ヴェル ファイア エグゼクティブ ラウンジ。 ヴェルファイアハイブリッド エグゼクティブラウンジZ(トヨタ)の中古車

トヨタ ヴェルファイア 3.5 エグゼクティブラウンジ Z (VU3931544626)|中古車詳細|みんカラ

ヴェル ファイア エグゼクティブ ラウンジ

北海道 0件• 青森県 0件• 岩手県 0件• 秋田県 0件• 福島県 0件• 栃木県 0件• 新潟県 0件• 山梨県 0件• 長野県 0件• 石川県 0件• 福井県 0件• 岐阜県 0件• 滋賀県 0件• 京都府 0件• 大阪府 0件• 兵庫県 0件• 奈良県 0件• 鳥取県 0件• 島根県 0件• 徳島県 0件• 香川県 0件• 高知県 0件• 福岡県 0件• 佐賀県 0件• 長崎県 0件• 熊本県 0件• 大分県 0件• 宮崎県 0件• 鹿児島県 0件• 沖縄県 0件• トヨタフラッグシップミニバン「アルファード(ALPHARD)」/「ヴェルファイア(VELLFIRE)」。 リヤに新開発のダブルウィッシュボーンサスペンションを採用。 また、V6・3. ラインアップは、「2. 5X」、「2. 5Z」、「2. 5Z Gエディション」、「2. 5V」、「3. 5ZG」、「3. 5VL」、「3. 5エグゼクティブラウンジ」、「3. 5エグゼクティブラウンジZ」を設定。 また、「2. 5X」、「2. 5Z」、「2. 5V」、「3. 5VL」には「サイドリフトアップチルトシート装着車」を用意。 5Z」は7/8人乗り、「2. 5X」は8人乗り、その他は7人乗りのみ、全グレード2WD/4WDを用意。 第2世代を迎えた予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備した。 単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」や、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト(LTA)」を搭載。 さらに、リヤクロストラフィックアラート(RCTA)やブラインドスポットモニター(BSM)を新設定するなど、予防安全装備を充実させた。 今回、「2. 5Z」をベースとした特別仕様車「2. 5Z ゴールデンアイズ」を設定。 ゴールド加飾を施したヘッドランプ、漆黒メッキ加飾のフロントグリルやLEDフロントフォグランプモール、バックドアガーニッシュ、リヤランプガーニッシュなどを採用し、ゴールドをアクセントとした特別感ある外観とした。 インテリアは、パーフォレーション加工を施したウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シート表皮、メタルウッドの本革巻き4本スポークステアリングホイールをはじめ、ルーフおよびピラーにブラックを採用し、高級感ある室内空間を演出。 加えて、3眼LEDヘッドランプ、LEDシーケンシャルターンランプ(フロント・リヤ)、LEDコーナリングランプなどを特別装備。 ボディカラーは、「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」を含む全4色を用意。

次の

ヴェルファイア・ハイブリッドの中古車

ヴェル ファイア エグゼクティブ ラウンジ

「エグゼクティブラウンジZ」のお値段、素の状態で何と750万8160円である。 これにもし何か付ければ、即800万円。 そして乗り出しは900万円になる。 一番お高いメルセデスのミニバンよりも高価だ。 それでもなぜ人気となったのか。 理由は至って簡単で、すごく豪華に見えて、快適な移動が可能で、広々とした空間は大人びていて、最後の決め手は多くの芸能人や政治家などのVIPが愛用しているから。 もう一つある。 それはリセールバリューが異様に高いから。 つまり、乗っていて売却しても損はしないクルマだからという側面も大きいと思う。 多少無理をして買っても、リセールがいいから次に繋がるというわけだ。 そのリセールバリュー、3年乗った兄弟車の『アルファード』は楽々と残価率80%を超えて、90%に近い。 つまり、まあ走行距離にもよるのだろうが、3年乗って750万円のクルマを600万円以上で下取ってもらえるというわけだ。 これなら人気が出ても不思議ではないが、それはこのクルマがおおよそ3年かけて積み上げてきた実績であって、いきなりそうなったわけではない。 今回試乗したヴェルファイアは3. 5リットルV6を搭載した最上級モデル。 今時V6エンジン自体珍しい存在になっているが、こいつがもたらす怒涛の加速感はやはり乗ってしまうと病みつきになる。 しかし、今回試すべきはその怒涛の加速でも快適な室内でもなく、実はマイナーチェンジで新たに付いたトヨタセーフティーセンスのレーダークルーズコントロールやレーン・トレーシング・アシスト(LTA)などである。 これまでトヨタの安全技術は大まかに言って安いグレードの「セーフティーセンスC」と高級グレード用の「セーフティーセンスP」に別れていたが、これからは基本技術は共有し、クルマの価格などに応じて装備するものとしないものをわけるようにして、名前は単にセーフティーセンスとして統一することになったようである。 もっともよく良く話を聞いていると、核となる技術は3つほどでそれに数多ある技術を付加するかしないかは車種によって異なってくるようだ。 空いた首都高で、ACCと連動させてLTAを試してみた。 嫌がってキャンセルするケースは、逆光時やコントラストが急激に変わるトンネルの入り口や出口など。 トヨタの石橋を叩いて渡る思想が反映されていて、不確実性が取り除かれているが、LTAが作動している状態での車両の動きは極めて安定し、レーンの中を直進する。 同じ機能でもクルマ、あるいはメーカーによっては、白線を上手く認識しないのか、車線内でふらつくケースがあるのだが、トヨタのそれはビシッと走ってくれる。 また、ACCの設定スピードに上限がなくなった。 これも来るべき高速道路の制限スピードアップに対応するもので、ようやく全車速対応のACCが本当に使えるものになった気がする。 ミニバンを試乗して単に運転するだけで終わるほど空しいものはない。 何しろこのクルマの神髄は「社長の席」。 即ち2列目にあるのだから。 今回もその社長の席に社長を乗せ、秘書は素早く3列目に乗るために、3列目へのアクセスを手動式として時短を図ったシステムが取り入れられている。 というわけで、今回も同業者とコンビを組んで、2列目シートのインプレも行わせていただいた。 ただ、主査の吉岡憲一氏も話していたが、ドンガラの大きなこの手のミニバンの場合、大きなサイドスライドドアという開口部を持つ性格上、2列目シートの快適性を確保するのは至難の業で、どうしてもドライバーズシートが特等席になってしまう。 今回の場合は、構造用接着剤を使うなどしてボディ剛性を高めて快適さをアップしたと話しておられたものの、やはりシートに伝わる微振動は取り切れておらず、快適ではあるが、乗り心地的には特等席ではないのかな?という印象を持った。 しかしそうは言うものの、のんびりと寛げるという点において、今のところこのクルマの右に出るものはないかもしれない。 怒涛の加速感は完全にドライバーの自己満足にのみはけ口を求め、2列目の住人はそのエンジンが3. 5リットルV6だろうがハイブリッドだろうが、どうでもいい話…である。 それにしても周囲も一目置き、快適かつ高性能で、しかも売ってある意味特をするクルマと来れば、誰もが欲しがるのは当たり前のような気がする。 近年は中国や東南アジアでもこのクルマの人気ものすごいことになっているようだ。 その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、その後ドイツでクルマ修行。 1977年にジャーナリズム業界に入り、以来39年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。 また、現在は企業向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める。 《中村 孝仁》.

次の

トヨタ ヴェルファイア エグゼクティブラウンジ3.5の試乗記

ヴェル ファイア エグゼクティブ ラウンジ

国内のLクラスミニバン市場において、 圧倒的な人気とシェアを誇っているのが、トヨタのヴェルファイアと兄弟車であるアルファードです。 現行モデルのヴェルファイアが登場したのは2015年1月。 アルファードとともにフルモデルチェンジが行われ2代目となりました。 これが30系と呼ばれるモデルで、 迫力のあるそのエクステリアデザインや 存在感満点のボリューミーな車体サイズ、そして ラグジュアリー感漂う豪華で広々とした居住空間から、先代を超える人気を呼び、ミニバンファンにとっての あこがれの存在となっています。 そんな30系ヴェルファイアは登場以来変わらぬ高い人気をキープし続けていましたが、2018年1月に大幅なマイナーチェンジが施されました。 そして、このバージョンアップによってその人気がさらに加速しているのです。 新たに設定されたのが エグゼクティブラウンジZ 最新ヴェルファイアはグレードのバリエーションもさらに豊富になりましたが、その中でも注目度が高いのが 最上級グレードに位置づけられている「ヴェルファイア エグゼクティブラウンジZ」です。 これは従来モデルにもあった 最上級グレードであるエグゼクティブラウンジにさらにエアロパーツを装着した新たなグレード。 ただでさえゴージャスなヴェルファイアのエアロモデルに、エクステリアやインテリアが専用のデザインにグレードアップしてさらに充実した装備もおごられているのですから、いわば 国産Lクラスミニバンの頂点といっていいでしょう。 もちろんそれだけにその価格も相当なもの。 なんと驚きの718万3080円(ハイブリッドエグゼクティブラウンジZ ならさらに750万8,60円!)です。 ヴェルファイアはガソリンエンジンのベースモデルでさえ335万4480円となかなかの高額車。 そのさらに最上級モデルとなるわけです。 さすがによほど余裕がなければ簡単には手が出ない金額ですが、その装備の内容を考えると十分買い得だとも言われています。 では、そんなヴェルファイア エグゼクティブラウンジZとは、具体的にどのようなクルマなのでしょうか。 おそらくヴェルファイアファンにとっては気になるところでしょう。 そこで、エグゼクティブラウンジZならではのその特別な装備や、他のグレードとの違いになどついて詳しくチェックしてみましょう。 そもそも30系フェイルア マイナーチェンジで何が変わった? (引用:トヨタ公式HP) ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジZにクローズアップする前に、まず2018年1月に行われたヴェルファイアのマイナーチェンジの内容について整理してみます。 変更点は以下のようなメニューになります。 まずは第2世代の 予防安全パッケージである「Toyota Safety Sense」が全車に標準装備となりました。 これによって搭載された単眼カメラとミリ波レーダーの性能も向上し、自転車や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」機能を実現しています。 さらに、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に運転の支援を行う新機能「レーントレーシングアシスト」や先行車や対向車に迷惑をかけずにハイビームを照射する「アダプティブハイビームシステム」なども装備。 加えて道路標識をマルチインフォメーションディスプレイに表示して標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト」なども採用されています。 ヴェルファイアオーナーにとって何より気になるエクステリアに関しては、 ヘッドランプやバンパー、フロントグリル、リアガーニッシュなどのデザインを大幅に変更。 また、流れるウインカー(シーケンシャルウインカー)の採用も見逃せないポイントでしょう。 そして同様にインテリアグレードアップ。 素材や質感が向上し、デザインも変わっています。 パワーユニットに関しても3. 5リッター V6に新開発の直噴エンジンが採用され、トランスミッションも従来の6速ATからより滑らかな変速が可能な8速ATにバージョンアップ。 ボディ剛性も向上し操縦安定性と優れた乗り心地も実現しました。 他にはカメラがとらえた標識をインパネに表示するロードサインアシストやインテリジェントパーキングアシスト2なども採用されています。 そして、新しいグレードとして、 従来最上級グレードであったエグゼクティブラウンジの、さらにエアロモデルとなる「Executive Lounge Z(エグゼクティブラウンジZ」がヴェルファイアに新設定されました。 エグゼクティブラウンジZ専用インテリアとして「ブラック&ホワイト」の内装色を採用し、シルバー木目調の専用加飾や、防汚処理加工を施したホワイト色のプレミアムナッパ本革シートとともに、 先進的でモダンな室内空間を演出しています。 また、これ以外にもハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードのヴェルファイアZも設定されています。 機能やデザインがバージョンアップしたうえ、より幅広いグレードから自分に適したヴェルファイアが選べるようになったというわけです。 エグゼクティブラウンジZの目玉 ラグジュアリーな2列目シートとは (引用:トヨタ公式HP) ヴェルファイアは2列目シートに、8人乗りベンチシートや7人乗りのリラックスキャプテンシート、同じく7人乗りのエグゼクティブパワーシートなどが用意されていますが、エグゼクティブラウンジZは 最上級のVIP仕様となるエグゼクティブラウンジシートが装備されています。 このシートはまるで 旅客機のビジネスクラスを思わせるゴージャスなもの。 3人がけのベンチシートが設置できるセカンドシートの空間に、大ぶりのシート2脚がすき間なく並んでいます。 これぞVIP仕様ともいうべき豪華版。 専用カラーのホワイトも選べるシートには電動でスライド位置や背もたれのリクライニング、オットマンの出し入れなどの操作が行える格納多機能リモコンが付いています。 また上質なウッドテーブルに加えアームレスト部分には、専用のドリンクホルダーやスマホを収納できる収納ポケットも用意。 加えて読書灯や、冬に座面を温めてくれるシートヒーター、そして暑い夏には風を通し、蒸れを抑えてくれるベンチレーション機能までも標準装備。 まさに 旅客機のビジネスクラスやファーストクラス並みの豪華なシートです。 その上従来のエグゼクティブ ラウンジシートではできなかった、ワンアクションでシートを前方にスライドできるマニュアルウォークイン機能も搭載。 3列シートの使い勝手も向上しています。 これならどんなVIPを乗せても満足してもらえること間違いなしです。 ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジZには、できればドライバーとしてではなく、後席に座るVIPとして乗車したいものですね。 ゴージャスなセカンドシート以外の 魅力的な専用装備とは エグゼクティブラウンジZにはエアロパーツが標準装備となっていますが、他のエアログレードと違うのがヘッドライトとリアランプです。 これは 他のエアログレードでは10万円以上するオプションアイテムです。 これがはじめから装着されています。 さらにインテリアが専用デザインのシルバー木目調パネルを採用しています。 スタイリッシュでクールなイメージのこのシルバー木目パネルは、 エグゼクティブラウンジZ専用で、他のグレードでは例え欲しくてもオプションで選ぶこともできません。 さらに、メーターも専用のオプティトロンメーター(メーター照度コントロール付)で、フロントシートはこれまたゴージャスなプレミアムナッパ本革シート(3. 5リッターのZGグレードにオプション装着すると33万1560円。 ベースモデルはオプション選択も不可。 )が標準です。 また、AVシステムには他のグレードにオプションで装着すると73万4400円もする、T-Connect SDナビゲーションシステム(高精細9. 2型タッチ液晶、FM多重VICS、T-Connect DCMパッケージ)+17スピーカー(12chアンプ)のJBLプレミアムサウンドシステムがこれまた標準。 加えて12. 1型リヤシートエンターテインメントシステム(VTR入力端子、HDMI入力端子付。 ベースグレードにオプションで追加するとこれだけで18万3600円)まで付いています。 そもそも AVシステムの価格だけでほぼ100万円というのも驚きですが。 他にはカメラとモニターを使用したデジタルインナーミラーも標準装備ですし、 ブラック&ホワイトの内装色を選べるというのもエグゼクティブラウンジZだけの特別なメニュー。 とにかくこれでもかというほどの充実した装備が満載です。 これだけの内容ならば、オプションで追加するべきものは何もありませんね。 なんといっても 他のグレードではオプションでも選択できない魅力的な専用アイテムの数々もオーナーの心をくすぐるのは間違いありません。 ヴェルファイアファンがあこがれるのも理解できますね。 ただ、そうはいっても700万円オーバーですからやっぱり高価です。 装備は驚くほど充実していますが、それだって必ずしも必須の物ばかりではありません。 それにどんなにゴージャスなセカンドシートであっても、悲しいかなドライバーはその恩恵にあずかれることはほとんどないでしょう(家族は喜ぶかもしれませんが…、)。 もしあなたがヴェルファイアという車種自体に魅力を感じていて、なおかつ自分なりにドレスアップも楽しみたいのならば、手ごろなベースモデルを選び、本当に欲しいオプションや社外のカスタマイズパーツを追加して楽しむという方法も悪くないかもしれません。

次の