誹謗中傷 立件。 SNSの誹謗中傷で逮捕される「境界線」を解説! 懲役何年?

ネット誹謗中傷で加害者を逮捕できるケースと事例を解説|IT弁護士ナビ

誹謗中傷 立件

インターネット上の会員制交流サイト(SNS)に男性(当時18)を中傷する書き込みをしたとして、滋賀県警は1月31日、東京都文京区の無職の少年(19)を名誉毀損(きそん)の疑いで逮捕した。 捜査関係者によると、男性は滋賀県内の高校生で、昨年9月に自殺したという。 県警によると、少年は2015年7月に、SNS上で男性について「さまざまな女ユーザーに迷惑行為を行い、最終的にはそんなことはやっていないと逃げ惑っている」などと書き込みをした疑いがある。 書き込みは、昨年9月まで掲載されていた。 男性の家族は昨年11月、事実とは違う書き込みをされていたとして、県警に被害届を出していた。 書き込みについて少年は「間違いありません」と容疑を認めているという。 捜査関係者によると、男性はSNS上に自分を装った別人による「なりすまし」の書き込みがあることなどに悩み、自殺直前の昨年9月下旬、県警甲賀署に相談していたという。 県警では、詳しい経緯などを調べている。 なりすましについては、逮捕した少年の関与はないとみている。 (仲大道、菅沢百恵).

次の

本田圭佑「誹謗中傷をするのは本能やから」

誹謗中傷 立件

SNSに投稿した内容を巡り、知人の高校生に殴るなどの暴行を加えケガをさせたとして、愛知県警は男子高校生ら3人を逮捕しました。 逮捕されたのは、いずれも愛知県名古屋市緑区の15歳と16歳の男子高校生ら3人です。 警察によりますと、3人は今年4月、他の少年3人と共謀のうえ、緑区の商業施設など3カ所で知人の男子高校生(16)の顔を殴るなどの暴行を加え、鼻の骨を折るなどのケガをさせた疑いが持たれています。 この事件では、すでに16歳の男子高校生ら3人が同じ容疑で逮捕されています。 調べに対し3人のうち2人は容疑を認めている一方、15歳の男子高校生は「殴っていない。 押されたから押し返しただけ」と容疑を否認しています。 逮捕された男子高校生らは地元の遊び仲間で、警察によりますと被害に遭った高校生にSNSで誹謗中傷されて腹を立て、犯行に及んだとみられています。 yahoo. 被害少年がリーダー的な存在で周囲をこき使っていた可能性もあるし、逆にパシリ的な存在で酷な扱いを受けていたのかもしれない。 いずれにしても何か所も連れ回し、集団で暴行を加えるのは間違っているし、知り合いなんだから直接言えばよかった。 誰でも閲覧できるネット上で誹謗中傷を受けた点に関しては同情します。 この加害少年たちを知る多くの人間は、それが真実だろうと間違っていようと安易に信じてしまうでしょう。 要するに どっちも卑怯だということです。 「被害少年」「加害少年」と書いていますが、それは傷害事件に関してであって、本質はどちらが被害者でどちらが加害者か分からない。 ネット上の言葉は強さと弱さを兼ね備えていて、嘘も真実も帯びているから厄介です。 せっかくの高校生活なんだから、もっと爽やかに生活できないものでしょうか。 老婆心ですが、つくづくそう思います。

次の

ネット誹謗中傷で加害者を逮捕できるケースと事例を解説|IT弁護士ナビ

誹謗中傷 立件

確認された誹謗中傷アカウントがこちらです。 これらのアカウントは 全て削除されており、現在では閲覧することが出来ません。 しかし、誹謗中傷の内容がスクショされていたことにより、彼らは 言い逃れできない状況にあります。 ただ、「誹謗中傷」と「批判」の区別は 非常に曖昧で、 個人の主観に依るところが大きいと言えます。 そのため、何をもって誹謗中傷とするのかは、被害者側および警察が判断することになるでしょう。 また、警察が捜査する場合でも、犯罪性が認められるものを中心に捜査するでしょう。 木村さんの場合、 1日に100件以上の誹謗中傷が寄せられていたと言います。 そのため、全てのアカウントを犯人として立件することは現実的ではありません。 現実的には 「悪質性が高いもの」に限定して訴訟や捜査が進められると思われます。 世間の反応 木村花のアンチ達ツイート消しまくってるね。 消すぐらいなら最初からしなきゃいいのに テラハの木村花ちゃんのニュースをみて、 この世の中に対して思ったこと。 人間ってさ ダメって言われると逆に反発したくなって ついに行動しちゃうんだって。 いま、 芸能人とかがツイートして忠告したりするのはわかるんだけど、 なんだが威嚇してるみたいで もっとアンチさん達が調子乗っちゃう気がする。 木村花さんに対する誹謗中傷を行った人達は、 アカウント削除して逃げだしているみたい。 ご家族は被害届を出すべき。 削除してもツイッターのサーバーにはログは残っているから、 そこから辿れば多くの犯人が探し出せるだろう。 アカウントを削除しても法的責任は免れない 木村さんを誹謗中傷していたアカウントは次々と削除されています。 しかし、アカウントを削除したとしても、犯罪行為も削除される わけではありません。 現に木村さんを誹謗中傷していたアカウントのスクショが出回っており、犯人は言い逃れできない状況に立たされています。 また、スクショされなかったアカウントがあったとしても、警察の依頼があれば、Twitter社は 自社の情報を開示せざるを得ません。 全ての情報が開示されれば、スクショから漏れたアカウントも特定されます。 そして、そのアカウントの投稿に 「犯罪性がある」と認められれば、刑事事件として捜査の対象になります。 この問題について、ジャーナリストの小川泰平氏は次のように解説しています。 小川氏は 「いくらアカウントを削除しても、 どういう者が、どのような内容を書いたかは、 警察の捜査で裏付けされます」 と、削除しても逃げきれないことを説明。 次なる被害者を出さないためにも、木村さんの家族は、誹謗中傷した人に対して刑事・民事での法的責任を追及して欲しいところです。

次の