ほったらかし キャンプ 場。 絶景温泉に大感激!ほったらかしキャンプ場は噂通りの人気キャンプ場

初心者も絶対キャンプが好きになる!ほったらかしキャンプ場レビュー

ほったらかし キャンプ 場

ほったらかしキャンプ場予約 まず、ほったらかしキャンプ場へ行くには、予約をしなければなりません。 が、ここが難関なのです。 人気すぎて土日は予約が取れない!季節問わずに一年中です! 予約開始の日時にPCまたはスマホでスタンバイしておく必要があります。 また、予約フォームの入力方法がちょっとだけクセがあるので、アクセスが集中していてなかなか動かない時に、少しでも迷ってしまうと希望のサイトが取れないということもありうるので、混雑していない何でもない時に一度直前まで入力してみるのもいいかもしれません。 13時にチェックインを済ませ、薪も購入します。 薪は専用のケースに入っていました。 しっかりと乾燥していて、いい薪です。 それでは一番奥のハナレサイトへ向かいます。 管理棟からサイトへ向かう間もずっと富士山が見えていました。 天気が良ければどのサイトからも富士山は見えますね! ハナレサイトは富士山が真正面!!少し高い所になるので、その下に広がる甲府盆地も一望できます。 絶景です。 ノルディスクのウトガルド一つでいっぱいでした。 前に椅子を並べて焚き火をするスペースがある程度で、ややギリギリでした。 ハナレサイトは二段になっていて、そのさらに下の段にフリーサイトがある感じでした。 上の方は見晴らしが良い感じですが、下の方は富士山や景色が近い感じ。 ハナレサイトの手前にある区画サイトは富士山をダイナミックに感じたい方におすすめです。 そのままほったらかし温泉まで歩いていってみます。 温玉揚げをおやつに食べました。 黄昏時、盆地の街がキラキラしていながら富士山もまだ薄っすら見えていてとても綺麗でした。 テントの入り口を開けて夜景を見ながら夕食です。 テントにおこもりしながらも夜景が見えて最高でした。 この日は久々のキャンプだったからか、早めにおネムに。 嫁は22時頃には就寝。 案の定、3時頃に目が覚めてしまいました。 トイレへ行こうと外へ出ると、雲が無くなり、満点の星空が広がっていました。 とっても綺麗で、一人で眺めていたのですが、氷点下まで下がった外気温に長居はできず、、、。 またぬくぬくの寝袋へ戻りました。 ほったらかし温泉でご来光 出典: 朝はご来光を見に温泉へ。 ご来光を見たい場合は「あっちの湯」です。 日の出の時間の1時間前にオープンするのですが、休日ということもあり、オープン前には長蛇の列! 体を洗って露天風呂へ向かうとすでにお風呂はすし詰め状態。 裸の人々がギュウギュウになっててなかなかシュールな光景でした。 笑 そんな中に混ざって日の出を待ちます。 寒い時期は肩を出していればいいですが、夏はのぼせちゃいそうですね。 着替えも大混雑。 休日だったからかもしれませんが、人が多すぎて結構疲れました、、、。 ご来光は一回見れたから、もう満足かな。 笑 次はご来光が良く見えるサイトを予約して、そこでゆっくり見たいと思います。 お風呂を出てからは気まぐれ屋で卵かけご飯を購入。 とっても美味しいですが、ここも長蛇の列なのでお早めに! サイトへ戻って1時間くらいゆっくりしたらもう撤収の時間。

次の

我が家のお気に入りのキャンプ場紹介 ~絶景!ほったらかしキャンプ場~

ほったらかし キャンプ 場

Contents• 富士山と甲府盆地の大パノラマが広がる【ほったらかしキャンプ場】。 標高約700mに位置する「ほったらかしキャンプ場」は、2016年にオープンした比較的新しいキャンプ場。 オーナー自らが山から木を切り出すところから手作りで開いたというこだわり満載のスポットです。 なんと言っても一番の魅力は、目の前に富士山と甲府盆地のパノラマが一面に広がる抜群のロケーション! 場内のどのキャンプサイトからでも富士山を拝むことができるので、当たり外れがないのは嬉しいところ。 朝は雄大な富士山を眺めながら、昼は高い空を見上げながら、夜は満天の星空と甲府盆地の夜景を見ながらのんびり過ごす、そんな「何もしない」贅沢を味わえるキャンプ場なんです。 ドッグランサイトやログキャビンも! 快適にキャンプを楽しめる充実設備。 テントサイトは全5種類。 さらに、犬連れも安心のペットが遊べるドッグラン付きサイトも用意。 また「テント泊が苦手」という方には、木のぬくもりがいっぱいのおしゃれなログキャビンがオススメ。 「小屋付きサイト」のログキャビンは、トイレ、シャワールーム、ミニキッチン付きで、清潔感あふれる快適空間。 キャンプ場から切り出した木材を有効活用したログ小屋は、冷暖房完備なので真夏や真冬のキャンプも快適。 小屋の横にはテントやタープを設営できるスペースもあり、建て方次第で大人数でのキャンプもできます。 室内からも景色が一望でき、ゴロゴロと寝っ転がりながら絶景を独りじめすることもできちゃいます! また、場内にはオフィシャルショップや焚き火ができるバーなどの共有スペースもあり、ご当地ビールやワインを味わうことも可能。 さらに、快適なテントやシェラフなどアウトドアギアのレンタルも充実していて、キャンプ初心者から上級者まで幅広く楽しめる施設になっています。 キャンプ場のすぐとなり! 絶景の露天風呂を備える【ほったらかし温泉】。 ほったらかしキャンプ場から、徒歩でたったの3~4分の距離にあるのは名湯「ほったらかし温泉」。 こちらも魅力は、キャンプ場に負けず劣らず絶好のロケーション! 目の前に広がる壮大な景色と開放的な露天風呂は、温泉通をも唸らせるはず! 日の出の1時間前からオープンしているので、美しい朝日を背にした富士山を湯船の中から眺めるなんて、とびっきりの贅沢体験もできちゃいます。 「こっちの湯」は、富士山が真正面に見え、ひなびた雰囲気も人気。 泉質はアルカリ性単純泉。 硫黄泉に比べ刺激が少なく、肌の弱い方や高齢者、子どもでも安心。 お肌がスベスベになり、湯冷めしにくいので野外で冷えた身体もホカホカに! お湯を毎日総入れ替えしているのも嬉しい限りです。 「あっちの湯」は「こっちの湯」の2倍の広さ。 眼下に甲府盆地、右手に富士山が一望出来る。 ほったらかしキャンプ場で、自然に抱かれる贅沢なひとときを。 目の前に望む壮大な富士山と輝く夜景、そしてそばには温泉。 こんな身も心も癒されるキャンプシーンはなかなか体験できません。 日常のストレスから解放され、富士山を眺めながらただ1日くつろいで過ごす。 そんなほたらかされる幸福感に浸ってみてはいかがでしょう。 【 ほったらかしキャンプ場】• ・場所:山梨県山梨市矢坪1669-25• ・営業期間:通年• ・チェックイン:13:00~17:00/チェックアウト:~翌11:00• ・施設タイプ:フリーサイト/区画サイト/キャビン/オートキャンプ• ・tel:080-9677-1010• ・キャンプ場公式サイト: 【 ほったらかし温泉】• 場所:山梨県山梨市矢坪1669-18• 営業日:年中無休• 営業時間:日の出1時間前~22時 最終受付21時半)• 入浴料 :「こっちの湯」「あっちの湯」各大人800円、小人400円(0歳~小学6年生まで)• tel:0553-23-1526• 公式サイト:.

次の

動画付き「ほったらかしキャンプ場」キャンプレポ〜キャンプ場内編〜ほったらかし温泉徒歩5分│ママはずぼら|ファミリーキャンプを応援するブログ

ほったらかし キャンプ 場

ほったかしキャンプ場 山梨県山梨市矢坪の標高約700mにあるオーナーさん手作りのキャンプ場。 各サイトからは富士山と甲府盆地を眺めることができ、夜は夜景と星空の絶景も楽しむことが出来る。 キャンプ場に入るとこの看板がお出迎えしてくれます。 その奥に見える左側の建物が管理棟。 受付はここでします。 管理棟の前にある広いスペースが受付の際の駐車スペースです。 ここのキャンプ場は大きく分けると• 区画サイト• フリーサイト• 小屋付きサイト この3種類のサイトに分けられ、区画サイトは通常の区画サイトに加え下記の3種類のサイトがあります。 ・ ダイノジサイト 2台分の車、テント、タープが入る大きさ。 広々とゆったりキャンプしたい方におすすめです。 (オプションで車3台目も駐車可能) ・ ほったらかしサイト … 全2区画 柵付きで安心してペットとキャンプができる。 ・ ハナレサイト 少し離れた静かなエリア。 キャンピングカーが常駐していて、レンタルすれば各サイトで利用可能です。 どのサイトも予約制で大変人気のキャンプ場のため、かなり前もって予約が必須と思われます。 この管理棟を基準にして道が左右に分かれていて、それぞれにサイトがあります。 緑のマーカーで印された場所が今回僕たちがキャンプしたサイト。 このマップだと分かりづらいかもしれませんが、受付のすぐ上のサイトになります。 キャンプ場案内 管理棟周辺 左側が管理棟(受付)、右側の小屋ではグッズなどが売られていました。

次の