無添くら寿司。 【回転寿司開店7月】掛川市北門に「無添くら寿司」がオープン!おすすめメニューや場所なども紹介

無添くら寿司 長居店

無添くら寿司

無添くら寿司の店舗(「Wikipedia」より) 回転ずしチェーン最大手「 スシロー」の既存店で、業績が悪化している。 2017年9月期のスシロー既存店の売上高は、前年比1. 3%減となった。 客数が1. 3%減少し、客単価は前年とほぼ同じだったことで売上高が減少した。 既存店では客離れが発生し、業績が悪化している状況にある。 スシローにおける既存店とは、開店から15カ月以上が経過した店舗のことをいう。 新店と既存店を合わせた全店の売上高でいえば、前年比で6. 1%増加している。 全店の売上高が伸びているため、スシロー全体では問題ないようにも思える。 しかし、出店すれば売上高が増えるのは当たり前で、1店1店の強さを判断する材料にはならない。 それは既存店の売り上げで見ることになる。 既存店の売上高が増えなければ、新規出店が頭打ちになればジリ貧になることが目に見えている。 そのため、既存店の売上高が前年割れを起こしているのは、大きな問題といえる。 実は、スシローだけではなく、大手回転ずしチェーンの多くは既存店ベースで業績が悪化している。 「無添くら寿司」は16年11月〜17年9月の11カ月のうち8カ月で既存店売上高が前年割れしている。 それまでは好調で、16年10月期までの3期すべての期で前年を上回っていた。 しかし、それ以降は既存店において客離れが起き、17年10月期は前年を下回って終着する可能性が非常に高い状況だ。 客離れが起きた理由については、後述する。 「 かっぱ寿司」も既存店の業績が悪化している。 17年4〜9月期の既存店売上高は前年同期を下回り、17年3月期までの3期で前年割れを起こしている。 客単価は上向いているものの、客数の減少が止まらないため、売上高が依然として前年割れしている状況だ。 かっぱ寿司に染みついた「安かろう悪かろう」という印象が拭えきれていないためだと思われる。 大手の回転ずしチェーンは、「1皿100円」といった低価格を武器に勢力を拡大し、気軽に寿司を食べられることを掲げて市民権を得てきた。 しかし、一方で「安かろう悪かろう」というイメージも付いて回るようになり、そのために回転ずしを避ける人も増えていった。

次の

回転寿司「無添くら寿司 葛飾金町店」が6月下旬オープン予定、シティテラスモール金町の1階

無添くら寿司

無添くら寿司の店舗(「Wikipedia」より) 回転ずしチェーン最大手「 スシロー」の既存店で、業績が悪化している。 2017年9月期のスシロー既存店の売上高は、前年比1. 3%減となった。 客数が1. 3%減少し、客単価は前年とほぼ同じだったことで売上高が減少した。 既存店では客離れが発生し、業績が悪化している状況にある。 スシローにおける既存店とは、開店から15カ月以上が経過した店舗のことをいう。 新店と既存店を合わせた全店の売上高でいえば、前年比で6. 1%増加している。 全店の売上高が伸びているため、スシロー全体では問題ないようにも思える。 しかし、出店すれば売上高が増えるのは当たり前で、1店1店の強さを判断する材料にはならない。 それは既存店の売り上げで見ることになる。 既存店の売上高が増えなければ、新規出店が頭打ちになればジリ貧になることが目に見えている。 そのため、既存店の売上高が前年割れを起こしているのは、大きな問題といえる。 実は、スシローだけではなく、大手回転ずしチェーンの多くは既存店ベースで業績が悪化している。 「無添くら寿司」は16年11月〜17年9月の11カ月のうち8カ月で既存店売上高が前年割れしている。 それまでは好調で、16年10月期までの3期すべての期で前年を上回っていた。 しかし、それ以降は既存店において客離れが起き、17年10月期は前年を下回って終着する可能性が非常に高い状況だ。 客離れが起きた理由については、後述する。 「 かっぱ寿司」も既存店の業績が悪化している。 17年4〜9月期の既存店売上高は前年同期を下回り、17年3月期までの3期で前年割れを起こしている。 客単価は上向いているものの、客数の減少が止まらないため、売上高が依然として前年割れしている状況だ。 かっぱ寿司に染みついた「安かろう悪かろう」という印象が拭えきれていないためだと思われる。 大手の回転ずしチェーンは、「1皿100円」といった低価格を武器に勢力を拡大し、気軽に寿司を食べられることを掲げて市民権を得てきた。 しかし、一方で「安かろう悪かろう」というイメージも付いて回るようになり、そのために回転ずしを避ける人も増えていった。

次の

和歌山発 「くら寿司」とくら寿司高級版 「無添蔵(むてんくら)」を比べてみました。|Happy 50 Cafetalk ハッピー50カフェトーク

無添くら寿司

Contents• 無添蔵(むてんくら)は全国に4店舗しかない? くら寿司とよく似ているな、とは思っていましたが くら寿司の高級版にあたるお店だとは知りませんでした(よくあるパ〇リのお店かなって思ってました) くら寿司のHPを見てみるとなんと 無添蔵は全国(関西?)に4店舗しかないようです。 高級版とはいえもともと100円がメインの回転寿司屋さんなのでメニューがないお店(時価って書いてるやつね)とは全然違いますが。 高くても200円皿、300円皿(メニューによってはもちろんそれ以上もありますが)なので安心して入れます。 今回は晩ごはんで「無添蔵(むてんくら)」を来店 ランチでは数回寄らせていただきましたが今回初めてディナータイムでの来店です。 上の画像のマグロ丼は味噌汁、漬物なしになりますが500円、お安く済ませたいときにはオススメ。 今回はちょっと違うものを注文してみました。 メニューは「くら寿司」にないものがズラリ お店のコンセプト自体が違うので当然なのですがメニューは くら寿司と違うものがほとんどのように思いました。 手を加えているものが多いといったイメージかな。 まぐろの三種盛(300円皿) イベリコ豚のはりはりうどん(水菜入) ゆず(?)が良い香りで上品な感じ、ちょっと薄味なのでテーブルのお醤油トッピング。 まぐろの腹身(200円皿) 画像の見た目よりうまうま、レモンがいい仕事してます。 佐賀牛ステーキ一貫(300円皿) お肉好きのおばちゃんにはたまらん逸品でした。 コレは くら寿司にはないわーーって感じです、うまうま。 「くら寿司」と「無添蔵(むてんくら)」の違いって? お店の雰囲気はオシャレな音楽が流れていたり照明が少し暗めだったりして落ち着いた感じの 無添蔵。 ( くら寿司にはBGMがありません、照明も明々して座席数も多いためお店自体がガヤガヤしてます) わたしの個人的な主観になりますが、はっきり言って『おいしい』です。 同じネタを厚く切ったりして差額分ボリュームアップしているのかと思っていましたがネタ自体から違うように感じました。 新鮮なのか素材自体がランクアップしているのか・・・。 そこらへんはよくわかりませんがお値段に納得できるおいしさでした。 庶民のわたしは「びっくらポン」なるガチャがないのでちょっぴりさみしかったです 笑 お皿の単価がネタによって変動するので目の前お皿もりもりになったりもします。 落ち着いてゆったりしたい時には「 無添蔵」、大人数でわいわいしたい時には「 くら寿司」といったような使い分けをするのもいいかもしれません。

次の