小説を読もう 閲覧履歴。 ミステリー小説を読もうと思っているのですが、「これは面白かった!」

ミステリー小説を読もうと思っているのですが、「これは面白かった!」

小説を読もう 閲覧履歴

小説を読もう!とは 小説を読もう!とは、40万以上のウェブ小説作品をを無料で閲覧することが出来るオンライン小説サイトです。 有名なサイトである「小説家になろう」と同じ作品を読むことが出来ますが、こちらのサイトは、小説家になろうよりも閲覧に力を入れたサイトです。 自分で小説を作ってアップロードしたりせず、ただ読むだけなら、こちらのサイトの方が使いやすいです。 小説を読もう!の魅力 この小説を読もう!の魅力は、荒削りだけど面白いアマチュア小説をいくらでも無料で読むことが出来る点です。 プロが書いた小説は確かに面白いものが多いですが、編集の手が入っている上に、 作者が小説作成に慣れているので、読者の予想を超えた作品にお目にかかることが少ないです。 その点、このサイトの小説は、あくまでアマチュアが趣味で書いているものなので、プロの作家の作品ではありえない展開がどんどん出てきます。 B級グルメのように味のある個性的な小説がたくさん読めることがこのサイトの最大の魅力です。 ちなみに、小説を読もう!はファンタジー系(特に異世界召喚ファンタジー)に強いサイトなので、まったく違う世界に召喚された主人公の物語が見てみたいとか、剣と魔法の世界での大冒険が見てみたい、という人に向いたサイトです。 一般の作品よりファンタジー系の話が好きな方にとっては、これ以上なく素晴らしいサイトだと言えるでしょう。 作品の選び方 こんなに大量に作品があると、どれが面白い作品なのかわからない、そう戸惑われる方が多いと思います。 私も、はじめてこのサイトを閲覧した際、どの作品を見たらいいのか迷いました。 そういう時に目安になるのがランキングとポイント(pt)です。 ランキングが高い小説やポイントが高い小説ほど面白い小説である可能性が高いです。 ランキング上位の作品を片っ端から見ていけば、面白い小説に出会う可能性が高くなります。 面白い作品、つまり、好みの作品は、最初の数話を見るだけではまってしまう作品が多いので、そういう作品に当たるまで、ひたすら最初の数話を見ていくといいでしょう。 私もその方法でお気に入り作品を見つけましたので、面白い作品を見つける上で、これはわりと有効な手段だと思います。 面白い作品を見つけたら、後は忘れずに登録をしておきましょう。 そうすれば、いつでも自分のお気に入り作品を読み返すことが出来ますし、新しい話が投稿されたとき、すぐに見つけることが出来ます。 ファンタジー小説が好きな方は、一度見てみるとよいでしょう。 小説を読もう!の機能 小説を読もう!には様々なネット小説が投稿されています。 ただあまりにも無数に小説があるため、自分好みの話を探すのは難しいかもしれません。 推理やファンタジーなどカテゴリー分けをされていますが、分けてあってもその量には凄まじいものがあります。 そこで好みの小説を探すのに役立つのが「除外ワード機能」です。 この検索機能はある言葉を含んだ小説を検索結果に表示させないというものです。 この機能を使えば、自分好みじゃない小説を省いて作品を探せます。 私自身小説を読もうで作品を探すときは、除外ワード機能を使っています。 たとえば勇者と魔王のバトルの話を読みたいとします。 ですが小説を読もうには勇者と魔王関連のコメディや恋愛話なども豊富です。 除外ワードにコメディや恋愛を打ち込み、検索ワードに魔王とバトルを入力すれば、コメディや恋愛要素のないバトルものだけを読めるのです。 小説を読もう!の閲覧履歴 小説を読もう!の閲覧履歴は、ブラウザ毎で閲覧履歴が異なり最大30件まで記録することができます。 小説の閲覧履歴を記録されたくない場合、小説の閲覧履歴を記録しないようにする機能があります。 サイトの特殊検索の閲覧履歴ページから「閲覧履歴を記録しないよう変更する」を選択するだけなので簡単です。 また、過去の小説の閲覧履歴を消したい場合は「歴履をすべて削除する」を選択するだけです。 最後に 基本的に小説を読もう!はアマチュア作家の作品ばかりですが、このサイトからプロになった人も多数いるため、ある意味では作家の登竜門といってもいいかもしれません。 まるでダイヤの原石を探しているみたいな感覚を味わえるため、商業作品に勝るとも劣らない作品と出会えたときは歓喜の気持ちでいっぱいになります。 感動を味わえる小説を読もうは、私のおすすめのサイトです。 小説を読もう!の公式ホームページはこちら.

次の

ミステリー小説を読もうと思っているのですが、「これは面白かった!」

小説を読もう 閲覧履歴

NarrowReaderは、インターネットで公開されている各小説サイトの小説が快適に読める小説リーダーアプリです! 小説の縦書き表示、本棚での小説管理など、スマホのような狭い画面でも小説を快適に読むための機能を多数搭載しています。 現在は「小説家になろう」に対応しています。 また、上位プランにアップグレードすれば、作品の更新をプッシュ通知で受け取ることができます。 ・文字サイズの変更 ・文字色・背景色の変更 ・フォントの変更 ・行間や文字間隔の変更 ・上下左右の余白の変更 etc... つけたしおりは、作品の詳細ページで一覧表示したり、全ての作品からこれまでつけたしおりの一覧を表示することもできます。 除外キーワードやジャンル・検索範囲の絞り込みはもちろん、レビューの多い順や新着更新順に並び替えて表示も可能です。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ このアプリは「小説家になろう」の非公式アプリです。 株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありませんのでご注意ください。 コンテンツについても当アプリとの関係性はありません。 また、各小説サイトの利用規約に則って、アプリの仕様を変更する場合がありますので予めご了承ください。 iphoneの同種のアプリ内では無料版でも頭ひとつ抜けていると思います。 ただ、機能が増える分に比べ、2980円はちょっと高い。 1980なら即アップグレードしたと思いますが。 気になるのは電池使用量で、私はiphone8ですが、結構熱くなって1時間ちょっとも使ったら6割ぐらい電池が減った感じです。 この辺の様子を見て、アップグレードを考えたいです。 デベロッパの回答 、 ankjp様 レビュー、高評価ありがとうございます! プランのアップグレードについてですが、上位プランにアップグレードする時は、事前に下位プランをご購入いただいていると割引価格でアップグレードできます。 電池消費量の件、ご報告ありがとうございます。 発熱の原因も含めて詳しく調査させていただきます。 ・ページめくりは画面左右のタップに対応して欲しい。 ・話数をまたぐときに余計な画面を入れないで、連続したページとしてほしい。 これらの仕様が好みでなく、連続した読書に向かないので個人的評価は低くなりました。 課金の仕組み 下位から上位へなど がわかりにくいですね。 デベロッパの回答 、 にゃーのつめ様 レビューありがとうございます! 小説リーダー画面の設定項目については、まだまだ追加改善の余地がありそうです。 今後のアップデート内容としてご検討させていただきます。 今後とも応援よろしくお願い致します!.

次の

サイト案内

小説を読もう 閲覧履歴

小説を読もう!とは 小説を読もう!とは、40万以上のウェブ小説作品をを無料で閲覧することが出来るオンライン小説サイトです。 有名なサイトである「小説家になろう」と同じ作品を読むことが出来ますが、こちらのサイトは、小説家になろうよりも閲覧に力を入れたサイトです。 自分で小説を作ってアップロードしたりせず、ただ読むだけなら、こちらのサイトの方が使いやすいです。 小説を読もう!の魅力 この小説を読もう!の魅力は、荒削りだけど面白いアマチュア小説をいくらでも無料で読むことが出来る点です。 プロが書いた小説は確かに面白いものが多いですが、編集の手が入っている上に、 作者が小説作成に慣れているので、読者の予想を超えた作品にお目にかかることが少ないです。 その点、このサイトの小説は、あくまでアマチュアが趣味で書いているものなので、プロの作家の作品ではありえない展開がどんどん出てきます。 B級グルメのように味のある個性的な小説がたくさん読めることがこのサイトの最大の魅力です。 ちなみに、小説を読もう!はファンタジー系(特に異世界召喚ファンタジー)に強いサイトなので、まったく違う世界に召喚された主人公の物語が見てみたいとか、剣と魔法の世界での大冒険が見てみたい、という人に向いたサイトです。 一般の作品よりファンタジー系の話が好きな方にとっては、これ以上なく素晴らしいサイトだと言えるでしょう。 作品の選び方 こんなに大量に作品があると、どれが面白い作品なのかわからない、そう戸惑われる方が多いと思います。 私も、はじめてこのサイトを閲覧した際、どの作品を見たらいいのか迷いました。 そういう時に目安になるのがランキングとポイント(pt)です。 ランキングが高い小説やポイントが高い小説ほど面白い小説である可能性が高いです。 ランキング上位の作品を片っ端から見ていけば、面白い小説に出会う可能性が高くなります。 面白い作品、つまり、好みの作品は、最初の数話を見るだけではまってしまう作品が多いので、そういう作品に当たるまで、ひたすら最初の数話を見ていくといいでしょう。 私もその方法でお気に入り作品を見つけましたので、面白い作品を見つける上で、これはわりと有効な手段だと思います。 面白い作品を見つけたら、後は忘れずに登録をしておきましょう。 そうすれば、いつでも自分のお気に入り作品を読み返すことが出来ますし、新しい話が投稿されたとき、すぐに見つけることが出来ます。 ファンタジー小説が好きな方は、一度見てみるとよいでしょう。 小説を読もう!の機能 小説を読もう!には様々なネット小説が投稿されています。 ただあまりにも無数に小説があるため、自分好みの話を探すのは難しいかもしれません。 推理やファンタジーなどカテゴリー分けをされていますが、分けてあってもその量には凄まじいものがあります。 そこで好みの小説を探すのに役立つのが「除外ワード機能」です。 この検索機能はある言葉を含んだ小説を検索結果に表示させないというものです。 この機能を使えば、自分好みじゃない小説を省いて作品を探せます。 私自身小説を読もうで作品を探すときは、除外ワード機能を使っています。 たとえば勇者と魔王のバトルの話を読みたいとします。 ですが小説を読もうには勇者と魔王関連のコメディや恋愛話なども豊富です。 除外ワードにコメディや恋愛を打ち込み、検索ワードに魔王とバトルを入力すれば、コメディや恋愛要素のないバトルものだけを読めるのです。 小説を読もう!の閲覧履歴 小説を読もう!の閲覧履歴は、ブラウザ毎で閲覧履歴が異なり最大30件まで記録することができます。 小説の閲覧履歴を記録されたくない場合、小説の閲覧履歴を記録しないようにする機能があります。 サイトの特殊検索の閲覧履歴ページから「閲覧履歴を記録しないよう変更する」を選択するだけなので簡単です。 また、過去の小説の閲覧履歴を消したい場合は「歴履をすべて削除する」を選択するだけです。 最後に 基本的に小説を読もう!はアマチュア作家の作品ばかりですが、このサイトからプロになった人も多数いるため、ある意味では作家の登竜門といってもいいかもしれません。 まるでダイヤの原石を探しているみたいな感覚を味わえるため、商業作品に勝るとも劣らない作品と出会えたときは歓喜の気持ちでいっぱいになります。 感動を味わえる小説を読もうは、私のおすすめのサイトです。 小説を読もう!の公式ホームページはこちら.

次の