アイネクライネ コード。 米津玄師『アイネクライネ』メロディーの美しさとアレンジの課題

米津玄師『アイネクライネ』メロディーの美しさとアレンジの課題

アイネクライネ コード

作詞・作曲:米津玄師 編曲: 蔦谷好位置 A メロのレビュー イントロはなく、Aメロから曲が始まります。 彼の代表曲である『Lemon』と同様に イントロはありませんが、 代わりにブレスの音を入れています。 これは必要な音です。 メロディーは切ない雰囲気が漂っていていいですね。 ボーカルの歌声とも非常に合っています。 伴奏はギターだけですが、このギターの フレーズと音色がこの曲の世界観に合っていて非常に綺麗です。 途中から入ってくるシンセ・パッドがまた美しい音色ですね。 音色の選択が素晴らしいです。 見事に曲を彩っています。 Aメロを折り返し、繰り返します。 ここからリズム隊が加わります。 ハイハットとキックはいいと思いますが、スネアの音がいまいちですね。 もっと良い音が合ったはずです。 1:50 2回目のAメロが始まりますが、1回目のAとほぼ同じでしょうか。 特に変化は無いようですね。 スネアは変わって良い音になっている気がします。 Bメロのレビュー Bメロはメロディーのクオリティーが高いだけでなくAメロとの違いを リズムによって出しているのが素晴らしいです。 Bメロのメロディーは16分音符が中心になっていて、 これがAメロとの「差」になります。 単純さを薄めることが出来るのです。 歪み系のギターの刻みのフレーズも良い味を出していますね。 淡々と刻むのがクールでいいのでしょう。 「もう1つくらい楽器が加わるといいなぁ……。 」と思っていたら、 ちょうどそのタイミングで シンセサイザーのサイン波のフレーズが出てきました。 さすがですね。 ポルタメントが適度にかかっていて、非常に綺麗なフレーズになっています。 「どうして」の繰り返しで気持ちを高ぶり、そこからより歪んだエレキギターが現れます。 この歪み系のギターのフレーズにより、サビへの期待感が高まるのです。 非常に上手なアレンジですね。 サビに入る前にブレイクが使われていますね。 ブレイクに関してはこの曲の最大の課題なので後で詳細を書きます。 サビのレビュー サビのメロディーは非常に美しいですね。 アレンジもメロディーを上手く彩り盛り上げています。 後半のほうではセカンダリードミナントを使って、切ない感じが出ています。 (E7 — Amという進行 スネアの音がよくなっています。 サビの盛り上がり方を考えればこの音は正解です。 全体的によく出来ていて悪いところは今のところありません。 しかし、やはりブレイクがサビ後に入ります。 そして、サビ後の短いフレーズを終えてAメロに戻る際もブレイクが入ります。 『Lemon』のときも同じ指摘をしたのですが、ブレイクという技法は1曲の中で 何度も使用するものではありません。 流れが途絶えてしまいますし、意外性がなくなります。 要所に入れるからこそリスナーを「ハッ! 」とさせられるのであり、何度も使っては その効果がなくなります。 これは編曲家の責任ですね。 この後もブレイクが多用され少しうんざりします。 2:41 2回目のサビですが、やはりサビに入る前にブレイクが使われています。 ブレイクを入れることで静かな空間が一瞬生まれるのですが、効果がありません。 なぜなら、リスナーがここでブレイクが使われることを予期できるからです。 2回目のサビの後にもブレイクが入ります。 何が何でもブレイクを入れるつもりなんでしょうね。 間奏のレビュー 3:09 間奏中にもブレイクが入っていますね。 間奏でのギターのフレーズは悪くないのですが、同じフレーズの繰り返しなので退屈ですね。 もっとしっかりフレーズを作りこんだほうがいいです。 Dメロのレビュー 3:35 ここからDメロに入ります。 不思議なことにDメロに入る際にはブレイクがありません。 いったいどういう理由があるのか聞いてみたいですね。 Dメロのメロディーは非常に優れています。 世界観を壊すことなく、それまでの流れを引き継ぎつつ盛り上げています。 アレンジも上手に盛り上げられています。 しかし、やはりDメロ終わりにブレイクが入り、その後再び間奏に入るのですが 「この後サビに入る直前にブレイクが入るんだろうな。 」と思っていたら、 案の定ブレイクが使われていました 😛 最後のサビとアウトロのレビュー 4:12 最後のサビも良いですね。 前のサビとの違いは少ないですが、非常に盛り上がっており、気持ちが高まります。 ドラムの手数が増えているので、その効果は出ていますね。 最後にブレイクをいれ、ボーカルの歌声だけを目立たせる形で終えています。 アウトロがないのは寂しいですね。 これも『Lemon』と同じでイントロもアウトロも ないのは少し残念な気がしますね。 ずっと曲が盛り上がっていて、 世界観に浸っていたのにギターのハーモニクスで「ぷつっ」と切れてしまう感じです。 世界観が素晴らしいので余韻を味わいたいのですが、 アウトロがないのでそれが出来ません。 それは少し残念です。 総評 コード進行はシンプルでセカンダリードミナントを少し使う程度です。 メロディーは終始素晴らしくて、クオリティーの高さがよく出ています。 カラオケで歌っていても気持ちがよいでしょうね。 課題は言うまでもなく『ブレイク』の使い方です。 音楽には正解や不正解が無いと言われていますが、 このブレイクの多用は間違いだと私は思います。 ブレイクを入れすぎてしまうと曲の流れが止まりすぎてしまうのです。 要所で使うからこそ意外性があって良いのですが、多用するとブレイクの メリットが消えてしまうのです。 メロディーがこれだけ美しいのですから、アレンジはもう少しがんばって欲しかったです。

次の

アイネクライネ

アイネクライネ コード

作詞・作曲:米津玄師 編曲: 蔦谷好位置 A メロのレビュー イントロはなく、Aメロから曲が始まります。 彼の代表曲である『Lemon』と同様に イントロはありませんが、 代わりにブレスの音を入れています。 これは必要な音です。 メロディーは切ない雰囲気が漂っていていいですね。 ボーカルの歌声とも非常に合っています。 伴奏はギターだけですが、このギターの フレーズと音色がこの曲の世界観に合っていて非常に綺麗です。 途中から入ってくるシンセ・パッドがまた美しい音色ですね。 音色の選択が素晴らしいです。 見事に曲を彩っています。 Aメロを折り返し、繰り返します。 ここからリズム隊が加わります。 ハイハットとキックはいいと思いますが、スネアの音がいまいちですね。 もっと良い音が合ったはずです。 1:50 2回目のAメロが始まりますが、1回目のAとほぼ同じでしょうか。 特に変化は無いようですね。 スネアは変わって良い音になっている気がします。 Bメロのレビュー Bメロはメロディーのクオリティーが高いだけでなくAメロとの違いを リズムによって出しているのが素晴らしいです。 Bメロのメロディーは16分音符が中心になっていて、 これがAメロとの「差」になります。 単純さを薄めることが出来るのです。 歪み系のギターの刻みのフレーズも良い味を出していますね。 淡々と刻むのがクールでいいのでしょう。 「もう1つくらい楽器が加わるといいなぁ……。 」と思っていたら、 ちょうどそのタイミングで シンセサイザーのサイン波のフレーズが出てきました。 さすがですね。 ポルタメントが適度にかかっていて、非常に綺麗なフレーズになっています。 「どうして」の繰り返しで気持ちを高ぶり、そこからより歪んだエレキギターが現れます。 この歪み系のギターのフレーズにより、サビへの期待感が高まるのです。 非常に上手なアレンジですね。 サビに入る前にブレイクが使われていますね。 ブレイクに関してはこの曲の最大の課題なので後で詳細を書きます。 サビのレビュー サビのメロディーは非常に美しいですね。 アレンジもメロディーを上手く彩り盛り上げています。 後半のほうではセカンダリードミナントを使って、切ない感じが出ています。 (E7 — Amという進行 スネアの音がよくなっています。 サビの盛り上がり方を考えればこの音は正解です。 全体的によく出来ていて悪いところは今のところありません。 しかし、やはりブレイクがサビ後に入ります。 そして、サビ後の短いフレーズを終えてAメロに戻る際もブレイクが入ります。 『Lemon』のときも同じ指摘をしたのですが、ブレイクという技法は1曲の中で 何度も使用するものではありません。 流れが途絶えてしまいますし、意外性がなくなります。 要所に入れるからこそリスナーを「ハッ! 」とさせられるのであり、何度も使っては その効果がなくなります。 これは編曲家の責任ですね。 この後もブレイクが多用され少しうんざりします。 2:41 2回目のサビですが、やはりサビに入る前にブレイクが使われています。 ブレイクを入れることで静かな空間が一瞬生まれるのですが、効果がありません。 なぜなら、リスナーがここでブレイクが使われることを予期できるからです。 2回目のサビの後にもブレイクが入ります。 何が何でもブレイクを入れるつもりなんでしょうね。 間奏のレビュー 3:09 間奏中にもブレイクが入っていますね。 間奏でのギターのフレーズは悪くないのですが、同じフレーズの繰り返しなので退屈ですね。 もっとしっかりフレーズを作りこんだほうがいいです。 Dメロのレビュー 3:35 ここからDメロに入ります。 不思議なことにDメロに入る際にはブレイクがありません。 いったいどういう理由があるのか聞いてみたいですね。 Dメロのメロディーは非常に優れています。 世界観を壊すことなく、それまでの流れを引き継ぎつつ盛り上げています。 アレンジも上手に盛り上げられています。 しかし、やはりDメロ終わりにブレイクが入り、その後再び間奏に入るのですが 「この後サビに入る直前にブレイクが入るんだろうな。 」と思っていたら、 案の定ブレイクが使われていました 😛 最後のサビとアウトロのレビュー 4:12 最後のサビも良いですね。 前のサビとの違いは少ないですが、非常に盛り上がっており、気持ちが高まります。 ドラムの手数が増えているので、その効果は出ていますね。 最後にブレイクをいれ、ボーカルの歌声だけを目立たせる形で終えています。 アウトロがないのは寂しいですね。 これも『Lemon』と同じでイントロもアウトロも ないのは少し残念な気がしますね。 ずっと曲が盛り上がっていて、 世界観に浸っていたのにギターのハーモニクスで「ぷつっ」と切れてしまう感じです。 世界観が素晴らしいので余韻を味わいたいのですが、 アウトロがないのでそれが出来ません。 それは少し残念です。 総評 コード進行はシンプルでセカンダリードミナントを少し使う程度です。 メロディーは終始素晴らしくて、クオリティーの高さがよく出ています。 カラオケで歌っていても気持ちがよいでしょうね。 課題は言うまでもなく『ブレイク』の使い方です。 音楽には正解や不正解が無いと言われていますが、 このブレイクの多用は間違いだと私は思います。 ブレイクを入れすぎてしまうと曲の流れが止まりすぎてしまうのです。 要所で使うからこそ意外性があって良いのですが、多用するとブレイクの メリットが消えてしまうのです。 メロディーがこれだけ美しいのですから、アレンジはもう少しがんばって欲しかったです。

次の

米津玄師『アイネクライネ』メロディーの美しさとアレンジの課題

アイネクライネ コード

アイネクライネ アコースティックギターの音色が印象的な優しいナンバー。 MVは、水彩画のようなアニメーションのカットが中心。 の4曲目に収録。 現在の閲覧者数: 関連記事 アイネクライネ レビュー 簡易情報 作詞者 Kenshi Yonezu(米津玄師) 作曲者 Kenshi Yonezu(米津玄師) リリース 2014年4月23日 時間 4分48秒 タイアップ 東京メトロ2014年度広告キャンペーン"Color your days. " JOYSOUNDカラオケ年間ランキング 総合17位 *ウィキペディア(Wikipedia)調べ 付き合っている男女の恋愛ソングは、「好き」「幸せ」「愛してる」「会いたい」 そのような言葉が多くて、甘くて幸せで恋をしたいと思わせる曲が多い。 しかし、「アイネクライネ」は違う。 幸せの中にある本音を、すくいあげて丁寧に歌い上げた曲だ。 誰もが経験する苦しい想いが正直に描かれている曲だ。 そして、その苦しい想いさえも、掻き消してくれる優しい恋愛を歌っている曲だ。 言葉を飾らずに、「嬉しい」、「悲しい」を多く使って、 一人の少女が、「あなた」に語り掛ける様に本音を伝えてくれる曲である。 その悲しさが、その優しさが、 わたしの言葉であなたに届いてくれれば、すごく嬉しい。 ------------------------------------------------------------------------ まず、曲名の由来 これは先に候補をあげるのみで、 後でこの言葉の意味について考察したいと思う。 「あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに 当たり前のようにそれらすべてが悲しいんだ 今痛いくらい幸せな思い出が いつか来るお別れを育てて歩く」 この曲は、その大好きの裏に隠れる悲しい、不安を丁寧に歌い上げている。 別れの怖さは誰だって経験することではないのだろうか。 「ペットを飼っている時に、 いつか死んでしまうことを想像して悲しい」 「学園祭を行っている時に、 この楽しい時間はすぐに終わってしまうのが悲しい」 「隣の席に好きな子がいるのに、 席が変わると会話できなくなるのが悲しい」 「あなたと付き合っているのは本当に嬉しいのに、 あなたと別れてしまうことを想像すると本当に悲しい」 嬉しい、幸せの隣には、怖いが存在する。 嬉しければ、嬉しいほど怖いのだ。 だから、一緒にいるのは怖いこと。 幸せなのに、その幸せが怖いという矛盾した感情がとても苦しい気持ちにさせられてしまう。 それが、この曲に語られる大きな悲しみ。 そして、その裏にある大きな幸福。 隣り合わせにある、悲しさと嬉しさなのだ。 この曲は、「あたし」が「あなた」に、本音を伝える形式の歌詞だ。 しかし、これは「本音」であり、 本当に「あたし」が「あなた」に伝えているわけではない。 伝えたいけれど、伝えられないこと。 それを語り掛ける口調で伝えているのだ。 伝えられない、伝えているわけでない、と分かる歌詞が此方である。 あなたにあたしの思いが全部伝わってほしいのに 誰にも言えない秘密があって嘘をついてしまうのだ あなたが思えば思うよりいくつもあたしは意気地ないのに どうして 現状、嘘を吐いてしまっている。 言えない思いが沢山ある。 そんな意気地ない「あたし」が、 それでも伝えたい思い、「本音」を綴った曲なのだ。 誰にも言えない秘密、とは何かという考察もあるが、 これは「あたしの思い」=好きな気持ちが、伝わってはいけない。 という秘密。 それだけ分かれば、充分だと思われる。 何故なら、この歌詞は、「あたしの思い」が全部書かれているものだと考えている。 言えない秘密も、悲しみも、ぜんぶ歌詞の中に入っているものだと考えている。 「あたし」は「あなた」にぜんぶを伝えたい。 と言っている。 だから、考察などせずともぜんぶこの歌詞に入っている。 そう考える。 想定はついているが、それが何処かは「あなた」が聞いて確かめて欲しい。 これは「あたし」が伝える曲だから、「あなた」に伝わるだろう。 アイネクライネの歌詞には、一言も「好き」がない。 それなのに、「あたし」が、どれだけ「あなた」のことが大好きなのか、がとても伝わってくるのである。 今の自分がどれだけ幸せで、その分どれだけ悲しいのか。 それを綴っていて、それを伝えたい。 しかし、これはまだこの歌詞の大切なところを伝えきれていない。 その自分が悲しいことを踏まえた上で、本当に伝えたい思いがあるのだ。 この曲はサビ部分になると、一気に曲調が変わる。 そして、本当に伝えたいこころの思いを、「あたし」が伝えてくれるのだ。 消えない悲しみも綻びもあなたといれば それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか 目の前の全てがぼやけて溶けてゆくような 奇跡であふれて足りないや あたしの名前を呼んでくれた 大きな幸せと、それに比例する悲しみを踏まえた上で、それでも「それでよかった」と思えるのが「あなた」の存在である。 少し、伝えてしまうと思いが、重い部分もあるし、それに「あたし」自身の秘密もあるから言えないところではあるのだろう。 それでも、本当は、その悲しみをこえるほどの嬉しさを「あなた」が「あたし」にくれていること、それを伝えたかったのだ。 最後の「あたしの名前」を呼んでくれたという部分も、大きな意味がある。 「大好き」は誰に対しても言える愛情表現だ、大げさに言えば誰にだって愛の言葉は囁くことができてしまう。 しかし、名前はどうだろうか。 人にはよるだろうが、大切な人が名前を呼んでくれる。 それは、まるで「存在」を認めてくれて、「此処にいてもいいんだよ、」と居場所を作ってくれるような暖かさがある。 そして、「名前を呼ぶ」のは、たった一人にしか出来ない行為である。 さらに言えば、勇気のある行為でもある。 初めて会った時から、「名前で呼ぶ」ことなどないだろう。 基本的には、名字で呼ぶことが多い。 それでも、その人が大事だと思って、恋人になって、少し慣れてきたら、勇気を出して初めて「名前を呼ぶ」ことが出来るのだ。 この「名前を呼ぶ」という行為は、大好きよりも、もっともっと深くて、もっともっと温かく、そして何よりも勇気のある言葉なのだと思う。 そして、最後に「あたし」も勇気を出して、その言葉を伝えるところでこの曲は終わる あなたの名前を呼んでいいかな 先程の考察の後編だ。 結論から言うと、すべてその要素が含まれていると考える。 言葉の意味を分解してみよう。 アイネは、aみたいなものだ。 (不変冠詞) クライネは、「小さな」という意味の女性形の主格 ナハトは「夜」 ムジークは「音楽」(言われて見ればミュージックの様に見えなくもない) アイネクライネだけだと、「その小さな」と言った意味。 アイネクライネナハトムジークで言えば、「小さな夜の歌」という意味になる。 これは「あたし」の些細な大切な本音、という意味で取れば 「アイネクライネ」のみである。 アイネクライネナハトムジークで捉えるのならば、 「夜」という単語もこの歌詞に存在する。 お願い いつまでいつまでも超えられない夜を 超えようと手をつなぐこの日々が続きますように 「あなた」と「あたし」の、超えられない夜の、小さな夜の歌。 そう言った意味で捉えることも出来る曲名だろう。 その違いだけである。 愛ね、暗いね。 I(自分)ね、Cry(泣いている)ね。 産まれてきたその瞬間にあたし 「消えてしまいたい」って泣き喚いたんだ そのまま、言葉通りだが、「あたし」は泣いている。 しかし、ここまでだと、きっと「あたし」の思いは伝わらないだろう。 サビをもう一度、確認しよう。 消えない悲しみも綻びもあなたといれば それでよかったねと笑えるのがどんなに嬉しいか 目の前の全てがぼやけて溶けてゆくような 奇跡であふれて足りないや あたしの名前を呼んでくれた 下線を引いたが、「目の前の全てがぼやけて溶けてゆく」。 この現象が、日常でも起こるとするならばどんな時かと言えば、 泣いている時だ。 また、「あふれる」という表現も、 涙で多く使われる表現である。 しかし、これは悲しくて泣いている訳ではない。 嬉しくて、幸せで泣いているのだ。 産まれてきたその瞬間に「あたし」は、「消えてしまいたい」って泣き喚いた。 けれど、その「あたし」が今は 奇跡であふれて、涙があふれて、とめどない感情になっている。 その幸せを伝えたい。 けれど、上手く伝えられない。 だから、名前を呼ぶ。 それが、その本音を伝える為に「あたし」が考えた出来ること。 これが、「あなた」がくれた嬉しさも悲しみも、 ぜんぶ「小さな」勇気を出して、「あたし」の思い全部を伝えるためにすること。 そして、その名前を呼ぶという行為も、「小さな」行為である。 小さな本音、些細で当たり前で、どうしようもなくて、愛おしい小さな一曲。 それがアイネクライネなのだろう。 Author:もこ ブログ名:世界は一日にして成らず BPM(テンポ)まとめサイトです。 MV、試聴、メトロノームもぜひご利用ください。 最新情報のチェックはがおススメ! 音楽についての雑談等はコメントの掲示板でお願いします。 特定の記事を見つけたい場合は、目次、カテゴリ、ブログ内検索等をおススメします。 テンポの計測については、個人的な解析であり、平均値をみなし表記しているものもありますので、ご理解よろしくお願いいたします。 記事紹介、リンク等フリーですが、内容の無断転載は禁止します。 com】 現在の閲覧者数:.

次の