領収書 封筒 入れ方 向き。 A4の請求書・書類の折り方(三つ折り)と封筒への入れ方

手紙(便箋・書類)の折り方、封筒への入れ方マナー [暮らしの歳時記] All About

領収書 封筒 入れ方 向き

請求書の封筒の書き方ガイド(封筒の選び方・請求書の折り方など) 請求書の封筒の書き方ガイド(封筒の選び方・請求書の折り方など) 企業間の取引では請求書が発行されます。 一般的に封筒に入れて発送しますが、封筒の書き方、使い方にはマナーがあるため注意が必要です。 今回は、 ビジネスマナーのひとつと言える請求書の封筒の書き方・使い方についてお話します。 <目次> ・ ・ ・ ・ 請求書の封筒の書き方(表面) 請求書を入れる封筒の表面には以下の内容を記載します。 宛先の住所• 宛先の会社名、部署名、担当者名• 「請求書在中」の文言 住所は郵便番号から正確に記載します。 記入枠がある場合はその中に、ない場合も右上に記載しましょう。 住所は郵便番号の真下に、都道府県から記載します。 「請求書在中」の文言は、送付先が郵送物の中から請求書を識別しやすくするためのものです。 スタンプで押印するのが一般的ですが、最初から印字された請求書もあります。 左上には切手も忘れずに貼り付けてください。 宛先については数パターンの書き方がありますので注意が必要です。 以下では一般的な角形2号の封筒を例に宛先の書き方パターンをご紹介します。 担当者宛に送付する場合 担当者宛に請求書を送付する場合、 封筒の中央部に右から会社名、担当者名の順で記載します。 どちらも住所の上端から1文字分下げた位置から書き始めてください。 会社名は「(株)」「(有)」を使用せず、正規名称を記載します。 この際、会社名の下に「御中」は必要ありません。 会社名の左隣に役職名、担当者名、「様」を1行で記載してください。 この行の文字は会社名よりも一回り大きく記載しましょう。 担当者名が不明の場合は「ご担当者様」と記載します。 部署宛に送付する場合 部署宛に送付する場合、会社名の左隣に部署を記載します。 担当者宛に送付する場合は「様」を敬称として用いましたが、 部署名の場合は「御中」を使用しますので注意してください。 会社宛に送付する場合 宛先として会社名のみを記載する場合は、中央に会社名を1行で記載します。 この場合も使用する敬称は「御中」です。 請求書の封筒の書き方(裏面) 請求書封筒の裏面は送り主の情報を記載する面です。 具体的には以下のような内容を記載します。 送り主の住所• 送り主の会社名/氏名• 送付日• 〆(封じ目) 裏面に郵便番号の記入枠がある場合はその中に郵便番号を記載しますが、ない場合は住所の上に横書きで記入します。 送付日は裏目の左側上部に記載するのが一般的です。 「〆」以外に「封」「緘」といった封じ目があります。 裏面は継ぎ目の有無によって書き方が異なります。 裏面に継ぎ目がある場合 請求書封筒の裏面に継ぎ目がある場合、 継ぎ目を境にして右側に住所を、左側に氏名を記載します。 裏面に継ぎ目がない場合 請求書封筒の裏面に継ぎ目がない場合は、住所・氏名を左側に寄せて記載します。 請求書の封筒への折り方&入れ方 封筒のサイズによっては、請求書を折らなければ入らないことがあります。 この際、請求書の折り方や入れ方にもマナーがあるため、注意が必要です。 請求書・同封書類の折り方、封筒への入れ方についてご説明します。 封筒に入れる前に!請求書や書類の折り方は? 請求書は一般的に横書きです。 折って封筒に入れる場合は、三つ折りにします。 この際、最初に下から折り、次に上から折るようにしましょう。 開いたときに「請求書」と書かれた面が一番上に来るようにするのがポイントです。 請求書と縦書きの送付状を同封する場合は、請求書の上に送付状を重ねて三つ折りにします。 請求書の折り方と同様、まず下から折り上げ、次に上から下に追ってください。 広げたときに「拝啓」と書かれた面が一番上に来れば正解です。 請求書の封筒への入れ方は? 請求書を封筒に入れる際は、封筒を裏返しにし、書類の上端が右にくるようにして入れます。 三つ折りになっているため隠れて見えませんが、「請求書」「拝啓」と書かれた部分が右に来るような状態です。 請求書の封筒の選び方 封筒にはさまざまな種類がありますが、請求書送付に使える封筒は決まっています。 以下では、請求書用封筒のサイズ、色、価格帯についてお話しします。 主に使われる2種類の封筒 請求書を送付する封筒には、以下の2つの規格が使われます。 それぞれ、中身がフィルム越しで確認できる窓付きのタイプもあります。 A4サイズの書類が三つ折りで入る。 A4サイズの書類がそのまま入る。 請求書封筒の色 封筒の色については明確な決まりはありませんが、取引先が請求書の封筒を一目で識別できるようにするため、 白か薄い青の封筒を使うのが一般的です。 赤い封筒は「赤字」を連想させることから、通常は用いられません。 通常は複数枚のセットで販売されています。 「請求書在中」は手書きでも構いませんが、毎月多くの請求書を送る場合はスタンプを使うと楽です。 「請求書在中」のスタンプは100円ショップなどで購入できます。 メール添付の請求書を受け付けている企業も増えていますが、現状は郵送で請求書を送らなければならない場面も少なくありません。 急な依頼にも慌てないように、今回ご紹介したような請求書を封筒で送る際のマナーを身に付けておきましょう。

次の

手紙(便箋・書類)の折り方、封筒への入れ方マナー [暮らしの歳時記] All About

領収書 封筒 入れ方 向き

履歴書を入れる順番と向きが重要!履歴書の封筒への入れ方 2018年02月21日更新 履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や送付状を封筒に入れるときは、順番と向きが重要です。 履歴書の封筒への正しい入れ方をご紹介します。 応募書類の正しい折り方 履歴書などの応募書類は開かないでもいいようにそのまま入れるのが基本です。 ただし、履歴書は見開きタイプかどうかで折り方が変わります。 市販の見開きタイプの履歴書であれば、買った状態の二つ折りが正しい状態です。 自作した履歴書を左右別々に2枚印刷した場合は、折らないのが正しい状態です。 「」も参考にしてください。 応募書類を入れる順番 送付状の「記」に書いた順番で入れるのが基本です。 採用担当者が同封書類を確認しやすくするためです。 実際は以下のような順番となることがほとんどです。 転職活動の場合• 送付状• 履歴書• 職務経歴書• (指定がある場合のみ)その他書類 転職活動の場合は、送付状、履歴書、職務経歴書の順番に入れるのが基本です。 「」も参考にしてください。 また、ハローワークの紹介状を同封するときは、送付状の次に入れることが一般的です。 「」も参考にしてください 就職活動の場合• 送付状• エントリーシート• 履歴書• (指定がある場合のみ)その他書類 就職活動の場合は、送付状、エントリーシート、履歴書の順番に入れるのが基本です。 「」も参考にしてください。 応募書類の正しい向き 応募書類は正しい向きにそろえてください。 応募書類の表面をそろえる 採用担当者が封筒から取り出したら履歴書がすぐに読める位置にそろえます。 応募書類が全て表面になるようにそろえてください。 表裏がそろっていないとマナー知らずだと思われてしまいます。 応募書類の左右上下の向きをそろえる 応募書類の左右上下の向きもそろえてください。 左右反転している書類が1枚でもあると、マナー知らずだと思われてしまいます。 応募書類とクリアファイルの向きもそろえる 履歴書を郵送する場合は、履歴書などの書類をクリアファイルに入れるのがマナーです。 応募を書類することができます。 「」も参考にしてください。 一般的なクリアファイルでは、とじ目(開かない部分)が左側・下側、開くのが右側・上側となるほうが表面となります。 クリアファイルに半丸の穴(指かけ)がある場合、この穴があるほうが表面となります。 細かいことが気になる面接官もいるのでクリアファイルの向きもそろえておきましょう。 応募書類と封筒の表面をそろえる 封筒は宛名を書くほうが表面です。 上記の画像が封筒の表面となります。 表面に1. の添付書類の表面がくるようにそろえてください。 もちろん、封筒と応募書類の上下左右もそろえてください。 まとめ 履歴書などの応募書類を封筒に入れるときは、順番と向きが重要です。 封筒の表面が応募書類の表面になるようにしてください。 また、封筒、応募書類、クリアファイルの左右上下もそろえてください。 応募書類を取り出した人事担当者が見やすくなることを意識しましょう。 小さなことのように思いますが、ビジネスマナーをアピールするチャンスです。 仕事ができる人ほど細かい部分が気になるものです。 応募書類を入れる順番や向きは必ず統一しましょう。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

手紙(便箋・書類)の折り方、封筒への入れ方マナー [暮らしの歳時記] All About

領収書 封筒 入れ方 向き

経理に配属されると、大切なお仕事のひとつに「領収書の郵送手配」があります。 領収書は大切な書類ですし、ミスがあっては大変なので、取り扱う際は十分に気を付ける必要があります。 今回は、領収書を郵送するときのポイントを5つに絞ってご紹介します。 領収書を郵送するときの5つの注意点 その1:中身が領収書であると相手に理解してもらう 領収書を送る際もっとも注意しておきたいのが、封筒にしっかり「領収書在中」と記しておくこと。 この作業を省略したことで相手が領収書と気づかずに捨ててしまうおそれもあるため、なるべく記載するようにしましょう。 その2:普通郵便は極力避ける 領収書を郵送する際は、普通郵便ではなく書留などで送るほうが確実です。 普通郵便での郵送が禁止されているわけではありませんが、万が一領収書を紛失してしまえば大問題に。 そのようなリスクを回避するためにも、追跡可能な書留の方が安全です。 その3:領収書だけを送らない 領収書を送るときには、必ずあいさつや感謝の言葉を綴った添え状を入れるよう心がけましょう。 封筒に領収書だけ入れていきなり送りつけられても、あまり良い気分がしないもの。 ビジネスマナーとして習慣づけておきましょう。 その4:郵送後も油断は禁物 領収書を郵送したからといっても、まだ安心はできません。 「〇月〇日に領収書を送った」ということを、相手にメールで伝えておきましょう。 行き違いや誤って破棄される、といったリスクを避けるためにも、大切なひと手間となります。 また、「領収書の控え」は事業年度の確定申告から7年間は保管しておく義務があります。 相手とのトラブル回避のためにも、必ず保管しておきましょう。 その5:「郵送」以外の方法を利用する 領収書の送付期限が迫っている場合、時間通り無事に届くのか心配ですよね。 そんなときには、先方へPDFやFAXで送ることを提案してみるのも一つの方法です。 作業時間や郵送料を削減できるだけでなく、印紙税の節約にもなるため、導入するメリットは大きいと言えるでしょう。 よく使われる基本的な用語100個を集めて、わかりやすく解説しています。 からダウンロードできますので、利用してみてくださいね。 参考サイト:•

次の