見受けられます。 まさに地下牢獄で過酷な労働を強いられるカイジの世界といっても過言ではないでしょう。 今治工場での労働環境だけでなく、社員寮の環境もひどいものでした。 ほとんど窓はなく、半地下の部屋に閉じ込められているような生活。 服が乾かない時には、生乾きの状態で着せられ労働させれることも。 むき出しのシャワーが4つあり、社員寮に住む28人が一緒にシャワーを浴びるなど衛生環境も最悪のようです。 今治タオル工場のベトナム人従業員が脳梗塞 ノーテレのラストシーンでは、衝撃的な事実が放送されました。 6月初旬に今治タオル工場に勤めるベトナム人の従業員が脳梗塞で倒れ、意識不明とのこと。 NHKは、この事実について今治タオル工場に回答を求めましたが、未だ連絡がない状況が続いています。 ベトナム人の従業員がNHKにSOSメールを送ったことから発覚した今治タオル工場の劣悪な労働環境。 一部の従業員はすでに保護されているものの、 残された従業員はさらに過酷な労働を強いられたのでしょう。 関係のない今治タオル会社が被害を受けている 昨夜の「ノーナレ」でバリバラに出演してくれた技能実習生たちをあらためて取材しました。 ただ、取り上げた会社とは無関係な会社がネットに出ています。 問い合わせや苦情が殺到し、困っておられます。 控えて下さいますようお願いします。 【拡散希望】 今回の技能実習生の件、マップで会社が特定済と騒がれてるけど、あれは大家さんの会社で、日本人だけ雇って真っ当にやってるらしい。 問題の会社はその真っ当な大家さんの会社から工場借り、コソコソやってるらしいです。 なので、映像に出た会社には電凸しないであげて。 — Dr. Freeman 識別名: 狼臥 Cougar1Lover 実際は、劣悪な労働環境の今治タオル工場とは異なるため、問い合わせを控えるよう声掛けも広まっています。 『今治タオル不買』のツイート 今治タオル、愛用してきましたけど、もう買いません。 — sarah lovelovesarah 今年も数枚贈り物で買ってますが、もう買いません タオルは買うなら泉州タオルへ移行です 改革は働き方ではなく、働かせ方だと常々言ってますが、まさにこれが当てはまると思います 最低な土地だ — 腹黒白くま 24cZSYcLIocKmpC 今までタオル買うとき今治タオル選ぶことが多かったけど 買うのやめる の主張がアホすぎる — 311013mrkb blytsrpmnp 今治タオル不買のハッシュタグまで!今治タオルの劣悪な労働環境とは?まとめ 今回、NHKのノーテレである今治タオル工場の劣悪な労働環境が露わになり、今治市や今治タオルを販売する他の工場も大きな打撃を受けています。 人を大切にし、おもてなしの心で外国人を受け入れているまっとうな今治タオル工場もあることを認識する必要もありそうですね。 脳梗塞で倒れたベトナム人従業員の方の回復を願います。 以上、「今治タオル不買のハッシュタグまで!今治タオルの劣悪な労働環境とは?」について紹介しました。

次の