ヤヌス の 鏡 動画。 【全話無料】ヤヌスの鏡動画1話【2つの顔】無料視聴方法!

【第1話から全話まで】FODオリジナルドラマ「ヤヌスの鏡」を見逃し動画無料フル視聴しよう

ヤヌス の 鏡 動画

34年の年を経て再び映像化された宮脇明子原作の『ヤヌスの鏡』 おとなしい性格の裕美と尖ったナイフのようなユミ。 34年前のヤヌスの鏡と比較してどうなったのか気になりますよね? 興味があるから見たいと思っていたけど、 『気がついたら第1話の放送が終わっていた』『録画予約を失敗していた』などの理由で見逃してしまった人の為に、 「ヤヌスの鏡」の動画を無料視聴する方法について調査しました。 ヤヌスの鏡の1話~最終回が見れる動画配信サービス 結論から言うと「ヤヌスの鏡」の動画視聴はFOD、Tverの2サイトで視聴可能です。 しかし、 Tverだと放送終了から1週間しか動画配信をしていません。 そのため1週間以上前の動画を見れないという欠点がありますし、動画を見ている途中で入るCMが、ちょっと邪魔な感じがするんですよね。 その点、 FODなら1話~最終回のどこからでも視聴可能なので、見たい時に見たい話を見れるというのも大きなメリットです。 ヤヌスの鏡の動画を無料で見るならFOD FODとは、フジテレビが運営するインターネット動画配信サービスのことです。 レンタルビデオと違って、店舗に借りに行ったり、返しに行ったりする必要が無いので、とても気軽に動画が見れるんです。 FOD 月額料金 888円(税抜) 無料お試し 2週間 作品点数 40,000作品以上 ポイント 合計1300ポイント付与 ジャンル ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、スポーツなど 電子書籍 マンガ、小説、雑誌(読み放題) ヤヌスの鏡を見るならFODがオススメな理由 FODなら、ドラマ・映画・アニメ・バラエティ・スポーツなど、動画配信しているジャンルが豊富が豊富で見放題作品もいっぱいあります。 」も配信しています。 他にも FOD なら2019年秋に放送されている 最新のドラマも視聴可能なんです! FODで視聴可能な2019秋ドラマ一覧 FODなら2019年秋ドラマの見逃し動画を観ることができます。 間違ったやり方をすると、2週間の無料お試しが出来なくなっちゃうので、登録手順を簡単に説明しておきますね。 FODの「登録」手順 1.「今すぐ無料おためし」をタップ 2.Amazonアカウントでログインする 3.「確認画面へ進む」をタップ 4.「支払いにAmazonPayを利用する」にチェックし、「購入決定」をタップ 登録が終わったら、100ポイント付与されているか確認してください。 しかし、公式サイト以外でも動画を見る方法があるのでは?と気になるかもしれません。 なので、ここからは動画共有サイト(YouTube・Dailymotion・パンドラTV)でも「ヤヌスの鏡」の動画を見る方法があるか調査しましたので、結果をお伝えしますね。 動画共有サイト 配信状況 YouTube 34年前のヤヌスの鏡しかありません Dailymotion 34年前のヤヌスの鏡しかありません パンドラTV 動画配信なし ヤヌスの鏡をYouTube(ユーチューブ)で調査 ヤヌスの鏡の動画はYouTubeで配信されているか調べてみました。 【結論】YouTubeでの「ヤヌスの鏡」の動画配信は、34年前の杉浦幸主演のヤヌスの鏡しか配信されていませんでした。 とても懐かしいので、視聴してみましたが、とにかく画質が悪いので見続けられませんでした。 以上の点からYouTubeでヤヌスの鏡を見るのはオススメ出来ません。 ヤヌスの鏡をDailymotion(デイリーモーション)で調査 次はDailymotionを調べてみました。 【結論】Dailymotion でも「ヤヌスの鏡」の動画配信は、34年前の杉浦幸主演のヤヌスの鏡しか配信されていませんでした。 しかも、再生開始するのに2回も広告CMが流れて、少々うざかったです。 以上の点からもDailymotionでヤヌスの鏡は視聴できないことがわかりました。 ヤヌスの鏡をパンドラTVで調査 次はパンドラTVを調べてみました。 【結論】パンドラTV での「ヤヌスの鏡」の動画配信は、何もありませんでした。 ヤヌスの鏡の動画配信をYouTube、Dailymotion、パンドラTVで調べた結果、一部YouTubeには視聴できる動画がありましたが、中国系から配信されている完全違法サイトです。 違法動画を視聴するのは犯罪行為に値するので、絶対に止めましょう! 結果としては、ドラマ「ヤヌスの鏡」の見逃し動画配信を高画質で、しかも合法的に見れるのはFODのみでした。 ヤヌスの鏡の再放送はあるの? 公式サイトやテレビ番組表を調査してみましたが、ヤヌスの鏡の再放送は予定されていませんでした。 いつものパターンですと、• 1話が終了して2話が始まる前に再放送する場合がある• 最終回付近で今までの分を一挙放送する場合がある あくまで可能性の話なので、確実性は全くありません。 その頃、物置を抜け出したユミは、達也のアジトであるものを探していた。 貴子はヒロミに今まで裏切られていたと思い込み、ヒロミの帰宅を待った。 そこにある決意を持ってユミが帰ってきた。 そして、ユミとヒロミ、貴子が対峙する。 その後、ヒロミはユミにこれ以上罪を重ねさせないためにある決心をする。 それには従えないユミ。 その時に備えて、ヒロミは進東に、ユミは達也に会いに行く。 最後の戦いは、ヒロミとユミの、自分自身との戦いだった。 人は逃げることを止めたとき、どこまで強くなれるのか。 fujitv. ある時、そのことがきっかけで祖母・貴子に激怒される。 恋をした裕美を許せない貴子は裕美を物置に閉じ込めた。 助けてくれる人はなく絶望の中自分を責める裕美。 そんな中、中にあった香水の瓶が倒れ、懐かしい匂いから過去の記憶がフラッシュバックすると同時に気を失う裕美。 気が付くと裕美はもう一つの人格「ユミ」と入れ替わっていた。 ユミは、物置を抜け出し夜の繁華街に繰り出す。 ある目的のためクラブを訪れたが、そこで東涼子のグループに絡まれる。 ナイフで脅されるが、微動だにしないユミ。 その様子を見ていた堤達也は、ユミに興味を持つ。 翌朝、部屋で目を覚ましたヒロミは腕に切り傷があることに驚く。 そして物置に閉じ込められてからの記憶がないことに動揺するのだった。 fujitv. 一方、進東のことで怒られたヒロミは、自分が間違っていたと進東を避け出した。 放課後、学校でヒロミはユミと入れ替わってしまう。 街へ出たユミは達也と再会し、達也のアジトへ向かう。 翌朝、また昨夜の記憶がないことにいよいよ混乱するヒロミ。 登校し、純と話しているところに、涼子の仲間・夏帆と芽衣とすれ違う。 その様子を内側から見ていたユミは、ヒロミを守るためふたりを排除する方法を考える・・・。 fujitv. 保健室に運んでくれたのは進東だった。 そんな進東のもとに退学になった夏帆と芽衣がやってくる。 そして「ユミはヒロミだ」と告げる。 進東は確かめる為に夜の繁華街へ繰り出す。 一方、達也は、ユミのために手を貸したことが涼子にバレてしまい、涼子の反感を買う。 涼子とその仲間に拉致られる達也。 たまたまそこにいた進東も一緒に連れていかれる。 2人が殴られていると、やってきたのはユミだった・・・。 翌日、進東はユミに真相を問いただす。 ユミの答えた真相とは・・・。 達也のアジトにひとりでいたユミは、体に異変を感じる。 ヒロミが戻りかけていた。 こんな場所でヒロミに戻るわけにはいかない。 助けを求めたのは、進東か、達也か・・・。 fujitv. 貴子と裕美の養母・小沢みどりを呼び、タクシーからヒロミを降ろす進東。 そんな進東に向かって激怒する貴子。 ヒロミが目を覚ますと、「けがらわしい!」と貴子は怒鳴り散らす。 何も覚えていないと泣くヒロミがいた。 そんな中、進東とユミの関係を疑った達也が学校にやってきた。 ヒロミを見つけ「ユミ!」と声を掛けるがヒロミは怯えて逃げ出す。 そこに進東が通りかかり達也に声を掛ける。 宝石店を経営する甲本一成。 その男は一体、何者なのか? 後日、ユミは涼子にその宝石店を襲わないかと提案する。 その狙いとは・・・。 fujitv. 翌朝、泊りに来ていた純と朝食を取るヒロミ。 テレビから、宝石店襲撃のニュースが流れてくるとヒロミは頭を抱える。 宝石店に侵入する様子がフラッシュバックしたのだった。 達也のもとに刑事が聞き込みにやってきた。 ボイスレコーダーを聞かされた達也は宝石店の事件にユミが関係しているのではと心配する。 一方、進東もヒロミの体を心配していた。 病院へ行くことをすすめようとするが・・・。 宝石店の一件から、ユミは姿を消す。 探し回る達也と進東。 進東は達也を頼るが、ヒロミの秘密を打ち明けることが出来ず…。 fujitv. ヒロミが甲本と会ったことを知った貴子は、激怒しヒロミを物置に閉じ込める。 泣き疲れ、物置のなかで眠っていると、声が聞こえユミが鏡の中に現れた。 ヒロミは、初めてユミと対話する。 ユミは「あいつは嘘つきだ」と激昂するが、ヒロミは甲本を庇う。 ユミは達也にさらに甲本のことを調べさせた。 その情報で甲本を脅すが、本当の目的は別にあった・・・。 放課後、進東がヒロミに声を掛ける。 しかし、話しているうちにヒロミが消え、ユミが現れた。 進東はユミに詰め寄るがそこに甲本が現れて・・・。 fujitv. 甲本が亡くなったことはニュースになり、貴子や進東、達也の耳にも入った。 ヒロミは、進東の元を訪れる。 そこで進東は、信じられないことを耳にする。 ますます混乱する進東。 そして自分にできることはないかと、思案する。 一方で、達也もまたユミを想い悶々としていた。 進東はユミに会うことに成功し、ユミにある頼みごとをする。 あっさり引き受けたユミはその場を去った。 進東はその足で達也の元を訪れた。 そんな中、ユミの周辺では不審な人物の目撃情報が・・・。 fujitv. その頃、物置を抜け出したユミは、達也のアジトであるものを探していた。 貴子はヒロミに今まで裏切られていたと思い込み、ヒロミの帰宅を待った。 そこにある決意を持ってユミが帰ってきた。 そして、ユミとヒロミ、貴子が対峙する。 その後、ヒロミはユミにこれ以上罪を重ねさせないためにある決心をする。 それには従えないユミ。 その時に備えて、ヒロミは進東に、ユミは達也に会いに行く。 最後の戦いは、ヒロミとユミの、自分自身との戦いだった。 人は逃げることを止めたとき、どこまで強くなれるのか。 fujitv. FOD• Tver 上記2つのサイトで視聴可能でした。 でも、TVerは番組終了から1週間しか動画配信していないので、最新の放送分の見逃ししか視聴できませんでした。

次の

ヤヌスの鏡

ヤヌス の 鏡 動画

34年の時を経て「ヤヌスの鏡」が再び映像化。 高校2年の小沢裕美(桜井日奈子)は、厳格な祖母・小沢貴子(国生さゆり)と亡くなった裕美の母親の兄夫婦と共に暮らしていた。 娘へのトラウマから貴子のヒロミに対する教育は度を越え、ヒロミはあらゆる自由を奪われ、委縮した高校生生活を送っていた。 そんな中、ヒロミは生徒会長の進東健一(白洲迅)に想いを寄せていたが、ある時、進東の存在を知った貴子は激怒し、何年かぶりにお仕置きとしてヒロミを物置に閉じ込めてしまう。 物置の中の古い鏡台にあった香水の香りをきっかけに、過去の記憶がフラッシュバックする。 眩暈がして倒れこむヒロミ。 目が覚めると、もうひとりの人格「ユミ」が笑っていた。 心優しいヒロミとは正反対の性格を持つユミ。 ヒロミの異変に誰よりも先に気付き心配する進東、ユミに一目惚れする堤達也(塩野瑛久)、ユミの存在をうっとうしく思う東涼子(仁村紗和)、ヒロミが時計の修理に訪れる宝石店経営者の甲本一成(萩原聖人)など、周囲の人間を巻き込みながら目的を遂行していくユミは危険も犯罪も顧みない。 そんなユミをヒロミは止めることができるのか?ヒロミが向き合うべき人と向き合ったとき、本当の自分を手に入れる・・・。

次の

《ヤヌスの鏡の動画を無料で見るには?》デイリーモーションやパンドラなどで視聴可能?!

ヤヌス の 鏡 動画

Contents• ヤヌスの鏡原作ネタバレ ヤヌスとは? そもそもヤヌスとはいったいどういう意味なのか?古代ローマの出入り口と扉の守護神からきています。 前と後ろ向きにある顔が特徴の神でした。 物事の内と外を同時に見ることができた神。 wikipedia. ネタバレキャスト 小沢裕美(ヒロミ)桜井日奈子 ヒロミの母由紀子と付き合うが、遊びだった。 しかし由紀子が妊娠してしまい由紀子を捨てる 原作ネタバレ上 高校時代のヒロミはある夢を見ていました。 鏡に映る自分に話しかけている夢・・・ さらに自分の名前は裕美と書いてヒロミというけれど、ユミとも呼ばれることがある友人純に話します。 そしてふざけて友人に口紅を塗られる小沢裕美。 しかし鏡に映る自分はちょっと違う自分が映っています。 赤い口紅を塗っただけなのに変わる自分を見て、怖くなりその場を去るヒロミ。 ヒロミは生徒会の仕事、書記の仕事を始めます。 そして憧れの進藤さんは生徒会長でした。 進藤を好きなヒロミですが内気なヒロミは言えません。 しかしある日進藤から付き合ってほしいと告白されます。 しかし真面目なヒロミはそんなこと言う人だと思わなかったと言いその場を去ってしまいます。 ヒロミの心の中では祖母に言われた「男はみな下心があるんだ」という言葉がよぎり進藤のことを勘違いしてしまうのでした。 すると鏡のもう一人の自分(ユミ)がお婆ちゃんが言うことが正しいの?と問いかけます。 そしてある日ヒロミはお婆ちゃんにビンタされてしまいます。 理由は進藤から届いたラブレターでした。 進藤はあの日から避けられていると思い悩み、ヒロミに手紙を送っていたのです。 しかししつけに厳しいお婆ちゃんはヒロミを叩き、お前にスキがあったからだと激怒します。 すっかり肩を落としたヒロミはいつものように塾に行くために電車に乗りますが、同じ年ごろの男女が楽しく騒いでいるところを見て内心羨ましく思います。 もしユミがいたら・・・・そう考えてしまい、電車の窓にはユミが映るのです。 学校では進藤に声をかけられますが、無視してしまうヒロミ。 自宅に帰るとしつけに厳しい祖母が教育のことで叫んでいます。 その頃ヒロミは何か異変を感じていました。 塾に行く途中の電車の中で気分が悪くなるのです。 夜の繁華街では派手な衣装のユミが酔っ払いの男性のお財布を盗みます。 そんな中ユミは不良グループに目を付けられますが、刃物を向けられてもうまくよけます。 夜の22時、ヒロミの自宅では祖母が帰りが遅いと激怒、そこにヒロミは帰宅しますが、しっかりと言い返し、いつもとは違うヒロミ。 朝起きると腕に傷を負っているヒロミ。 でも記憶にありません。 きっとガラスで傷つけたんだと思うヒロミ。 そして学校のあと病院に行きますが、そこではかみそりなどで切った傷だと言われます。 覚えがないのに、傷を負う自分に悩むヒロミは学校でもどこか心ここにあらず。 そしてある日、ユミが歩いていると目の前に進藤が通りかかります。 進藤はヒロミ!と呼びますが、雰囲気が違うので人違いだと思い込もうとします。 一方ヒロミは自宅でももう一人の自分が頭の中で話しかけ、混乱。 学校に行くと不良のメンバーに傷を聞かれ逃げるヒロミ。 夜になると、その不良メンバーはユミを見つけ追いかけてきます。 不良メンバーは自分の学校、北高の生徒だろうと話しかけます。 さらにユミはその不良メンバーにいいお小遣い稼ぎがあると話を持ち掛けます。 それはまさに売春で、翌朝、学校の掲示板にはその不良グループのメンバーが中年男性とラブホテルに入る様子を撮った写真が貼られていました。 二人は自主退学。 しかしその不良メンバー石原と渡辺はこのままじゃ終わらないと復讐を考えます。 そして不良の女は通りかかった進藤にあの小沢ヒロミはユミという女性で相当遊んでいるとバラしてしまいます。 そんなある日、ユミは男たちに港の倉庫に連れられ襲われますが、何とかうまく巻き、不良の女の一人を電車の線路まで追い込み、その女性は落ちてしまうのでした。 一方進藤は確かめたいとユミがいると言われる栄町の夜の街を歩きます。 そしてそこには魔女軍団にやられた達郎が・・・ そして進藤は達郎を助け、そのまま帰ろうとしますが駅のホームでユミを見かけます。 そのユミは小沢ヒロミの家に入っていくのでした。 進藤は気になってヒロミの家に電話をかけてしまいますが、電話に出たのは祖母で激怒され切られてしまいます。 さらに学校に行くと自分のロッカーに、ユミからメッセージが入っていました。 栄町カトレアに18時にと書かれ、ユミとヒロミが同一人物なのか?ますます悩む進藤 約束の時間に進藤は早速その指定された場所に行きユミと会います。 ユミは自分はヒロミだと言い、あなたは自分の思い描いたヒロミに恋しているだけなのよと言い捨てるのでした。 原作ネタバレ中 ユミは気付くと不良グループに囲まれていました。 不良グループと格闘するユミ、しかし次第にヒロミが戻ってくると感じ急いで自宅に帰ろうとしますがこのままの状態じゃ帰れないとユミは悩みます。 そして駅で見かけた進藤に、声をかけ、女子トイレに誘い、その瞬間ユミはヒロミに変貌するのでした。 さらにユミは自分は駅のホームで貧血で倒れたことにしておいてと進藤に頼みます。 進藤は心配になりタクシーでヒロミを抱きかかえ家まで送りますが、出てきた祖母は汚らわしいと激怒、一方ヒロミは今までの記憶はないのでした。 翌朝学校では生徒指導室に進藤が呼ばれ、小沢ヒロミに色目を使っているということで呼びだされてしまいます。 さらに怪しむ祖母には塾に行くのをやめるように言われてしまいます。 一方不良グループとつるむユミは宝石店を狙わないか?と誘います。 一方ヒロミは覚え名のないメモに驚きます。 そこには29日PM1時30分と書かれたメモがあったのです。 そして早速夜になり、ヒロミはユミになって夜の繁華街に行きます。 宝石店を襲う当日、気付くとユミだけいなくなってしまったのです。 メンバーはユミにはめられたのでした。 朝、宝石店強盗事件がニュースになり、ヒロミはあのメモを思い出すのです。 さらにヒロミの自宅には警察が訪れ、ユミという女性はいないかどうか?尋ねてきます。 そして繁華街で遊んでいるユミと顔が似ていると思われたヒロミは学校でも不良男子に囲まれてしまいます。 一方進藤はあの宝石店強盗事件にヒロミも実はユミとして関わっているのではないか?と疑い始めるのです。 さらに宝石店強盗ニュースを見ていた祖母は店のオーナーがヒロミの父親だと叫びます。 母由紀子を捨てた父親なのでした。 そしてそのジュエリーショップで時計の修理を頼んでいたヒロミは時計を取りに行きますが、そこで父とバッタリ会ってしまいます。 一方の父はおろしたはずだから存在するはずがないと疑います。 さらに祖母に会ったことを話すと、もう二度とその男に会うなと言われるのでした。 しかしひょんなことからヒロミとその男性(父親)は喫茶店で話すことに。 昔自分の母由紀子は遊び人だった、自分には家庭がある、もうこれ以上目障りだから現れないで欲しい、そういった内容でした。 しかし一方でヒロミの中にはユミが存在し、血まみれで死ねばいいのにと願うのだった。 そしてその父親の自宅に匿名で手紙が届きます。 それは由紀子と写っている写真でした。 すぐにわかった父はヒロミを怒鳴りつけますが、ヒロミはユミに口調が変わり、階段から突き落とします。 そして手切れ金として宝石のネックレスをもらいその場を去るのでした。 しかし翌日、父親は何者かに横断歩道で押され車に轢かれ、死亡、後ろではユミが薄笑いしていたのです。 自宅では宝石店オーナーが死亡とニュースになり、祖母が騒いでいました。 さらにそのことにショックを受けたヒロミは倒れてしまいます。 祖母はふしだらなことをしている奴は天罰が下るんだと叫び、一方で父を失ったヒロミは涙を流すのでした。 一方で不良グループに絡まれている達郎にあの宝石店オーナーを突き飛ばしたのはユミではないか?と囁く女がいました。 一方少年刑務所ではユミにハメられた涼子がユミへの復讐を誓うのでした。 原作ネタバレ下 ディスコで踊るユミを眺める達郎はユミがオーナーを殺したとは思えないと感じます。 一方少年院から脱出した涼子はユミの居場所(ヒロミの自宅)を突き止め待ち伏せします。 そしてヒロミを見るや否や声をかけますが、何か雰囲気が違う様子をみて本当にユミなのか?混乱する涼子。 さらにユミのことを心配する達郎は涼子が少年院から脱出したことをユミに話そうとしますが、なんと後ろには涼子が! なんとかうまく立ち向かう達郎、そして達郎もユミの正体がよくわからないため、進藤に会いに行き、ユミのことを何か知らないか訪ねます。 さらにユミの正体を知りたい涼子はユミの跡をつけ、トイレでヒロミがユミになる瞬間を見てしまいます。 あのヒロミという女性がユミなんだと正体を突き止めた涼子は達郎にそのことを暴露してしまいます。 そして今までさんざんユミに仕打ちをされた涼子は家族や学校、警察にすべてをバラしてやると復讐を誓います。 気になった達郎はヒロミの自宅に電話をかけますが、厳しい祖母は取り合ってくれません。 そして達郎は進藤にもそのことを連絡します。 さらに夜達郎はユミに会い、涼子のことを伝えますが、深入りするなと言い、もうあんたとは会わないというユミ、しかし達郎はユミへの想いを伝え、二人は熱いキスをするのでした。 しかしその瞬間ユミは図に乗るんじゃない!と言い達郎の頬を叩きます。 さらにいつものようにディスコで踊っていると、そこになんと祖母が来てしまいます。 ふとユミの脳裏に涼子の顔が浮かびます。 しかしなんとかけむに巻きその場を去るのでした。 一方祖母は家にヒロミがちゃんといるのか確認します。 そこにはいつものように勉強で疲れたヒロミが机にうつぶせになっていましたが、なぜか匂いがあのディスコにいたときの匂いがしました。 一方ユミに復讐したい涼子はユミに襲い掛かろうとしますが、ユミもナイフを持ち両者一歩も引きません。 そしてユミがナイフで襲い掛かろうとしたとき、達郎が目の前に現れ、振り上げた手を戻します。 そしてユミを守ろうと達郎は原付しか運転免許がないまま、車に涼子を乗せ飛ばします。 そしてスピードの出しすぎで事故、涼子は即死、達郎は全治1か月のけがを負いました。 ヒロミ(ユミ)はそのニュースを聞き達郎が涼子を殺したのでは?とよぎるのでした。 そんな中学校を休んだヒロミは祖母に見つかり納戸に閉じ込められてしまいます。 一方小沢家に速達で届いた手紙にはヒロミは実は不良娘ユミであると書かれていました。 差出人は涼子でした。 そして納戸を確かめる祖母ですが、そこにヒロミはいませんでした。 そしてヒロミの部屋の隣の空き部屋を確認するとそこにはナイフと派手な衣装が散乱してました。 祖母はヒロミが自分を殺そうとしているのではないか?と疑います。 そしてヒロミが帰るとつぃに祖母は自分を殺そうとしているのか?と問い詰めます。 しかし泣きながらお婆ちゃんはうそつきだというヒロミ、ぶたれると覚悟しますが、祖母は何もしません。 なんと祖母はその場で気を失ってしまい病院へ。 そしてユミは電車に乗り、どこか遠くに行こうとします。 その様子を見かけた進藤はユミの跡を追いかけ、一緒に行きます。 その場所はヒロミの母が入水自殺をした場所でした。 ユミのお陰で何も悪くない小沢が傷つけられたという進藤、二人は言い合いになり、ユミは自分で崖から落ちていきます。 しかし進藤はユミの腕を握り、何とか助けようとしますが、ユミは祖母を殺そうとしたナイフを取り出し、進藤の腕に傷をつけます。 痛みに耐えかねた進藤はユミの腕を放してしまい、ユミは海の中へ落ちてしまうのでした。 ヤヌスの鏡原作ネタバレまとめ 最後ユミは死んでしまいましたね。 一人の人間の中に別の人格のもう一人の自分がいるといいますが、優等生のヒロミの中には正反対の不良のユミがいました。 なんだかこのドラマ原作を読んでいて積み木崩しを思い出しました。 一つ違うのはヤヌスの鏡では主人公ヒロミは家に帰ると真面目なヒロミに戻ってしまうところですが・・・・ 厳しい祖母に口答えせず、有名大学を目指し真面目に頑張っていたヒロミの心の中にもう一人のユミがいたということでしょうか。 ただ最後にもう一人のユミが死んでしまったというのはなんだか切ないですね。 ドラマヤヌスの鏡ではどんな結末になるんでしょうか? ヤヌスの鏡関連記事 夏ドラマ動画一覧.

次の