ミニロト 当たっ てる かな。 ミニロト 当せん券拝見コーナー

ロト6とミニロトで、当たった人を見かけません

ミニロト 当たっ てる かな

ロト7・ロト6・ミニロトを当てよう 最高賞金8億円のロト7、 最高賞金4億円のロト6や ミニロトで一度は当ててみたい。 誰もがその夢を見た事があると思います。 そして その夢を見事叶えた人はもうすでに沢山います。 このサイトではそんな夢をかなえた人の買い方から学び自らも当たった人になれるように研究しているサイトです。 「ロト6やミニロトを研究?」と思われる人も多いと思いますが実際にかなり人が研究しています。 「運だけじゃないの?」私も最初はそう思っておりました。 運以外の要素は全くないと信じていましたがロト6やミニロトを当てた人は狙いに行っている事も多いのです。 ロト6やミニロトは運だけでは難しすぎるものです。 「たった6つの数字を当てるだけ」という言葉を正確に言えば「 6096454個の数字から一つを当てる」という意味になります。 一つを言うのに200円かかるのですから確実に当てるのに12億円以上もかかる気が遠くなる確率になってしまいます。 しかし、ロト6やミニロト、ロト7を何度も当てている人も存在しています。 運が良い悪いだけではないという事を物語っており、その不思議な結果を販売元であるみずほ銀行も認めていると言われるほどです。 ロト6とは? ロト6とは 数字選択式全国自治宝くじの一つで簡単に言えば 1から43までの数字の中で6つ選んで当選すると約1億円当たるというくじで毎週2回(月・木)に抽選を開催しています。 誰も当選しなければキャリーオーバーと言われ繰り越される為、 最大4億円、キャリーオーバーなしでも最大2億円にもなるくじで全国の数字選択式宝くじ取扱い売場で一口200円で購入することができます。 期待値当選額はロト6ほどのボリュームはありませんが当てやすい為、人気です。 一口は200円で販売しています。 一口はロト6やミニロトよりも高く 300円で毎週金曜日に抽選されています。 ロト6よりもより高額な当選金で選ぶ数字が7つになる他にボーナス数字は2つあるのが特徴です。

次の

【一攫千金】ロト6で1万円ぶん(50口)クイックピックで買ってみた結果 → 当選した!

ミニロト 当たっ てる かな

ミニロト1等を2回当てちゃいました。 (第47回 ミニロト、第232回 ミニロト) 「一度買った数字は、大きな目標を達成するまで変えません。 変えた途端にその数字が当たったら悔しいから」というのは、宝くじファンでミニロトを継続買いしている大阪府のS. Nさん。 当初、趣味のトローリング仲間の誕生日で買い続けたところ、約半年後、ミニロト1等1,344万9,900円に的中しました。 そこで次に、5つの挑戦数字を両親と親類の誕生日に変えてまたもや買い続けると、ミニロト1等1,125万2,200円にふたたび的中です。 二度も1等的中とはすごい強運。 「二度あることは三度あるかも」と、いまも別の数字で果敢に挑戦中だそうです。 クイックピック万歳、ミニロト1等。 (第141回 ミニロト) 数字選択式宝くじは、自分で数字を選んでも、クイックピック欄にマークしてコンピュータに数字を決めてもらっても楽しめます。 広島県のMさん(50代)は、いつもミニロトを5口ずつ買っていました。 その買い方は、4口は自分で数字を選び、1口をクイックピックで、というものでした。 すると、クイックピックで選ばれた数字が、1等1,706万7,000円に当せん。 それからはクイックピックが大好きになり、いつも全部、クイックピックで買うことにしているそうです。 子供を待つ間につかんだ幸運。 ロト6!(第121回 ロト6) 宝くじにまつわる幸運エピソードには、思いがけないものがたくさんありますが…。 山形県のHさんの場合、大当たりのきっかけはなんと子供の「トイレに行きたい」のひと言。 ちょうど買い物が終わって帰ろうというところだったそうで、子供がトイレから出てくるのを待つことになりました。 そのとき、ふと目についたのが宝くじ売り場。 なんとなくロト6を買ったのですが、これが2等1,352万300円に当たったので、ご本人もびっくり。 仲良し親子の連係で引き寄せた幸運、でしょうか。

次の

[マンガでみる]ロト攻略!買い方&選び方完全ガイド

ミニロト 当たっ てる かな

全部で5つの銀行で買う事ができますよ! 執筆現在、公式にミニロトの販売を許可されているのは、 全部で5箇所の銀行のみです。 MIZUHO(みずほ銀行) 「宝くじラッキーライン」とう名前で運営していて、利用するためには「みずほダイレクト」に登録しておく必要があります。 SMBC(三井住友銀行) 三井住友銀行でミニロトを購入するには、 SMBCダイレクトへの加入が必要です。 MUFG(三菱東京UFJ銀行) 三菱UFJダイレクトへの加入が必要です。 大手銀行でミニロトを購入できるのは、「みずほ」「三井住友」「UFJ」の3社という事になりますね。 ジャパネット銀行 ネット銀行でもミニロトの取り扱いがあります。 ロトの定期購入や、ジャパネット銀行の宝くじ専用アプリで、すぐに当選状況をチェックできたりもします。 利用には、ジャパネット銀行の普通口座の開設が必要です。 楽天銀行 楽天銀行でもロトの購入ができます。 楽天銀行独自のサービスとしては、全部の数字を選ぶ必要がない「おまかせ選択」や、よく出た数字を分析購入できる「データ分析購入」等があります。 利用には、楽天銀行の口座開設が必要です。 「実際に買ってみた!」ミニロトをネットで買う方法(手順) 実際にインターネットを使って、ミニロトを買う手順を紹介していきます。 一例として、三井住友銀行のサイトにアクセスし、 ミニロトを実際に買ってみました。 基本は、5つの数字を選んでクリック(タップ)するだけ。 「ランダム選択」をすると、ランダムに選ばれた数字が画面に表示され、クイックピックを選ぶと数字は画面に表示されずに自動で選びます。 数字を確認したい人はランダム、数字は見たくない人はクイックピックを選ぶと良さそう。 後は、口数と継続回数を選んで「次へ」を選択。 内容を確認して間違いなければ「購入を確定する」を選択します。 画面に受付完了の表示を確認して、ネットを使ってミニロトを買う事ができました。 店頭でマークシートに記入して買う方法とは違って、どんどんクリック(タップ)するだけなので、とにかく買うのがラク! 操作に慣れれば、1分ほどで買う事も可能です。 銀行のインターネットバンキングと連動しているので、口座にお金さえ入れておけば、 自動で引き落としが行なわれ、運良く当選できた場合でも 同じ口座に「自動入金」されるので、 絶対に受け取り漏れがない所も良いですね。 この例では、三井住友銀行のケースで手順を紹介しましたが、基本的な操作は他の銀行を使った場合でも同様の流れとなっています。

次の