ドックフード ロイヤル カナン。 ロイヤルカナン犬用は安全?ネットの口コミやドッグフード成分を分析

ロイヤルカナン / ペットフード

ドックフード ロイヤル カナン

ドライ製品• 現行品• pHコントロール 規格:1kg・3kg・8kg• 規格:1kg・3kg・8kg• pHコントロール ライト 規格:1kg・3kg・8kg• 規格:1kg・3kg・8kg• pHコントロール スペシャル 規格:1kg・3kg・8kg• 規格:1kg・3kg・8kg• pHコントロール V2 +満腹感サポート 規格:1kg・3kg• 規格:1kg・3kg• pHコントロール V2 +低分子プロテイン 規格:1kg・3kg• 規格:1kg・3kg ウェット製品• 現行品• pHコントロール 缶 規格:200g• 規格:200g• pHコントロール パウチ 規格:150g• 規格: 100g.

次の

犬用ロイヤルカナンの安全性や口コミ評判は?なぜ人気があるの?

ドックフード ロイヤル カナン

おすすめすることを前提としない• デメリットもきちんと考慮する• 犬を飼っている筆者が「食べさせたいかどうか」という目線で判断 おすすめすることを前提にしてしまうと、「これはいいですよ!」という内容しか書けなくなってしまいます。 そうではなくて、 客観的な事実を元に「こんな人に向いている」「こういう部分はあまりメリットないかも」などなど、素直な意見をご紹介したいと思っています。 ここで記述したロイヤルカナンドッグフードの情報は、ホームページやウェブ上の声から拾い上げた、生の情報です。 その情報を元におすすめできる人・できない人を判断していますので、ぜひ購入前の参考になさってください。 ロイヤルカナンドッグフードとは?評価は? ロイヤルカナンはラインナップの多さと療法食があること、ブリーダーや動物病院がすすめていることなどが特徴のドッグフードです。 インターネットでドッグフードを探している人は目にしたことがあるブランドではないでしょうか。 知名度もそこそこあり、店頭でも通販サイトでも購入できるので手に入りやすいドッグフードといえます。 原材料を見ると穀物主体のドッグフードであることが明らかです。 米やトウモロコシが原材料の先頭に来ているものが多く、動物性タンパク質も「家禽ミート」が主体。 褒められるところは全くありませんし、与えないほうがよいと言い切っても良いほどです。 ここからは、ロイヤルカナンがどうして与えてはいけないのか、その理由をひとつひとつ説明していきます。 利用を検討しようとしていた人は、ぜひ他のフードに変更を!もっと安全で与えやすいフードはたくさんあります。 あきらめずに品質と価格のバランスが取れたフードを探してください。 ロイヤルカナンドッグフードの品質は? 「穀物主体・家禽ミート」の粗悪な原材料 まず、原材料の内容から説明していきましょう。 本来、犬は肉食なので最も大切なのは「動物性タンパク質」ですが、ロイヤルカナンに使用されている原材料のうち、主原料(原材料名の最初にかかれている材料)は米、トウモロコシなど穀物ばかり。 これでは 犬の理想の食事とは程遠いといわざるをえません。 そして肝心の肉類は「家禽ミート」が主な原材料になっています。 また、「家禽ミート」は生肉ではなく乾燥肉のことを指します。 ロイヤルカナンには「チキン」「ターキー」といった表記はなく「家禽ミート」しか使われていないので、新鮮な生肉は使用されていないということです。 かろうじて動物性タンパク質は含まれているものの、 生肉から丁寧に作られたドッグフードとは大きな差を感じます。 上記の2点「穀物主体」「動物性タンパク質が乾燥肉のみ」という内容だけでもおすすめできない内容と言えます。 酸化防止剤に「BHA」「没食子酸プロピル」「ソルビン酸カリウム」使用 そして 最大の懸念点は発がん性が疑われている「BHA」が使われていること。 ほかにも発がん性が指摘されているソルビン酸カリウムや没食子酸プロピルなど、与えないほうが良い酸化防止剤や防腐剤が含まれています。 これでは安心して与えられるとは言えません。 人工着色料は含まれないものの、人工的な添加物、 特に危険性が指摘されているような添加物が平然と使用されていますので安全とは言えません。 最近のドッグフードはこういった人工的なものを避けるようになってきましたが、ロイヤルカナンはそういった配慮が感じられません。 とりあえず長く保存できるよう、保存料をたっぷり入れて作られているドッグフードといえます。 なぜか粗タンパク質が多めの構成に… 前述したように、ロイヤルカナンは原材料の内容がよくありません。 ということは、 家禽ミートをたくさん加えているということにほかなりません。 乾燥肉だけで粗タンパク質を満たしているわけですから、「質の悪い肉をたっぷり与えている」のと変わりない感じですね。 この記事で取り上げているダックスフンド成犬用では26%以上含まれています。 AAFCOの数値をクリアしていると書かれてはいますが、この数値だけにごまかされないように注意してください。 ロイヤルカナンドッグフードの疑問点 異常に多いラインナップが謎… ロイヤルカナンの特徴の一つに、ラインナップの多さがあります。 犬種ごとに分かれている「ブリード ヘルス ニュートリション」は全14犬種、子犬・成犬・中高齢犬用がそろっています。 原材料の内容や成分値に違いはあるものの、それが本当に良いのかどうかは素人には見分けがつきません。 このラインナップの多さがウリの一つでもあるのですが、はっきり言ってここまで犬種で分ける必要性を感じません。 そしてどのラインナップでも穀物主体、もしくは家禽ミート主体です。 グレインフリーはなく、酸化防止剤が使用してあることも共通しています。 どのラインナップもおすすめできない点は同じですので、違いを比べるまでもないですね。 療法食は内容が若干違う ロイヤルカナンには「食事療法食」という種類があり、食物アレルギーや皮膚疾患対応のフードがあります。 普通のラインナップと共通しているのは「穀物利用(主体)」「BHAなど人工的な酸化防止剤」の2点です。 ただ、主原料が「肉類(鶏、七面鳥)」のものもあり、内容物は普通のドライフードとは若干違うようです。 酸化防止剤が使用されている点であまりおすすめはできませんが、病気や体力低下に合わせて食事を変える場合は、医師の助言が大切です。 もし、医師からロイヤルカナンを療法食としてすすめられたら「動物性タンパク質主体でなくてよいのか」「酸化防止剤は大丈夫なのか」など疑問点を聞いてみましょう。 飼い主として納得し、病気や体質改善に本当によいと感じた場合のみ利用を検討してください。 ロイヤルカナンドッグフードのデメリットは? デメリットしかない! ここまで記述した通り、ロイヤルカナンはデメリットだけが目立つドッグフードです。 穀物主体、危険性が指摘されている酸化防止剤使用、そして家禽ミートの使用。 どれをとってもおすすめできません。 価格は安いですが、それは原材料の質が良くないせいです。 価格と品質は連動していますので、安いフード=よくないフードという図式をしっかり意識してくださいね。 ロイヤルカナンドッグフードの代金は? 1か月分のドッグフードの代金 ここでは「ロイヤルカナンBHN ダックスフンド 2,663円・3キログラム(楽天参照)」を元に算出していきます。 非常に安いので価格重視の人は飛びついてしまうのではないかと思います。 しかし、 品質を見れば与えたくない内容があきらかなので、愛犬の健康を考えるなら与えないようにしてください。 これがなぜペットショップや病院ですすめられているのか、とても不思議な感じがします。 インターネットでいろいろと検索しているとよく目にするドッグフードなので内容に期待していたのですが、ここまでひどいとは…と少し驚いているぐらいです。 「穀物主体」「家禽ミート使用」だけでも避けたほうが良い内容なので、ロイヤルカナンは与えないようにしてください。 安いドッグフードは高いフードとの併用やドッグフード代節約として使えることもあるのですが、ロイヤルカナンはそれもおすすめできません。 品質と価格のバランスが取れた優秀なドッグフードは他にもありますので、そちらを選択肢に加えてください。 このサイトで推奨しているように「1㎏あたり1,000円以上」を目安にして選んでくださいね。 ロイヤルカナンをおすすめできないのはこんな人!• 犬を飼っているすべての飼い主様 残念ながら、ロイヤルカナンは誰にもおすすめできない内容でした。 前述したようにドッグフード代節約用としても適していません。 新しいドッグフードを選ぼうとしている人は、選択肢に加えないようにしてください。 ロイヤルカナンはこんな人におすすめ! ロイヤルカナンをおすすめできる人はいません。 高品質なフードを探している人はもちろん、安いフードでフード代節約につなげたい人にさえ避けてほしいと思います。 病院やペットショップですすめられたら、必ずその理由を聞いてみてください。 納得できる理由がないなら購入を控えたほうが良いでしょう。 医師から療養食としてすすめられた場合は、しっかり理由を聞いたうえで利用を検討してください。

次の

犬用ロイヤルカナンの安全性や口コミ評判は?なぜ人気があるの?

ドックフード ロイヤル カナン

こんにちは!ドッグフード大百科の編集長ヒロミです。 今回、分析したドッグフードは、 動物病院でも推奨しているロイヤルカナン犬用について、口コミ評判や、原材料・成分を徹底的に分析した結果をご紹介します! ロイヤルカナンの製品は、基本的にフランスで製造されていて、安全性に定評があり療法食など、ドッグフードの種類も豊富で人気がありますよね! そして、獣医師さんがロイヤルカナン犬用をおすすめする理由は、療法食の種類が多く、 病気に合わせたドッグフードとして紹介する事が多いのだと思います。 しかし!ロイヤルカナンの酸化防止剤には「 BHA・没食子酸プロピル」や「 穀物」を非常に多く使用されていて、犬の健康維持に大丈夫と思ってしまう事もあります・・・。 編集部が評価した結果 当サイト(ドッグフード大百科)比較基準で決定したランクとなります。 犬の消化を妨げる穀物や粗悪な添加物を3種類も使用しているので評価が伸びませんでした! 注意したい酸化防止剤や人口添加物の「 ソルビン酸カリウム・BHA・没食子酸プロピル」を使用しています。 また、どのような肉を使用しているか不明な、「 加水分解動物性タンパク質や動物性油脂」なども気になるため、あまりおすすめできない、Cランクのドッグフードと評価させて頂きました。 ロイヤルカナンドッグフード(犬用)の3つの特徴 動物病院へ行くと、療法食として様々な病気に対応したロイヤルカナンの犬用が用意されています。 本社フランスで研究所を持っているロイヤルカナンには、どんな特徴があって選ばれているのかをまとめてみました! 1、犬種別や年齢別のドッグフードが豊富で選びやすい ロイヤルカナンのドッグフードには、 犬種別・サイズ・ライフステージ・療法食・総合栄養食と5分野に分かれていて、全63種類とかなり豊富なドッグフードがあります。 その中でも人気なのが、14犬種別に選べるようになっている「 ブリードヘルスニュートリション」です。 それぞれの 犬の特徴に特化した調合で、飼われている犬に合わせて選ぶこともできます。 また、自社工場があるフランスでは、研究所を兼ね備えている事もあり、 療法食の数や実験・実績も豊富です。 なので、動物病院が犬の療法食としてロイヤルカナンに頼ってしまうことも理解できますね! 2、原材料は人用でない資源も有効利用している ロイヤルカナンドッグフードの原材料を調べていると、「 穀物・動物性油脂・加水分解動物性タンパク・ソルビン酸カリウム・BHA・没食子酸プロピル・ビートパルプ」など、高級ドッグフードでは使用しない原材料が多く使用し、有効活用しているのかなと思われます。 それぞれの原材料は、基準値内での使用となっているので、安全だと評価できるのですが、病気になるリスクを考えると、 不安なところもあります。 企業の考え方の違いはありますが、原材料にこだわったドッグフードメーカーもあるので、どちらを選んでも良いと思いますし、飼い主さんの判断になると思います! 3、穀物や人口添加物を気にせず使用している 動物学的にみると、主原料には、 動物性タンパク質が豊富な方が理想的なのですが、主原料に使われている食材には、 多くの穀物を使用しているロイヤルカナン。 公式サイトによると、動物性タンパク質より植物性タンパク質を多く使用することによって、消化吸収を助けるという考えで、穀物を使用しているとの事です。 人は、肉などの動物性の食品も、穀物などの植物性の食品も食べる雑食の動物です。 猫は肉食、犬は雑食です。 犬が雑食とは意外に思われる方も多いかもしれませんね。 実は、犬の先祖であるオオカミも、雑食性が強いことが分かっています。 ただし、犬の体は肉食動物の特徴も持っています。 例えば、奥歯がとがっているという歯の構造や、腸が短い消化管の構造などです。 そのため、犬は「肉食に近い雑食動物」ということができます。 出典: また、動物性油脂・ビートパルプを使用していることで、 酸化防止剤や薬剤を多く使用している可能性が高く、ソルビン酸カリウム・ 没食子酸プロピル・BHAなどの人口添加物を基準値内で使用しています。 定められた範囲内で、長持ちする保存食のドッグフードに使用することは、間違っていないと思いますが、やはり、 使用していない方が理想的とは思います。 私が働いているペットショップでも、人口添加物や穀物が気になるお客様が多いです。 7g、脂質14. 5g、食物繊維3. 5g、灰分6. 1g、水分9. 8g、ビタミンA 1239 IU、ビタミンD3 72. 3 IU、ビタミンE 51. 主原料には、 米をたくさん使用しているドッグフードで、アレルギーを意識した内容となっていますね!ですが、肉の使用量が記載されていないので、どれぐらいの割合で米、肉を使用しているのかが不明な為マイナス評価となります。 さらに、動物性油脂やビートパルプも栄養素として疑問がでる原材料です。 一番気になるのが、酸化防止剤に「 BHA・没食子酸プロピル」が使用されています。 既定の数値だと思いますが、大切な愛犬に与えるのは、私には少し厳しいです・・・。 ということで、気になる原材料を使用している犬用ロイヤルカナンは、当サイトの評価基準では、おすすめできませんでした。 詳しくはAmazonの商品ページで確認してくださいね。 ロイヤルカナンドッグフードの口コミ評判をチェック みんなが実際に試したロイヤルカナンドッグフードの口コミで食いつきや食べた後の経過なども気になりますよね!そこで、ネットでの口コミ評判はどうなのかをしっかりと分析してまとめてみました。 ロイヤルカナン電解質サポート — 2018年 1月月10日午後7時10分PST 足のおハゲと耳掃除、ワクチン接種のため動物病院へ行ってきました。 耳や足のカイカイは今までも繰り返しているので、元々アトピーの要因はあるのかもと診断されました。 とりあえずオヤツ抜きで病院指定のフードのみの生活を2ヶ月送り、皮膚の状態や痒がる仕草などが見られなくなったら、ある程度の原因が特定できるらしいです。 ヒマチーも豚皮もボーロもしばらくはサヨウナラ。 オヤツ抜きは辛いけど、お野菜はOK出ているので、ネルの大好きなお野菜で乗り切りたいと思います🍅🥦🥒🍠 ワクチンのご褒美に動物病院でおもちゃもらったよ! 前回より一気に体重増えて3. 今のところ、口コミで多いアレルギーの心配もなく、毛艶も良好ですね!今後もロイヤルカナンを続けていく予定ですが、生産ラインを韓国工場に変更する噂が・・・ここだけ心配です。 ロイヤルカナンドッグフードの口コミまとめ ここまで、ロイヤルカナン犬用の口コミをピックアップしてきましたが、「食いつきが良い!」「獣医さんにおすすめされた!」「療法食として紹介されたから!」など良い口コミがたくさんありましたね! しかし、悪い口コミでは、「ウンチの臭いや状態」「粒がギトギトで気持ち悪い」「アレルギーの心配」など、ドッグフードに使用されている原材料に疑問を抱いていてる方も多かったです。 ウンチの臭いについては、おそらく、 肉原材料の品質に問題があるのかもしれません。 加水分解動物性タンパクや動物性油脂といった原材料は、使用されている 肉の種類や部位が不明なので、低品質のドッグフードに使用されていることが多いですしね! 粒の油性分については、 食いつきを良くする為に、多めの動物性油脂をコーティングしていることが考えれます。 犬は味覚が鈍く嗅覚が非常に優れているので、 食欲をそそるように添加しないと、食いつきが悪いという事なのかもしれませんね! 犬用ロイヤルカナンはアレルギー対策におすすめなの? 毎日の食事で「うちの子食物アレルギーかなぁ?」と思った時に、アレルギー対策用のロイヤルカナンを試してみたいと思われている方も多いですよね! しかし、アレルギーにはいろいろな原因があるので、ドッグフードだけを切り替えたとしても改善しない場合もあります。 動物病院で診察してもらうと、アレルギー対策用の食事療法食ドッグフードを提案してくれると思います。 ロイヤルカナンには、 皮膚や食物アレルギーに対応した「セレクトプロテイン」や「アミノペプチド フォーミュラ」があります。 しかし!これらの原材料を見ていると、 主原料に穀物を使用していたり、摂取しすぎると病気になるリスクが高い 人口添加物(ソルビン酸カリウム・BHA・没食子酸プロピル)を基準値ではありますが使用されています。 ドッグフード大辞典でも本当にアレルギー対策としておすすめできるのか?っと疑問に思うところもありますが・・・ まず愛犬が食物アレルギーになった 原材料を特定していくことが重要で、獣医さんにおすすめされたロイヤルカナンの 食材に疑問がある場合は、しっかりと相談する方がいいですね。 ロイヤルカナンドッグフード(犬用)の特徴&価格一覧 種類 特徴&価格 ブリード ヘルス ニュートリション• チワワ・ダックスフンド・プードル・柴犬・ヨークシャテリア・シーズー・マルチーズ・ミニチュアシュナウザー・パグ・キャバリアキングチャールズ・フレンチブルドッグ・ラブラドールレトリバー・ゴールデンレトリバー・ジャーマンシェパード(全14種類あり)• 上記犬種用に合わせた、粒の大きさから栄養素やバランスまで考えられた特別のドッグフード• チワワ・ダックスフンド・プードル(全3種類あり)• 高齢犬や食いつきにムラがある犬におすすめのウェットタイプ• 超小型犬・小型犬・中型犬・大型犬(全4種類)• 犬の身体サイズによる特性に配慮したドッグフード。 各種類別に年齢にも合わせライフスタイル別に合わせて選ぶことができる。 ベッツプラン• 出典: ロイヤルカナンドッグフードを購入する前のFAQ ここでは、獣医さんが犬におすすめするロイヤルカナンのドッグフードなのですが、購入する前の気になる疑問を徹底解決していこうと思います。 Q ロイヤルカナンは韓国工場に変更するのですか? ロイヤルカナンの食事療法食や総合栄養食のベッツプランは、動物病院で販売されています。 しかし、動物病院では定価に近い価格で販売していることが多く、利用者にとっては非常に高価なドッグフードとなってしまいます。 ロイヤルカナンには、63種類と犬の種類別やライフステージ、そして食事療法食と様々なドッグフードが販売されてるので 利用者も非常に多いです。 ただ、原材料には、穀物や人口添加物なども使用されていることから、本当に犬の為におすすめできるのか 不安な要素もありましたね! ロイヤルカナンを与えて、食いつきが良いという口コミや健康で長生きしている犬も実際のところ多いようです。 しかし、愛犬にも「 ヒューマングレードの食材を食べさせたい!」や「 危険な人口添加物が気になる!」という方からは、疑問の声も多いです。 なので、よく考えた上で購入した方が良いかもしれませんね! そこで、安全性が高く健康維持をサポートする総合栄養食のについて解説している記事がありますので、そちらもぜひ参考にしてみてくださいね…!.

次の