イ ビョンホン 監督。 イ・ビョンホン

パク・ソジュン×IU(イ・ジウン)、イ・ビョンホン監督の映画「ドリーム」クランクイン…豪華キャスティングに期待高まる

イ ビョンホン 監督

主な演出作品 [ ]• 『』(『暴君 光海君』『南漢山城』以外の全作品、一部共同監督)(1983年-1990年・MBC)• 『』(1999年・MBC)• 『』(2001年・MBC)• 『』(2003年・MBC)• 『』(2005年・)• 『』(2007年・MBC)• 『』(2010年・MBC)• 『』(2012年・MBC)• 『』(2016年・MBC) 主な監修作品 [ ]• 『』(1998年・MBC) 書籍 [ ]• イ・ビョンフン監督エッセイ集「夢の王国を築け」(2009年、韓国)• チャングム、イ・サンの監督が語る 韓流時代劇の魅力(2012年、日本) 脚注 [ ] [].

次の

映画「エターナル」監督が語る イ・ビョンホンと韓国映画の現状

イ ビョンホン 監督

この項目「 イ・ビョンホン」は に出されており、翻訳者を求めています。 翻訳を行っていただける方は、翻訳前にの「」の項目に記入してください。 詳細はやを参照してください。 をお忘れなく。 身長177cm、体重72kg。 仏語仏文学科 卒(仏文学士 )。 新聞放送学科大学院中退。 実妹は、韓国で度ミスコリア賞(グランプリ)を受賞し、モデルやタレントとして活動している(: 이은희)。 略歴 [ ] 漢陽大学校仏語仏文科在学中に、アルバイトで「コカコーラ」など多数のCF CM でモデル活動。 母親の友人が、公開採用オーディションの願書を持ってきて、俳優の道を薦められ、、KBS公開採用14期生に合格。 翌1991年、トップの成績で研修を終え、すぐに『 ()』でとしてデビュー。 翌1992年放送開始のテレビドラマ『 ()』は2年もの間放送され、主演したイ・ビョンホン自身も青春スターの代名詞となった。 1990年代は主にテレビドラマで活躍。 大学院では後に『』で共演すると同期。 デビューの1995年『 ()』と2作目の『 ()』で、各映画賞の新人賞を受賞した。 1998年、新人歌手のミュージックビデオ MV 「To Heaven」と札幌を舞台にした「不滅の愛I・II」に出演。 俳優が歌手のMVに出演する初めての試みで、映画のようなストーリーと映像で大ヒットした。 この大ヒットをきっかけに、歌手のMVに有名俳優が出演し、その後はMV出演を機に注目を集めた新人俳優がドラマデビューするなど、歌手のMVが注目を集めていた。 1999年、アルバム『to me』を発売。 タイトル曲「Tears」はドラマ『』の挿入歌。 2000年、当時の韓国の観客動員数記録を更新した映画『』では韓国軍兵士を演じ、第1回釜山映画評論家協会賞・主演男優賞を受賞。 2005年に主演し、ハリウッドのエージェントと契約するきっかけとなった『』では、映画評論家協会賞をはじめ3つの主演男優賞を受賞。 演技力に加え、作品ごとにあらゆるキャラクターを演じられることから、「千の顔を持つ俳優」と称された。 2006年、韓国人俳優として初めて、フランス政府から文化芸術勲章を授与される。 2007年、「俳優が演技に集中できる環境を提供できる事務所を」と長年連れ添ったマネージャーと独立し、ピョルナンアクターズを設立。 その後「Be Happy」と自身のイニシャルからBHをとって、BHエンターテインメントと社名を変更。 通常のマネージメントはもちろん、グローバルエージェント事業部門を新設し、アメリカ・日本・中国の芸能事務所やエージェントと提携して、国内外の俳優の海外での活動をサポートしている。 2013年10月現在、自身を含め、、、チングなど数名の俳優が所属している。 国内の映画や海外の映画作品に出演していたが、2009年6年ぶりとなるドラマ『』に主演。 KBS演技大賞の最高賞にあたる大賞や、百想芸術大賞 テレビ部門最優秀演技賞、国会大賞特別賞など、テレビドラマ関連の賞を多数受賞した。 この活躍は国内だけではなく、韓国人俳優として初めて中国第14回CMA&AIA「アジアで最も影響力のある俳優賞」や 国際ドラマフェスティバル in Tokyo「Best Actor in Asia」など、アジアの賞でも受賞した。 2009年、『』のストームシャドー役でハリウッドデビューを果たした。 2012年、主演映画『』が韓国歴代3位となる1231万9542人を記録。 同作品は最優秀作品賞を受賞し、自身も男優主演賞を受賞した。 2013年、『』のストームシャドー役で出演。 2015年、『』に、役で出演。 人物 [ ]• 2013年8月10日に女優と結婚式を挙げる。 10年以上ユニセフ()の活動に参加、からユニセフカード広報大使を務め、にユニセフ特別代表にも任命され、活動している。 作品 [ ] シングル [ ]• (2011年) アルバム [ ]• - 日本盤は2004年発売• 『IRIS -アイリス- 』OST、日本放送記念スペシャルパッケージ『IRIS Original Sound Track : Perfect Box』より 「stay」、 「Endless Road - Japanese Ver」、「Endless Road - Korean Ver」 映像作品 [ ]• イ・ビョンホン コレクターズDVD-BOX(2004年11月)• イ・ビョンホン in 東京ドーム(2006年10月)• イ・ビョンホン アリーナツアー2007(2008年1月) 出演 [ ] 映画 [ ]• ()(1995年) - イ・ジョンドゥ 役• ()(1995年) - ドンホ 役• ()(1996年) - ラブ 役• ()(1997年) - ジョンマン 役• ()(1999年) - カン・スハ 役 (主演男優賞ノミネート)• (2000年) - イ・スヒョク 役 (主演男優賞ノミネート)• ()(2001年) - ソ・インウ 役 (主演男優賞ノミネート)• ()(2002年) - ファン・テジン 役 (主演男優賞ノミネート)• 「cut」(2004年)• (2004年) - スヒョン 役• (2005年) - キム・ソヌ 役 (主演男優賞ノミネート)• (2006年) - ユン・ソギョン 役 (主演男優賞ノミネート)• (2009年) - パク・チャンイ 役 (主演男優賞ノミネート)• (2009年) - ス・ドンポ 役• (2009年) - ストームシャドー 役• ()(2010年)デジタル映画• (2010年) - スヒョン 役 (主演男優賞ノミネート)• (2012年) - 王 クァンヘグン()/賤民 ハソン 役• (2013年) - ストームシャドー 役• (2013年) - ハン・チョバイ 役• (2015年) - 役• ()(2017年)• () (1991年、)• () (1991年、KBS)• 家族 (1991年、KBS)• 霧は晴れない (1991年、KBS)• () (1992年、KBS) - チェ・ヒョンマン 役• () (1992年、KBS) - ヒョン・ソグ/ビョンホ 役• () (1992年、KBS) - シン・ボムス 役(兵役中)• (1992年、KBS)- キフン役• () (1993年、KBS)• () (1994年、KBS) - オ・ヘソン刑事 役• () (1994年、) - キム・ジュノ 役• (1995年、SBS) - カン・ドンジュン 役(ドリーム・レーサー)• () (1995年、KBS) - チャン・ホンピョ 役• (1997年、SBS) - ファン・ジュノ 役• () (1998年、SBS) - ミン・ギョンビン 役• (1999年、SBS) - ソ・デプン 役• (1999年、KBS)• ラブストーリー 〜編 (1999年、SBS) - イ・テソン 役• (2001年、SBS) - イ・ミンチョル 役• (2001年、SBS) - ウシク 役• (2003年、SBS) - キム・イナ 役• (2009年、KBS) - キム・ヒョンジュン 役• (2011年1月 - 3月、) - ジョン(韓国系アメリカ人のCIA捜査官) 役• (2018年、・) - チェ・ユジン(韓国系アメリカ人の海軍大尉) 役 ゲーム [ ]• (2006年) CM [ ] 日本企業 [ ]• (日本電気)「」• 「」 韓国企業 [ ]• Limited (2004年9月)• LBH MEETS LBH (2006年7月)• パリイ (2007年7月)• パリイ special edition 月と日 (2007年12月)• A Man LEE BYUNG HUN〜今、伝えたいこと〜 (2010年12月) 受賞歴 [ ]• 1992年 KBS 演技大賞 新人男優賞• 1993年 KBS 演技大賞 優秀演技賞 (『明日は愛』)• 1995年 KBS 演技大賞 優秀演技賞 (『風の息子』)• 1995年 第6回 新顔演技賞 (『誰が俺を狂わせるのか』)• 1996年 第34回 新人男優賞 (『ラン・アウェイ』)• 1996年 第19回 黄金撮影賞 新人男優賞 (『ラン・アウェイ』)• 1996年 第32回 テレビ部門 男優演技賞 (『風の息子』)• 2000年 第1回 釜山映画評論家協会賞 主演男優賞 (『JSA』)• 2001年 第22回 人気スター賞 (『JSA』)• 2001年 SBS 演技大賞 最優秀演技賞・10大スター賞 (『美しき日々』)• 2003年 第39回 テレビ部門 最優秀演技賞 (『オールイン』)• 2003年 SBS 演技大賞 大賞・10大スター賞(『オールイン』)• 2003年 韓国放送大賞 タレント部門受賞• 2005年 第13回 春史羅雲奎映画芸術祭 主演男優賞 (『甘い人生』)• 2005年 第25回 映画評論家協会賞 主演男優賞 (『甘い人生』)• 2006年 第42回 最優秀演技賞 (『甘い人生』)• 2006年 フランス 授与• 2009年第23回 日本ゴールドディスク大賞 ザ・ベスト・エイジアン・アーティスト• 2009年 第30回 青龍映画祭 人気スター賞• 2009年 国会大賞 特別賞• 2009年 KBS 演技大賞 大賞・ネチズン賞・ベストカップル賞(『アイリス』)• 2009年 第46回 テレビ部門 最優秀演技賞(『アイリス』)• 2010年 第5回 APN Asia-Pacific Producer Network Conference アワードアジア映画人賞(俳優部門)• 2010年 国際ドラマフェスティバル in Tokyo「Best Actor in Asia」初代• 2011年 第47回 映画部門 大賞(『悪魔を見た』)• 2011年 2011 大韓民国大衆文化芸術賞 大統領表彰• 2012年 第49回 男優主演賞・人気賞(『王になった男』)• 2012年 第13回 釜山映画評論家協会賞 主演男優賞(『王になった男』)• 2012年 2012 シネアジアアワード(CineAsia 2012 Award)今年のスター賞(Star of the Year)• 2016年 第36回 韓国映画評論家協会賞 男優賞(『』) 日本での活動 [ ] のにゲストとして出演し、スピーチを行った。 「」と称され、CM出演、ファンイベント開催、写真集出版など日本での活動も行っている。 日本語吹き替え [ ] 『』が日本で放送されて以降、が専属ともいえる頻度で担当していたが、『』を皮切りに韓国外の映画にも出演するようになってからは、高橋に代わりが吹き替えを担当することが多くなっている。 ただし、『メモリーズ 追憶の剣』や『』のBSジャパン版に関しては高橋も担当しており、必ずしも阪口が担当しているわけではない。 その他 [ ]• が自社運行航空便等で呼びかけている「ユニセフ募金」の機内案内放送用CFにと出演。 2004年8月2日に放送されたNHK『 夏のスペシャル -韓国で英語をしゃべらナイト-』では、流暢な英語を披露した。 『Lee Byung Hun in Tokyo Dome』開催。 東京ドームにて日本で初めてのファン・ミーティングを行い、4万2千人を動員。 2006年、フランスまたは世界の芸術と文化に著しく貢献したとして、フランス政府から文化芸術勲章を授与された。 2006年、の『』に主役として出演。 映画『甘い人生』での演技が評価され、韓国の映画賞で、映画評論家協会賞など、最優秀主演男優賞3冠。 ハリウッド進出が決まった後、その模様を撮影したドキュメンタリーが韓国KBS2TVで製作され、放送された。 日本のジュエリーメーカー、と契約し、ビョンホン自身がデザインしたジュエリーを販売している。 2010年より韓国コスメMISSHAの日本公式ショップのイメージキャラクターを務めている。 脚注 [ ] []• 韓国観光公社公式サイト• vom 12. August 2013 englisch. com 2015年9月29日. 2015年9月29日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月7日. 2016年1月7日閲覧。 K-Style. 2016年11月9日. 2016年11月9日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (朝鮮語)• - (英語)• - 2009年7月から9月までの期間限定ブログ• (朝鮮語)•

次の

イ・ビョンホンが大阪ジョーを制圧!!『G.I.ジョーバック2リベンジ』大阪城スペシャルイベント

イ ビョンホン 監督

笑いと涙の青春グラフティ『二十歳』が11月28日 土 より公開され、大ヒット上映中! 韓国にて興行ランキング1位を獲得、観客動員数300万人突破を記録した本作の主演は、今1番の注目を集める若手俳優キム・ウビン、アーティスト・俳優として目覚しい活躍を遂げ進化し続ける2PMのジュノ、新作ドラマ「未生-ミセン-」で大ブレイクを果たしたカン・ハヌル。 今回、映画『二十歳』大ヒットを記念して、本作でメガホンをとったイ・ビョンホン監督の貴重なインタビューが到着。 主演3人のキャスティングからお色気シーンの舞台裏まで語ってくれた。 イ・ビョンホン:10年前ですが、その頃はシナリオの習作を一生懸命に書いていた時期でした。 自分と友達、そして周囲の人々のささいな日々の出来事を、そして当時、つらいなぁ、しんどいなぁと感じていた物事について、習作として書きたい、友達たちと遊んだりしている話を書いておきたいという思いがあって、書きました。 この「二十歳」はその習作のシナリオが元になっています。 エピソードや彼らが置かれている状況などを少しずつネタにして、キャラクターを作り上げていったので、キャラクターについての著作権は彼らにあるといってもいいくらいで、キャラクターを作り上げるのはそれほど大変ではありませんでした。 イ・ビョンホン:キャラクターの行動がとても重要な作品なので、キャスティングで冒険はしたくありませんでした。 主人公の三俳優はすぐに思い浮かびました。 それに彼らが俳優活動をしてきて見せてきたイメージとは違う、ほかの人たちが知らない僕だけが知っているだろうなと思っている一面というのがあって、それで彼らに決めたのですが、ぴったりのキャスティングだと思っています。 幸いにもすべての俳優が快くオファーを受けてくれて、新人監督の自分にとってはラッキーなケースと言えるでしょう。 彼らがもっているイメージとキャラクターとが一致している部分が多かったと思います。 本人も本心ではそうしたかったようで、期待した以上の演技をしてくれました。 どんな状況の演技を注文してもうまくこなしてくれそうな勘のいい俳優です。 カン・ハヌルさんは、キム・ウビンさんとは違って、できないことは、できるまで練習を重ねて努力でやっていくタイプで、そういった姿勢がとても信頼感があって、どんなむずかしい依頼をしても、十分にこなしてくれると僕は信じていました。 ジュノさんは本当にエネルギーにあふれていますね。 多忙なスケジュールの中であれほど感情移入した演技を、疲れることなくこなせるなんて、驚かされました。 あれほどのエネルギーがあれば今後の俳優活動も十分期待できると思います。 ただ少しだけ色気のあるシーンだけは、脚本を書いている自分でも恥ずかしくてしょうがないのに、何回も同じセリフを、バージョンを変えて繰り返し撮影をしたのですから、俳優たちは恥ずかしくて大変だったと思います。 イ・ビョンホン:日本で私の映画「二十歳」をご覧くださる皆さんに、感謝いたします。 主人公たちの感じる友達同士の楽しい感情を、同じように感じてくださったら幸いです。 3人の俳優たちに期待し、この映画を愛してくださって楽しい映画だったと思ってくだされば、これほどうれしいことはありません。 『二十歳』 シネマート新宿 シネマート心斎橋他、全国劇場で大ヒット上映中 原題:스물 製作:2015年/韓国映画 韓国公開:2015年3月25日 監督・脚本:イ・ビョンホン『サニー 永遠の仲間たち』『過速スキャンダル』『タチャ-神の手-』 CAST:キム・ウビン「相続者たち」「チング 永遠の絆」、ジュノ 2PM 『監視者たち』、カン・ハヌル「花ざかりの君たちへ」「ミセン」 原題 配給:NBCユニバーサル・エンターテイメント 配給協力:アーク・フィルムズ 公開日:2015年11月28日 土 公式サイト: 元記事配信日時 : 2015年12月17日00時00分 記者 : Kstyle編集部.

次の