プラハ 旅行 記。 剣と魔法のプラハ旅行記

剣と魔法のプラハ旅行記

プラハ 旅行 記

さり気なくですが友人から 結局お前ってどこに行ったことあんの?的な感じがあったので、軽くまとめようと思い立ったわけです。 都市によって長い短いがあるのですが一都市一投稿でやっていこうと思ってます。 2015年は2月24日~3月18日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は華の都パリやブリュッセル、マッターホルンの麓の町ツェルマットに初めて行くのでかなり興奮していました。 読めへんけどこれがプラハの大きな駅やった このHOSTEL MODRAが泊まった宿です。 ご覧の通り到着したら夜中です。 でも24時間受付って書いてたからめっちゃ眠そうなおばちゃんがいました。 翌朝、二人は別々に起床しました。 なぜなら今日は別々に一日を過ごせる貴重な日だからです。 さて、という事で一人で歩いていると見つけました。 見つけましたよ~~ 【日本に逆輸入】Superdry store 極度乾燥 しなさい ヨーロッパではちょいちょい見かけるSuperdry Store!! しかもSuperdryの日本語訳が 極度乾燥 しなさい なんです(笑) いや、、、 速乾やろ この、日本人にとっては笑えるネーミングのこのブランドも実は イギリスの割と高級なファッションブランドなんです…って!ぼくは知りませんでした。 現在でも世界中で大流行しています しかし街中を歩いているとよく見かけます。 2kgで130円くらいのパン、去年は2日かかっても食べきれんかった代物 そして約束の駅に到着するとカヌー部時代の他大学の後輩、〇〇〇ちゃんが待っていました。 何よりも 「チェコでは挨拶が重要」と教えてくれました。 何かあれば「ドブリーデン」と声をかけるべし、と。 お肉が食べたい!!!! チェコのビールも飲みたい!!! 何かうっすら覚えてる、彼女のは自由に味を変えれる料理 ヨーロッパでは街中のATMでお金を引き出す 現金は基本このATMで引き出します 国によって様々ですが、基本的に英語は必ずあるのであまり怖がらずに使いましょう。 しかも引き出せる額も自由なATMもあれば「100, 200, 500, 1000」と決まっているATMもあります。 長過ぎるエスカレーター これもヨーロッパあるあるですね。 めちゃくちゃ長いエスカレーター。 乗り始めはゴールが見えない 徐々に現実に戻る ここら辺から、自分の研究室配属状況をめちゃくちゃ気にし出す。 日本に帰るのが怖い。 「機内食は美味しくない」なんて誰が言ったんだ? 都市伝説的にまことしやかに語られる機内食の噂。 それが 機内食はマズイ ということ。 しかし本当だろうか? おれは機内食がマズイと思ったことは一度もない。 もちろんいつもANAという世界最高ランクの航空会社を使っているというのもある。 どっかの何とか航空とかには乗った事が無いだけやから、「機内食は不味くない」とも言えない。 しかし、だからこそ声を大にして言おう。 ANAの機内食は美味しいです!!! 後日談 ヨーロッパから帰国した当日、まずはM教授の研究室に電話しました。 やはりM教授はカンカンで「とりあえず明日の13時に研究室に来い」と言われました。 翌日 絶対に遅刻してはいけないと緊張感を持って大学に行き12:58くらいに教授の部屋をノックしました。 コンコン M教授「はい?」 ガチャ おれ「失礼します」 キイィ M教授「そこ座れ」 おれ「はい。。。 」 M教授「で、言いたいことは何や」 おれ「ぼくは卒論発表を勝手に休んで友人と二人でヨーロッパに行っておりまして、一昨日帰って来ました。 留年は覚悟しておりますが、一言お詫びだけさせて頂こうと 本音 ・・・」 M教授「何で勝手に何も言わずにヨーロッパに行ったんや?」 おれ「はい、、、正直な話、、、怒られるのが怖くて、絶対にOKもらえないだろうなと思い勝手にヨーロッパ行きを決定しました 本音 」 数ラリー後・・・ M教授「とりあえず、明日もう一度来い。 いま思うと本当にM教授に助けてもらった。 1992年11月生まれ 京都在住 旅する空手家 大好物は「旅」「自然」「カメラ」「空手」 そして「鶏天」と「麻婆豆腐」も... 顔に似合わずロマンチスト 関連する記事• 目次 1. はじめに2. レゲンスブルグ滞在記2. Annaの故郷だった2. 新古典主義建築時代のヴァルハラ神殿2. ヨーロッパの水道水は[…]• 目次 1. はじめに2. とりあえず有名観光地を巡ったパリ滞在記2. 男二人で一つのベッド2. スーパーなどで写真を撮るのはやめましょう2. 3[…]• 目次 1. はじめに2. ツェルマット滞在記2. ツェルマットのWolliちゃ[…]• 目次 1. はじめに2. 親友と共にヨーロッパへ3. 2015年のヨーロッパはとても危険だった4. 留年覚悟のヨーロッパ旅5. 後日談 はじめに RY[…]• 目次 1. はじめに2. アムステルダム滞在記2. 初めてのFKK2. 自由に動き回る車掌2. 街の全体図は把握しておくべし2. ホス[…].

次の

コスパと治安が最高!プラハ旅行記│1

プラハ 旅行 記

3月19日から26日にかけてチェコ、ドイツに行ってきた。 チェコはプラハとチェスキー・クルムロフ。 ドイツはベルリンに行ってきた。 今回はプラハについて書いていく。 チェコに行った理由は友人皆がすすめるから。 エッセイのこともあるため、休暇の2週間のうち1週間を旅行に費やすことにした。 難民キャンプにも行こうと思えば行けたが、2週間すべてを費やすわけにはいかなかったため、やはり断念。 プラハでは2か所のホステルに宿泊した (地図: より引用) 一度目はカレル橋近くの市街地。 Hostel Ananasというこの辺では最安で最もきれいなホステル。 ドミトリーで一泊6ポンド(千円しないくらい)だった。 可もなく不可もなくといったホステル。 二度目は城近くのホステル。 Little Quarter Hostelという宿。 個人的にはこっちの方がずっと好きだった。 Hostel Ananasと同じ値段で清潔さも同じくらい。 ただ近代的なコンクリート造りのHostel Ananasよりもずっと落ち着いていて雰囲気はよかった。 場所がやや不便なところにあるため、大きなスーツケースを持った人には大変かもしれない。 特にチェコは昔から使われている石畳の道のため、歩くのも少し大変…。 で両方とも予約。 チェックインなどもスムーズにいった。 イースターのためか、屋台がそこら中に出ていた。 ソーセージやビール、イースターエッグ、伝統工芸品など様々なものが売られていた。 名産品の人形はどれもかわいかった。 チェコの料理はハンガリーとドイツに似ている。 これは牛肉のステーキにシチューのようなソース、クリーム、ベリー系のジャムのようなもの、レモンを添えたものと蒸しパン。 だいたいこんな感じの料理が多い印象。 ハンガリーで食べたグラーシュがとてもおいしかったので、ここでも食べてみたが、まったくの別物だった。 ハンガリーのはもっとスープに近いものだったが、こっちはシチュー…もっというとハヤシライスのルーのようなものだった。 もしかしたら店がわるかったのかもしれないが、がっかりしたためそれ以降食べなかった。 他にソーセージがたくさん売られていた。 どれも60コロナ(約300円 )とお手頃価格。 この時期ならではのグリーンビールも飲んだ。 ゼレネーピボとチェコ語では言うらしい。 これは期間限定のビールでイースターの時期に飲み店で売られるらしい。 味はかなり苦め。 ビールがもともと得意ではないので、数回口にしただけで捨ててしまった。 もったいないし、もうしわけない…。 でも今まで飲んだビールの中で最も苦かった。 口というか喉にも残る苦さだったため、さすがに無理だった。 有名なカレル橋 15世紀に完成し、橋の両側に聖人やキリストの像が飾られている。 プラハの天文時計に並ぶ込み具合。 夜もしくは朝にいけば人が少ない中で写真が撮れる。 最近少し話題(?)の世界一きれいな図書館にも行ってきた。 15世紀ごろの本や標本なども展示されており、なかなか興味深かった。 プラハたしかにきれいな町だった。 ただ観光客は多く、かなりにぎやかな場所だ。 バロック様式の豪快できれいな建物も多いが、外れに行くと今風な少し小汚い街があった。 個人的にはそういうところの方が人の生活を感じることができて好きだった。 友人たちの勧め通り、たしかにきれいで素敵な町だった。 できることなら数日滞在すると良いと思う。 pacificharmony.

次の

チェコ・プラハの公共交通機関の乗り方 プラハ国際空港からプラハ市街地へ 宿泊地 ホリデイインプラハ コングレスセンターへ移動【2019年旅行記14‐8】

プラハ 旅行 記

「勇者は、獅子とともに竜を斃し、異国で手に入れた魔法の剣をたずさえて、祖国ボヘミアを守る王となった」 こんな伝説にわくわくするようなら、プラハはきっとお気に入りの場所になるでしょう。 黄昏に浮かび上がる黄金の城。 聖人たちに護られたビッグブリッジ。 街の灯りがきらめく水面には、船を浮かべて水上の音楽祭。 塔で囲まれた広場には、機械仕掛けの天文時計。 天使に祝福された教会に、禁忌の呪文書が眠っていそうな図書館。 真っ青な空にそびえる真っ白な城と、お菓子のようなピンクの塔。 旅人たちは、ビールを片手に酒場に集い、宿屋に泊まってHPとMPを回復する。 プラハというのはそんな街。 「はがねのつるぎ」の代わりにカメラを持って。 プラハをめぐる冒険の旅の始まりです。 - スポンサードリンク - プラハ旅行記ぼうけんのしょ それでは、ゆめのりょけんの長い長い旅行記の始まりです。 今回のプラハ旅行記は、8つのパートに分かれています。 と同じく、旅行記を更新するたびにリンクを貼っておきますから、ここからお好きなページへどうぞ。 1 いざプラハへ プラハの冒険を始める前に、まずは北欧経由の強行軍。 そろそろ飛行機の旅にも慣れてきたものの、今回は今回で不安なことがいっぱいです。 海外旅行個人手配に初めて挑戦したプラハ旅行の準備編もあわせて紹介します。 2 プラハの王道を歩く せっかくプラハに訪れたからには、とりあえず定番の観光名所を見ておきたいところ。 プラハには、そんな旅行者にぴったりの王道ルートがあります。 その名もまさしく「王の道」。 歴代の王たちが戴冠パレードを行なったプラハのメインストリートを練り歩き、美しい古都の空気を確かめます。 3 プラハ城とフラッチャニ 「フラッチャニ」と呼ばれるプラハ城周辺の一帯は、プラハ城、ヴィート大聖堂、黄金小路、ストラホフ修道院などが集まるプラハ観光の中心地。 旅人でごったがえす王宮の広場から、まるで絵本の世界のようなパステルカラーの小路まで、いろんなプラハの表情が楽しめます。 4 マラー・ストラナてくてく散歩 ヴルタヴァ川左岸に広がる城下町。 マラー・ストラナに広がるオレンジ色の屋根は、プラハを象徴する景色として有名ですね。 百塔の街を一望できる絶景ポイントを探しながら、かつて裕福な貴族たちが住んだ一帯を散策してみます。 5 プラハ旧市街の迷宮でお土産クエスト 中世がそのまま残ると言われる街、プラハ。 ヴルタヴァ川右岸に広がる旧市街は、まさしく中世の住人になったような気分を味わえます。 そんな旧市街のテーマは、ずばり「お土産さがし」。 ボヘミアングラス、マリオネット、おしゃれ雑貨、木のおもちゃ、マッチ箱などなど、チェコ・プラハならではのレアアイテムを求めて、迷路のような細い路地を歩き回ります。 6 プラハ新市街ゆっくり街歩き プラハの魅力は、中世が残る旧市街だけではありません。 新市街に足を踏み入れれば、様々な時代の建築ともに、民主化されたプラハの賑やかな一面を見ることができます。 ムハ美術館を中心に、アールヌーヴォーとポストモダンを訪ねて。 7 日帰りツアーでチェコの古城めぐり プラハの次は、少し足を延ばして郊外の城めぐり。 今回はプラハ発のオプショナルツアーを利用して、チェスキー・クルムロフを歩き回ります。 街全体が世界遺産のチェスキー・クルムロフは人気の観光地。 ヨーロッパで最も美しい城と呼ばれるフルボカー城も一緒に訪れました。 8 さよならプラハ 楽しかったプラハともいよいよお別れ。 たくさんの思い出と共に、帰国の途につきます。 しかし、そうたやすく帰してなるものかと、最後に待ち構えていたプラハの罠。 そのとき、2人が見たものとは!? 沖島 博美 おすすめ平均 街に中世がそのまま残る、奇跡の歴史都市プラハ。 見過ごしてしまいそうな奇跡の痕跡を探し出し、かつて中世の人々が歩いた石畳の道を彷徨しつつ街並みに幻惑されて時空に遊ぶ。 本書では8つのエリアの散歩道を紹介し、そんな旅を実現するお手伝いをします。 - スポンサードリンク - Comments: 2 あいぽん5s 2014年10月 1日 22:50 いつも楽しく見ています。 こちらの記事を1年ほど前から読んでいました。 そして今回、新婚旅行先にプラハを選び、来週旅立つことになりました。 旅行が近づくにつれ、またこちらのブログを読み返したりしています。 楽しみです! プラハを知るきっかけを作ってくれてありがとう!! シュクル 2014年10月 2日 01:23 あいぽん5sさん、こんにちは。 コメントありがとうございます! 当ブログがプラハを知るきっかけになったこと、すごくうれしいです。 ぜひ、感想をお聞かせください!^^.

次の