エグゼクティブ サマリー と は。 エグゼクティブサマリーの重要性

エグゼクティブの意味や定義 Weblio辞書

エグゼクティブ サマリー と は

エクゼクティブ・サマリーとは、事業計画書の重要なポイントまとめた要約を指します。 目次でみると、このエクゼクティブ・サマリーは、最初ページに位置することになります。 事業計画書の最初に配置されるものの、実際に書く場合は、事業計画書のコンテンツが一通り完成してから、最後に要約として書くことが一般的です。 この要約は、読み手が最初に目を通す部分であり、残りの部分を読んでもらえるかどうかは、要約の「デキ」にかかっているといってもよいでしょう。 その意味でも、ターゲットとなる読み手を意識して、入念にエグゼクティブ・サマリーの構成・内容を考えることが重要となります。 エグゼクティブ・サマリーには何を含めるべきか? 標準的な事業計画書においては、通常、以下の項目を含めます。 投資家に伝えたいことの要約(1ページ程度のテキスト)• 会社の目的(ゴール)• 会社のビジョン・ミッション• 主要な財務数値予測の要約(グラフ)• 重要成功要因 投資家に伝えたいことの要約 標準的な事業計画書においては、エグゼクティブ・サマリーとして、最初の段落に、投資家に伝えたいことの要約を記載します。 この要約には、通常、以下の項目を通常含めます。 会社(事業)の名称• 会社の場所• 製品・サービスの概要• 事業計画書の目的(資金調達をする場合は、希望する条件の概要) 次の段落には、重要なポイントである予測売上高・利益、販売数量、利益率などの財務情報や重要成功要因を含めます。 また、投資家に見逃してほしくない情報も絞って記載するとよいでしょう。 さらに、今後3年間の売上高・営業利益を含めたグラフをいれるとインパクトのある構成になります。 グラフを入れる場合は、文章のほうにおいてもその数字に補足説明を加えるとよいでしょう。 会社のゴールを設定する 事業計画書の冒頭において、会社の目指すべきゴールについて述べる必要があります。 これは、投資家や金融機関に、会社の目指すべき方向性の大まかなイメージを伝えるためです。 つまり、積極的に投資し規模を拡大していくのか、それとも、こぢんまりと経営し安定した事業を構築しようとしているのか。 会社の詳細を語る前に、読み手に、「会社は何を目指しているのか」を簡潔に伝えることが必要になるのです。 ここでいう「ゴール」とは、事業上の「目的」のことを指します。 より具体的には、マーケットシェア、売上、利益の目標と考えてください。 「目的(ゴール)」を作るにあたっては、「期間」と「数値」を明確にすることがポイントです。 つまり、売上高や利益の数値、利益率、成長率、マーケットシェアの数値を挙げるくらい具体的な表現を用いる必要があります。 「一番になる」とか「成長率No. 1」などはあまりに抽象的すぎるので、目的としては適切ではありません。 事業計画書の目的としてふさわしいのは、例えば、以下のような期間と財務数値が入った目標です。 「3年以内に売上1億円を達成する」 会社にとって、財務的な目標が重要でないのであれば、できる限りその目標に対して、数値をもって測定できる方法を考えてみましょう。 例えば、イメージや認知度が重要なのであれば、それらの改善度合いを測定できるような調査方法を検討してみるとよいでしょう。 イメージや認知度の向上がマーケットシェアの改善や売上増加につながることもありますので、調査データなどを購入し、マーケットシェアなどを確認することも1つの方法です。 満足度という点にこだわるのであれば、アンケート調査を行い、回答数やクレーム数など具体的な目標数値の達成状況をチェックすることも有用です。 ミッション・ビジョンを設定する ビジネスのコンセプトを固めるためにミッション・ビジョンの言葉をうまく活用するとよいでしょう。 「ミッション」と「ビジョン」の言葉の違いは、前者が行動指針であるのに対し、後者が行動の結果を表します。 ミッションの作成方法については、こちらを参照。 成功要因を特定する 重要成功要因に注力することは、事業の優先順位を考える上で、適切なアプローチといえます。 いかなるビジネスでも、3つか4つほどの重要な要素によって、成否が決まっているといっても過言ではありません。 小売業者の間のジョークとして、昔から、成功要因は、「1に立地、2に立地そして最後に立地」と言われるほど、立地の重要性が強調されていました。 実際に、マクドナルドの創業者も、「マクドナルドは不動産ビジネスだ」というほど立地がビジネスの肝なのはいうまでもありません。 実際のところは、郊外であれば、場所、便利な駐車スペース、低価格の3つといわれています。 また、違って例を挙げてみると、一昔前の家電量販店であれば、知識の豊富な販売員、ブランド品の品ぞろえ、新聞折り込み広告が3つの成功要因といわれていました。 (インターネットが登場し、現在はこの成功要因も変化しています) やることを絞って特定の領域に注力することは、ビジネスにおいて最も重要なことです。 さらに、重要成功要因というコンセプトは、この「注力」する考えをはっきりしたものにしてくれます。 経験則ではありますが、通常、注力する事項が4つを超え、最優先事項が何個もリストに記載されていると、そのどれもが実際に実行されずに終わることが非常に多いような印象を持っています。 重要成功要因を考える上では、「注力」という考え方が欠かせないのです。 エグゼクティブ・サマリー作成上のポイント 事業計画書の使用目的によってカスタイマズが必要 内部使用目的の計画であれば、形式ばったエグゼクティブ・サマリーは必要がありません。 まずは、事業計画書の目的を明確にしましょう。 そのうえで、重要なポイントがカバーされているかを確認し、例えば、会社内の人であれば、会社や製品の概要はすでに熟知しているはずなので、そのような情報は省略して問題ないでしょう。 必要ない情報は極力省く もし、投資家から資金調達を目的としているのであれば、エグゼクティブ・サマリーで、その旨を記載しましょう。 そして、投資家に期待する出資額、持株比率も含めて具体的に提示する必要があります。 経営チームの特徴と競合との差別化ポイントも含めると投資家にアピールすることができます。 銀行へのローンを申請する場合も、その旨と具体的な金額を記載しましょう。 ローンの条件の詳細は含める必要はありません。 理想的なエグゼクティブ・サマリーのボリュームは? 実務に携わる投資家やアドバイザーの中でも見解が分かれるところではありませんが、通常は、1-2ページが理想的といわれています。 近年投資家や銀行は、より簡潔で分かりやすい事業計画書を好む傾向にありますので、1ページ程度の要約でも十分でしょう。 重要なことは、強調したいアピールしたいポイントは含めることを忘れずに、読み手の視点に立ち、できるだけ簡潔に表現することです。 さらに事業計画を読み進めてもらうために、詳細を説明することなく、エグゼクティブ・サマリーで魅了しなければならないのです。

次の

スパインのすべて|エグゼクティブサマリー|The Tutelman Site

エグゼクティブ サマリー と は

ソース by Dave Tutleman, 30 January 2008 拙訳 遡ること2006年2月,John Kaufman(振動数メーター会社である Club Scout のヘッド)が,SpineTalkerのフォーラムでこう質問した。 やあ諸君, 動きがとても遅いので,シンプルな質問をするよ。 シャフトのスパインのアライメントすることで,何を達成しようとしてる? あるいは,何を避けようとしている,と訊くべきかな? 過去何年か聞いた話を総合すると,たぶんこの疑問は見かけほどは明らかじゃないんじゃないかな。 シャフトスパインが興味深いのは,「スパインをアライメントすること」がゴルフクラブの打感かパフォーマンスかに影響を与えることがあるという証拠があることだ。 スパインをアライメントするとは,ホーゼルの中でシャフトを回して,クラブを組み立てるときに,そうすることでそのシャフトのスパインがある特定の方向を指すようにすることだ。 例えば,クラブのヒール=トウ・プレーンにスパインを合わせることもある。 もちろんこれは,シャフトをクラブヘッドに挿すときに行なわれなければならない。 Johnがその問いを投げかけた翌日,回答がいくつかあった。 「ゴルフ規則の中でシャウトのパフォーマンスを最大化しようとしている」などという文面とともに。 それでJohnはもう少し掘り下げた。 私の簡単は質問は,短すぎたようだ。 君たちは,シャフトをアライメントすることで達成したいと望む結果のすべてを述べてくれた。 しかし,アライメントするとき,どうしてこれらのことが起こるのだろうか? その質問は非常に自明ではなかったという点で正しい。 1ヶ月ぐらいして,私は最初に考えついたことを,概要をまとめてフォーラムに投稿した。 しかし,記事にまとめるには,約2年を要した。 それがこれである。 あらかじめお断りするが,これはスパインについての普通のクラブフィッターの見方ではない。 これは,エンジニアの観点から見たスパインであり,直感とごまかしは表に出てこない。 「共通理解」から私の観点がどのように違っているかを指摘したいが,それをすべての箇所で行なえたわけではない。 スパインについての間違った考え方と誤解とが,多くのゴルファーそしてカスタムクラブメーカーとに広まっているので,私はまずはそこから始めて,Johnの質問に答えていきたい。 エグゼクティブサマリー 最初に,スパインの計測方法とアライメント方法に関するアドバイスだけを求めているから,以下が結果のサマリーだ。 なぜこの結果になるかを知りたければ,このサマリーだけでなく,記事全体を深く読んでいく必要がある。 スパインを探すために,ベアリングをもとにしたスパインファインダーを使わないこと。 それは間違った答えを出すから。 代わりにFLO(Flat Line Oscillation)を使うこと。 FLOプレーンのうち振動数が高いのが,スパインの組だ(180度離れている)。 FLOプレーンのうち振動数が低いのが,NBPの組だ(こちらも180度離れている)。 スパインのプレーンとNBPのプレーンとは,90度の角をなしている。 その派生として:もし計測して,スパインがNBPから180度離れている(本当は90度なのだが)という結果が出たら,その計測プロセスかその計測器を捨て去ること。 間違った答えを出しているから。 ふたつのFLOプレーンのあいだの振動数の差を計測する。 それが3cpmより小さければ,スパインアライメントをしたところで,打感にもフィーリングにも何ら影響を与えない(アライメントすることで心の平静は得られるだろうが)。 スパインをアライメントする方向で,これがベストな方向だというのは証明できない。 いろいろな理論があり,実験結果も決定的な結論を出していない。 しかし,多くの実験と実践によれば,スパインをヒール=トウ・プレーンに合わせ,NBPをターゲットプレーンに合わせるのが良さそうだ。 もっともありえそうな理論も,その向きを支持している。 NBPをターゲットに向けるか,ターゲットから離すべきか,と尋ねたければ,あなたは注意力を欠いていた。 さかのぼって,ポイントaからeまでを再読しよう。 それらポイントに同意すれば,この質問は意味をなさない。 さて,この記事のポイントを列挙する。 ある種の 目次だ。 それぞれのポイントが詳しく記されている記事へのリンクを張った。 基本的な定義と物理学• ある方向では硬さが強く,またある方向では硬さが弱い。 スパインが検知できるほど十分に大きなシャフトでは,• ダウンスイング中にシャフトがしなるとき,• スパインの検知と測定• FLOとは「Flat Line Oscillation」,つまりシャフトの振動が直線上になプレーンを指している。 このようなプレーンはふたつあり,ひとつはスパインプレーン,もうひとつはNBPプレーンだ。 分析結果,そしてが,この立場を支えている。 スパインアライメント 最後に,Johnの質問に至る。 つまり,シャフトを挿すときにアライメントをすることで,私たちはどのようなパフォーマンスの向上を期待しているのか?• (つまり,そうすることでパフォーマンスか打感,あるいはその両方に効果がある)という経験則があるものの,どのアライメント方法がいいかについては,統一的見解がほとんどない。 素のしなりをもとにしてシャフトをアライメントするのは,合理的でない。 スパインアライメントに意味がある理由に関する理論は,山ほどある。 それらを検証していく。 データに完全に合うものはないものの,他よりもよく合う理論はある。 これはいい感じだし直感的だが,物理的に確たる理由をともなってこの理論が提示させることはない。 私自身もその理由が見いだせない。 これはもっともらしく,インパクト直前にシャフトはターゲットプレーン上でしなるという仮定に基づいている。 この理論にとっては残念なことだが,インパクト直前の数十ミリ秒では,シャフトはターゲットプレーン上ではしなっていない。 この発言は間違いなく正しい。 しかし問題は,いまのところ未解決なのだが,そのフォースはミスアライメントのせいで観察された結果を生むのに十分に大きいかということだ。 その可能性はある。 上の2と同じ理屈だ。 この理論は,事実に反する仮定というのが問題。 インパクト時のシャフトのしなりは,重心の方向にはない。 これは,フィーリングに基づいた実験結果と整合するが,パフォーマンスの違いを明確に説明してはいない。 可能性はある。 これは,とあるアライメントが他のものより良いという結果を出している実験の説明にはならない。 未決事項 他のカテゴリーにはうまく当てはまらなかった,いくつかの事項。 結論… クラブメーカーの大部分がゴルファーを信じさせようとするほどには,私たちはスパインアライメントについて多くのことを知らない。 そして,私たちが「知っている」と思っていることのほとんども,真実ではないかもしれない。 実際,いくつかのことは明らかに間違っている。 全記事• : Back in February 2006, John Kaufman the head guy at Club Scout, the frequency meter company asked on the SpineTalker's forum, : Hi Folks, : Since things are so slow I have a simple question to ask. What are you trying to accomplish by spine aligning a shaft? Or maybe I should say trying to prevent? From all the talk I've heard over the years maybe this question isn't as trivial as it sounds. Aligning the spine means rotating the shaft in the hosel, while building the club, so that the spine of the shaft points in some specific direction. For instance, the spine can be placed in the heel-toe plane of the club. Obviously, this has to be done at the time the shaft is installed in the clubhead. : The next day after John posted his query, there were a few responses along the lines of "we are trying to optimise the performance of a golf shaft within the rules of golf". That caused John to elaborate a bit: : I guess my simple question was too brief. You have stated all the results we hope to achieve by aligning shafts. But what causes these things to happen when you align a shaft? : John is right that the question is very non-trivial. I posted my initial thoughts in the form of an outline within about a month, but it took almost two years before I was ready to write it up as an article. Here it is. : Be forewarned, this is not the usual clubfitter's view of spines. It is spines as viewed by an engineer, so intuition and hand-waving are going to take a back seat. And, unfortunately, too much of what is "generally known" about spines falls under the heading of intuition and hand-waving. I'll try to point out where my views deviate from the "common wisdom", but I may not have done it everywhere. : Because of all the fallacies and misinformation about spines, among both the public and custom clubmakers, I'm going to start at the beginning and work my way from there to John's question. : Executive Summary : First, if all you want is advice on how to measure and align spines, here is a summary of the results. If you want to know why these are the results, you will have to read further than this summary. : Don't use bearing-based spine finders to locate the spine; they give wrong answers. Use FLO Flat Line Oscillation instead. : The high-frequency FLO plane is the pair of spines separated by 180 ; the low-frequency FLO plane is the pair of NBPs again, separated by 180. : Corollary: if your instrument tells you that the spine is 180 from the NBP instead of the proper 90 , throw away the procedure or the instrument that tells you that. It is giving you wrong answers. : Measure the frequency difference between the FLO planes. If it's less than 3cpm, spine alignment is not going to do anything for performance or feel though it may give you some peace of mind. : There is no provable best direction for aligning the spine. Theories differ, and the experimental evidence is not conclusive. But most experiments and practice say to place the spine in the heel-toe plane and the NBP in the target plane. The most likely theories also support this alignment. : If you want to ask whether to place the NBP toward the target or away from it, you weren't paying attention. Go back and read the points a-e again. The question makes no sense if you accept those points. : Now for a list of the points in the article, a sort of table of contents. Each consists of a link to the place in the article where the point is elaborated. : Basic definitions and physics : Shafts are not perfectly symmetrical. They have directions where the shaft is stiffer and directions where the shaft is "weaker" as in "less stiff". : "Spine" is the term for the stiff direction. : "Natural Bending Position" NBP is the term for the weak direction. : When a shaft bends during the golfer's downswing: : Not all the bend is in the same plane. : The bend at and just before impact is not neat enough -- nor consistent enough from golfer to golfer -- to be a factor in any simple rule for spine alignment. : Finding and measuring spine : Bearing-based spine finders, sometimes called feel finders, don't work reliably. If the shaft has any residual bend even too small a bend to notice without very careful measurement , then that bend has a significant impact on the direction the instrument finds. : FLO is the "gold standard" for finding the spine. FLO refers to finding the shaft's planes of "Flat Line Oscillation". These two planes are the spine plane and the NBP plane. : Differential deflection works reliably, but is more tedious than FLO. : Both analysis and experimental evidence are presented to support this position. : Spine alignment : Finally we get to John's question: what are we doing to or for performance when we align the shaft in the club? : Residual bend without spine has no effect on performance. There is no reason to align shafts based on residual bend. : There are plenty of theories why spine alignment should work. We examine them. None fits the data perfectly, but some fit better than others. : You should align so that the direction the shaft 'wants' to bend is in the target plane at impact. This sounds nice and intuitive, but is never offered with a sound physical rationale -- and I could not find any. Not viable. : Placing the NBP in the target plane allows the hands to square the clubface at impact. This is plausible, based on the assumption that the shaft bend is in the target plane in the vicinity of impact. Unfortunately for the theory, the shaft bend is not in the target plane during the tens of milliseconds before impact. Not viable. : When the shaft bends during the downswing, any bend not in the spine plane or NBP plane produces forces that tend to move the clubhead out of the swing plane. This is definitely a true statement. The question here -- so far unanswered -- is whether those forces are large enough to produce the observed results of misalignment. Possibly viable. : Since the shaft bend at impact is in the vicinity of the clubhead's center of gravity CG , align the NBP with the CG -- using the same rationale as 2 above. This theory suffers from an assumption contrary to fact. The shaft bend at impact is not in the direction of the CG. Not viable. : The advantage is in feel at and after impact, where the clubhead "rebound" from the ball is in the target plane. This is consistent with experimental results based on feel. It is not as clear in explaining experimental results reporting performance differences. Possibly viable. : Any consistent alignment strategy results in a consistent set of clubs, and that is the best we can expect to do. This does not explain why experiments tend to show that certain alignment positions seem to be better than others. Not viable. : Loose ends : Some things that don't fit neatly into the other categories: : My own strategy for dealing with spines is detailed here. : What causes spines? What causes the direction of the spine to change when the shaft is trimmed? : Spine can be considered negligible if the effect of misaligning it produces no measurable effect. This level is calculated to be somewhere in the range of 4cpm. : A rant about the rules. : Bottom line... : We don't know nearly as much about spine alignment as most clubmakers would have you believe. And much of what we "know" may not be true. In fact, some of it is demonstrably false. golf103.

次の

プレゼンの必勝法!書いていますか?エグゼクティブサマリー

エグゼクティブ サマリー と は

エグゼクティブとは?|意味・役割 企業などの上級管理職。 経営幹部。 転じて、高級。 ぜいたく。 「エグゼクティブカー」 企業で運営・管理などにあたる上級管理職。 企業の幹部。 引用: エグゼクティブとは、主にビジネス用語として「経営者・経営幹部」「重役」という言葉として用いられます。 また、大企業の経営者・経営幹部には年収が高く富裕層が多いため、高級、ぜいたくという意味でも「エグゼクティブ」が用いられます。 たとえば、エグゼクティブが乗るような車は「エグゼクティブカー」ですし、エグゼクティブが泊まるようなホテルは「エグゼクティブホテル」となります。 管理・経営などで 実行する,実行力のある. a man of executive ability 実行力のある人. 引用: また、形容詞として「実行する」「実行力のある」という意味でも用いることができます。 経営層や経営者、重役は大きな責任と権限で物事をマネジメントすることが多いため、この意味にも納得できますね。 CEO チーフエグゼクティブオフィサー):最高経営責任者。 社長や代表取締役。 COO チーフオペレーティングオフィサー):最高執行責任者。 事業運営の最高責任者。 CFO(チーフフィナンシャルオフィサー):最高財務責任者。 企業の財務の最終意思決定者。 CMO チーフマーケティングオフィサー):最高顧客市場分析調査責任者。 マーケティング部門長。 CIO チーフインフォメーションオフィサー):最高情報責任者。 情報そのものや情報技術を扱う部門長。 CIO チーフインベストメントオフィサー):最高投資責任者。 投資に関する最終意思決定を行う人• CTO チーフテクニカルオフィサー):最高技術責任者。 技術に関する最高意思決定を行う人。 そのほかにも「CHRO」「CKO」など様々な役割がありますが、一般に企業の管理職を管理する重大な役割を担う肩書の人が「エグゼクティブ」に当てはまります。 エグゼクティブプロデューサー:製作総指揮(TV業界)、プロデューサーのさらに上の管理職。 チーフエグゼクティブ(the Chief Executive):最高行政官・アメリカ州知事• エグゼクティブ・サーチ:社外から経営幹部を採用する方法の一手法• エグゼクティブシート:映画館における、通常の席(シート)よりも広く、快適な座り心地ができる席• エグゼクティブサマリー:事業計画書の要約版として、短時間でビジネスプランの要点が整理された資料のこと• エグゼクティブダイエット:忙しい人向けに流行したダイエット手法 また、「エグゼクティブな雰囲気の〜」というような、高級感を表す形容詞としても、そのまま活用される事例もあります。 ここまで、エグゼクティブの定義や意味、様々な用法について解説してきました。 エグゼクティブは、本来実行力がある人を形容したり、その立場にいる重役のことを表す言葉になります。 下記では、エグゼクティブを目指す方法について解説していきます。 キャリアアップや年収アップをいつか達成したいと考えている方はざっくりとチェックしてみてください。 エグゼクティブを目指すにはどうするべきか?|目指せる人の条件 エグゼクティブを目指すとは、具体的には経営幹部や企業経営に携わるハイエンド人材を目指すということになります。 今では、ヘッドハンターや企業からのスカウト、転職エージェントを通した年収アップ・キャリアアップ転職の重要性がかなり高まって来ています。 そのため、今現在管理職として企業で働いている方や、プロジェクトマネージャーなど特定分野のマネジメントをしている方であれば、自身の経験・スキルに対して待遇の良い求人を見つけやすくなってきています。 そして、急成長中の企業などに転職すれば、経営企画に携わるエグゼクティブを目指すことも十分可能です。 下記では、エグゼクティブを目指せる方の特徴や条件をご紹介していきますので、「自分に当てはまっているかもしれない」という方は、ぜひ前向きに転職を検討しましょう。 1 管理職・マネージャーとして仕事をしている 今現在管理職・マネージャーとして現場の指揮を取っている方であれば、ほかの業界・企業でこれまでの経歴・社歴を活かした中途採用転職を目指すことが可能です。 管理職・マネージャーとしての仕事は、現場で実際に手を動かす人材を管理したり、目標設定をおこなったりすることが主な役割であるため、ほかの業界でも通用する可能性はとても高いです。 管理職・マネージャーの転職求人は、主に非公開求人や紹介、スカウトによって探すことがメインになります。 一般転職サイトでは、なかなか見つけることができません。 転職求人を探すには、まずあなたがどの業界・企業へ転職したいのかを決めたうえで、転職エージェントを通して求人を紹介してもらうことが最も確実な方法です。 2 年収500万円以上の収入がある 年収500万円以上の収入があるなら、ミドル人材やハイエンド人材などの採用を強化している企業が多い転職エージェントや、スカウトサービスを活用することで、さらに年収アップできる可能性が高いです。 特に、外資系企業ではなく日系企業に勤めている方は、年功序列の文化がまだ残っている企業で働いている人も多いはずです。 そういう場合、本来もっと多くの年収が稼げるはずなのに、その地位で働いてしまっているというケースも十分ありえます。 同じ会社にずっといると、 自分の人材市場価値を正確に測ることが段々むずかしくなっていくのです。 働く環境を変えれば、あなたの能力をもっと活かし待遇も良くなる企業で働くこともできます。 転職活動自体は在職中にできますから、一度求人を探してみるべきです。 3 特定分野について深い専門知識がある スペシャリスト的な専門知識を持っているが思うように年収が上がらない方や、独立しようか迷っている方も、エグゼクティブを目指せる可能性が高いです。 この場合、採用先の企業とあなたの専門知識・分野のマッチングが丁寧に行われる必要があります。 権限や責任だけが増えても、転職にメリットがありませんよね。 そのため、 転職エージェントを通してご自身のスキルに合った転職先を紹介してもらうことが最も効果的な転職方法です。 ここまで、エグゼクティブを目指せる人の条件を簡単にご紹介してきました。 あなたがすでに管理職・マネージャーの経験があったり、年収が伸び悩んでいるがまだまだキャリアアップしたいと考えているなら、転職することもひとつの方法です。 次では、実際に転職をする場合に、どうやって希望条件の転職先を探すのが良いかを解説しています。 転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。 1 転職サイト選びは慎重におこなう 転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。 しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。 転職サイト選びに悩んでしまう理由は、 「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。 下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。 転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。 おすすめ記事: ただし、 エグゼクティブを最終的に目指す転職では、転職サイトよりも転職エージェントやスカウトサービスを活用するほうが良いでしょう。 転職サイトでは、ハイキャリアを目指す人にマッチする求人が少ないですし、見つけるのも一苦労です。 転職エージェントは、自分の年代の年収の相場を確認したり、求人を出している企業のうち、ご自身が希望する業界の動向をチェックするに留めておくのが良いでしょう。 実際、 転職サイトを通したら書類審査にすら通らなかった企業へ、転職エージェントを通して応募したら面接にこぎつけた…という事例もあります。 高待遇の転職先を見つけたいのであれば、「転職サイトよりも転職エージェント」というイメージを持っておくべきでしょう。 2 転職活動の全体の流れをおさえ、余計な不安を解消する 転職活動を初めたいけど、なぜか不安…キャリアアップを目指したい人の中にも、そう感じている方は多いと思います。 転職活動に不安を抱えているなら、まずは 「転職活動の全体の流れ」を知ることが大切です。 たとえば、料理をするときは、レシピを全体を見て必要な材料を揃え、作り方の流れをある程度覚えてから実際に作り始めますよね。 それと同様に、 転職活動も全体の流れを通して学び、そのうえで実際に転職活動を始めることで成功率が格段にアップします。 余計な不安を感じず前向きに転職活動をしたいなら、まずは転職活動の基礎知識を学びましょう。 おすすめ記事: 3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき! 転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか? 頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。 また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。 ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。 忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる 「転職エージェント」を活用しましょう。 在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。 もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。 下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。 ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。 おすすめ記事: まとめ|エグゼクティブを目指すなら転職しよう 今回は、よく使われるけど実はあまり意味をよく知らない…そんな「エグゼクティブ」という言葉の意味や定義について詳しく解説してきました。 エグゼクティブは限られた一握りの人材しかなることができないと感じてしまいますが、一方で確実にキャリアを積むことを意識すれば決して夢物語ではありません。 また、上を目指す考え方で働き続けることができれば、これからの激動の時代でも、常に成果を出せるビジネスパーソンを目指すことができます。 エグゼクティブを最終的に目指したい方は、この記事をキッカケにしていただき、キャリアアップや年収アップを目指していきましょう。 参考資料: 参考資料:.

次の