朝ドラ エール 視聴 率。 【エール】28話ネタバレと感想!裕一の覚悟と音の捨てきれない想い

朝ドラ『エール』視聴率一覧

朝ドラ エール 視聴 率

朝ドラ「エール」 基本情報 今作からドラマ本編は月~金の 週5回放送に変更になりました。 (土曜はダイジェスト版を放送予定) 原作はないオリジナル作品。 脚本は序盤が林宏司。 その後の脚本担当は、清水友佳子、嶋田うれ葉。 主演は窪田正孝。 102作目のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)です。 月~金曜 8:00~8:15(NHK総合)• 月~金曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K) 再放送• 月~金曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 月~金曜 23:00~23:15(BSプレミアム、BS4K) 再放送1週間分• 土曜 9:45~11:00(BSプレミアム、BS4K) ダイジェスト• 土曜 8:00~8:15(NHK総合)• 土曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K)• 土曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 日曜 11:00~11:15(NHK総合)• 日曜 8:45~9:00(BS4K) キャスト 窪田正孝、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗、菅原大吉、清水伸、田中偉登、相島一之、松尾諭、堀内敬子、望月歩、堀田真由、二階堂ふみ、光石研、薬師丸ひろ子、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、吉原光夫、平田満、古川雄大、古田新太、野田洋次郎、加弥乃、野間口徹、仲里依紗、三浦貴大、井上希美、柿澤勇人、小南満佑子、ほか 主題歌 GReeeeN「星影のエール」 あらすじ 日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、 急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、 のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生する。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、 周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 引用:ドラマ公式サイト 「エール」とは 「エール」は「応援」の意で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画され、福島出身の主人公を模索する中で福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而に着目した。 2 19. 1 19. 3 19. 5 18. 5 17. 9 19. 1 20. 1 20. 1 19. 1 20. 1 16. 9 19. 5 19. 5 19. 5 19. 2 19. 7 16. 9 19. 6 20. 6 20. 3 20. 7 20. 4 16. 5 20. 3 20. 6 19. 8 21. 1 21. 2 15. 5 20. 9 20. 1 19. 7 21. 5 21. 0 16. 4 20. 6 21. 3 21. 6 21. 2 21. 3 16. 9 21. 4 22. 1 22. 0 21. 7 21. 8 17. 0 21. 0 21. 1 21. 0 21. 3 21. 3 16. 0 21. 9 20. 9 21. 8 20. 6 21. 0 16. 4 21. 0 21. 0 20. 7 20. 7 21. 6 16. 9 21. 6 20. 6 19. 6 20. 6 20. 0 14. 6 20. 1 20. 1 20. 5 21. 2 20. 視聴率はリアルタイム(関東地区) 平均視聴率は単純平均です。 志村けんの俳優としての魅力とは 窪田正孝の演技力評価は? 歴代朝ドラの視聴率一覧はこちら。

次の

朝ドラ「エール」、高視聴率維持は二階堂ふみのプルプル胸が鍵を握る!?(2020年4月6日)|BIGLOBEニュース

朝ドラ エール 視聴 率

朝ドラ「エール」 基本情報 今作からドラマ本編は月~金の 週5回放送に変更になりました。 (土曜はダイジェスト版を放送予定) 原作はないオリジナル作品。 脚本は序盤が林宏司。 その後の脚本担当は、清水友佳子、嶋田うれ葉。 主演は窪田正孝。 102作目のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)です。 月~金曜 8:00~8:15(NHK総合)• 月~金曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K) 再放送• 月~金曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 月~金曜 23:00~23:15(BSプレミアム、BS4K) 再放送1週間分• 土曜 9:45~11:00(BSプレミアム、BS4K) ダイジェスト• 土曜 8:00~8:15(NHK総合)• 土曜 7:30~7:45(BSプレミアム、BS4K)• 土曜 12:45〜13:00(NHK総合)• 日曜 11:00~11:15(NHK総合)• 日曜 8:45~9:00(BS4K) キャスト 窪田正孝、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗、菅原大吉、清水伸、田中偉登、相島一之、松尾諭、堀内敬子、望月歩、堀田真由、二階堂ふみ、光石研、薬師丸ひろ子、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、吉原光夫、平田満、古川雄大、古田新太、野田洋次郎、加弥乃、野間口徹、仲里依紗、三浦貴大、井上希美、柿澤勇人、小南満佑子、ほか 主題歌 GReeeeN「星影のエール」 あらすじ 日本が生糸輸出量世界一となった明治42年、 急速に近代化がすすむ福島の老舗呉服屋に、 のちに多くの名曲を生み出すことになる作曲家・古山裕一が誕生する。 老舗の跡取りとして育てられた裕一だが、少々ぼんやりしていて、 周りには取り柄がない子どもだと思われていた。 しかし音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させてゆく。 戦後、混乱の中でも復興に向かう日本。 引用:ドラマ公式サイト 「エール」とは 「エール」は「応援」の意で、東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」との思いを込めて企画され、福島出身の主人公を模索する中で福島の偉人であり多くの応援歌を作った作曲家の古関裕而に着目した。 2 19. 1 19. 3 19. 5 18. 5 17. 9 19. 1 20. 1 20. 1 19. 1 20. 1 16. 9 19. 5 19. 5 19. 5 19. 2 19. 7 16. 9 19. 6 20. 6 20. 3 20. 7 20. 4 16. 5 20. 3 20. 6 19. 8 21. 1 21. 2 15. 5 20. 9 20. 1 19. 7 21. 5 21. 0 16. 4 20. 6 21. 3 21. 6 21. 2 21. 3 16. 9 21. 4 22. 1 22. 0 21. 7 21. 8 17. 0 21. 0 21. 1 21. 0 21. 3 21. 3 16. 0 21. 9 20. 9 21. 8 20. 6 21. 0 16. 4 21. 0 21. 0 20. 7 20. 7 21. 6 16. 9 21. 6 20. 6 19. 6 20. 6 20. 0 14. 6 20. 1 20. 1 20. 5 21. 2 20. 視聴率はリアルタイム(関東地区) 平均視聴率は単純平均です。 志村けんの俳優としての魅力とは 窪田正孝の演技力評価は? 歴代朝ドラの視聴率一覧はこちら。

次の

朝ドラ「エール」のスピンオフは遊びすぎ? 仕掛けるタイミングを誤ったという指摘も(デイリー新潮)

朝ドラ エール 視聴 率

朝ドラ 「エール」の視聴率は? 初回は21・2%でスタート。 13日放送の第33話で番組最高21・6%を記録。 今回は第35話の21・3%から0・1ポイント増となった。 窪田正孝主演、男性主演の朝ドラは今回で11作目で、 2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、6年ぶり。 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏と、 妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルにした夫婦の物語。 窪田は古関氏をモデルにした天才作曲家・古山裕一を演じ、 妻役のヒロインを女優・二階堂ふみ(25)が務める。 また、新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に亡くなった タレントの志村けんさん(享年70)が、 主人公が幼少期から憧れる重鎮の作曲家・小山田耕三役で出演した。 因みに、ここ 最近の朝ドラ初回番組の視聴率は ・エール 21. 2 ・スカーレット 20. 2 ・なつぞら 22. 8 ・まんぷく 23. 8 「エール」はまだ放送中なので最終的な視聴率では他と比較できないが、 個人的には、女優二階堂ふみが好きだということもあって 毎朝の放送を楽しみにしている。 志村けんさんは重臣のの作曲家・小山田耕三役だが、いつもとは違った渋い役柄と演技、 また、主人公のライバルとも言える、あの加賀メロディーで有名な あの 「古賀政男」がモデル。 ドラマの中では「木枯らし」さん役の主人公のライバル。 巨匠古賀政男の 「影を慕えて」などの名曲は、 今聴いてもメロディーが耳に心地よく素直に入って来る。 福岡の大川市出身で、小さな大川市のヒーローであり、 全国でも古賀メロディーを知らない人は少ないだろう。 古賀政男出身地の大川市では、 朝ドラ 「エール」がもたらすちょっとした騒ぎにもなっているようだ。 同じ大川市出身の陣内孝則が言ったとか言わないとか。 大川市の誇りは 「古賀政男先生と陣内孝則だ。 」なんだ!こいつ。 笑 このように比較にもならない大物の古賀政男と自分を引き合いに出し、 笑いを取るのは陣内のいつものギャグのパターン。 そして、決して美人ではない、ずば抜けて可愛くもない「音」 個人的には音役の(二階堂ふみ)の魅力になぜか惹かれてしまう。 大河ドラマ 「西郷どん」でも、 西郷隆盛が奄美大島へ流刑されたときの奄美の妻 「愛加那」を二階堂ふみが演じた。 その辺から女優二階堂ふみの魅力が演技から感じ取れるのだがどうだろう。 何かを持っている女優の魅力を感じているが、今後の活躍が楽しみだ。 参考元資料.

次の