モンハン ワールド アイス ボーン オド ガロン 亜 種。 【MHWアイスボーン】オドガロン亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】|ゲームエイト

【MHWアイスボーン】オドガロン亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン ワールド アイス ボーン オド ガロン 亜 種

オドガロン亜種の特徴 黒い鱗と禍々しい牙が特徴的なモンスター。 ワールドで登場した「オドガロン」の亜種です。 冒頭で述べたように、活発に動き回り、攻撃を当てるのが難しいモンスターです。 通常種のオドガロンとは異なり、「 攻撃範囲の広い技」や「 龍属性」のブレスを使用してきます。 オドガロン亜種の肉質や耐性です。 オドガロン亜種は「龍属性」以外すべての属性攻撃が有効です。 特に有効な属性は「 水」、状態異常は「 毒」と「 麻痺」が効果的。 部位破壊できる箇所は「 頭」、「 前足」、「 尻尾」。 尻尾は 2回部位破壊することで剝ぎ取ることが可能になります。 オドガロン亜種の対策方法 オドガロン亜種を攻略するためには「 どれだけモンスターの動きを止められるか」が重要になっていきます。 ここでは、モンスターの動きを止めるのに有効な対策を紹介していきます。 状態異常攻撃を使いこなそう! オドガロン亜種は状態異常攻撃の耐性が低いので、積極的に状態異常を狙っていきましょう! 動きを止めることの出来る「 睡眠」や「 麻痺」属性を持つ武器がオススメです。 ハンターは「睡眠属性」の武器、オトモは「麻痺属性」の武器のように属性を分担すれば、かなりの回数モンスターを拘束することが出来ます。 (オトモは上位の武器でも構いません) 1つの属性で2~3回拘束できるので、1回の戦闘で最低4回以上ダメージを稼ぐチャンスが生まれます。 眠らせた時のために「大タル爆弾G」を多めに持っていきましょう。 オトモダチを呼ぶと便利 「 救援のろしの指笛」で「 オトモダチ」を呼びましょう! 「瘴気の谷」でオドガロン亜種と戦う場合は、確定で「 ギルオス」が仲間になってくれます。 仲間になったギルオスは「麻痺属性」の攻撃をするので、モンスターを麻痺させることが可能です。 ハンター、オトモ、ギルオスの3つの属性で戦うことが出来るので、戦闘を有利に進められます。 他にも、「ガジャブー」が仲間になってくれれば、ナイフで毒状態にしてくれます。 便利なことばかりなので「救援のろし」は必ず手に入れておきましょう! ウチケシの実を使おう オドガロン亜種が使用する「 龍属性」の攻撃は、ハンターの属性を無効化してきます。 「 龍属性やられ」の時は武器の属性値がなくなってしまい、攻撃力がダウンします。 属性攻撃が有効なオドガロン亜種に対して、無属性の武器では相性が悪いため、すぐに「 ウチケシの実」で直しましょう! (体力バーの上にあるアイコンで「属性やられ」になっているかどうかを判断することが出来ます。 ) 罠肉はタイミングが重要? オドガロン亜種は頻繁に食事をすると聞いていたので「シビレ生肉」などの罠肉を置いてみたのですが、全然食べてくれませんでした。 持ち歩いている肉の近くに設置しても効果はなし。 乱入してきたイビルジョーが食べてしまいました! 何か条件を満たさないと食べてくれないのかもしれません。 実用性が低いと感じました。 無理に罠肉を持ち運ぶ必要はなさそうです。 作成できる防具 オドガロン亜種の防具「EXデスガロン」の画像です。 そして、デザインも非常に素晴らしい! 作っておいて損はないでしょう! まとめ 以上、オドガロン亜種の対策方法を紹介させていただきました! オドガロン亜種には「属性攻撃」や「状態異常攻撃」が有効です。 「睡眠」や「麻痺」を利用して動きを止めましょう。 「救援のろしの指笛」で「オトモダチ」を呼ぶのも効果的です。 色々と試してみてください。

次の

【MHWアイスボーン】オドガロン亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン ワールド アイス ボーン オド ガロン 亜 種

「オドガロン」のコンボの途中に攻撃しようとすると、次の「オドガロン」の攻撃を避けられなくなってしまいます。 特にコンボの締めに使ってくる「 振り上げ尻尾攻撃」は当たると大ダメージを受けてしまうので必ず避けたい攻撃です。 通常時は最大2回、怒り時には最大3回コンボを繋げるので、コンボが途切れるのを確認してから攻撃するようにすると安定して戦うことができます。 裂傷状態の対策をしよう 「オドガロン」の爪を使った攻撃に被弾すると、「 裂傷状態」になってしまいます。 裂傷状態は「歩く以外の行動をするとダメージを受ける」という厄介な状態異常なので、対策は必須です。 肉系アイテムを使うと裂傷状態は回復できるため、必ず持参してオドガロン戦に臨みましょう。 前脚を部位破壊しよう 「オドガロン」の前脚を部位破壊すると、被弾時に厄介な「裂傷状態」になる確率を下げることができます。 裂傷状態になる確率が減ると立ち回りが楽になるので、爪を重点的に攻撃すると良いでしょう。 罠肉を利用しよう 「オドガロン」は食欲が旺盛なモンスターなので、「」「」「」などの罠肉に食いつきます。 ハンター発見状態だと食べないので、「隠れ身の装衣」で姿を隠して罠肉に食いつくのを待つ戦法が有効です。 怯みカウンターに気をつけよう 「オドガロン」は、怯み発生でカウンターをしてくることがあります。 怯み発生時に転倒しても、すぐ起き上がって前方の狭い範囲に攻撃を仕掛けてきます。 ダメージが大きいので、単純に気をつけたい行動パターンです。

次の

【MHWアイスボーン】オドガロン亜種の弱点と攻略【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン ワールド アイス ボーン オド ガロン 亜 種

最強武器ランキング 1位:太刀 特殊納刀で連携が強化 太刀は特殊納刀により、攻撃の切れ間がより少なくなり、連携が強化されました。 居合斬りが練気ゲージ0では無敵にならないなどの弱体化も受けましたが、アイスボーンでも変わらず高水準でまとまった武器種です。 関連記事 2位:ライトボウガン 徹甲榴弾の速射が強力 ライトボウガンは徹甲榴弾を速射できる武器が強力で、KO術や砲術を積むことでスタンを取りつつ火力を出せます。 新パーツの回避装填パーツで回避しながらリロードができる点も強力です。 関連記事 3位:大剣 強化撃ちとの相性が抜群 大剣は新アクション「強化撃ち」で真溜め斬りを素早く出せるようになり、より効率的にダメージを稼げるようになりました。 一撃の威力が高く、傷ついた部位に攻撃することで更に大ダメージを出せるようになった点も優秀です。 関連記事 4位:スラッシュアックス 斧状態でも戦いやすくなった スラッシュアックスは斧強化状態が追加され、斧状態でも火力が出せるようになり、戦いやすくなりました。 また、属性解放中にクラッチクローが発動できるようになり、属性解放の大きな隙を減らすことができます。 関連記事 5位:ガンランス 竜杭砲で火力アップ ガンランスはアイスボーンで追加された「竜杭砲」による砲撃の火力アップが強力です。 竜杭砲を当てた部位に砲撃を当てる必要があるため、立ち回りは難しいですが、使いこなせば高い火力を出せます。 関連記事 6位:操虫棍 ひるみ軽減の強化が追い風に 操虫棍はひるみ軽減の効果にエキス効果の強化が付いたことで、3色エキス取得時に振動や風圧、咆哮を軽減できるので、アイスボーン前よりも安定した立ち回りが可能です。 関連記事 7位:ハンマー 頭部へのクラッチクローが強力 ハンマーは溜め攻撃からのクラッチクロー派生が増えたことで、頭部への攻撃機会が増え、よりスタンを狙いやすくなりました。 溜め攻撃直後以外ではクラッチクローに派生できない点は注意が必要です。 関連記事 8位:ランス カウンタークローが優秀 ランスは新アクション「カウンタークロー」で他武器以上にクラッチクロー攻撃を狙いやすく、簡単に傷をつけながら戦えます。 狙った部位へのクラッチは難しいですが、1部位は常に傷つけられます。 関連記事 9位:ヘビィボウガン 安定して火力が出せる ヘヴィボウガンはアイスボーン前から変わらず、散弾特化が強力な武器です。 クラッチクローからの武器攻撃で傷がつけやすい点も散弾と相性が良く、安定して火力が出せます。 関連記事 10位:狩猟笛 響音攻撃で火力も出せるように 狩猟笛は新アクションの響音攻撃で火力も出せるようになり、サポートだけの武器ではなくなりました。 また、笛吹き名人にLv2が追加されたことで、旋律効果時間がさらに延長されるようになり、旋律維持がしやすくなりました。 関連記事 11位:双剣 属性補正の低下が痛手 双剣はアイスボーンアップデート時の属性補正の低下がかなり厳しく、火力が大幅に下がってしまいました。 新アクションの使いづらさや相性の良い防具の少なさなど、扱いづらい武器種です。 関連記事 12位:チャージアックス 大きな変化が無くやや弱い チャージアックスの新アクション「斧強化状態」は強力ですが、強化までの手順が多く使いづらさも気になります。 斧強化状態以外はそこまで大きな変化が無く、やや弱く感じます。 関連記事 装備• おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の