やり 込み 要素 の ある ゲーム。 やり込み

『Desperados III』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

やり 込み 要素 の ある ゲーム

やり込みの例 [ ] やり込みの例には、次のようなものがある(なお、やなどを用いてはならないものとする場合が多い)。 一定の結果を出すと報酬がもらえることもある。 ハイスコアアタック [ ]• 可能な限り高い得点()でクリアする(期間や場所を限定して競うこともある)。 可能な限り短いタイムで(スコアの上限到達)する。 スコアアタックモードで可能な限り高い得点を出す。 などで、対人戦の勝ち抜き数を競う。 エンディングの無いループゲームで、ループの限界点まで到達する。 ノーミス [ ]• RPGで遭遇した敵キャラクターから一切逃げずに戦い抜く。 やられても復活ができる機能を使わないでクリアする。 (特殊イベントや強制イベントを除き)ダメージを一度も受けずにクリアする(ノーダメージクリア)。 コンプリート (コンプ) [ ]• ゲーム内に存在するアイテム、キャラクター、技能など、収集対象となるものを可能な限り全て集める。 また、その全てを限界の数値まで集める。 マルチのゲームで、全種類のエンディングを見る。 クリアに不要な要素(ミニゲームなど)や、すべての隠し要素(隠しステージ、特殊イベントなど)、全実績項目を制覇する。 キャラクターごとに能力が異なるゲームを、全てのキャラクターでクリアする。 ノーキル、敵全滅 [ ]• 倒すことのできる敵を全て倒してクリアする。 普通なら無視するような敵でも、倒せるなら寄り道してでも倒す。 倒すことのできる敵を全て倒さずにクリアする。 「不殺」「無血」「パシフィスト」などとも言われる。 制限プレイor縛りプレイ [ ] あえてプレイヤーに不利な条件を課すよう「特定の制限」を加えて、限界までプレイする。 レベル、経験値、能力値、などのを可能な限り低くしたままクリアする。 シューティングやアクションゲームなどで極力スコアを取らないようにクリアする(ロースコアアタック)。 最初から最後まで、1人のキャラクターのみを使用してクリアする(一人旅)。 使い勝手が悪いとされるキャラクターやアイテムのみ使用、または使い勝手の良いキャラクターやアイテムを一切使用せずクリアする。 最初から最後まで、武器や防具を何も装備させずに(外せないなら初期装備や特殊な装備のみで)クリアする。 相手のスタートから一定時間経過後にスタートする(レースゲーム等で)。 悪天候(シミュレーションゲーム等で)• 途中で(データの保存)を一度もせずにクリアする。 通算、ターン数などを最小限に抑えてクリアする。 特定の操作ボタンを使わずにクリアする。 その他、通常のプレイでは行わないような変則プレイなど。 RPGなどでのやり込み [ ] RPG()などでは、上記に加えて、次に挙げるようなやり込み方法がある。 キャラクター強化、コンプリート [ ] ゲームの煽り文句などで「やり込み要素が多い」と表現される場合、主にこちらを指すことが多い。 におけるやり込みもこの部類に入る。 キャラクターを可能な限り仲間に加え、さらにとを最高値まで上げる。 ステータスを上げるアイテムを使い、限界までステータスを高める。 武器や防具を合成や改良などで極限まで強化する。 キャラクターメイキングのあるゲームでは、クリア後も多種多彩なキャラクターを作り、育てる。 最大ダメージ量に挑戦する(1ターンでの最高ダメージ、理論上可能な合計ダメージなど)。 ストーリー無視 [ ]• 攻略に重要となる行動やアイテムなどを使うことなくクリアする。 また逆に、ある特定の行動やアイテム以外を一切使わない。 本来ならプレイヤー側が負ける、または倒せないはずのを倒す。 シーケンスブレイク [ ] 通常通りにプレイすると、あるルートからアイテムを取って関連するルートをとおって・・、と順路に応じたプレイになるが、あるアイテムを集めつつ操作を工夫し順路からはずれたルートをとおってクリアすることができる。 これをシーケンスブレイクという。 シーケンスブレイクできる個所を探すのも一種のやりこみで、これは下記のタイムアタックにも応用できる。 (リアル)タイムアタック(TA)・スピードラン [ ] ゲーム内表記の時間でクリアまでの時間を競う。 元々はのレースの用語で、コンピュータゲームにおけるこのような用法はそれが転じたである。 本来の英語では (スピードラン)と呼ぶ。 最近ではソフト自体に「タイムアタックモード」「タイムトライアルモード」や、タイムアタック専用のステージなどが組み込まれているものもある。 では、本編中に出てくるコースを1台で走行しベストレコードを目指すためだけのモード(英語では (タイムトライアル)とも呼ぶ)が存在する場合もある。 RPGやアクションゲームなどでは、ゲームクリア(または、直前のセーブデータ)までのプレイ時間の短さを競うことが「タイムアタック」と呼ばれる場合が多い。 これは、下記のRTAでの目標基準ごとのレギュレーションが定められることもある バグ利用禁止といったものを除く、ゲーム内容要素の制限がない場合は「any%」の表記となる。 これとは別に、演出等の操作不能時間は計測しない、セーブ・リセット等で巻き戻せる「 ゲーム内時間( InGameTime)」ではなく、プレイ開始(電源投入もしくはゲームモード選択後など)からゲームクリア(基準はゲームによってまちまち)までのミスやリセットを含めた実時間で競うものは「 リアルタイムアタック(RTA)」と呼ばれ、前者とは区別される。 計測範囲は多少変わることもあるが、主にプレイ時間が表示されないゲームでTAの代わりとして、自らストップウォッチなどを用いて行われていた。 この言葉自体は2000年に「極限攻略研究会」が創り出し、以降は『』などのやり込みを主に発展した。 現在はや、などの動画配信サイトで多くのRTA配信を見ることが出来る。 海外ではというコミュニティが存在し、毎年ホリデーシーズンとサマーシーズンの2回、RTAをもとにしたGamesDoneQuickと呼ばれるチャリティーイベントを行っており、2015年1月のイベントでは150万ドル以上もの寄付を集めている。 なお、映像記録、ならびに配信においては、それらの処理でプレイ中の画面表示に遅延(実質的なタイムロス)が発生することを防ぐため、前述の機材とは別にやりこみ用のモニターを用意し、映像出力を分配することも多い。 また、クリアまであまりに長期になるものでは、レギュレーション次第ではあるが、一定回数・時間の休憩(計測一時停止)を認めているものもある。 ドラゴンクエストシリーズなどのRPGでタイムアタックに挑戦しようとすれば必然的にキャラクターのレベルや装備は最低限のものになる。 ここではタイムの短縮とプレイの安定はトレードオフ関係にある。 記録を追求するTAプレイヤーはアイテムの場所、モンスターのステータス、最適なパーティー構成、ルート、プログラム内の乱数など当該ゲームに関するあらゆる事象を理解する必要がある。 RTAの成熟によって新たな時間短縮テクニックが見出され、記録の大幅更新が起こることもある(『』における弓と火炎壷を用いた混沌の苗床ショートカットなど)。 日本では大規模なRTAのオフラインイベントとして「」が2016年より開催されている。 TAS [ ] 実機ではなくエミュレータを使用したタイムアタック・スピードランの略称。 「」を参照 その他 [ ]• 2人同時プレイ可能なゲームで、操作デバイス2つを一人で操作する()。 画面全体、あるいは一部を隠してプレイする。 などで譜面を画面に表示させずにプレイする。 音楽ゲームなどでプラス評価の中でも最低の判定のみでクリアする(ALL GOODプレイなど)。 特定のゲーム専用のを使ってプレイする。 ステージエディット機能で他人が投稿したステージをクリアする(『』『』など)。 雑誌や書籍への掲載、ビデオへの収録 [ ] 『』などのが読者からやりこみを募集し、投稿されたやり込みを特集し掲載することがある。 さらにこれらのプレイから厳選してビデオやなどに収録し販売している。 ゲーム攻略本では、ライター自らがそのゲームのやり込みを掲載することも多い。 いずれのケースにおいても、深刻な(隠しボスなど)を含むやり込みは公表されないか、大部分が伏せられる例が多い。 『ファミ通』では「やりこみゲーム大賞」という応募企画が幾度も開催されている(第1回の結果発表は『ファミコン通信』1992年2月7日号掲載。 脚注 [ ]• エステート松下 2018年12月27日. ファミ通. com KADOKAWA Game Linkage. の2019年10月27日時点におけるアーカイブ。 2019年10月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 主にRPGの低レベルクリアやタイムアタック• - 世界有数のタイムアタック(TA)サイト。 主に動画、掲示板など。 - サイト内のタイムアタック系動画集• - 世界最大のタイムアタック記録サイト。 各ゲームごとにモデレーターを設け、コミュニティ内で決定したレギュレーションを元にクリアタイムを競う方式でそのランキングを掲載している。 この項目は、に関連した です。

次の

【強敵に挑む勇者求ム】やり込み要素豊富なハクスラアプリ10選!

やり 込み 要素 の ある ゲーム

ファイナルファンタジー11 FF11 全盛期はいわずもがな サービス開始から20周年に届こうとしている今でも、 数々の人が引退しては復帰、再度引退しては復帰・・・ といったことを繰り返させている魔性のゲームです なぜか惹きつける魅力があるんですよね。 復帰するにあたって 下の内容なら楽しめると思います ・新しく追加されたエリアに行きたい ・新しく追加されたミッションやクエストをやりたい ・新しく追加されたジョブで遊んでみたい ・当時、取れなかったアイテムを装備したい ・当時、買えなかったアイテムを装備したい ・当時、倒せなかった(戦えなかった)NMを倒したい ソロで出来ることが広がったことで、以下のように 難しくなっている部分もあります ・新たな出会い ・フレンドやLSメンバーとの活動 ・パーティーでのレベル上げ ・アライアンスでコンテンツ ・競売を使ったギル稼ぎ 実際に復帰してみて 他のプレイヤーとは基本、すれ違うだけなので オフラインのゲームだといってもよいぐらいに感じました。 人によって、思い入れがある場所は異なると思いますが 私だと、ルフェーゼ野以外にもバストゥークやロンフォールのエリアに入っただけで、くるものがあります。 レベルが最大になってからがスタートラインとなっています。 そのためレベルのカンストは、やり込みとまではいきません。 1から初めて、レベル99にするだけでも、結構時間つかいますけどね・・ やりこみ要素の一部を上げると ・全ジョブを極める(メリットポイント/キャパシティポイント 含む ・エンドコンテンツの攻略 ・最終装備を目指す ・ギルのカンスト ・クエストをすべてクリア これらは、生半可な覚悟ではできない世界でしょう 今から手を出すと、サービス終了に間に合うかわかりません。 実装されているクエストすべてをクリアできた人なんてこの世にいるのかどうか・・ 復帰したり、1から初める場合、現実的な落とし所が 「星唄ミッションのクリアまで」です。 私は、ソロで3ヶ月ほどかけて達成できました。 とはいっても サービスが始まって随分経つゲームですが、 今となっても自信をもって人に勧めることができます。 実際に、私はFF11を人に勧められて始めました。 再開するきっかけになったのも、プレイしたことがある人と思い出話をしたせいかもしれません 私の中でのFF11は、アトルガンで終わっていたので、 今回復帰して、アルタナ 〜 アドゥリン、星唄ミションをやり遂げることが出来たことで、どことなくすっきりしてます。 やり残した気持ちがあったのかもしれません これまで、FF14やドラクエ10もやりましたが、また遊びたいと思ったのは何故かFF11だけ・・・ 新しいゲームを遊んだ後の今となっても、古く感じない世界。 時間をかけて育てた自キャラとの再開。 いいんじゃないでしょうか 今振り返ってみると、私にとってのFF11とは バストゥークから始まり、周りを走るすべてのキャラクターが自分のような人であるといった衝撃受けたスタート グスタブルグでワームや蜂を倒す興奮。 最初のレベルアップ デスペナルティでのレベルダウンの体験と強い敵を攻撃することのリスク 砂丘のレベル上げパーティーに参加 レベル上げ後や、狩りの休憩中にリンクシェルをもらったときのこともぼんやりと覚えています。 サポートジョブ ジュノ遠征 チョコボライセンス 飛空艇の鍵集め NMとの初めての遭遇 ゲームの結婚式 AFクエスト 知り合いの手伝いなどで1日に何度もログインすることもありました 毎日ログインを数年続けてもエンドコンテンツに参加できない 行ったことのないエリアや場所も多いと思います プレイするたびに目指すものも変わりました。 ゴブリンに追われていたところを、高レベルのナイトに助けられたときはナイトに憧れて 辻ケアルや辻レイズ、テレポを見ては白魔導士を目指す。 レベル上げパーティーではタンクからタゲを奪うダメージを出すアタッカーを見ては侍に浮気するといった感じ 他にも万能な赤魔導士 ソロでも戦えるペットジョブ 拡張ディスクで追加された新ジョブ 戦闘職以外でも、多くのギルを動かすHQ合成職人を目指すといったものにも憧れましたが、スキルを最後まで上がられたのは2つほど 戦闘職/生産系の職業含めて、最終装備などを揃えたりといった頂点に辿り着けたものはありません。 楽しかったけど時間はかかるし難しい。 人間関係は時々煩わしいこともありましたが、ゲームで知り合った人と一緒にミッションやクエストを進められ、知らない人と1日で仲良くなることができました。 面識のない人に声をかけて集める、レベル上げパーティーのリーダー経験や リンクシェルでのやり取りなどは、現実で役に立ったかはわかりませんがとてもいい体験をしたと思います(笑 ゲームの外でも ・音楽を聴き ・攻略本を買い ・ネットの攻略サイトを見て ・2chを見て ・実際にメールで連絡を取り合う人もいました FF11は私にとって単なるゲームではなく、単なる体験ではありません。 私の人生の少なくない部分を占めましたし、 今でもあの頃に戻りたいという強い気持ちがあります。 それほどのゲームだと思います.

次の

PS4でやり込みが出来て中毒性が高い100時間以上できるおすすめゲームを紹介

やり 込み 要素 の ある ゲーム

今のところ、キャラ、ストーリー、システム、どれを取っても PSVのRPG系ソフトではダントツ一位だと思います。 公式PV 戦闘はシミュレーションの煩わしさを感じず テンポよく攻撃できるシステムでサクサク遊べます。 RPGでは慣れると単純な戦闘の繰り返しになりがちですが、ディスガイアでは派手な必殺技を繰り出したり、集まって集団で連携攻撃したり、投げたり載せたり、合体とか変形とかパズルやったりと選択肢が多いのが魅力です。 普通のRPGのようにストーリークリアだけなら30時間ぐらいでも可能ですが、クリアしてからがディスガイア。 クリア後のレベル上げで数の暴力を体現したようなダメージ表示は病みつきになるでしょう やり込み要素は ・最強のキャラ育成武器製作 ・武器防具コンプ ・イベントコンプ ・億、兆、京超えの与ダメージに兆戦 ・裏ボス撃破。 など月並みの要素が揃ってます。 とにかく自由度が高く、成長させる項目や要素が多いので何かを極めようとすれば自然とやり込めます。 レベルは9999まで伸ばせますが、レベル帯ごとに経験値稼ぎしやすい場所があるので無理なくカンストレベルを目指せます。 慣れれば1キャラ1日ぐらいで。 キャラだけでなく必殺技や武器も強化することができるので、とくに育成要素はやり込み甲斐があります。 また今作は自分の育てたキャラをアップロードすることでどこかの誰かに自慢することもできます。 もうひとつ別のゲームを紹介すると ファンタシースターオンライン2 MMOアクションRPG。 所謂オンラインゲーム DL版は基本無料(空き容量8GB必要) オンラインゲーム特有の数の暴力は健在で、アクションなのでディスガイアとは違い表示上だけでなく、敵が蒸発していく様から体感的な強さを実感できます。 今、新規登録キャンペーンをやってるので始めるなら今月12日までがおすすめです。 ゲームを始める際、サーバーを選択するのですが、Ship01、04、10がおすすめ。 Ship10に来る場合は私の紹介IDを教えます。 注意点が3つ ・人気鯖(Ship或いはサーバー)と過疎鯖で2倍近くの人口の差があり、過疎鯖ではユーザー間で売買できるアイテム物価が高騰しやすい。 ・PSNアカウントにSEGAIDを連携させて遊べるようになるのですが、一度連携させると「原則的には」解除できません。 SEGAIDやプレイヤーIDの設定は慎重に。 ・一部のセリフの日本語がおかしい。 またFE覚醒やとある魔術の禁書目録から用語を盗用している。 (ウノリッシュと呼ばれる「日本人の」シナリオライターであるにも関わらず。 気になったら辞書を引きましょう。 ) やるだけ無料なのでメモカに空きがあれば遊んでみてください。 課金は一部の機能拡張や入手経験値増加アイテムなどあとガチャっぽいやつ。 他の課金ゲーと違って、課金しなくても全てのシナリオ、マップ、武器・職業で遊べます。 別のゲームの紹介になりましたが、 ディスガイア4Rは今一番おすすめです.

次の