二 週間 で 十 キロ 痩せる ダンス。 2週間で10キロ痩せる 3つの方法

中学生・高校生の女子がキレイに痩せる10代におすすめのダイエット方法!

二 週間 で 十 キロ 痩せる ダンス

2週間で10 kg 痩せるダンスとは、韓国初の動画で、tiktokで話題となり、あの人気ユーチューバーはじめしゃちょーが紹介したことで、日本でも大ブームとなっているダイエット動画のことです。 ほんの3分程の短い動画ですが、 全身の筋肉をくまなく使う激しい運動なので消費カロリーが非常に高く、続けていくと驚くほど痩せられる!とSNS上で是非大変な評判になっています。 特に中学生や高校生でこのダンスに挑戦する人が多く、 『1日で1 kg 痩せた!』 『3日で2 kg 痩せた!』 などのコメントが溢れかえっています! 2週間で10キロ痩せるダンスのやり方や効果は? 2週間で10キロ痩せるダンスのやり方は 簡単です。 動画を見ながら、その通りに踊ればいいだけです。 ……とはいえ、実際はなかなかハードで、3分踊るだけでも凄まじい量の汗が出ます。 もちろんそのぶん脂肪も燃焼されるので、ダイエット効果も抜群です。 ダンスはダイエットに効果的な 『有酸素運動』であり 『全身運動』なので、無理なく全身を引き締めることができます。 ダンサーの身体を見ればわかりますが、とにかくスタイルがいい人ばかりで驚きます。 『有酸素運動』+『全身運動』の組み合わせであるこのダンスは、確かにダイエット効果が抜群みたいですね! ただし、そのぶん結構ハードなので、慣れるまでは結構大変かもしれません。 その場合は、こちらのの方を試してみるのも良いでしょう。 こちらはこのダンスよりも少し難易度が低くなっているので、初心者にもおすすめです。 2週間で10キロ痩せるダンスの口コミは? 2週間で10 kg痩せるダンスの口コミをご紹介します。 やっぱり痩せている人が多いですね。 姉が、2週間で10キロ痩せるダンスをしっかり2週間毎日15分やったけど、1キロも減らなかった笑笑がちょっと見た目痩せた。 ガセネタ実証。 それはなぜなのでしょうか? 理由はたくさんありますが、大抵は以下の三つのパターンに分類されます。 続けていない 一番多いのがこのこのパターンです。 『続けていない』 当たり前ですが、どんなダイエットも続けなければ効果はありません。 しかし世の中には、 最初の一日か二日だけやってやめてしまう人がたくさんいます。 それでは、どんなダイエットをやってもまず痩せることはありません。 それなのに、まるでそのダイエット方法が間違っていたかのように、ネットで、 『〇〇ダイエット効果なかった』 『あんなのやっても痩せない』 と書き込む人がたくさんいます。 続けなければ痩せないのは当たり前なので、方法が間違っているわけではないのですが、痩せられなかった悔しさを紛らわすためにこういう書き込みをしてしまうのでしょう。 繰り返しますが、 どんなダイエット方法も、続けなければ痩せることは不可能です。 食べ過ぎ これも本当に多いパターンです。 『食べ過ぎ』 人間が痩せるためには、摂取したカロリーよりも、消費したカロリーを多くしなければいけません。 極端なことを言えば、毎日フルマラソンを走ったとしても、それ以上にカロリーの高いものドカ食いすれば、太ってしまうのです。 それと同じで、ダイエット初心者がよくやってしまう大間違いに、 『運動をしたから、好きなだけ食べていい』 という勘違いがあります。 運動しても痩せられない人というのは、大抵がこのパターンをやってしまっています。 『今日はこれだけダンスしたから、ちょっとくらい食べ過ぎてもいいよね』 とばかりに、甘い物を食べたり、自分でも気づかないうちにご飯を大盛りで食べてしまったり、おかわりしてしまったりと、摂取カロリーを増やしてしまいます。 それでは、当たり前ですが痩せることはできません。 2週間で10キロ痩せるダンスを踊っても、気が付かないうちに食べる量が増えてしまっていれば、体重はプラスマイナスゼロで、いつまでたっても痩せないのです。 痩せたければ、 運動をしつつも、食べる量を増やさない、もしくは少しだけ減らす、ということが大切なのです。 痩せたのに気づいていない これも実は多いです。 『本当は痩せているのに気づいていない』 というパターンです。 たとえば、 人間の体の痩せ方には順番があることをご存知でしょうか? 手や足、顔など、肝臓から遠い部分から痩せ始めて、お腹やお尻や太ももなどは最後の方に痩せていきます。 ですので、ダイエットを始めてもなかなかお腹は引っ込まないのです。 しかし実際は、腕が細くなったり、顔がシュッとしたりしてしっかり痩せ始めているのですが、本人はお腹を見て 『全然痩せない…』とショックを受けてしまい、挫折してしまったりするのです。 『お腹やお尻が痩せるのは最後』 と分かっていれば挫折することなくダイエットを続けられるので、見た目に変化があまりなくても続けることが大切です。 どれくらいやれば効果が出るの? ダイエットをする時に気になるのが 『どれくらいやればいいのか?』ということですよね。 1日3分だけで痩せる、というものもあれば、10分で痩せるというものもあり、 迷ってしまうかもしれません。 結論を先に言えば、 『やればやるだけ痩せる』 ということしか言えません。 これは逆に言えば、 『ちょっとしかやらないなら、ちょっとずつしか痩せない』 ということにもなります。 1日3分だけなら、ほんのちょっとずつ痩せていきますし、1日30分やれば、そのぶん早く痩せていきます。 2週間で10キロ痩せるダンスはダイエット効果の高い運動ではありますが、さすがに1回3分踊っただけでは、痩せるペースは遅いです。 少なくとも10分、できれば、毎日20分以上は踊るようにしましょう。 なお、YouTubeには1時間バージョンの動画もありますので、長く踊りたい人はこちらを見ながら踊ると良いでしょう。

次の

1週間集中!3キロやせる短期間ダイエット成功方法と13のコツ

二 週間 で 十 キロ 痩せる ダンス

これでダメなら諦めてください! 2キロ3日で痩せる6ステップ 1 痩せる前の準備 そもそも太ってしまう理由は、1日の活動で消費されるエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーが多く、余分なエネルギーが脂肪として蓄積されてしまうからです。 1日の総消費エネルギーは、生命を維持するために体内で自動的に行われる活動で消費されるエネルギー・基礎代謝と、運動などで消費されるエネルギー・活動代謝を合計したものです。 基礎代謝が総消費エネルギーの約7割を占めるため、基礎代謝量をアップさせれば、痩せやすい体質になれるのです。 成人の平均的な基礎代謝量は、男性で約1500kcal、女性で約1,200kcalですが、年齢や体重、生活習慣によって異なります。 基礎代謝量の計測機能を搭載した家庭用の体脂肪計があれば、自宅で気軽に基礎代謝量を測ることができ、食事からのカロリー摂取をどれくらいにすれば太らないのかが分かります。 一方、成人の平均的な摂取カロリーは、個人差はありますが、男性で約2100~2200kcal、女性で約1700~1800kcalです。 1日あたりの標準的なカロリー摂取量 男性• 20~30代:2200kcal• 40代:2100kcal 女性• 20~30代:1800kcal• 40代:1700kcal このように、殆どの方は基礎代謝量よりも摂取カロリーが多いので、何か対策を取らなければ太ってしまうのは当然です。 基礎代謝を上げれば良いのですが、継続的な運動や生活習慣の改善が必要なので、基礎代謝を上げるダイエット法は、3日で痩せる効果はあまり期待できません。 しかし、基礎代謝をアップさせる生活習慣は、長期的にはメリットがたくさんあります。 基礎代謝が高い方が、方法を問わずダイエットの成功確率がアップしますし、さらにリバウンド予防効果も期待できます。 そこで、ダイエット前はもちろん、普段から心掛けたい基礎代謝をアップさせる生活習慣をご紹介します。 ダイエット前の準備 バランスの良い食事 暴飲暴食を避け、適量の食事からバランス良く栄養を摂取します。 豚肉や納豆、レバーなどの豊富に含まれるビタミンB群は、糖質や脂質の代謝を助けてくれます。 早寝早起きを心がける 睡眠不足が続くと筋肉量が減少し、基礎代謝も低下してしまいます。 体を温め、冷えを改善 シャワーで済ませず浴槽に浸かって、体を温め体温を上げましょう。 ストレス解消 ストレスは基礎代謝を低下させるので、日頃からストレスを溜めないように対策をしておきましょう。 最低でも、短期集中型ダイエットを始める1週間前からは生活習慣を改め、「体を痩せやすい状態=代謝が良い状態」に整えておきましょう。 さらに、短期集中型ダイエットは体だけではなく精神的にもストレスがかかるため、「辛くても諦めない」という強い意志を持つことも必要です。 「こうなりたい」という目標を明確にしておくと、「辛くてももう少し頑張ってみよう」と気持ちを入れ替えることができます。 ぜひ、ダイエットに取り組む前に、体と心の準備をしましょう! 2 食事制限で2キロ痩せる! 3日という短期間で痩せるために一番効果的なのは、摂取カロリーを調整することです。 いきなり食事量を減らすのは無理! という方にもおすすめなのが、3日間かけて食事量を減らしていく食事制限法です。 最初の2日間はフルーツや白米と味噌汁、サラダを中心とした食事をとり、3日目以降はフルーツと野菜だけを食べます。 この方法なら摂取カロリーを抑えながら、フルーツと野菜でビタミンやミネラル、味噌汁でタンパク質、白米で炭水化物といった栄養素をしっかり摂取できるのでおすすめです。 さらに、摂取カロリーをコントロールするには、食品の置き換えが効果的です。 スリムな体型を維持しながら、しなやかな筋肉を作る栄養と、レッスンで消費するカロリーを意識的に摂取しているバレエダンサーのカロリーコントロール法をご紹介するので、真似してみてくださいね。 バレエダンサーに学ぶ! 食品置き換えのヒント• 牛乳やヨーグルトなどは低脂肪タイプにする• 間食は豆腐やカボチャの煮物など、食べ応えがありローカロリーのものを食べる• 腹持ちが良く、消化も助けてくれるこんにゃくゼリーを、食事との置き換えに活用する• ごはんをおかゆに置き換え、半分の量で満足感アップさせる• 肉類は鶏肉のササミなど脂肪の少ない部位を選ぶ 摂取カロリーに注目した食事制限に加え、確実に3日で痩せるために、体の中に溜まった余計な水分や老廃物を体の外に出すデトックスを並行して行うのが効果的です。 特に便秘がちな方には効果絶大、一気にすっきりしたお腹周りも手に入れましょう。 そこで注目したいのが食物繊維を活用することです! 食事制限をしていると、成人の理想的な食物繊維摂取量・1日25gを摂取することができません。 食物繊維が不足すると便が作られず、老廃物排出も上手くいかなくなるため、ダイエットを終える3日後には体調を崩してしまう恐れもあります。 食事の量を減らしても食物繊維は減らさない、、、一見すると不可能に思えることを実現してくれるのが、 エビやカニなどの殻に豊富に含まれるキトサンです。 キトサンは動物性の食物繊維で、水にほとんど溶けず消化もされないため、そのまま便として体の外に排出されます。 食事制限中でも、サプリメントを活用すれば、カロリーを気にせずキトサンを気軽に摂取できます。 キトサンには便通改善と腸内細菌の改善効果、さらに腸の中でコレステロールを吸着して便と一緒に出し、血液中のコレステロール値を低下させる効果もあります。 「3日で最大限に痩せたい」「ダイエットだけでなく、溜まった老廃物や不健康な食生活をリセットしたい」という方も多いのではないでしょうか。 実は、3日間プチ断食をすることで確実に痩せられるだけでなく、今まで体に溜まっていた老廃物や化学物質を一気にリセットできるのです。 そこで、プチ断食の実践法についてご紹介します! プチ断食の実践法 完全な断食はNG 3日間完全に何も食べず、水も飲まずにいては体に異常をきたしてしまうので、最低限の水分と栄養を摂取することが重要です。 人参リンゴジュースで無理なくプチ断食 断食中は、市販の野菜ジュースや酵素ドリンク、ヨーグルトなどで最低限の栄養を補給します。 ジュースを手作りするなら、ビタミンやミネラル豊富な、ニンジン2本とリンゴ1個で作る断食専用ジュースがおすすめです。 軽い運動をするとより効果的 プチ断食中の軽い運動は、気分転換と胃腸のはたらきの活性化に効果があります。 断食専用人参リンゴジュースの作り方至って簡単!ジューサーに人参とリングを入れて搾れば完成です。 フレッシュなビタミン・ミネラルを摂取するために作り置きせず、食事ごとに作るようにしましょう。 最低限の栄養を摂取しながらプチ断食をすることで、痩せられるだけでなく便秘を解消したり溜まった疲労感を軽減したりすることができますので、早く痩せたい方はプチ断食に挑戦してみてください! 4 空腹をコントロールして2キロ痩せる! 食事制限やプチ断食で問題となるのが、空腹をどのように我慢するかですよね。 そもそも、しばらく何も食べないとお腹が空いてしまう理由をご存知でしょうか? 実は「お腹が空く=胃の中が空っぽだから」ではなく、脳がブドウ糖不足を感知したからなのです。 食べ物は消化されてブドウ糖となり、肝臓でグリコーゲンにとして蓄えられます。 脳がエネルギーとして使えるのは血液中のブドウ糖で、肝臓は蓄えられたグリコーゲンを血糖に変えて血液中に供給するのですが、このグリコーゲンが減少すると脳の食欲中枢に信号が送られて、何かを食べるように指示する指令が空腹感として現れるのです。 つまり食事制限や断食の天敵、空腹感を制しないことには短期間ダイエットは成功しないということなのです。 そこで空腹時におススメしたいのが、黒砂糖入りの生姜紅茶を飲むことです! 実は生姜も黒砂糖も体を温めて代謝を促進する効果、そして脂肪燃焼と老廃物の排出をサポートするうれしい効果があるのです。 生姜紅茶の作り方 材料• 生チューブ生姜• 黒砂糖• 空腹を上手にコントロールして、3日で2キロ痩せを実現させましょう! 5 運動で2キロ痩せる! 「痩せたいけれど好きなものを我慢したくない」という方も多いですよね。 実は、食事制限やプチ断食をしなくても、3日間集中的に運動すれば脂肪が燃焼し、汗をかくことで体の中の余計な水分が排出されるため、体重を落とすことができます。 ただ、どのような運動をどれだけやれば良いのか目安がないと、そもそもやる気にならないですよね。 1kgの脂肪を消費するのに必要なカロリーは7200kcalなので、目標体重から消費すべきカロリーと、どのような運動をどれくらいの時間行えば良いのかを計算してみましょう。 男女別の1時間あたりの運動別の消費カロリー 睡眠• 男性:6kcal• 女性:6kcal 入浴• 男性:150kcal• 女性:102kcal デスクワーク• 男性:42kcal• 女性:30kcal 電車やバスで立つ• 男性:66kcal• 女性:48kcal ラジオ体操• 男性:228kcal• 女性:156kcal 階段登り• 男性:420kcal• 女性:294kcal 階段降り• 男性:198kcal• 女性:138kcal 自転車• 男性:168kcal• 女性:120kcal 縄跳び• 男性:522kcal• 女性:480kcal 腹筋運動• 男性:492kcal• 女性:342kcal ランニング• 男性:780kcal• 女性:546kcal 軽いジョギング• 男性:390kcal• 女性:270kcal テニス• 男性:396kcal• 女性:270kcal 平泳ぎ• 男性:648kcal• 女性:450kcal クロール• 男性:1302kcal• しかし、短期間で体脂肪を落とすために集中して運動するのは、健康に悪影響を及ぼすリスクがありますし、運動するとお腹が空くので食事量が増えてしまい、カロリーの過剰摂取も心配です。 そのため、3日で痩せるためには、運動だけではなく、食事量のコントロールが非常に大切になってきます。 脂肪を落として格好良く痩せたい方、体力に自信のある方は、効率的に脂肪燃焼できる運動にも積極的に取り組んでみましょう。 そこで短期集中型ダイエットの注意点についてご紹介します! 短期集中型ダイエットの注意点 必ず短期でやめる 短期集中型ダイエットは体に負担をかけるので、効果が出るからといって長期間行うと体を壊してしまいます。 最長でも一週間程度にしておきましょう。 体重を落としすぎない 1ヶ月に落としても健康に支障の出ない体重は元の体重の5パーセント以内であり、それを超えると肌荒れや筋力の低下、体調不良を引き起こしてしまいます。 リバウンドに注意 1週間、2週間といった短いスパンで体重を落とすと、振り戻しのリバウンドになりやすくなります。 ダイエットが終わったからといって、いきなり元の食生活に戻さないようにしましょう。 薬を服用している人は主治医に相談する 糖尿病で血糖降下剤を飲んでいる方は、食事制限やプチ断食中に飲むと低血糖状態になるなど、場合によっては命の危険があります。 普段から薬を服用している人は、必ず主治医に確認をしましょう。 さて、 『これでダメなら諦めてください! 2キロ3日で痩せる6ステップ』はいかがでしたか? 短期間で痩せるための方法をご紹介しましたが、2キロを3日で落せす方法はあるが、そう簡単ではないということがおわかりになったのではないでしょうか。 決して不可能ではないのですが、相当の準備と覚悟、そしてやり抜く気力がないと短期間ダイエットは上手くいきません。 ぜひご自分の目標やライフスタイルに合わせた方法を実践して、3日間で理想の体を手に入れましょう! ダイエットに関連する記事として• も併せてご覧ください。

次の

中学生・高校生の女子がキレイに痩せる10代におすすめのダイエット方法!

二 週間 で 十 キロ 痩せる ダンス

水は身体の巡りを良くし、老廃物を排出することで、体重を落としやすくしてくれます。 さらに水はカロリー0であり、甘い飲み物よりもダイエットに向いています。 実際に水しか飲まないようになると、減量の成功確率も高まります。 何か味が付いているものがほしいときは、砂糖なしの紅茶を飲むといいでしょう。 運動する直前以外は、24時間水のみにすべきです。 運動前に関してはブラックコーヒー(少量の無脂肪乳を入れても可)を飲むようにしましょう。 カフェインが運動効果を高めると言われています。 X 出典文献• 水を飲めば新陳代謝が活発になるのに加え、満腹も感じやすくなります。 さらにこの実験の参加者は、飲み物を主に水だけにすることで、平均7キロの減量に成功しました。 X 出典文献 ジャンクフードを断つ 完全に断ってみましょう。 一般的なダイエットであれば1回や2回ジャンクフードの罠に落ちても大したリバウンドはありませんが、(まさに今回のような)短期間での減量においては完全に避けるべきです。 脂肪分の多い食べ物、糖分を多く含む食べ物とは距離を置くようにしましょう。 衣で覆われたものや揚げ物、チョコレートでコーティングされたものや砂糖を多く含むものは摂取しないようにしましょう。 食品ラベルをよく確認しましょう。 ヨーグルトやグラノーラバーのような食べ物でも大量の砂糖が含まれていることがあります。 これらの食品をヘルシーだと思っている人はたくさんいますが、実際はそうではないのです。 白い炭水化物を断つ パスタやクッキーに多く含まれる単炭水化物は、実は糖質の塊です。 これらの食べ物はインスリンを分泌して血糖値を急上昇させるので、身体は体脂肪を蓄積しやすくなり、急激な体重の増加に繋がります。 血糖値を急激に上げないために、白いごはんやパン、じゃがいもに加えて、クッキーやケーキ、ドーナツやチップス、プレッツェルやアイスクリームのような加工された炭水化物は避けるようにしましょう。 X 出典文献• 可能であれば炭水化物を全面カットする方法もあります。 2週間で10キロという目標は決して簡単ではありません。 炭水化物を摂らないことで、グリコーゲンではなく脂肪をエネルギー源として使うケトーシス状態に身体を持っていくには、炭水化物をかなり少量しか摂らない、もしくは完全に断つ必要があります。 甘い物を摂らないということに加えて、じゃがいもやかぼちゃ、人参などの根菜、キヌアや玄米などの穀物、バナナやオレンジ、りんごといった糖度の高いフルーツも避けるべきでしょう。 空腹でいると、前の習慣へ戻りやすくなります。 しかし、定期的に健康的な食べ物を摂ることで、誘惑を断つことができます。 人間はお腹が空いていないほうが、より良い判断ができるのです。 「マイナスカロリー食品」をたくさん食べる X 出典文献 マイナスカロリー食品の真偽に関しては今も議論が行われています。 この理論は、特定のいくつかの食品は、摂取したカロリーよりも多くのカロリーを消化のために消費するというものです。 たとえ消化するのにカロリーを消費しなくても、これらの食品を食べてカロリーの摂りすぎになることはないでしょう。 野菜ならアスパラガス、ビーツ、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、セロリ、きゅうり、にんにく、さやいんげん、レタス、玉ねぎ、ラディッシュ、ほうれん草、かぶ、ズッキーニなどがよいでしょう。 果物ならブルーベリー、メロン、クランベリー、グレープフルーツ、ハネデューメロン、レモン、ライム、オレンジ、マンゴー、パパイヤ、ラズベリー、いちご、トマト、みかん、スイカなどを積極的に摂るようにしましょう。 3食きちんと食べる 結果を急ぐあまり、朝食を抜いたり、1日断食したくなるかもしれませんが、それは避けるべきです。 食事を抜くと、筋肉が分解されて健康被害を生むのに加え、より痩せにくい身体になっていくからです。 栄養が十分に行き渡っていないと、身体は自動的にカロリー消費を押さえ、省エネモードになっていきます。 最初の数日はガクッと体重が落ちるかもしれませんが、2週間経った頃にはリバウンドしてしまうでしょう。 X 出典文献• 短期的に、厳格な管理をしながら行う断食のみ例外です。 X 出典文献 こういった断食は効果的ではあるものの、医師やプロの指導のもとで行いましょう。 正しく行わないと、より脂肪を蓄積しやすい体質になってしまいます。 X 出典文献 決めた時間以降は食事を摂らない この方法で減量に成功した人は多くいます。 午後7時〜8時など特定の時間以降は何も食べないと決めるというものです。 夜遅くに摂る食事は身体に最も悪影響を与えやすいうえに、テレビがついている部屋の中や、食事をしている友人に囲まれながら、自分を制御するのは簡単ではありません。 感情のコントロールが難しい方法ですが、試してみる価値はあるでしょう。 時間制限は理にかなった範囲にしておきましょう。 友達と食事に行く楽しみを残しておくことは大切です。 しかし、だからと言って暴飲暴食していいというわけではありません。 数杯のワインと控えめな食事にしておきましょう。 くれぐれもビュッフェを全種類制覇、なんてことはないように。 カロリーを計算する カロリーだけを気にするダイエット法は廃れつつあります。 人の身体は一人ひとり異なるのに加え、同じ食べ物=同じカロリーというわけではありません。 なによりもカロリーを計算するのは手間がかかります。 しかしそうは言っても、カロリーがダイエットの指針になるのは間違いありません。 今回のようなダイエットにおいては、1日ごとに摂取カロリーを管理するとよいでしょう。 うまく管理できれば、ダークチョコレートをひとかけら、鶏胸肉をもう半分など、少し余計に食べられます。 カロリー計算のしすぎには注意しながら、少し物足りないくらいで食事を終わらせるようにしましょう。 消費カロリーと摂取カロリーのバランスをとりましょう。 別の言い方をすれば、運動すればするほど、食べられる量が増えるということです。 摂取カロリーよりも消費カロリーが上回ってはじめて体重が落ちます。 平均的には(あくまで「平均」です)、1キロの体重を落とすのに7000kcalを消費する必要があると言われています。 X 出典文献 2週間で10キロ落とすためには、毎日714グラム以上減量する必要があります。 これは毎日約5000kcal以上を消費が上回ることを意味します。 かなり困難な目標設定であることが分かるでしょう。 食べる量を調節する 「何を食べるか」だけでなく、「どれくらい食べるか」も重要です。 健康に良いとされる食品であっても適量で抑えないと意味がありません。 小さいお皿と調理器具を使うことからはじめ、以前のサイズのものは使わないようにしましょう。 また食品のラベルをよく見て、内容量と原材料を確認し、あらかじめ決めた摂取量を守りましょう。 間食をすると食べる量が曖昧になりがちです。 これを防ぐためにには、あらかじめ手のひら分のナッツを袋にいれ、そのグラム数を測っておきましょう。 空腹を感じたときには、その袋もしくはタッパーを取り出し、それ以外は食べないようにすれば、自分がどれくらい食べているかを正確に知ることができます。 大量のカロリーを摂る期間を挟む 8時間以内なら何を食べてもいい、という方法や、日によって摂取カロリーに差をつける方法は近年とても人気があります。 これらの方法は、たまに大量のカロリーを摂ることで、(身体が体脂肪を燃やすのをやめてしまう)省エネモードになることを防ぐというものです。 1週間厳しいダイエットを実施したら、少し食事を楽しんでみましょう。 ダイエットの成功確率がより高まります。 X 出典文献• このダイエットを続けていると、1日中好きなものを何でも食べる日がほしいと思うでしょう。 そのため、1週間につき1時間は外で好きなものを食べてもよいですが、それが終わったら、これまでの計画に戻りましょう。 食べる頻度を増やす 「量」ではなく「頻度」である点が重要です。 こんな風に考えてみましょう。 1日に食べて良い量がセロリ5本だとした場合(あくまで例えです)、5本全部を朝食で食べてしまうようなことはしないでしょう。 なるべく空腹を避けるために間隔を空けるはずです。 これと同じで、この2週間はあまり多くの量を食べないはずです。 そのため、食事は少量のままに、頻度を増やしましょう。 これにより空腹を感じる時間を少なくすることができます。 健康的なダイエット法の多くは間食を推奨しています。 間食は代謝を活発にするのと同時に、あとで食欲が爆発するのを防いでくれるからです。 1回の食事量を少なくして、その分のカロリーを間食に回せるようにしましょう。 この2週間、身体も心もより満たされるはずです。 運動と食事の記録をとる もしこれが一生続く生活習慣の変革であれば、記録をとり続けることはモチベーションの面から難しいでしょう。 しかし14日間限定のこのダイエット中なら、継続することも難しくないはずです。 記録をとることで、自分がどこで躓きやすいのか、どこに余裕があるのか、そしてどれほどの効果が出ているか(これは嬉しい!)、といったことが分かります。 あなたのダイエットがうまくいってるかどうかを示す指針となってくれるでしょう。 食事手帳にペンと紙を使って記録する昔ながらの方法もあれば、星の数ほどあるダイエットアプリのうちの一つをダウンロードして、オンラインで管理する方法もあります。 ダイエットアプリを使えば、カロリーや炭水化物、脂質、タンパク質といった栄養素と、運動量の計算を簡単に行うことができます。 適度な運動から高強度の運動へ移行する X Centers for Disease Control and Prevention一番カロリーを燃やすことができるのは、なんといっても運動です。 もしすでに適度な運動に慣れているなら、日々の適度な運動を高強度の運動へ切り替えるタイミングにきているのかもしれません。 逆に、まだ運動をする習慣がないということであれば、生活に適度な運動を取り入れることに集中すべきです。 どちらの場合も、運動の前後には充分な休息をとり、継続的に水分を摂ることを忘れないようにしましょう。 高強度の運動では、1時間あたり400kcalから600kcalを消費します。 運動の例としてはランニングやサイクリング、水泳、エアロビクス、バスケットボール、高重量のウェイト・トレーニングや、庭仕事などです。 適度な運動では、1時間あたり200kcalから400kcalを消費します。 運動の例としては、ハイキングや軽い庭仕事、ダンス、ゴルフ、ゆっくり目のサイクリングやウォーキングなどです。 最低でも30分の運動を、週2, 3回は行うようにしましょう。 日常生活の中で身体を動かす 好きなテレビ番組を見ているときにCMが流れたら、床にうつ伏せになり腕立てを数回してみましょう。 もしくは食器を片付けている間に、踊ってみましょう。 廊下を歩く時にはランジを行ってみましょう。 くだらないと思うかもしれませんが、このようなプチ運動も塵も積もれば山となり、筋肉を強化し、ウエストを細くする効果があります。 スケジュールがびっしり埋まっているときであっても、一石二鳥になる方法を考えましょう。 犬の散歩に行く時に遠回りをしてみたり、ショッピングセンターの駐車場ではあえて遠くに駐車してみたり、家を隅々まで綺麗に掃除してみたり、洗車をしてみたりといった具合です。 日々の生活の中にも運動のチャンスは溢れています。 有酸素運動はダイエットに効果的です。 1日あたりの数時間のランニングやダンスは驚くべき効果をもたらすでしょう。 目に見えてわかる効果を得るためには、充分な量の運動を行う必要があります。 はじめは難しく感じるでしょうが、一度実施してしまえば、思ったより難しくないと感じるはずです。 進捗を写真に残すようにしましょう。 鏡で自分を見た時には変化が少ないように感じるかもしれませんが、写真を見比べると違いがわかるはずです。 日々の食事の計画を立てましょう。 痩せたらどんな姿になっているかを想像することで、運動のモチベーションを保つことができます。 一日の中で最も元気なときに運動しましょう。 水分摂取量や運動量、食事の記録をつけられるスマホアプリを購入もしくはダウンロードすることができます。 これにより目標体重に集中しやすくなったり、食事もしくは運動の改善すべき箇所を判明させることができます。 理想の体型のセレブやモデルの写真を、食品庫や冷蔵庫、ひいてはジャンクフードの容器にまで貼ってみましょう。 こうすることで、あなたがお菓子コーナーにあるチップスに手を伸ばそうとしたときに、痩せている人が目に入り、チップスの代わりにグラス一杯の水を飲もうと思えるからです。 かかりつけの医師もしくはパーソナルトレーナーに、短期間で体重を落とすための方法について意見を仰いでみましょう。 世の中には多くのダイエットサプリがありますが、あなたにあったものを教えてくれたり、特定の治療法の方が効果がある、といった話が聞けるかもしれません。 食べないダイエットは身体の機能を弱め、食べ始めたときに大幅に体重が増えることになるので止めておきましょう。 あくまで健康的な食事を意識し、減量に繋がる食事をしっかり摂りましょう。 他の誰かに計画を知らせておきましょう。 ひょっとしたら一緒に運動してくれたり、計画に加わってくれるかもしません。 馬鹿な考えに思えるかもしれませんが、人間はプライドによって意外と頑張れるものです。 減量のための生活は苦しいでしょうが、継続することが大切です。 愛犬と1日2回、10〜15分散歩することで、1週間で2キロ落とすことができた人もいます。 甘い物が欲しくなったら、水が入ったペットボトルを持って、散歩に出かけましょう。 それでも甘い物への欲求が抑えられないときは、ガムを噛みながら、理想の体重になった自分を想像してみましょう。 食事を抜くべきではありません。 体重は落ちるかもしれませんが、通常の食事に戻したときに、当初の体重より太ってしまうことになります。 決して諦めない心が大切です。 あなたならやり切れるはずです。 一番負荷のかかることに挑戦し、諦めないで続けてみましょう!モチベーションが下がることもあるでしょうが、あなたならできます!• 朝には、これまで飲んでいた温かい飲み物の代わりに、スプーン一杯のはちみつをいれた緑茶を飲みましょう。 さらにプランクやサイド・プランク、腹筋といった運動を取り入れてみましょう。 wikihow. wikihow. wikihow. facebook. pinterest. wikihow. wikihow. facebook. pinterest. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow. wikihow.

次の