か ささ ぎの 渡せる 橋。 百人一首の意味と文法解説(6)かささぎの渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞふけにける┃大伴家持

「かささぎ」

か ささ ぎの 渡せる 橋

Contents• 作者 中納言家持 718~785年 本名は大伴家持 三十六歌仙の一人 奈良時代の和歌集「万葉集」の編集にも関わった。 意味 伝説では、かささぎが連なって天の川の橋をわたしたといいます。 その橋に例えられる宮中の階段のしもが降りていて、その白さを見ると夜もふけたと感じます。 解説 冬の夜の平城京の宮中。 宮中の階段に降りた霜をみて詠んだ歌。 この歌で作者は、霜で白く染められた宮中の階段の美しさをたたえています。 この歌は、七夕の伝説をふまえて詠まれました。 「織姫が彦星に会いに行けるように、かささぎが群れをなして飛び、天野川に橋をかけた」という伝説です。 作者は、夜になって霜が宮中の階段をみて、この伝説を連想しました。 かささぎはカラスの仲間で、カラスよりは一回り小さい鳥です。 腹、肩、翼の先が白いのが特徴です。 空を飛ぶ姿を見上げると、ちょうどおなかの白い部分が目立ちます。 この歌では、かささぎの白さと、夜に降りた霜の白さが響きあって創造されます。 この歌は奈良時代に作られました。 奈良時代の都は平城京です。 平城京の宮中の階段は「天にかかる橋」に例えられることがありました。 宮中は天皇が住む場所で、尊いところと考えられたからです。 ゴロ合わせ しろいかさ 原文.

次の

「かささぎ」

か ささ ぎの 渡せる 橋

二通りの訳し方 「鵲の渡せる橋」の解釈によって、訳が二種類にわかれると思われます。 「鵲の渡せる橋」を、 1. 「天の川 あまのがわ 」とする。 「宮中の御橋 みはし 」とする。 以上の二通りの解釈が考えられます。 『新日本古典文学大系 新古今和歌集』(田中裕・赤瀬信吾、1992、岩波書店、186ページ)は、 1 の「天の川」の解釈です。 以下引用。 「かささぎの橋」に同じ。 奥義抄・中は「天の河に鵲といふ鳥の羽をちがへて並び連りて橋となることのあるなり」と注し、八雲御抄五は「天河なり」とする。 多くは七夕の場合であるが、夏冬にも天の川の意で詠む。 源流はこの歌か。 天の川は秋(旧暦7~9月)の景物 けいぶつ なので、基本的に秋の歌によまれます。 したがって、「鵲の渡せる橋」はその故事をふまえた表現だととらえて、「天の川」と解釈するのが自然なのですが、この歌は『新古今和歌集』の冬の部立 ぶだて に含まれています。 おそらく『新古今和歌集』の撰者 せんじゃ (書物をまとめた人)は、主に冬の景物である「霜」に注目し、「霜」をよんだ歌だから冬の部立に入れたのではないかと考えられます。 『新古今和歌集』がつくられた頃(1205年)には、「鵲の渡せる橋」を「階 きざはし 」に見立てる表現がすでにありました。 それは『大和物語』 やまとものがたり です。 ほかにて酒などまゐり、酔 ゑ ひて、夜いたくふけて、ゆくりもなくものしたまへり。 大臣おどろきたまひて、「いづくにものしたまへるたよりにかあらむ」など聞えたまひて、御格子 みかうし あげさわぐに、壬生忠岑 みぶのただみね 、御ともにあり。 御階 みはし のもとに、松ともしながらひざまづきて、御消息 せうそこ 申す。 「かささぎのわたせる橋の霜の上を夜半 よは にふみわけことさらにこそ となむのたまふ」と申す。 あるじの大臣、いとあはれにをかしとおぼして、その夜 よ 、夜 よ ひと夜 よ 、大御酒 おおみき まゐり、遊びたまひて、大将も物かづき、忠岑も禄 ろく たまはりなどしけり。 よそで酒などを召しあがり、酔って、夜おそくになってから、とつぜん参上なさった。 左大臣はおどろきなさって、「どこにいらっしゃったついでなのでしょうか」などと申し上げなさって、御格子 みこうし を上げるさわぎになったが、が泉の大将のお供としてそこにいた。 寝殿の階段の下に、たいまつをともしながらひざまずき、ごあいさつを申し上げる。 「寝殿の上に置いた霜を、この夜にふみわけて、わざわざうかがったので、よそへ行ったついでではございません。 と大将がおっしゃっております」と申し上げる。 主人の左大臣は、大変しみじみとして面白いとお思いになって、その夜は一晩中、お酒を召しあがり、管弦の遊びをなさり、大将も贈り物をいただき、忠岑もご褒美をいただきなどした。 (後略) 「かささぎの橋」は、『新編日本古典文学全集 竹取物語 伊勢物語 大和物語 平中物語』(片桐洋一・高橋正治・福井貞助・清水好子、1994年、小学館、345ページ)が示すとおり、「ここから、宮中や貴人の邸宅を天上になぞらえて、その階段をいうようになる」ので、『新古今和歌集』の撰者も『大和物語』のこの章段を念頭に置いて、家持のよんだ和歌を冬の部立に入れたのだと考えられます。 今のカチガラスという。 中国や朝鮮半島には多いが、わが国では九州地方に時々飛来するだけである。 一見烏(からす)に似ているが、尾は長く胸や腹が白いのですぐわかる。 奈良や京都では見られないので和歌によまれているのは漢詩文の影響によるものと見てよい。 その中でも、陰暦七月七日の夜、牽牛(けんぎゅう)・織女の二星が逢う時、鵲が天の川の上に羽を並べて織女を渡すという故事は有名。 「鵲の行合(ゆきあひ)の橋」(新勅撰集・秋上・師氏)「鵲の寄羽(よりは)の橋」(同・秋上・殷富門院大輔)「鵲の渡せる橋」(新古今集・冬・家持)「鵲の雲のかけはし」(同・秋下・寂蓮)などとよまれた。 なお、『大和物語』一二五段に見える、禁中を天上に見立てて壬生忠岑がよんだ「鵲の渡せる橋の霜の上を夜半に踏み分けことさらにこそ」によって、「暮を待つ雲井のほどもおぼつかなふみみまほしき鵲の橋」(栄花物語・輝く藤壺)のように宮中の御階(みはし)を「鵲の橋」ということもあった。 なお「笠鷺」は混同しやすいが別の鳥である。 ) 作者:大伴家持 おおとものやかもち について 現在編集中につき、しばらくお待ちください。 百人一首の現代語訳と文法解説はこちらで確認 こちらは小倉百人一首の現代語訳一覧です。 それぞれの歌の解説ページに移動することもできます。

次の

大伴家持 かささぎの渡せる橋に置く霜の

か ささ ぎの 渡せる 橋

そのカササギが天界のような宮殿に掛けた橋に霜が降りているなぁ。 その白さにを見ると、夜がずいぶんと更けたなぁと思う。 奈良時代の昔のことですから、もちろん電気はありません。 霜が降りている様子は見えるようなので、きっと月明かりがあるのでしょう。 冬の夜の静かで冴え渡った景色が目に浮かびませんか? 中納言家持は、本名を大伴家持(おおとものやかもち)といいます。 いまから1350年ほど前の官僚です。 中納言は職名で、奈良時代ではなかなかの高官でした。 大伴氏は、後に貴族のほとんどを占める藤原氏よりもずっと古い家柄でしたが、家持の生きた時代は、藤原氏の勢力に圧され、大伴氏はかつての勢力を失いつつありました。 そんななか、家持は、勤勉に天皇にお仕えし、また和歌を詠むのがとても上手でした。 日本最古の歌集である『万葉集』の編者であると考えられています。 旧仮名遣いは、仮名のとおりに発音しないものがあるので連記します。

次の