ゼルダ の 伝説 スイッチ。 新作『ゼルダの伝説』の発表からの劣化の仕方がヒドすぎると話題に。。│SWITCH速報

ゼルダの伝説「料理レシピ・効果・オススメ調理」【ブレス オブ ザ ワイルド】

ゼルダ の 伝説 スイッチ

任天堂は2019年6月12日1時より公開されたにて、 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編を現在開発中であると発表した。 (画像はより) (画像はより) 現時点で詳細は明らかにされていないが、公開された第一弾の映像では前作のビジュアルを継承していることが確認可能だ。 映像中では像のような生物に乗って移動するゼルダとリンクの姿、そして不気味な音楽とともに邪悪な力を示す怪異の存在も。 映像の最後では、ふたたび広大な大地が舞台となることが示唆されている。 (画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年3月にNintendo Switch向けに配信された作品。 「ゼルダの当たり前を見直す」をコンセプトに、オープンワールドの採用や多彩な移動アクションや環境パズルが用意された。 国内外で高い評価を受け、同年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを総なめにした作品である。 なお開発を担当するモノリスソフトは3月に『ゼルダの伝説』シリーズ作品の開発スタッフを していたが、そのスタッフたちが今作を担当しているのかもしれない。 発売時期や舞台設定など未定な部分は多いが、続編という驚きの形で帰ってきた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の今後の続報に期待したい。 文/ishigenn.

次の

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が正式発表。リンクとゼルダの冒険がふたたび始まる

ゼルダ の 伝説 スイッチ

ニンテンドースイッチのロンチタイトルとなる「 ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」はシリーズ初となるオープンワールド RPG。 ゲームが始まったらどこに行こうが、何をしようがプレイヤー次第。 ゼルダの伝説シリーズ30周年を記念した書籍、2016年8月発売の第1集「」、2017年3月発売の第2集「」に続き、最後を締めくくる第3集「」が 好評発売中!「ブレスオブザワイルド」の公式設定資料集として、400ページを超える大ボリュームで、本作のファンは必見の1冊です。 基本編• 物語の紹介• 操作方法、セーブ、システム解説• ハイラルの地図• それぞれの塔の特徴、登る際の注意点• ロード画面で表示されるヒント一覧 攻略編• スタート〜カカリコ村〜英傑の服• 水の神獣〜炎の神獣〜マスターソード• 風の神獣〜雷の神獣〜ハイラル城 エリア(マップ、シーカータワー、試練の祠)• 始まりの塔、祠 x4、回生の祠• 双子山の塔、祠 x9、カカリコ村• ハテノ塔、祠 x7、ハテノ村• ラネールの塔、祠 x9、ゾーラの里• アッカレの塔、祠 x8、イチカラ村• オルディンの塔、祠 x9、ゴロンシティ• 森林の塔、祠 x8、コログの森• 丘陵の塔、祠 x7• 平原の塔、祠 x8、ハイラル城• タバンタの塔、祠 x6、リトの村• ヘブラの塔、祠 x13• 荒野の塔、祠 x12、ゲルドの街• ゲルドの塔、祠 x6• 湖の塔、祠 x6• フィローネの塔、祠 x8、ウオトリー村 ダンジョン攻略• ラネール地方、水の神獣• オルディン地方、炎の神獣• タバンタ地方、風の神獣• 南ゲルド地方、雷の神獣• 中央ハイラル地方、 チャレンジ• ストーリーが進むクエスト(全15個)• 隠れた祠が見つかるクエスト(全42個)• 報酬がもらえるクエスト(全76個) 追加コンテンツ• 有料 DLC の内容• マスターソードの力を引き出す試練• ハードモード• 英傑たちの詩、お宝のウワサ、古代の馬具• 導師ミィズ・キョシアの試練• 操作方法、燃料補給 データ• 試練の祠で手に入る魔法アイテムの紹介• ハートの器とがんばりの器• 実を集めて武器・弓矢・盾の所持枠追加• 馬の捕まえ方、操作方法、馬宿• 大妖精による防具パワーアップ• 防具のカラーチェンジ• ウツシエでコレクション• アルバムに残された12枚の場所• ミニゲームについて• テリーの売り物リスト• 素材の入手場所• 地名一覧• クリア後のやり込み• 対応 amiibo とその効果 ポーチで整理できるアイテム• 武器一覧• 弓矢一覧• 盾一覧• 防具一覧• 素材一覧• 料理一覧、レシピ集• 大事な物一覧 魔物関連• キルトンのマモノショップの解説• イワロック・マグロック・ガチロックの出現場所と倒し方• ヒノックス・スタルヒノックスの出現場所と倒し方• モルドラジークの出現場所と倒し方• ライネルの出現場所と倒し方• 炎の精霊の素材、出現場所• 氷の精霊の素材、出現場所• 雷の精霊の素材、出現場所• ガーディアンの倒し方 コログのミ(エリア別)• ミニゲーム(五十音順)•

次の

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が正式発表。リンクとゼルダの冒険がふたたび始まる

ゼルダ の 伝説 スイッチ

1986年から発売されているアクションアドベンチャー 「ゼルダの伝説」。 主人公のリンクが世界を救うために、冒険を繰り広げていくゲームで、世界的にも高い評価を受けています。 ゼルダの伝説はストーリーが分岐していますが、 どの作品から遊んでも理解しやすく子供でもプレイしやすい難易度で、はじめてアクションゲームをプレイする人にもおすすめ。 また、ファンタンジー系の作品としても人気があり、 謎解き・アクション・成長要素を楽しみたい人にもぴったりです。 1作だけでなく、ストーリーが続く作品をプレイしていけば、ハイラル王国の歴史や「ゼルダ・リンク・ガノンドロフ」といった主要なキャラクターのストーリーも堪能できますよ。 一度プレイするとハマってしまう人続出の「ゼルダの伝説」。 気になる作品を手にして、その魅力を体感してみましょう! 2011年発売のWii用ソフト。 Wiiモーションプラスに接続して、直感的に操作できるのが大きな特徴です。 天空に浮かぶスカイロフトと、森・火山・砂漠といった4つの世界で構成される舞台。 Aボタンでいつでもダッシュできるので、ストレスなくスピーディにプレイしたい方にもおすすめですよ。 盾や薬など、 アイテムをアップグレードできるのも特徴です。 剣が持つダウジングの力を駆使して、アップグレードのための材料を集めましょう。 また130以上点在する石像に話しかけることで、謎解きのヒント映像を見ることもできます。 初心者でも安心してプレイできますね。 少しダークな世界観を、リアルなグラフィックで楽しみたい方におすすめです。 受けるダメージが2倍になる辛口モードや、Wii U GamePadのジャイロセンサーを使っての直感的な操作が魅力。 HD版になってさらに楽しさがアップしました! 敵であるポゥフィーの居場所が昼でも分かるアイテムが追加されたり、 トワイライトに入るとリンクが獣に変身するのも本作ならではの特徴。 前作の夢幻の砂時計から100年後の設定で、 汽車に乗ってフィールドを移動する新しいゲームシステムを採用。 ストーリーが進むにつれて、新たな線路が追加されていきます。 世界の中心にそびえる神の塔と、各地の神殿をつなぐ線路が消える怪事件。 リンクとゼルダ姫はこの謎を解く調査に向かいます。 タッチした方向にゼルダが走ったり、タッチペンをスライドすることで剣を振ったりと、 タッチペンで楽しく操作できるのが特徴です。 なんといっても注目したいのが、その映像表現。 オリジナル版のイメージを踏襲しつつも、最新のCG技術で美しく、かつ鮮やかに表現されています。 絵本の中にいるような、温かみのあるキャラや風景描写もGood。 GAME BOY版では難しかった高低差も表現されています。 GAME BOY版をプレイしたことがある方も、全く新しい作品のような新鮮さでプレイできますよ! 舞台となるのは修行の帰路の途中、リンクが流れ着いた自然豊かな島・コホリント。 この島を脱出するべく、リンクの冒険が始まります。 Switchの性能をフルに生かした、美麗なグラフィックが楽しみたい人におすすめです。 広大なオープンワールドを自由に散策し、冒険の旅へ出かけましょう。 オープンワールドはわずらわしいロード時間がないのも嬉しいですね。 従来の作品のように クリアまでの決められた手順も無く、何をするかは全てプレイヤーの判断次第。 難易度は高めですが、その分プレイの満足度も高くなっていますよ。 また、追加コンテンツも気になるストーリーです。 プレイヤーの判断次第の自由な冒険! 名作をリメイクしたら、また新たな名作が誕生! 汽車で旅する物語。 リンクとゼルダの成長を描く タッチペンで快適操作。 幽霊船を探す旅に出かけよう! 人物のリアルな描写が新鮮。 獣に変身するリンクも必見! 高難易度が熱い。 映像美にも注目! シリーズの分岐点となった名作 Wiiリモコンプラスで主人公とシンクロしよう! 数々のアワードに輝いた実力派。 コミカルな容姿のキャラが... 3DSの特性が生きた作品。

次の