豊胸 手術なし。 成長再生豊胸Fを5セット

手術なしで豊かな胸を手に入れる!徐々にバストを成長させる、ナチュラル豊胸とは?

豊胸 手術なし

どのような手術にも、必ずリスクがあります。 それは脂肪注入豊胸手術ももちろん例外ではありません。 今回は、脂肪注入豊胸手術のデメリットに注目してお話をしていきましょう。 脂肪注入豊胸手術とはどんな手術をいうのか 豊胸手術にはいくつかの種類があります。 そのなかでも近年注目を浴びているのが、「 脂肪注入豊胸手術」です。 これは比較的新しい豊胸手術であると言われており、とても特徴的なものです。 脂肪注入豊胸手術にはさまざまなやり方がありますが、その基本的な考え方は同じです。 まず、自分の体の脂肪を、「脂肪吸引手術」によって取り出します。 そしてこれを、以下のいずれかの方法で処理していきます。 生理食塩水で洗う• 特別なフィルターを使って処理をしていく(ピュアグラフト豊胸)• まず麻酔液を取りのぞき、脂肪を凝縮したうえで老化した細胞を取りのぞく(コンデンスリッチファット・コンデンスリッチ豊胸手術などの名前で呼ばれる) なお、ここで挙げた3つの方法が比較的メジャーではありますが、ほかにもセリューション(「セルーション」「セリューションシステム」とも)という方法もあります。 これは、脂肪の中から幹細胞をとりだして、それを利用して行う脂肪注入豊胸手術です。 一部の病院が、これを取り扱っています。 どのような方法であっても、豊胸手術の前に自分の脂肪を吸引するという工程をとるのが最大の特徴です。 豊胸手術には、ほかにも• ヒアルロン酸注入豊胸手術• バッグ挿入豊胸手術 がありますが、この2つは、胸に対してのみアプローチをする豊胸手術です。 しかし、脂肪注入豊胸手術の場合は、まず事前に太ももや腹、腰回りやお尻などから脂肪を取りのぞく工程が含まれます。 脂肪注入豊胸手術を行った場合、しこりなどが生じない限りは、その 手触りは極めて自然なものとなります。 自分自身の脂肪を使って行うため、触ってみても豊胸した胸かどうかがばれる心配がほとんどありません。 また、 マンモグラフィ検査なども問題になることもほとんどありません(もっとも、念のため、検査を受ける際には検査を担当する人に脂肪注入豊胸手術をしていることを告知することが強く勧められます)。 加えて、エコー検査も基本的には可能です。 このようなメリットを持つ豊胸手術であるため、脂肪注入豊胸手術に関心を寄せる人は非常に多いのです。 ただ、脂肪注入豊胸手術にもデメリットがあります。 ここからは、脂肪注入豊胸手術の持つデメリットと、それに対する考え方をとりあげていきます。 デメリットその1:うつした脂肪がそのまま根付くとは限らない 脂肪注入豊胸手術の最大のデメリットが、「 バストにうつした脂肪のうちの何割かは、根付くことがない」という点でしょう。 たとえば、300CCの脂肪を胸にうつしたとしても、そのうちの何割かは「バストの脂肪」とはならず、無駄になってしまうのです。 「では、どれくらいの脂肪が根付くのか」については、病院やプラン、そして医師ごとで見解が異なります。 脂肪注入豊胸手術に対して極めて否定的な意見を持っている医師の場合は「ほとんどなくなってしまう。 また、そのデータもある」としています。 このため、 実際に脂肪注入豊胸手術を行っても思うようにバストサイズアップができなかった……ということもありえます。 もっとも、脂肪注入豊胸手術を扱っているクリニックでは、このような状況をカバーするべく、さまざまなフォロー方法を提供しています。 たとえば、「施術後1年以内に、変化がみられなかったあるいはクリニック側が規定する量のバストサイズアップが実現できなかったと判断される場合は、無料もしくは格安で脂肪注入豊胸手術をやり直す」などの保証プランです。 もちろん、脂肪注入豊胸手術にはそれ相応の負担はかかりますが、このような方法をとっているところにかかれば、少なくとも、「せっかく高いお金を払ったのに、思うように結果が出なかった。 お金を丸損してしまった」というような悩みを持つことはなくなります。 加えて、現在は比較的定着率が高いといわれている方法も開発されています。 これを選ぶのもひとつの手です。 もっともこれについても、否定的な医師の間からは、「定着率が高いとされている脂肪注入豊胸手術であっても、著しく高い定着率を期待するのは難しいのではないか」という声も出てはいます。 デメリットその2:しこりや石灰化の可能性がある 脂肪注入豊胸手術を行ううえでネックとなるのが、「 しこり・石灰化が起きる可能性がある」というものでしょう。 注入された脂肪がしこりになったり、死んだ細胞がカルシウムと一緒になることによって石灰化してしまったりすることがあるとされているのです。 これは非常に大きな問題です。 脂肪注入豊胸手術のもっとも大きな魅力として、「自然な手触り」があるのですが、 しこりや石灰化をしてしまうと自然な手触りは失われてしまいます。 また、場合によっては、切開を伴う手術が必要になることもあります。 加えて、脂肪注入豊胸手術を支持しないクリニックの場合は、「乳房の切除に繋がる可能性もある」と警鐘を鳴らしています(逆に、脂肪注入豊胸手術を支持するクリニックの場合は「きちんとバストをもみほぐすことで軽減する」としています)。 ただ、この「しこり」の可能性は、脂肪注入豊胸手術以外の豊胸手術であっても起こり得る現象です。 ヒアルロン酸注入によるものであってもバッグ挿入によるものであっても、しこりのできる可能性を0にすることはできません。 そのため、脂肪注入豊胸手術だけの特異な症状とは言い難いのです。 より正確に言うのであれば、「脂肪注入豊胸手術のデメリット」ではなく「豊胸手術のデメリット」と言うべきでしょう。 これは、避けきることのできないリスクです。 そのため、病院の多くでは、「脂肪注入豊胸手術でしこりや石灰化が起きた場合は、無料で対処する」としています。 これに関しては、「術後何年経っても、しこりができた場合はいつでも対処する」としているところもあります。 このようなところを選ぶことで、万が一しこりが生じた場合でも対応しやすくなります。 なお、脂肪注入豊胸手術を行う際に、あまりにもたくさんの量を打ち込んでしまうとしこりができやすくなるという説もあります。 このため、医師と相談してどれくらいの量をいれていくかを検討していくことをおすすめします。 また、安全性が高くリスクが低い施術はどのようなものなのかも、あわせて確認しておくとよいでしょう。 脂肪注入豊胸手術のデメリットその3:費用が高い 脂肪注入豊胸手術のデメリットの3番目に挙げたいのは、「 費用が比較的高めである」ということでしょう。 脂肪注入豊胸手術は、前述した通り、脂肪吸引を前提とする施術です。 そのため、脂肪吸引にかかる費用もプラスされます。 金額が高いだけでなく金額が読み取りにくくもあるため、バッグ挿入の豊胸術やヒアルロン酸注入の豊胸術に関しては費用を明示しているけれども脂肪注入豊胸手術の費用は「お問い合わせください」としているクリニックも多く見られます。 一概に脂肪注入豊胸手術の値段を決めることはできませんが、 最低でも80万円程度の出費は覚悟しておくべきでしょう。 100万円を超えることも珍しい話ではありません。 ヒアルロン酸の注入によるもの(ただし永続性はない)が1カップあたり25万円~60万円程度、バッグ挿入によるものが2~3カップあたりで50万円~80万円程度であることを考えれば、脂肪注入豊胸手術の費用が非常に高いということがわかるでしょう。 なお、バッグ挿入方法と脂肪注入豊胸手術を掛け合わせた「ハイブリッド豊胸」もありますが、この場合はもっと金額がアップすることが多いといえます。 ただ、現在は比較的安価で脂肪注入豊胸手術を行うクリニックも出てきています。 また、施術前と施術後の写真を公開することを条件とした「モニター費用」を設定しているところも多いため、これを利用するのも一つの手です。 脂肪注入豊胸手術のデメリットその4:やせている人は制限がかかる場合も 脂肪注入豊胸手術は、「自分の脂肪をとる」という工程を必要とします。 そのため、やせている人の場合は、施術自体が難しいこともあります。 クリニックによっては明確に「 やせている人にはバッグの挿入を勧める」としています。 やせている人であっても、現在の脂肪吸引技術を使えば、施術は可能である」としているところもあります。 もちろんこれは「やせている人でも脂肪注入豊胸手術を受けられる」であって、「やせている人の方が施術しやすい」ということにはなりません。 しかし、心強い話ではあるでしょう。 このように、脂肪注入豊胸手術には数多くのデメリットがあります。 しかしクリニックごとで、そのようなデメリットに立ち向かうさまざまな対策を打ち出しているのも事実です。 もちろん、「豊胸手術のなかで脂肪注入豊胸手術が一番おすすめ!」と断言できるわけではありません。 しかし脂肪注入豊胸手術のデメリットとそれに対抗する方法を知っておくことは、「自分に合ったバストアップ方法」を選ぶことの参考にはなります。

次の

失敗しない豊胸手術徹底ガイド【2020年度版】

豊胸 手術なし

「美」と「健康」は切っても切れない関係です。 どれだけ整った顔立ちであっても、肌が荒れていたり、顔色が悪かったりの状態では「美しい」とは言えません。 ボディも同様で、極端に痩せて不健康に見えるより、脂肪や筋肉が必要なところにきちんとついたボディのほうが健康的で美しく見えるものです。 それはバストに関しても言えること。 ペタンコの胸はさみしいけれど、人工物を入れたことがはっきりわかるような、極端に大きなバストは違和感があり、美しく見えないことがあります。 とはいえ、運動や食事でバストを大きくしたり、形を変えたりするのは、はっきり言って難しいことです。 健康的で、それでいて美しい。 そんなバストを手に入れるためには、どんな方法があるのでしょうか。 唯一無二とも言っても過言ではない、究極のナチュラル豊胸術を紹介しましょう。 ある日突然、大きくなる…これまでの豊胸術 「何か」を入れた分だけ大きくなると、豊胸がバレてしまう 古くからある豊胸術である「シリコンバッグ」を入れる方法では、理想のバストの大きさに合わせたバッグを、メスで切開した部分から挿入してバスト内におさめます。 これなら確実にバストは大きくなりますが、当然のことながら、手術前後でバストの大きさはまったく異なります。 海外ドラマを見ていると、シーズンが変わった途端に、女優さんのバストが急激に大きくなっていて驚くことがあります。 あのような急激な変化は、たいていシリコンバッグを入れた豊胸術を行ったと考えられます。 欧米では、美容整形手術に抵抗のない国もあり、突然大きくなる豊胸術が受け入れられることもあるようですが、日本ではあまりに急激な変化は嫌われる傾向にあります。 そのため、シリコンバッグより、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法で豊胸をする人が多いようです。 しかし「何か」を入れる豊胸術は、「突然大きくなる」ことは否めず、豊胸をしたことがバレやすいのです。 大きさだけでなく、形や感触でも周囲に気づかれる可能性あり 「何か」を入れる豊胸術は、突然大きさが変化する以外にも、形や触り心地で豊胸したことがバレてしまうケースがあります。 シリコンバッグで言えば、横になったときにバストが自然に流れず、不自然に上を向いたままになってしまうことがあります。 バッグ内のジェルが固めの素材であると、こうしたことが起こりがちです。 最近は、自然なバストの感触に近い柔らかな素材が使われるようになってきましたが、本物のバストとの差がすべて解消できているわけではありません。 触った感触も、シリコンバッグは自然なバストよりも固く、男性のなかには「シリコン入りはすぐわかる」と言う人もいます。 ヒアルロン酸も粒の大きな製品を使うと、触ったときにゴロゴロした感触があります。 特にもともと痩せている人の場合、周辺の脂肪との差が歴然としてしまい、気づかれやすいようです。 脂肪注入法であれば、自分の脂肪なので形も感触も自然だと思われるかもしれません。 しかし実際には、大量の脂肪を注入すれば、大きさはもちろん、形が変わったことで気づかれてしまうことがあります。 また副作用で「しこり」ができてしまうと、触ったときに違和感が生じることもあります。 少しずつ大きくさせるという新しい発想 せっかく豊胸しても堂々としていられなければ意味がない 豊胸術を受けた人から、周囲に気づかれないために「長期の休みを取って施術をしなければならなかった」「転職のタイミングを待って施術をした」という話を聞くことがあります。 また、しばらくバストが目立たないファッションを心がけるという人もいます。 せっかく豊胸をしたというのに、自信を持てなければ本末転倒です。 では、「ある日突然、胸が大きくなる」というリスクを軽減して、豊胸することはできないのでしょうか。 それを可能にしたのが、「」という、今までになかったまったく新しい豊胸術です。 これまでの「何か」を入れてバストを大きくするという発想とは180度、考え方が違います。 思春期にバストが成長するのはなぜか? の基本的な考え方は、自分のバストを育てることにあります。 女性のバストの成長は、20歳未満でほぼ終了し、その後は、大きくならないと思われています。 しかし、生理の前後や排卵日ごろにバストが張ったり、軽い痛みを経験したりしたことのある女性は多いでしょう。 さらに妊娠・出産によっても、バストの大きさは変化します。 これはいったいどういうことなのでしょうか。 思春期にバストが大きく成長するのは、血液中の女性ホルモンの濃度が上がり、バストの内部に作用するからです。 初潮を迎える12歳前後から、18~20歳ごろまでが、バストの成長に関係する女性ホルモンがもっとも多く分泌されます。 ホルモンは体の各部位に情報を伝え、必要な働きができるように機能させる役割を持っています。 女性ホルモンは女性特有の機能への働きかけが強いのは当然ですが、バスト内部の細胞にも働きかけを行っています。 女性ホルモンが分泌されると、バスト内部の細胞膜に準備されたアンテナのような部分「レセプター」が、女性ホルモンからの指令をキャッチします。 レセプターは受け取った指令をもとに、バスト内部の組織が成長するための「成長因子」の量を増やしたり、活性化させたりします。 成長因子が増加し、働きを強めると、乳腺や脂肪細胞など、バスト内部にある生きた組織の成長が促されます。 それによって、脂肪が増え、乳腺が発達します。 つまり、思春期にバストが成長するのは、女性ホルモンの指令によって成長因子が増加し、バストの中身が増えるからなのです。 成長期以外でも成長因子が影響を受ける場合がある 閉経を迎えるまでの女性は、約28日周期で女性ホルモンの分泌が変化しており、生理の前や排卵期には、その影響でバストの成長因子が活性化すると考えられています。 そのため、バストが張ったように感じたり、チクチクした痛みを感じたりすることがあるのです。 また、妊娠・出産期には、女性ホルモンの分泌バランスが大きく変化します。 妊娠中には成長因子と女性ホルモンがたっぷりと分泌され、乳腺が発達します。 ですから、妊娠すると、もともとバストの小さかった人でも、驚くほどバストが大きくなるのです。 ただし、生理周期によって、脂肪細胞が増加するような変化は起こりません。 乳腺が張る程度の変化です。 妊娠・出産で発達した乳腺も、授乳が終われば元に戻ってしまいます。 つまり、本当の意味でバストが成長するのは、思春期だけということになります。 とても残念ですが、それが事実なのです。 逆を言えば、思春期の頃の成長をもう一度再現できたら、思春期を終えた女性でも、バストを大きくさせることが可能ということになります。 それを実現したのが、まったく新しい豊胸術「成長再生豊胸」なのです。 理屈ではそういうことになります。 ただ、残念なことに体内の成長因子は、年齢とともに減少していきます。 体内では常に細胞が生まれ変わり、体を構成する組織の数や種類、細胞の性質も変化していきます。 そうした変化のなかで、成長因子も減少していくのです。 では、成長因子の減少に対して、どうすればいいのでしょうか。 短絡的に考えれば、バストの成長を促す成長因子は、女性ホルモンの分泌によるものなので、女性ホルモンを充填すれば良いと考えるでしょう。 しかし、女性ホルモンをたくさん注入したとしても、成長因子を増加させてバストを大きくすることはなかなか叶いません。 それどころか、女性ホルモンの大量充填や、長期にわたる補充は、ホルモンのバランスを崩し、体調悪化の原因となります。 成長期は体全体が成長しているので、急激に女性ホルモンが増加してもバランスが取れますが、成長期を終えた体にとっては副作用のほうが大きくなってしまうのです。 脂肪の増加と乳腺の発達が、バストを大きくさせるカギ 限られた女性ホルモンのもとで、より効果的に女性ホルモンの影響をバストに作用させるためには、成長因子がカギとなります。 バスト内部は脂肪と乳腺でほぼ占められているので、バストを成長させるためには、 1 脂肪を増やす 2 乳腺を発達させる という2つのことがバスト内部で起こるよう、成長因子を増やす必要があります。 脂肪を増殖させる成長因子と、乳腺を発達させる成長因子は別々のもの。 そこででは、それぞれの成長因子を配合しバストへ注射によって注入します。 すると、脂肪細胞が増殖するとともに、乳腺も発達。 バストのボリュームが増え、バストそのものに張りが生まれてきます。 まさに、成長期にバストが大きくなっていったときと同じ、あの感じを再び味わうことができるのです。 もちろん、注射をしたからといって、急激にバストが大きくなるわけではありません。 ここがの最大の特徴であり、ナチュラルな豊胸と言われるゆえんでもあります。 何かを入れてカサを増すのではなく、目的はあくまでもバストの成長という点にあるのです。 注入した成長因子が、幹細胞に働きかけ、1つの幹細胞が2つに分裂。 続いて2つが4つに…、というように幹細胞は増加していきます。 倍、倍、倍と幹細胞が増えて、それらが脂肪細胞に変わっていくので、脂肪細胞が増えてバスト内の内容物が増加すると同時に、乳腺が発達して張りも生まれます。 こうして3ヵ月程度、バストの成長が続くことになります。 成長因子の注入は数回に分けて行う 成長因子は一度にたくさん注入するよりも、数回に分けて注入するほうが、バストの成長に良い影響を与えます。 もともとのバストの大きさや、理想とする大きさにもよりますが、4~5回程度の注入で、サイズアップを実感できる人が多いようです。 施術から数ヵ月が経過し、成長も落ち着いた段階で、「もう少し大きくしたい」という希望があれば、再び成長因子の注射を行うことは可能です。 いずれにしても、一気に大きくなるわけではありません。 徐々に成長していくので、周囲に気づかれることなく豊胸ができるのです。 できるだけ早くバストを成長させたいなら…… できるだけ早く、成長を促したいという希望の人には、「」という豊胸術がおすすめです。 こちらは成長因子のほかに、患者さん自身の血液を採取して加工した注入液も併せて注射します。 この注入液が女性ホルモンの働きを助け、バストが成長していきます。 女性ホルモンが活発化するため、施術後、10日~2週間で生理が来ますが、その後は、通常の周期に戻ります。 では、バストの成長が完了するまでは、注入液によってバストが膨らんでいるとはいえ、シリコンバッグや脂肪注入法のように、急激に極端にバストが膨らむわけではないので、周囲に気づかれることは、ほぼないでしょう。 健康美はナチュラルであることが基本です。 メスを入れたり、何かを加えたりしてバストを大きくする時代は、もう終わり。 これからは、自分のバストを成長させて、理想のボディラインを手に入れる。 これこそが、本当の美しさを求める人の選択になっていくはずです。

次の

【整形・豊胸手術なし】メスを入れずにバストアップをする方法9選

豊胸 手術なし

「美」と「健康」は切っても切れない関係です。 どれだけ整った顔立ちであっても、肌が荒れていたり、顔色が悪かったりの状態では「美しい」とは言えません。 ボディも同様で、極端に痩せて不健康に見えるより、脂肪や筋肉が必要なところにきちんとついたボディのほうが健康的で美しく見えるものです。 それはバストに関しても言えること。 ペタンコの胸はさみしいけれど、人工物を入れたことがはっきりわかるような、極端に大きなバストは違和感があり、美しく見えないことがあります。 とはいえ、運動や食事でバストを大きくしたり、形を変えたりするのは、はっきり言って難しいことです。 健康的で、それでいて美しい。 そんなバストを手に入れるためには、どんな方法があるのでしょうか。 唯一無二とも言っても過言ではない、究極のナチュラル豊胸術を紹介しましょう。 ある日突然、大きくなる…これまでの豊胸術 「何か」を入れた分だけ大きくなると、豊胸がバレてしまう 古くからある豊胸術である「シリコンバッグ」を入れる方法では、理想のバストの大きさに合わせたバッグを、メスで切開した部分から挿入してバスト内におさめます。 これなら確実にバストは大きくなりますが、当然のことながら、手術前後でバストの大きさはまったく異なります。 海外ドラマを見ていると、シーズンが変わった途端に、女優さんのバストが急激に大きくなっていて驚くことがあります。 あのような急激な変化は、たいていシリコンバッグを入れた豊胸術を行ったと考えられます。 欧米では、美容整形手術に抵抗のない国もあり、突然大きくなる豊胸術が受け入れられることもあるようですが、日本ではあまりに急激な変化は嫌われる傾向にあります。 そのため、シリコンバッグより、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法で豊胸をする人が多いようです。 しかし「何か」を入れる豊胸術は、「突然大きくなる」ことは否めず、豊胸をしたことがバレやすいのです。 大きさだけでなく、形や感触でも周囲に気づかれる可能性あり 「何か」を入れる豊胸術は、突然大きさが変化する以外にも、形や触り心地で豊胸したことがバレてしまうケースがあります。 シリコンバッグで言えば、横になったときにバストが自然に流れず、不自然に上を向いたままになってしまうことがあります。 バッグ内のジェルが固めの素材であると、こうしたことが起こりがちです。 最近は、自然なバストの感触に近い柔らかな素材が使われるようになってきましたが、本物のバストとの差がすべて解消できているわけではありません。 触った感触も、シリコンバッグは自然なバストよりも固く、男性のなかには「シリコン入りはすぐわかる」と言う人もいます。 ヒアルロン酸も粒の大きな製品を使うと、触ったときにゴロゴロした感触があります。 特にもともと痩せている人の場合、周辺の脂肪との差が歴然としてしまい、気づかれやすいようです。 脂肪注入法であれば、自分の脂肪なので形も感触も自然だと思われるかもしれません。 しかし実際には、大量の脂肪を注入すれば、大きさはもちろん、形が変わったことで気づかれてしまうことがあります。 また副作用で「しこり」ができてしまうと、触ったときに違和感が生じることもあります。 少しずつ大きくさせるという新しい発想 せっかく豊胸しても堂々としていられなければ意味がない 豊胸術を受けた人から、周囲に気づかれないために「長期の休みを取って施術をしなければならなかった」「転職のタイミングを待って施術をした」という話を聞くことがあります。 また、しばらくバストが目立たないファッションを心がけるという人もいます。 せっかく豊胸をしたというのに、自信を持てなければ本末転倒です。 では、「ある日突然、胸が大きくなる」というリスクを軽減して、豊胸することはできないのでしょうか。 それを可能にしたのが、「」という、今までになかったまったく新しい豊胸術です。 これまでの「何か」を入れてバストを大きくするという発想とは180度、考え方が違います。 思春期にバストが成長するのはなぜか? の基本的な考え方は、自分のバストを育てることにあります。 女性のバストの成長は、20歳未満でほぼ終了し、その後は、大きくならないと思われています。 しかし、生理の前後や排卵日ごろにバストが張ったり、軽い痛みを経験したりしたことのある女性は多いでしょう。 さらに妊娠・出産によっても、バストの大きさは変化します。 これはいったいどういうことなのでしょうか。 思春期にバストが大きく成長するのは、血液中の女性ホルモンの濃度が上がり、バストの内部に作用するからです。 初潮を迎える12歳前後から、18~20歳ごろまでが、バストの成長に関係する女性ホルモンがもっとも多く分泌されます。 ホルモンは体の各部位に情報を伝え、必要な働きができるように機能させる役割を持っています。 女性ホルモンは女性特有の機能への働きかけが強いのは当然ですが、バスト内部の細胞にも働きかけを行っています。 女性ホルモンが分泌されると、バスト内部の細胞膜に準備されたアンテナのような部分「レセプター」が、女性ホルモンからの指令をキャッチします。 レセプターは受け取った指令をもとに、バスト内部の組織が成長するための「成長因子」の量を増やしたり、活性化させたりします。 成長因子が増加し、働きを強めると、乳腺や脂肪細胞など、バスト内部にある生きた組織の成長が促されます。 それによって、脂肪が増え、乳腺が発達します。 つまり、思春期にバストが成長するのは、女性ホルモンの指令によって成長因子が増加し、バストの中身が増えるからなのです。 成長期以外でも成長因子が影響を受ける場合がある 閉経を迎えるまでの女性は、約28日周期で女性ホルモンの分泌が変化しており、生理の前や排卵期には、その影響でバストの成長因子が活性化すると考えられています。 そのため、バストが張ったように感じたり、チクチクした痛みを感じたりすることがあるのです。 また、妊娠・出産期には、女性ホルモンの分泌バランスが大きく変化します。 妊娠中には成長因子と女性ホルモンがたっぷりと分泌され、乳腺が発達します。 ですから、妊娠すると、もともとバストの小さかった人でも、驚くほどバストが大きくなるのです。 ただし、生理周期によって、脂肪細胞が増加するような変化は起こりません。 乳腺が張る程度の変化です。 妊娠・出産で発達した乳腺も、授乳が終われば元に戻ってしまいます。 つまり、本当の意味でバストが成長するのは、思春期だけということになります。 とても残念ですが、それが事実なのです。 逆を言えば、思春期の頃の成長をもう一度再現できたら、思春期を終えた女性でも、バストを大きくさせることが可能ということになります。 それを実現したのが、まったく新しい豊胸術「成長再生豊胸」なのです。 理屈ではそういうことになります。 ただ、残念なことに体内の成長因子は、年齢とともに減少していきます。 体内では常に細胞が生まれ変わり、体を構成する組織の数や種類、細胞の性質も変化していきます。 そうした変化のなかで、成長因子も減少していくのです。 では、成長因子の減少に対して、どうすればいいのでしょうか。 短絡的に考えれば、バストの成長を促す成長因子は、女性ホルモンの分泌によるものなので、女性ホルモンを充填すれば良いと考えるでしょう。 しかし、女性ホルモンをたくさん注入したとしても、成長因子を増加させてバストを大きくすることはなかなか叶いません。 それどころか、女性ホルモンの大量充填や、長期にわたる補充は、ホルモンのバランスを崩し、体調悪化の原因となります。 成長期は体全体が成長しているので、急激に女性ホルモンが増加してもバランスが取れますが、成長期を終えた体にとっては副作用のほうが大きくなってしまうのです。 脂肪の増加と乳腺の発達が、バストを大きくさせるカギ 限られた女性ホルモンのもとで、より効果的に女性ホルモンの影響をバストに作用させるためには、成長因子がカギとなります。 バスト内部は脂肪と乳腺でほぼ占められているので、バストを成長させるためには、 1 脂肪を増やす 2 乳腺を発達させる という2つのことがバスト内部で起こるよう、成長因子を増やす必要があります。 脂肪を増殖させる成長因子と、乳腺を発達させる成長因子は別々のもの。 そこででは、それぞれの成長因子を配合しバストへ注射によって注入します。 すると、脂肪細胞が増殖するとともに、乳腺も発達。 バストのボリュームが増え、バストそのものに張りが生まれてきます。 まさに、成長期にバストが大きくなっていったときと同じ、あの感じを再び味わうことができるのです。 もちろん、注射をしたからといって、急激にバストが大きくなるわけではありません。 ここがの最大の特徴であり、ナチュラルな豊胸と言われるゆえんでもあります。 何かを入れてカサを増すのではなく、目的はあくまでもバストの成長という点にあるのです。 注入した成長因子が、幹細胞に働きかけ、1つの幹細胞が2つに分裂。 続いて2つが4つに…、というように幹細胞は増加していきます。 倍、倍、倍と幹細胞が増えて、それらが脂肪細胞に変わっていくので、脂肪細胞が増えてバスト内の内容物が増加すると同時に、乳腺が発達して張りも生まれます。 こうして3ヵ月程度、バストの成長が続くことになります。 成長因子の注入は数回に分けて行う 成長因子は一度にたくさん注入するよりも、数回に分けて注入するほうが、バストの成長に良い影響を与えます。 もともとのバストの大きさや、理想とする大きさにもよりますが、4~5回程度の注入で、サイズアップを実感できる人が多いようです。 施術から数ヵ月が経過し、成長も落ち着いた段階で、「もう少し大きくしたい」という希望があれば、再び成長因子の注射を行うことは可能です。 いずれにしても、一気に大きくなるわけではありません。 徐々に成長していくので、周囲に気づかれることなく豊胸ができるのです。 できるだけ早くバストを成長させたいなら…… できるだけ早く、成長を促したいという希望の人には、「」という豊胸術がおすすめです。 こちらは成長因子のほかに、患者さん自身の血液を採取して加工した注入液も併せて注射します。 この注入液が女性ホルモンの働きを助け、バストが成長していきます。 女性ホルモンが活発化するため、施術後、10日~2週間で生理が来ますが、その後は、通常の周期に戻ります。 では、バストの成長が完了するまでは、注入液によってバストが膨らんでいるとはいえ、シリコンバッグや脂肪注入法のように、急激に極端にバストが膨らむわけではないので、周囲に気づかれることは、ほぼないでしょう。 健康美はナチュラルであることが基本です。 メスを入れたり、何かを加えたりしてバストを大きくする時代は、もう終わり。 これからは、自分のバストを成長させて、理想のボディラインを手に入れる。 これこそが、本当の美しさを求める人の選択になっていくはずです。

次の