サイン コサイン 覚え 方。 三角比・三角関数の基礎sin・cos・tanが簡単に分かる解説

積和公式の導出と覚え方

サイン コサイン 覚え 方

この比(比の値)を三角比と言います。 三角定規は直角三角形です。 三角比には、sin(サイン),cos(コサイン),tan(タンジェント),cot(コタンジェント),sec(セカント),cosec(コセカント)の六種類があります。 三角比を拡張したものが三角関数です。 三角比は直角三角形で考える、三角関数は円で考えるのが基本です。 角度が大きくなるほど、sinとtanの値は大きくなり、cosの値は小さくなります。 どれも似通(にかよ)っていて、間違いそうですよね。 三角関数の簡単な覚え方や解説は、YouTubeや学習塾のサイトなどで多数解説されているので、おすすめの動画やサイトを紹介します。 わかりやすいYouTube動画 文字で見るより動画で見たほうが分かりやすいという人におすすめです。 YouTube「」:約2分30秒 丸暗記にはこちらがおすすめ。 YouTube「」:約9分 要点を分かりやすく解説しているので、図形が苦手な人におすすめ。 YouTube「」:約10分30秒 上の2つの動画で満足できない人におすすめ。 わかりやすいサイト 動画より文字の解説が好きという人におすすめです。 :進研ゼミ高校講座 Benesse : 数学の面白いこと・役に立つことをまとめたサイト 意外と役に立つ三角比 三角比や三角関数は、ゲーム業界、建築業、土木業、林業、など幅広い分野で使われています。 電気・電子を用いる業界で、三角関数は交流現象や信号解析に多く使われています。 ゲーム業界などCGを用いる業界で、三角関数は2次元・3次元の仮想世界で長さ・角度・座標値を求めるために使われています。 建築業・土木業で、三角関数は設計や土地の測量などに使われています。 林業で、三角関数は、樹木の高さの測量や傾斜度の測量などで使われています。 建築・土木の作業で用いられる重機の制御に関わるプログラミングにも三角関数が使われています。 建築・土木・林業の作業現場では、こまかい計算は必要ないけど、三角比を理解していると役に立つ場面が多々あります。 実際これらの作業は、いちいち計器を用いて行いません。 目測で角度を決めて、斜辺の長さや高さを割り出します。 斜めになったロープを引き上げることになるので、斜辺がロープの長さになります。 まとめ 三角関数とか三角比って言葉を聞いただけで、拒絶反応を示します。 三角とか関数とか公式とか、言葉が嫌いです。 せめてひらがな表記で「さんかく」とか「かんすう」とか「こうしき」だと、少しは親しみがわくけど、三角・関数・公式には好きな要素が見当たりません。 嫌いだから、おぼえたくないけど、意外と役に立っているのが三角比です。 こんなの覚えても何の得にもならないと思っているかも知れませんが、三角関数・三角比は意外と多くのことに利用されています。 三角比や三角関数がなかったら、CGなんてなかったかも知れませんし、変形した土地なんていい加減な大きさで売買されていたかも知れません。 約4000年前の古代エジプトで考えられたといわれている三角形の測量方法が、現在でもあらゆる分野で利用されています。 細かい数値を覚える必要はないかも知れませんが、sin,cos,tanを理解することに損はありません。

次の

サイン・コサイン・タンジェントの覚え方

サイン コサイン 覚え 方

変換公式を思い出すためには、• 単位円上に与えられた偏角に位置する点Aを設定する。 点Aの座標をメモる。 ベースの直角三角形を探す。 正負に注意して、座標の値を決定する。 のようにすれば良い。 どうでしょうか、暗記するのがバカバカしくなりませんか? 単位円をテキトーに描いて、回転して同じ直角三角形を見つければ、 簡単に変換公式を見つけることができます。 こんなアホみたいな変換公式覚えるくらいなら、英単語10個でも覚えてくださいって感じですね。 さぁ、お絵描きをするんだ! 変換公式を知っていると、計算が楽になったり、図的な意味がわかりやすくなります。 これを機に、ぜひマスターしてください。 以上、「サインコサイン 変換公式」についてでした。

次の

サイン・コサイン・タンジェント~簡単な覚え方(おすすめの動画とサイト)~意外と役に立つ三角比

サイン コサイン 覚え 方

この比(比の値)を三角比と言います。 三角定規は直角三角形です。 三角比には、sin(サイン),cos(コサイン),tan(タンジェント),cot(コタンジェント),sec(セカント),cosec(コセカント)の六種類があります。 三角比を拡張したものが三角関数です。 三角比は直角三角形で考える、三角関数は円で考えるのが基本です。 角度が大きくなるほど、sinとtanの値は大きくなり、cosの値は小さくなります。 どれも似通(にかよ)っていて、間違いそうですよね。 三角関数の簡単な覚え方や解説は、YouTubeや学習塾のサイトなどで多数解説されているので、おすすめの動画やサイトを紹介します。 わかりやすいYouTube動画 文字で見るより動画で見たほうが分かりやすいという人におすすめです。 YouTube「」:約2分30秒 丸暗記にはこちらがおすすめ。 YouTube「」:約9分 要点を分かりやすく解説しているので、図形が苦手な人におすすめ。 YouTube「」:約10分30秒 上の2つの動画で満足できない人におすすめ。 わかりやすいサイト 動画より文字の解説が好きという人におすすめです。 :進研ゼミ高校講座 Benesse : 数学の面白いこと・役に立つことをまとめたサイト 意外と役に立つ三角比 三角比や三角関数は、ゲーム業界、建築業、土木業、林業、など幅広い分野で使われています。 電気・電子を用いる業界で、三角関数は交流現象や信号解析に多く使われています。 ゲーム業界などCGを用いる業界で、三角関数は2次元・3次元の仮想世界で長さ・角度・座標値を求めるために使われています。 建築業・土木業で、三角関数は設計や土地の測量などに使われています。 林業で、三角関数は、樹木の高さの測量や傾斜度の測量などで使われています。 建築・土木の作業で用いられる重機の制御に関わるプログラミングにも三角関数が使われています。 建築・土木・林業の作業現場では、こまかい計算は必要ないけど、三角比を理解していると役に立つ場面が多々あります。 実際これらの作業は、いちいち計器を用いて行いません。 目測で角度を決めて、斜辺の長さや高さを割り出します。 斜めになったロープを引き上げることになるので、斜辺がロープの長さになります。 まとめ 三角関数とか三角比って言葉を聞いただけで、拒絶反応を示します。 三角とか関数とか公式とか、言葉が嫌いです。 せめてひらがな表記で「さんかく」とか「かんすう」とか「こうしき」だと、少しは親しみがわくけど、三角・関数・公式には好きな要素が見当たりません。 嫌いだから、おぼえたくないけど、意外と役に立っているのが三角比です。 こんなの覚えても何の得にもならないと思っているかも知れませんが、三角関数・三角比は意外と多くのことに利用されています。 三角比や三角関数がなかったら、CGなんてなかったかも知れませんし、変形した土地なんていい加減な大きさで売買されていたかも知れません。 約4000年前の古代エジプトで考えられたといわれている三角形の測量方法が、現在でもあらゆる分野で利用されています。 細かい数値を覚える必要はないかも知れませんが、sin,cos,tanを理解することに損はありません。

次の