ハン ツー トラッシュ 全巻。 「ハンツー×トラッシュ」限定版17巻がエロすぎる!速水の全裸がカラーで拝める!美好先生が童貞を筆下ろし⁉️

ハンツー×トラッシュ18巻の発売日とネタバレ感想!

ハン ツー トラッシュ 全巻

するとプールサイドの入り口から寺田先生が声をかけてきて、「水球部は今日から再開するぜ」と言います。 プールサイドに入ってきたのは、ハマジと速水の二人でした。 水着姿の二人は復帰することを伝えます。 一方萩原は廊下で、小論文に苦戦しているなどと友達と話しながら歩きます。 その最中、萩原は篠崎からハマジが水球部に復帰したことをメールにて伝えられます。 それを知った萩原は急いで水球部の元へ。 プールサイドでは。 「まじで復帰してるぞ!」「おっぱいがかえってきたー!」などと叫んで速水を胴上げする中島たち男陣。 「またしばらく部に顔を出すな」と言う中島の言葉を聞くも、喜ばれていることが自分ではなかったことにハマジは少しむすっとします。 水球をする二人を見て、嬉しそうな表情をする萩原。 見守っているだけでしたがハマジがゴールを外すと、思わず叫んでアドバイスを出してしまいます。 みんなは萩原の存在に気づくも、すぐに帰ってしまいました。 もっと見物していたかったんじゃねーの?と訊かれるも、萩原は「いいの」と答え、より一層水球を頑張ろうと思うのでした。 その後、ハマジと速水は休憩に入ったとき、萩原が来ていたことを話します。 「先輩のアドバイスは的確だったなー」と話す速水。 ハマジは少し切ないような表情をしたあと、すぐに「俺もがんばらなきゃ!」と気合を入れ直します。 ハマジはそのまま言葉を続けます。 練習も頑張るし、部員も増やす。 そう思って復帰した。 そう思わせてくれたのは速水。 夏休みの間ずっと速水のことを考えてた• あの時の速水はまっすぐだった• おれもまっすぐでいたいと思った などと話すハマジ。 そして、「速水が好きだ。 もう失いたくない」と伝えると、速水は少し涙を浮かべながら「ハマジくんはずっと真っ直ぐな人だよ」と答えます。 するとそこに、入部希望者の女の子が3人やってきました。 どうやら速水の作ったチラシを見たとのこと。 二人は嬉しそうな表情を浮かべますが、中島たちがすぐに女の子に抱きついてしまいます。 「せっかくの入部希望者が、、、」と心の中で思う二人。 ハマジが 「これからどうなるんだろう。 それはおれにも全然わからないけど、でもやるっきゃねえ!ま、結局この日常からどうにかしないといけないんだけど」 と決意するところで終わります。 Sponsored Link 最新話・最新刊を無料で読む方法!• 文章ではなく、『絵』で続きが読みたい!• 無料で漫画が読みたい! そんなあなたには、無料期間に600円分のポイントがもらえる『 』がおすすめです!• 31日間の無料キャンペーン!• 無料期間に600円分のポイント付与• アニメや映画の見放題が充実! 31日間の無料お試し期間があり、その際にもらえる600円分のポイントで電子書籍を楽しむことができます。 これにより、 普通に漫画を書店で買うよりも圧倒的にお得に漫画を購入することができるんです! また 動画の見放題もかなり充実しており「 ないエンタメがない」というキャッチフレーズも過言ではありません。 そのため電子書籍やアニメなどの動画を楽しむのに、U-NEXTは本当にオススメのサービスです。 登録も解約も簡単ですし、 無料期間に解約しても違約金は一切かかりません。 U-NEXTでは、毎月1200ポイントもらえ、登録後すぐにポイントを利用できます。 とにかく漫画を安く、たくさん読みたいならかなりお得ですよ! ただし、ポイントを利用した分は適用されません。 あくまでも、『 課金した料金分』に対するポイント還元システムです。 また、 見放題の動画が多いので、アニメやドラマ、映画も楽しめるのも嬉しいポイント。 そのため、 毎月最大1300ポイント分のサービスを楽しむことが可能です。 (無料期間も同様) すぐにはポイントを利用できませんが、月額料金以上のポイントがもらえるのは大きなポイントです。 セールやまとめ買いキャンペーンなどもあり、安く購入できるのも嬉しいポイントです。 jpの無料期間中は• 全てのサービスに利用できる「 600ポイント」• 動画に使える「1000ポイント」 が付与されます。 音楽が購入できるのが最大のポイントです。 また、音楽や漫画などの作品のレビューをすると、1件につき30ポイント。 毎月50回までできるので、 最大1500ポイントをもらうことができます。 公式サイトからの登録だと無料のお試し期間が利用できない場合があります。 無料期間を利用する際は、こちらの 『特設ページ』から必ず登録したください。

次の

まんが王国 『ハンツー×トラッシュ』 こばやしひよこ 無料で漫画(コミック)を試し読み[巻]

ハン ツー トラッシュ 全巻

Contents• なんとテストで55点を取り赤点を回避に成功する。 ハマジは思わず「期末テストで50点以上取れたのいつぶりだろ!! 」と感慨にふける。 そこへ速水が労いの言葉をかけてくるのだった。 改めてハマジは速水に感謝の言葉を告げる。 その言葉に速水も反応し、ハマジは努力家でやればできるのだからと勉強にも続けて力を入れればと提案するのだが・・・ ハマジはそそくさと話題を変えて回避、部活の話へと持ち込む。 速水が食い下がり「部活も良いけどまた勉強も・・・」と提案するも、そそくさとハマジは部活へ向かい足早に消えていく。 水球部男子は引退した三年の面々が練習に参加、のびのびと水球を楽しんでいる。 それを見た寺田が一言告げるが引退して自由を得た中島は水球が楽しくて、楽しくて仕方ないらしい。 そんな男子部の様子をプールサイドで座って伺うのは萩原。 ハマジを目で追いかけて、改めてハマジの告白を思いだし、その事を考える。 中途半端に遮られた告白だったのだが、ちゃんと萩原には伝わっていた。 そして「もし本気なら・・・ハマジ君・・・もう一度ちゃんと言ってくれたらいいのに・・・」と彼女は思う。 そんな想いに耽る萩原だったが、それは寺田に遮られ、一旦プールから外に出て話を始める。 その内容は大学の水球部への練習参加の打診であった。 寺田の意図は城正大の練習に参加して、監督にプレーを実際に見てもらうことで、セレクションや推薦の足掛かりに繋げようとするものだった。 この寺田の打診に目の色を輝かせて、萩原は快諾しプールへと戻っていく。 萩原は梅ちゃんこと梅田と篠崎に練習のパートナーになってほしいと頼む。 気合いを入れて練習に取り組む萩原の姿を見て、親友の梅田も萩原を尊敬する後輩の篠崎も嬉しく思わずにはいられない。 場面は変わり翌朝の登校時の一コマ。 美術部の部長が速水を見つけ声をかけてくるが、まだ付き合ってほしいとの返事の了承も拒否もしていないために速水はそれを謝罪する。 しかし部長は逆に速水を困らせていないかと気遣いをしたうえで、返事は急がないと告げその場を立ち去っていく。 この言葉がより速水を悩ませ、部長にどう対応すればいいのか考えるはめに。 速水は廊下でハマジを見つけ声をかけると彼の顔をマジマジと見つめる。 その速水の行動に疑問を抱くハマジは顔に何かついてるのか?と問うが・・・ 逆に速水はハマジに萩原への告白の話を尋ねて、進展したのかと聞いてくる。 ハマジは気心しれた速水に正直に打ち明け、自分の気持ちはしっかり伝えるつもりだと言う。 しかし告白したら萩原を困らせるかもしれないので、タイミングをはかっている最中だと告げる。 その言葉に速水は 「ハマジ君が今はタイミングを計りたいなら、あたしそれでもいいと思う」と告げる。 速水にアドバイスをもらい、ハマジは少し気が楽になったのか、彼女に感謝の言葉をかけて教室の自分の席へと消えていった。 ハマジも薄々まだ彼女が自分に気があるのでは?と思っているシーンも散見されますが・・・ ラストの彼女に話を聞いてもらって感謝しているシーンから見るとやはり気づいていないんでしょうか? まあ思い通りに行動した方が速水は良いとは思いますね。 ハマジのようなタイプには積極的にいかないと完全にスルーというか気づいてもらえません! 笑 そして萩原の方にも告白が伝わっていたのは、前話のラストからわかっていたのですが・・・ また大学への練習参加でひと悶着ありそうです。 速水とも絡めてふた悶着でしょうか? 水球に専念したい路線は以前にも使ったと思いますので、やはりなにか起きるなら速水でしょうか? 次話に注目です!.

次の

「ハンツー×トラッシュ」最新刊17巻は速水のヌードがエロい!漫画村,zip,rawの代わりに読めちゃう!

ハン ツー トラッシュ 全巻

Contents• なんとテストで55点を取り赤点を回避に成功する。 ハマジは思わず「期末テストで50点以上取れたのいつぶりだろ!! 」と感慨にふける。 そこへ速水が労いの言葉をかけてくるのだった。 改めてハマジは速水に感謝の言葉を告げる。 その言葉に速水も反応し、ハマジは努力家でやればできるのだからと勉強にも続けて力を入れればと提案するのだが・・・ ハマジはそそくさと話題を変えて回避、部活の話へと持ち込む。 速水が食い下がり「部活も良いけどまた勉強も・・・」と提案するも、そそくさとハマジは部活へ向かい足早に消えていく。 水球部男子は引退した三年の面々が練習に参加、のびのびと水球を楽しんでいる。 それを見た寺田が一言告げるが引退して自由を得た中島は水球が楽しくて、楽しくて仕方ないらしい。 そんな男子部の様子をプールサイドで座って伺うのは萩原。 ハマジを目で追いかけて、改めてハマジの告白を思いだし、その事を考える。 中途半端に遮られた告白だったのだが、ちゃんと萩原には伝わっていた。 そして「もし本気なら・・・ハマジ君・・・もう一度ちゃんと言ってくれたらいいのに・・・」と彼女は思う。 そんな想いに耽る萩原だったが、それは寺田に遮られ、一旦プールから外に出て話を始める。 その内容は大学の水球部への練習参加の打診であった。 寺田の意図は城正大の練習に参加して、監督にプレーを実際に見てもらうことで、セレクションや推薦の足掛かりに繋げようとするものだった。 この寺田の打診に目の色を輝かせて、萩原は快諾しプールへと戻っていく。 萩原は梅ちゃんこと梅田と篠崎に練習のパートナーになってほしいと頼む。 気合いを入れて練習に取り組む萩原の姿を見て、親友の梅田も萩原を尊敬する後輩の篠崎も嬉しく思わずにはいられない。 場面は変わり翌朝の登校時の一コマ。 美術部の部長が速水を見つけ声をかけてくるが、まだ付き合ってほしいとの返事の了承も拒否もしていないために速水はそれを謝罪する。 しかし部長は逆に速水を困らせていないかと気遣いをしたうえで、返事は急がないと告げその場を立ち去っていく。 この言葉がより速水を悩ませ、部長にどう対応すればいいのか考えるはめに。 速水は廊下でハマジを見つけ声をかけると彼の顔をマジマジと見つめる。 その速水の行動に疑問を抱くハマジは顔に何かついてるのか?と問うが・・・ 逆に速水はハマジに萩原への告白の話を尋ねて、進展したのかと聞いてくる。 ハマジは気心しれた速水に正直に打ち明け、自分の気持ちはしっかり伝えるつもりだと言う。 しかし告白したら萩原を困らせるかもしれないので、タイミングをはかっている最中だと告げる。 その言葉に速水は 「ハマジ君が今はタイミングを計りたいなら、あたしそれでもいいと思う」と告げる。 速水にアドバイスをもらい、ハマジは少し気が楽になったのか、彼女に感謝の言葉をかけて教室の自分の席へと消えていった。 ハマジも薄々まだ彼女が自分に気があるのでは?と思っているシーンも散見されますが・・・ ラストの彼女に話を聞いてもらって感謝しているシーンから見るとやはり気づいていないんでしょうか? まあ思い通りに行動した方が速水は良いとは思いますね。 ハマジのようなタイプには積極的にいかないと完全にスルーというか気づいてもらえません! 笑 そして萩原の方にも告白が伝わっていたのは、前話のラストからわかっていたのですが・・・ また大学への練習参加でひと悶着ありそうです。 速水とも絡めてふた悶着でしょうか? 水球に専念したい路線は以前にも使ったと思いますので、やはりなにか起きるなら速水でしょうか? 次話に注目です!.

次の