歌詞 駅。 竹内まりやさんの名曲、「駅」の歌詞についてお聞きしたいことがありま...

【歌詞付き】竹内まりや『駅』( by Macro Stereo & Elmon )

歌詞 駅

ウィキソースに の原文があります。 『 鉄道唱歌』(てつどうしょうか)は、に作詞された。 全5集・334番(に発見された「北海道唱歌」やの郷里を歌った「伊予鉄道唱歌」を本編に含め、全6集・374番、または、全7集・399番とする説もある)。 第1集編第1番の歌詞である、「汽笛一声を はや我汽車は離れたり……」は広く知られている。 カラオケでは鉄道唱歌第一集66番をすべて歌うことができ、その曲長は28分40秒 であり、カラオケで収録されている歌としては有数の長さを誇る。 発売されたCDとしてはが334番全集(北海道編は含まない)、キドブラザーズが省略せずに399番を収録したCD集がある(他に山陰鉄道唱歌、中央線鉄道唱歌がある)。 経緯 [ ] 大阪の出版社「昇文館」を主宰する市田元蔵が企画し、に作詞を、と(うえ・さねみち)に作曲を依頼したことから「鉄道唱歌」は誕生した。 しかし、昇文館の経営状態はすでに悪化していた。 に第1集東海道篇を発売したものの、印刷部数はわずか3,000部であり、宣伝資金もなかったために、ほとんど売れないまま、昇文館は倒産した。 この「鉄道唱歌」の版権を市田から買収したのが、大阪で楽器店(現在の)を営んでいた三木佐助である。 江戸時代より「往来物」と呼ばれるを覚える歌や、鉄道開業後に「レールエ節」と呼ばれる鉄道沿線を紹介する歌が存在したため、鉄道路線網が形成されるに従って、それら路線の沿線を歌った書籍の販売の着想を得たと言われている。 第1集東海道篇は1900年に『地理教育 鉄道唱歌 第一集』のタイトル で三木によって再度出版され、楽団を乗せた列車を走らせるなどの奇抜な広告戦略の効果もあって大流行した。 さらに、この年の年末までに第5集までが発表された。 詞はいずれも大和田建樹によるもので、曲は第1集・第2集が多梅稚と上眞行、第3集が多梅稚と(が本来作曲予定だったが締め切りに間に合わなかったため多梅稚の曲で穴埋め)、第4集がと、第5集は多梅稚が2種といったように、各曲に2つずつつけられた。 これは「鉄道唱歌」が書籍の形式で販売されたので、「読者に好きな方を歌ってもらおう」という、最初の企画者・市田元蔵のアイディアだったといわれている。 だが第1集から第3集、そして第5集の曲の1つであった多梅稚のそれが、抒情的な上眞行の曲よりも、のでメロディーが覚えやすく、余りにもテンポがよく旅情がそそられるといった事情のためか広く歌われるようになって、他の方の曲はほとんど歌われなくなってしまった。 現在知られているのはもちろん多梅稚の曲である。 多梅稚の作曲に依らない第4集も、この曲で歌われることが多い。 ちなみにテンポ良く聞こえるのは歌詞が7音、5音、7音、5音、7音、5音、7音、5音となっているのも要因の一つである。 異説として、最初から三木の企画だったとする説、無名の一青年の詞を買い取り大和田が補筆したとの説がある。 三木は、街頭でに合わせて演歌師が歌う哀愁を帯びたメロディーを耳にして鉄道旅行歌のアイデアを閃き、作詞を大和田に依頼する。 その際、参考に横江鉄石の『東海道汽車の旅』と無名作家の歌詞を大和田に差し出すが「物足りない作品ですね。 表現も硬くて暗い」と言って返されたとしている。 「鉄道唱歌」の書籍は大正初期までの20年間に総計2000万部を売ったという。 タイトルに「地理教育」と付けられている背景として、当時の音楽教育の一環として歌による知識の習得という方針があり、版元はこの方針に乗って鉄道唱歌の販売数を増やす意図があったようである。 本歌の発表直後から全国各地で郷土版が多く製作された。 膨大な詞の中に沿線の地理や歴史、民話や伝説、名産品の紹介を織り込んだこの曲は、大人の間でも人気となった。 なおの(5月閉館)には、大和田建樹直筆の鉄道唱歌第一番の歌詞が飾られていた。 また、この交通博物館の最終営業日の閉館時には、この歌を歌い閉館を惜しむ人たちが見られた。 現在、大和田建樹の直筆書はのに所蔵されている。 内容 [ ] 歌詞の方は基本的に沿線に沿ってで順々に詠っているが、沿線に作者(大和田建樹)の好んだ場所や歴史的な場所のようなところがある場合、またその路線の終点の場合などは、そこに多く歌詞を割り当てたり、さらには「寄り道」していることもある。 第1集では「」・「」・「」・「」・「」、第2集では「」・「」・「」・「」・「」、第3集では「」・「」、第4集では「」・「」・「」、第5集では「」・「」・「」、第6集では「」・「」・「」といった所などがそれに該当する。 また、線路が必ずしも旧街道に沿っていないために、各方面の街道の峠などの地形や旧跡、名物等が駅や線路から離れていることがあるが、そういった点でも必ずしも正確でないこともある。 各集の歌い始めは以下のようになっており、いずれも旅立ちの印象を強く読者に与えるものとしていた。 (第1集1番) 汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり に入り残る 月を旅路の友として• (第2集1番) 夏なお寒きの響きをあとにして の里を立ちいずる の汽車の道• (第3集1番) 汽車は煙を噴き立てて 今ぞを出でてゆく 行方は何くの までも一飛に• (第4集1番) 車輪の響き笛の声 見かえる跡に消えて行く の朝月夜 は露もまだ寒し• (第5集1番) 汽車をたよりに思い立つ やの国めぐり いでての 線路を旅の始にて• (第6集1番) 千里の林万里の野 四面は海に囲まれて 我が帝国の無尽庫と 世に名ざさるる なお第3集と第4集は、からに至る区間で重複しているが、それぞれにおいて歌う場所をずらすなどの配慮をし、特色を持たせてある。 また各集の最後ないし最後の1つ前に当たる所、また、東北線の終点「青森」の歌詞(第3集40番)では、以下に示した通り急速に発達した鉄道網を賞賛する歌詞が見られる。 (第1集65番) 思えば夢か時のまに はしりきて 神戸のやどに身をおくも 人に翼の汽車の恩• (第3集40番) 勇む笛の音いそぐ人 汽車は着きけり青森に 昔は陸路廿日道 今は鉄道一昼夜• (第3集63番) 昔は鬼の住家とて 人の恐れし陸奥の 果てまでゆきて時の間に 帰る事こそめでたけれ• (第3集64番) いわえ人々鉄道の ひらけし時に逢える身を も響くまで 鉄道唱歌の声立てて• (第4集71番) 駅夫の声におどろけば 眠はさめてに 着きたる汽車の速かさ 見かえる雲ふかし• (第4集72番) 思えば汽車のできてより 狭くなりたる国の内 いでし上野の道変えて いざや帰らん新橋に• (第6集20番) 土地の話を耳に聞き 変わる景色を目に見つつ 慰むほどに呼ぶ声を 聞けばか早ここは その他、最後では以下のように次の旅(次の集)へ続くことを表したもの、または旅の終わりを祝うないし惜しむ歌詞も見られる。 (第1集66番) 明けなば更に乗りかえて を進ままし 天気は明日も望あり 柳にかすむ月の影• (第2集67番) 前は海原はてもなく 外つ国までもつづくらん あとは鉄道一すじに またたくひまよ青森も• (第2集68番) あしたは花の ゆうべは月の かしこも楽しここもよし いざ見てめぐれ汽車の友• (第5集64番) 治まる御代の さわがぬ波の いさみて出ずる旅人の 心はあとに残れども• (第6集40番) 打ち過ぎて はやに着きにけり 青森までは海一つ は此地の名産ぞ なお、全374番の歌詞を続けて歌うと1時間30分以上かかる。 楽譜 [ ] 多梅稚曲 1 附録・関連作品 [ ] 附録として第3集に「松島あそび」、第5集に「奈良めぐり」が付いている。 またその後、鉄道唱歌に倣って各地の鉄道を歌った歌(「」・「」・「」など)が発表された。 大和田建樹自身も、その後を歌った「伊予鉄道唱歌」、「鉄道唱歌」の改訂版といえる「東海道唱歌」・「山陽線唱歌」・「九州線唱歌」や、を歌った「」、の鉄道・を歌った「満韓鉄道唱歌」などを作成している(詳細は)。 また、昭和期には「鉄道唱歌」に倣う形で「」が作成されている。 これには「日本放送協会編」と「鉄道省編」の2種類がある。 鉄道省編は1929年に応募曲として発表され、日本放送協会編はに国民歌謡の一つとして作られた。 が開通する直前、詩人のが「新・鉄道唱歌」を作った。 夢の超特急「」をユーモアと風刺で包んだ、つまりで1節目に「予算の山に入りのこる 八百億を友として」というが、この八百億とは報じられた予算超過額だった。 3節までの短いものだった。 なお、の「」は、発表当時の社長だったが、作詞・プロデューサーを担当したに「新しい鉄道唱歌を作って欲しい」と依頼したというエピソードがある。 使用例 [ ] 鉄道唱歌は、時代に、電車特急・急行のの前に流すの一つとして使用された。 でも初代の車内チャイムは鉄道唱歌を使用していた。 しかし、JR発足後に新製・更新された車両の多くは鉄道唱歌のチャイムを採用せず、さらに国鉄時代から運用された特急形車両の廃車や運用減少が進んでいるため、鉄道唱歌のチャイムを耳にする機会は非常に少なくなってきている。 6月からは開業130周年を記念し同駅ホーム(5・6・7・11・12番線)のとして採用されている。 メロディの最後にはのが流れるが、これは現在「号」を牽引している機関車「」のものである。 11番線に関しては、4月から別の曲に変更されていたが、4月から下り発車時のみ使用が再開されている(ただし7番線を除く他の番線とは音色が異なる)。 2015年3月からは西日本管内( - 間)のとして採用されている。 なお『』()では、「路線別 鉄道唱歌の旅」のコーナーとしてこの鉄道唱歌の歌詞と同じルートで旅をする特集が組まれた(ただし、前述した「北海道唱歌」も鉄道唱歌の曲に載せて歌い込んでいた)。 の『』には、の全29駅(放送当時は未開業)をこのメロディーに乗せて順に歌う「鉄道唱歌 山手線」というコーナー(外回り・内回りの2種類)があった。 また、同局で放送されていた番組『』でも、このをしたが流れていた(は風)。 アニメ『』では登場人物の一人・黒磯がカラオケでの十八番にしており、第438話「先生たちの合コンだゾ」ではカラオケで66番まである第1集を熱唱するというエピソードもある。 この他、のの順番を覚える歌(通称・そうしゅつレビみん)においても、多梅稚による鉄道唱歌の曲が流用されている。 またこの歌は、前に日本がを統治していたことやに影響を与えていた関係もあってか、それらの地域にも伝わっている。 現地では曲だけが流用されて歌詞は別のものが付けられ、鉄道とは全く異なる意味の歌となっている物が多い。 例として、では「学徒歌」と称し、学生啓蒙の歌となっている。 では「人類」の題で、を唱えた歌になっている。 また、では「反日革命歌」として反日を唱える歌になっている。 には、の止め薬「トリブラ」のにおけるとして風にアレンジされ、歌詞も製品名連呼を交えたとなって使用されたことがある。 またがほぼ全てのコントで繰り出す「1、2の3の4の2の5、3、1、4の2の4の2の5」というギャグのメロディーにも使用されている。 変わった所ではの発車メロディーのコンピレーション・アルバム『駅トラ』にによる鉄道唱歌のトランスミックスが収録されている。 創業者の梶谷忠司が書いた詩「われら人生60から」にが補作し、多梅稚による鉄道唱歌の曲に乗せた替え歌として「長生き音頭」を制作。 にの歌でからシングルとして発売された。 にはがカバーしソニー・ミュージックダイレクトからシングルとして発売した。 ので毎年開かれている「」でもBGMとして流されている。 氏や氏など、として鉄道唱歌を採用している落語家も存在する。 南北線(中之島支線)開業時に一度歌詞が変更されており、変更以前は全20番であった。 訂正鉄道唱歌 1911年1月 東海道線 66 鉄道唱歌の東海道編で大和田建樹が訂正を望んでいた歌詞を、大和田の死後に氏の遺志を汲んで出版元の三木佐助が出版した。 参考文献 [ ]• 高取武『歌でつづる鉄道百年』 鉄道図書刊行会・1968• 大悟法利雄『なつかしの鉄道唱歌』(・1969)• たとえば静岡の先での下をトンネルが通っているかのような歌詞になっているが、相当する場所にあるトンネルは海岸沿いであり、海から5kmほど離れている宇津ノ谷峠側のルートを東海道線が通っていたことは無い。 紀田順一郎、間羊太郎『記録の百科事典 日本一編』竹内書店、1971年、198頁• 「」(10月1日)による。 金成俊 日本《鐵道唱歌》의 流傳및 凡首 朝鮮 中國 歌曲 曲源을 더듬어• 、ソニーミュージック オフィシャルサイト。 - 2018年2月3日閲覧。 路線名は原則として現在の名称による。 抜けている区間は当時未開通だった区間である• - 青森駅間は現在の・• - 間は現在廃線、軽井沢駅 - 間は、 - 間は 、妙高高原駅 - 直江津駅間• 現在廃止• 富山駅 - は、倶利伽羅駅 - 間は• の北西にあった。 1913年廃止• の近くにあった。 現在廃止• 現在は廃線• いずれも現在は廃線• 紅葉駅 現: から夕張駅は廃線• 現在廃止• 現在の経由のルート• 現:丹東駅• - 北海道編を除く334番までを全て歌唱したCDが発売されている。 第1集(東海道篇)は、第5集(関西・参宮・南海篇)はも歌っている。 また、これとは別に「ズームイン朝! 」のコーナーで使われた音源もあり、こちらもCDになっている。 () - がテーマ曲になっていた。 外部リンク [ ]•

次の

【歌詞付き】竹内まりや『駅』( by Macro Stereo & Elmon )

歌詞 駅

こんばんは。 歌詞はそれぞれ聴く人の解釈でいいとは思いますが、私の解釈は以下。 「こみあげる 苦い思い出に」と「あなたがいなくても こうして 元気で暮らしていることを さり気なく 告げたかった」 というフレーズから、 ・2年前に彼が他の女性を選んで別れた。 それが不倫がらみだったとしたら、彼が妻帯者で私は不倫相手) 「今になってあなたの気持ち 初めてわかるの 痛いほど 私だけ 愛してたことも」 こちらの「私だけ 愛してたことも」の解釈を昔迷っていました。 「(彼が)私だけ を 愛してた」のか「私だけ が) 彼を)愛してた」のか。 今は後者だと思っています。 で、そうすると、2年前に別れを切り出したのは彼の方、ということで矛盾は無いと思います。 ついでに書きますと、「消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく 心に残る」は、 「消えてゆく 後ろ姿が やけに哀しく、心に残る」ではなく 「消えてゆく 後ろ姿が、やけに哀しく 心に残る」だと私は思います。 つまり、「やけに哀し」いのは、彼の後ろ姿を心に残してしまう自分のこと、ではないでしょうか。 竹内まりや「駅、いい歌ですよね。 自分は、女性が振られたんじゃなく、ふったほうだと思っていました。 でも、質問者さんの質問を見て、最初から歌詞を思い浮かべましたが、 どちらがふったとは確信できなくなりました。 あなたがいなくてもこうして~~ 、と言う部分は、彼女がふられた という感じですし、 今になってあなたの気持ち、はじめてわかるの、痛いほど、私だけ 愛してたことも~~ という部分はふったような感じですね。 後ろ姿が、やけにさびしく、心にのこる~~ は、どちらにもとれるし????? 初心に帰って、もう一度最初から最後まで読み直しましたが、 わたしなりの結果として 1 二人は2年前までつきあっていたが、彼女が別の男性を選んで 彼をふって結婚した。 2 経済的にも今の暮らしは満足しているが、彼のことは忘れられ なかった。 3 偶然見つけたが、いまさら寄りは戻せない。 ふってしまった 相手になんと声をかけてよいかわからない。 4 心理的に付き合ってた頃に戻りたいが、家庭もある。 5 心の中では、こめんなさい、と思っている。 と、勝手に判断いたしました。 たぶん異論もあると思いますが、 自分なりの解釈でした。 竹内さんの けんかをやめて という歌がありますが、他の曲も 含めて、二人の男性のあいだで、悩む女性心を歌った歌詞が多いのも 自分の判断材料のひとつです。 あぁ、ふたりの女性のあいだで、悩んでみたい。。。 (笑) A ベストアンサー 補足というか蛇足 この曲で繰り返されている "Making A Good Things Better" は曲名のもとになったオリビアニュートンジョンの名曲 "Making A Good Thing Better" のもじりですが、意味は「良きことをなせ」といった意味です。 この場合の「良きこと」とは 別れを告げることだったのだと私は理解しています。 すれ違いが多くなってしまった相手のことを考え、2人に未来がないことを悟り、 相手に別れを切り出さした女性の歌だと思います。 男性は突然の別れ話が理解できず、なんとか話をしようと深夜でも電話をしてきます。 気遣いの優しい彼が、女性に深夜電話をかけるまで 当時は携帯でいつでもおしゃべりという時代ではないです 心を痛め、また自分のことをまだ深く愛しているということを知りつつも、彼女は2人の未来、相手の未来を思って彼と話ししないことを選んでいるのです。 彼女自身に彼への愛や、別れへの迷いがなければ、何度も「良きことをなせ」と心の中で唱え続けることはないでしょう。 彼への愛や、別れへの迷いをもちつつも、今別れることが、二人のため、さらには彼のためになる、。 それがいいことなんだと強く自分に言い聞かせて、涙しているという話だと思います。 この歌に出てくる彼女は聡明で、思いやりがあり、強い女性ですが、それ故につらい状況にいます。 尾崎亜美さんの歌には多いですが、実はこういう女性は今の大人の女性の等身大の姿なのではないかと私は思います。 補足というか蛇足 この曲で繰り返されている "Making A Good Things Better" は曲名のもとになったオリビアニュートンジョンの名曲 "Making A Good Thing Better" のもじりですが、意味は「良きことをなせ」といった意味です。 この場合の「良きこと」とは 別れを告げることだったのだと私は理解しています。 すれ違いが多くなってしまった相手のことを考え、2人に未来がないことを悟り、 相手に別れを切り出さした女性の歌だと思います。 男性は突然の別れ話が理解できず、なんとか話をしようと... A ベストアンサー 別れたときはツラかったですが、「やっと... 」って 感じでした。 相手から別れを告げられました。 ずっと辛い思いをしてきたので、それから解放される という嬉しさがあったんです。 その後は忘れるように新しい人を見つけようとしましたね。 まだ気持ちが残っているときはまだ好きだなーって思ってて、 彼ができた後に、「あんなヤツ最低。 不幸になればいい」 って思ったりも。 今はハッキリ言って、「どうでもいい」って感じです。 別れてもうすぐ2年経ちます。 今は連絡一切とってないのでわかりません~。 別れた最初は奥さんのことを恨みました。 さっさと別れに承諾してくれたらヨカッタのに!!って。 もう別れたい気持ちが大きいのに、旦那に愛されてないのに どうしてそれでも一緒にいたいのかなあ?って思いました。 勝手ですよね~。 私が悪いんであって、奥さんは悪くないのに。 自分の汚い部分も見えたときでした。 (自己嫌悪) A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というのが理想と思っているように感じます(実際に聞いたことはありませんが…) そんな二人がお互いの理想を押しつけるだけではうまくいくはずがないと思っています。 そんなに我慢してまで付き合う必要はあるのかと言われればないのかもしれませんが、私は彼が好きで必要なので別れるなんて考えられません。 だからがんばっています。 例えば、 ・連絡が来ないとき、文句を言いたい気持ちを言い換えて「連絡してくれたらうれしいな」という言葉にしてメールや電話で伝える ・連絡してくれたときに、連絡してきて当然という態度ではなく、感謝の気持ちをもつ …などなど、本当は文句を言いたかったり思いきりふてくされたりしたいところを我慢して、前向きな表現に変えるようにしています。 〉電話で別れを告げたところ、がちゃ切りされました これは質問者様のことを好きなら相当ショックだったと思いますよ。 逆の立場で考えてください。 私も相手から電話で別れを告げられたら同じことしますよ。 〉でもその次の日、何事も無かったかのようにいつもよりやさしいメールが来て、仲直りしました。 ここから質問者様への思いを感じます。 相手の方も、自分の気持ちを分かってもらいたいのに分かってもらえず、それでも質問者様とは別れたくないと思っているのでしょう。 相手だっていっぱいいっぱいの感じがします。 それなのに… 〉あそこまで言わなければ、わかってもらえないのかと悲しくなりました。 私から言わせてもらえば、別れを告げた質問者様の方に問題があると思うのに、メールをしてくれるなんてとても優しい方と思います。 ここで本当に別れていたとしたら、それこそ今頃質問者様は激しく後悔していたと思いますよ。 そうさせなかったのは相手の優しさ・質問者様への思いです。 自分の気持ちだけでなく、相手の気持ちを考えるということをがんばってほしいです。 疑う気持ちは痛いほど分かります。 でも、寂しいとか辛いとかそういうことばかり言っていたら、相手だって「自分とは一緒にいない方がいいのではないか」と思ってしまいますよ。 相手は十分質問者様のことが好きだと感じました。 だから、相手の気持ちをもう少し信じてあげてください。 NO.7です。 私が今の彼と付き合っていてつくづく思うのは、人って自分の思うようにはならないということです。 私には私の理想の付き合い方があるように、彼には彼の理想の付き合い方があります。 例えば、私は毎日でも連絡したいし、少なくとも週1は会いたいし、二人の休みが合ったときは一緒に過ごしたいし…などなど理想は尽きませんが、 私の彼は、連絡は会う約束をするときぐらいでよくて、会うのも2週に1度程度でよくて、二人の休みが合ったからと言って別に一緒に過ごさなくてよい…というの...

次の

【歌詞付き】竹内まりや『駅』( by Macro Stereo & Elmon )

歌詞 駅

竹内まりやの名曲として知られる「駅」(1986)。 柔らかなメロディ・ラインとは裏腹に、 もつれた男女の辛い過去を彷彿とさせられる歌詞内容です。 この歌に隠された真実は、それほど甘いものではありません。 (当ブログでは、JASRAC提唱の著作権を保護する立場から、実際の歌詞は掲載しておりません。 ご理解のほど宜しくお願いいたします。 ) この「駅」が発表された1980年代後半(昭和60年代)の頃の、リアルな男女関係を踏まえれば、この歌の歌詞は、 かなりドロドロした内容です。 竹内まりや「駅」の歌詞に隠された不都合な恋の真実 この「駅」の主人公は、東京・町田のマンションで夫と二人暮らしをしている AKIKO(31歳)です。 彼女が3年前に別れた、元カレの後ろ姿に似ている男性に気がついたのは、金曜日の帰り道の電車の中でした。 (!) 言葉にならない驚きに、ハッと胸を突かれたAKIKOは、思わず確かめるように、その男性の横顔が見える位置まで移動しました。 それほどまでに、彼の姿は、 AKIKO の心をとらえて離さなかったのです。 二人の間には、どんな過去が横たわっていたのでしょうか? 「駅」の歌詞に隠された3つの不都合な真実をお話ししましょう。 別れて2年以上経過しても修復しない心の傷の身体的な理由 懐かしさを覚えて、元カレに声を掛けようとした AKIKO を、せき止めた 苦い思い出。。。 2年以上経過しても、言葉すら見つからないほどの深い傷跡って、一体何だと思いますか? 懐かしさよりも先立つツラく苦しい記憶。。。 中絶です。 ー AKIKO の身体に刻まれた深い人生の傷跡。 東京近郊の巨大なベッドタウンの片隅で、ひっそりと小さな命と共に、二人の物語は終わりを告げました。 ヒドくないですか? この元カレの男。 自分の家庭だけは、2年前も今もきっちり守ってるなんて。。。 ドロ沼の恋愛関係を清算して平然と暮らしているのは元カレだけじゃない そっと遠くから元カレの横顔を盗み見して、すぐに気がついたことーそれは 彼の眼差しです。 醒めたような眼差し 二年前のカレの私を見詰める眼差しは、輝いているように見えました。 (少なくとも、 AKIKOには。。。 ) でも、今のカレの横顔からは、離れていても冷たい空気のようなものを感じてしまう。。。 傷跡すら残せない恋 彼の心に傷跡すら残せなかった二人の関係って、恋だったのでしょうか? 他の異性には興味があるけど、今の生活を壊したくないのはお互い様 2年前の元カレの深層心理を、ズバッと言いました。 経済的にも精神的にも、それなりに余裕がある今の生活は壊したくない。 心の奥底に眠る、異性への衝動を手なずける術は、知っている。。。 オトナだから。 「幸せな家庭」を持つ今になって初めて分かる大人のリクツ。 AKIKOも、自分の心が、2年前と変わっていることを自覚せずにはいられませんでした。 保守化した自分を受け入れる 自嘲することもでも、自慢することでも、ありません。 静かに柔らかく生きて行くー。 誰だって、そうやってオトナになるのでしょう。 過去と上手にサヨナラしながら、人は前に進まねばなりませんから。 (まとめ)「良識あるオトナのための良質なバラードの3要素 あなたは、竹内まりやの「駅」という歌と、どのくらいの時間、つき合って来られましたか? 私はつい5年前から何度も聴くようになりました。 大人のための良質なバラードに必要な要素が、ギュッと詰まっているのが、竹内まりやの「駅」のスゴさだと思います。 良質なバラードの3つの要素• 人に言えない辛く暗い過去や経験を背負っていても、受け止めてくれる 包容力• 人の心や価値観は、人生を歩む上で変わることは避けられないという 諦観(諦め)• 過去よりも、今の生活や人間関係を大切にして、肯定的に人生を歩む 現実主義 包容力、諦観、そして現実主義。 これこそが、良質ある大人の真骨頂。 外見や結果だけでは、人生の価値は計ることはできません。 挫折や失敗のたびに、自分の人生と人間性を磨く貴重なチャンスに恵まれた ー。 竹内まりや「駅」を聴きながら、そんなことを思いましたが、いかがだったでしょうか。 あなたの想いとどこかでつながれば、望外の喜びです。 竹内まりや「駅」の情報データベース 発表年 1986年 備 考 作詞 竹内まりや 作曲 竹内まりや 主な収録アルバム REQUEST(1987) アマゾンで購入可能 Impressions(1999) アマゾンで購入可能 Souvenir~Live(2000) アマゾンで購入可能 Expressions(2008) 収録シングル AFTER YEARS 購入ルートなし iTune (なし) レコチョク (なし) (当記事の内容は、この歌に対する管理人個人の解釈と見解を述べたものであり、関係者への直接的ならびに間接的な調査・取材によるものではありません。 ご理解とご了承のほど宜しくお願いいたします。 お問合せはからお願いいたします。 他に取り上げて欲しい歌があれば、お気軽にまで。 コメントありがとうございます! 「お互いのパートナーに発覚して関係を清算せざるをえなかった」という解釈は、ごく自然だと思います。 ただ私は、この歌のフォース(歌の力)を極限まで引き出したいと思いました。 それほどまでに、この歌から受けた衝撃は凄まじいものがありました。 『駅』を聴いて、涙を流せる人の中で、とりわけ辛い経験をされた方のために、何か遺せないか…。 そういう想いから、この記事を発想したのです。 (眼差し) 「変化した」という文脈の中で、「眼差し」が使われれていることから、あの頃の輝きを失ってしまった意味に解釈しています。 (うつむいた横顔) また、彼の「横顔」は、愛していたのは私だけ(=今のパートナーや家族との幸せの方が大事)という醒めた大人の認識の象徴だと思いました。 なので、彼がうつむいているのは、(例えば)娘の誕生日のプレゼントを思案していたという解釈です。 彼の横顔を見つめて流した涙の中に、主人公の万感の想いがガチ詰まっています。 『駅』は、第一級の文学作品に値する歌です。 ーとても語り尽くせないですね!.

次の