フレッツ ジョイント。 v6プラス関連の覚え書き

フレッツ網におけるIPv6

フレッツ ジョイント

この環境を活用することで、お客様は自身でホームゲートウェイを設定する必要がなくなり、「v6プラス」を活用したIPv6及びIPv4によるインターネット接続を手軽に利用開始することが可能です。 今回の「v6プラス」の提供により、IPv4を利用した通信からIPv6を利用した通信によるインターネット接続への移行が促進されると考えております。 膨大なアドレス空間が利用可能なため、より多くの機器にIPアドレスを割り当てることができます。 事業者様が提供するソフトウェアをお客様が利用しているホームゲートウェイに配信するサービスであり、自前で設備や専用機器の開発を行う場合と比べ費用を抑制して、事業者様サービスをお客様にお届けすることが可能になります。 詳細は以下よりご確認ください。 ご利用中のホームゲートウェイが、「フレッツ・ジョイント」に対応していない場合、「フレッツ・ジョイント」対応のホームゲートウェイへの交換が必要です。 ホームゲートウェイの交換には、工事費が必要な場合があります。 <お問合せ先> 【「v6プラス」に関するお問合せ先】 JPNE 下記メールアドレスまでお問い合わせください。 担当:経営企画部 辻中・中川 メールアドレス info jpne. jp 【「フレッツ・ジョイント」に関するお問合せ先】 ・NTT東日本 フレッツ公式ホームページ上より受け付けさせていただきます。 ・NTT西日本 下記メールアドレスまでお問い合わせください。 メールアドレス joint@ml. west. ntt.

次の

【ひかり電話】「タイプ1/タイプ2」とは?フレッツ・ジョイントはタイプ2のみに対応!

フレッツ ジョイント

IPv6申し込んだはずなのに、つながってない!? ひかり電話対応ルータ RS-500KI の設定画面。 この画面は、実は本記事の「結論の先取り」になっています。 「ある部分」を見て「不思議だな? 」と思われた方は、この記事を最後までお読みいただくと分かります IPv6を使用しているはずなのに、「待機中」?? この画面が、次のような状態になっていました。 左ペインの「基本設定」内• 念のためBIGLOBEのIPv6オプションを申し込もうとすると?? そこで、念のためBIGLOBEのIPv6オプションを申し込んだ方がいいのかな、と思って、IPv6サービスのページを開いてみました。 すると、このページ上にこんな説明があり、 <ページ右上のアイコンの説明> ページ右上に表示されているアイコンはお客さまがIPv4ネットワーク環境から接続しているか、IPv6ネットワーク環境から接続しているかを示しています。 ご了承ください。 「via IPv4」—お客さまが、IPv4ネットワーク環境から、このページをご覧になっていることを示しています。 「via IPv6」—お客さまが、IPv6ネットワーク環境から、このページをご覧になっていることを示しています。 実際見ているページには、 しっかりと「via IPv6」と表示されていました。 やっぱり、現在ちゃんとIPv6で接続されているようだな…… しかし、もうひとつのページ には、こんな案内が掲載されています。 どうも IPoEという方式になることがメリットのようなのですが、 現在教室のルータの設定画面には、 どこにも「IPoE」の文字が見当たらないんです。 はてさて、これはどうしたことなのか?? 疑問はふくらんでいきます。 実は「リニューアル」されていたIPv6接続方法 BIGLOBEのIPv6サービスは、2017年8月にリニューアルされていた 詳しい情報を得ようと、さらにBIGLOBEサイトを読み進めていきますと、こんなページにいきあたりました。 このページの冒頭に、次のような注意書きがあります。 「フレッツ光 IPv6接続」の新規受付は終了しました。 新たにIPv6サービスのご契約を検討されているお客さまにつきましては「(個人のお客さま)」「(法人のお客さま)」をご検討いただきますようお願いします。 のちに調べを進めて判明したのですが、 2017年8月に、BIGLOBEのIPv6サービスは、まったく新しい方式にリニューアルされていたのです。 詳しくは本記事の続きをご覧ください そこで、この リニューアル後の「IPv6オプション」を申し込んでみることにしたのです。 新しい「IPv6オプション」に申し込んだら、こんなことになった! 新しい「IPv6オプション」に申し込んだところ、こんなメールがBIGLOBEから届きました。 メールその1 件名: 【お知らせ】IPv6オプションライトの設 定が「解除」されました 本文 一部 : ご利用いただいている「IPv6オプションライト」が、 以下のいずれかの理由 により解除されましたのでお知らせいたします。 【理由(いずれか)】 ・フレッツ光回線、光コラボレーション回線の契約解除 ・NTT東日本エリア、NTT西日本エリアをまたがる移転 ・対象外コースへのコース変更 ・対象外回線への回線変更 ・「IPv6オプションライト」の契約解除お申し込み ・「IPv6オプション」のお申し込み 以降、IPv6によるインターネット接続はご利用になれません。 メールその2 件名:【お知らせ】IPv6オプションの設定が「 完了」しました 本文 一部 : 「IPv6オプション」の設定が完了いたしました。 以下「 BIGLOBE会員サポートサイト(IPv6オプション) 」で IPv6によるインターネット接続ができていることを確認してく ださい。 これらのメールから分かったことは、• やっぱり 今までIPv6に申し込んでいたが、「IPv6オプションライト」というサービス名だった。 それが、 新しく申し込んだ「IPv6オプション」に切り替わった。 ひかり電話対応ルータの設定画面に、予想外のびっくりな変化が! そして、 2通目受信後の、ひかり電話対応ルータ「RS-500KI」の設定画面が、冒頭で掲載したこの画面です。 左ペインの「基本設定」内• 接続先設定 IPv6 PPPoE がなくなった! 「IPv6オプション」の申し込みが完了したと思ったら、なんと 設定画面から「IPv6」の文字がすべて消え、さらに「IPv4」まで「未接続」になりました。 しかも、高速接続といわれる 「IPoE」の文字もまったく見当たりません。 それなのに、インターネットはきちんとIPv6でつながっています……なんだこりゃ?? そんな訳の分からない画面表示なのに…… インターネットはきっちりつながっているんです。 不思議ですね…… しかも、さきほどIPv6接続状況を確認した次のページ を開くと、 きっちり「via IPv6」と表示され、IPv6でのの通信が確立されています。 こりゃなんだ…?? 一体どうなっているんだ…? というわけで、ついにBIGLOBEに問い合わせを行いました。 【結論】BIGLOBEに問い合わせた結果から、さらにすごい事実が判明 BIGLOBEからのあっさりした返信メールの、内容がすごかった こういうツッコんだ質問がなかなかこないからでしょうか、BIGLOBE側の担当者に疑問をきちんと伝えるのに時間がかかりましたが、 最終的に次のような返信がきました。 BIGLOBEサポート窓口からの返信 一部 RS- 500KIなどのNTT提供ひかり電話対応機器をご利用されてい る場合、 IPv6 オプション有効後は BIGLOBEがフレッツジョイントを経由し て配信するソフト ウェアを利用して、自動的に接続をおこないます。 そのため、 お客様からRS-500KIへの設定は不要です。 また、 ソフトウェアの動作によりRS- 500KIではPPPoEなどの設定変更が不可と なります。 RS-500KIなどのひかり電話対応機器で確認できる「 PPPランプ」はPPPoEで 接続しているときに点灯するランプです。 ご連絡の内容より、現在RS- 500KIのPPPランプが消灯している状況でも インターネット接続に問題がない場合は、 IPoEで接続できている状況です。 特に問題はございません。 ご安心いただければ幸いです。 あっさりとした文章なんですが、重要なキーワードがたくさんちりばめられています。 よく読むと、なんだかものすごいことが書いてあります。 新方式では、「フレッツジョイント」を使って、何もしなくても全自動で接続 では、「フレッツジョイント」という新しい配信方式を使って、なんと各契約者のルータを自動で設定するのだそうです。 この際、 ルータ内にプロバイダ専用の接続ソフトをインストールしてしまうため、 ルータ側の設定画面では該当部分の設定が一切いじれなくなる いじる必要がなくなる のだということが分かりました。 これが、いきなり設定項目が減ったり、「未接続」と表示されていた理由でした! PPPoE方式から、IPoE方式に切り替わったしるしです。 PPPoE、IPoEって何? 荷主: 受取人に電話 おーい、いまから荷物送っていい? 受取人:はーいOK! 荷主:はーい、じゃあ送るよー、ほいっ• 受取人:はいっ、受け取りました! 荷主: 受取人の住所を書いた荷物を送るだけ これだけでも、IPoEの方がなんだか速そうですが…… 実はもっと驚きの「速さのひみつ」があったんです。 NTT東西のもつ次世代ネットワーク「NGN」を最大限活用する新方式 NTT東日本・西日本は、実は、国内に インターネットよりずっと高速な自社ネットワークを構築しています。 名前は 「NGN」 Next Generation Network、次世代ネットワーク といいます。 インターネットにつながるポイントはもっていますが、 NGN自体はインターネットの一部ではなく、独立したネットワークです。 こんなネットワークを持っているのは、世界広しといえどもNTTぐらいなんだそうです。 詳細解説: 「フレッツ・ネクスト」の名前のサービスは、実はこのネットワークを使ってインターネットに接続しています。 ただし、これまでのIPv6サービスは、設備はNGNの設備を使っていても、NGNの中にその都度インターネット用のトンネルを作って、その中を通していました。 それが、 新しいIPv6サービスは、IPoE方式で直接NGNの回線につないで、高速で通信するのだそうです。 そういう意味では、 ようやく本来のフレッツの速さが最大限利用できる環境が整った、と言えるのではないかと思います。 詳細解説: 【まとめ】すでにIPv6を使っている環境でも、新方式に切り替えるのがおすすめ というわけで、ちょっとした「びっくり」からはじまった今回の確認作業、とっても驚きの結論で終わりました。 それが、どうやら2011年から、BIGLOBEを含む新しい接続業者が追加されはじめたのです。 参考: 現在では、かなりの数のプロバイダで、新方式 ネイティブ方式 が使えるようになっています。 ネイティブ方式対応プロバイダが検索できます• NTT東日本:• 当店では、パソコン教室のほか、 出張パソコンサポート・出張修理も対応いたします。 パソコンのトラブルでお困りでしたら、ぜひ一度ご相談下さい。 料金は、出張基本料金:5000円、トラブル診断料金:3000円に加えて、実際に行った作業に応じてかかります。 お支払いは、訪問した作業員に現金またはクレジットカードでお支払い下さい。 うまくメールが開かない方は、 info curio-shiki. com あてに、ご住所・お電話番号・トラブル内容をメールしていただければOKです。 当店から折り返しご連絡をさせていただきます。 料金は、出張基本料金:5000円、トラブル診断料金:3000円に加えて、実際に行う作業をご相談の上、お見積りいたします。 先日ファームが更新されてからHGW PR-500MI の設定画面がおかしなことになってしまい、あれこれと調べていました。 ウチの場合は基本接続設定の項目がすべてグレーアウトになっていたりVPNサーバーの設定項目が消えていたりしてもはやただの箱状態でした。 ファームを更新する前からIPv6オプションで接続していたはずですが、HGWの設定画面は普通だったと思います。 あと前々から気になってたことがあってついでにそれもNTTに問い合わせましたが回答を得るまで30分以上待たされました。 その内容はフィルタリングを一切していないのにアウトバウンドのパケットを破棄しているログがあると言うものでした。 NTTによると、接続を試みたTLS1. 2でないアウトバンドパケットは一旦破棄してTLS1. 2に書き換えてパケットを再送信しているそうで、これは内部で自動的に設定されているそうです。 もちろんHGWのマニュアルにもNTTのサイトにも一切そのような説明はありません。 何かと謎だらけなNTTのHGWですが、IPv6の件も含めてもっと情報開示してもらいたいものです。 コメントありがとうございます。 そうなんです、ホームゲートウェイの取説を一生懸命検索してみるんですが、こういう件については何も書いてないですね。 基本的にユーザーサポート的なものを何も提供しておらず、そのための部署も人員もない、という印象を受けます。 HGWの設定画面がなにもいじれなくなった件ですが、IPv6は、NTT NGN網に直接接続できる事業者 VNE事業者 が増えた関係で、契約しているプロバイダがVNEになったら、契約も何も変えてなくても、設定画面がいじれなくなる、ということはあるかもしれないと思いますね。 そしてパケット破棄の件情報ありがとうございます。 そうなんですね。 当店ではまだ具体的に問題化しておりませんが、必要になることもあるかもしれません。 ありがとうごさいました!

次の

「フレッツ・ジョイント」の提供開始について

フレッツ ジョイント

フレッツ光ネクストの接続環境例 VNE Virtual Network Enabler 接続事業者のひとつであるは、ISP向けに、NTT東西のフレッツ光ネクスト網 NGN を利用する及びを。 これを使用した接続環境例を示す。 環境 1. IPv4 PPPoE 2. IPv6インターネット接続サービス 3. IPv6インターネット接続サービス加入時(、等)• IPv4 に関しては、1. と同様の伝送形式 PPPoE であり、同様のメリット/デメリットあり• IPv6関連の機能が、フレッツ・ジョイントにより HGW へと自動配信される• IPv4 ISP経由 とIPv6 JPNE経由 で経路は別• IPv6のグローバルアドレスは、PC等の端末単位で割当(HGWにはNGNよりDHCPv6-PDによりJPNEが所有するプレフィックスを持つIPv6アドレスが割り当たり、さらにHGWからのRAにより各端末にIPv6アドレスが割り当てられる(再分配)) 3. の v6プラスと異なるのは IPv4 over IPv6接続関連のみであり、これは、HGWに対するMAP-E終端機能とIPv4関連機能の無効化が実施されるかどうかによると思われる。 以下のサイトより手順通りにお申し込みください。 本ページでv6プラスのお申し込み手続きを行った場合、エラーメール(ErrorCode:E0009)が届き、v6プラス機能はご利用いただけません。 という注意書きが見られる。 そうすると、ONUにサードパーティ製のMAP-E対応ルータを直結する形なので、• 「IPv6インターネット接続サービス」の場合、MAP-E終端はサードパーティ製のMAP-E対応ルータが行うことで、結果的にv6プラス相当機能となる ということなのかも知れない。 ただ、MAP-Eの場合には、CPE ルータ 側でNAPTを実施するので、CPEに予めグローバルIPv4アドレス 共有 +NAPT利用可能なポート番号のセットを割り当てておく必要があると思うのだけれど、これをフレッツ・ジョイントでやっているとすると、つじつまが合わなくなってしまう……うーん、今一つよくわからない……。 このIPv6プレフィックスから、IPv4アドレス 共有 +NAPT利用可能なポート番号のセットを取り出していると考えると、つじつまが合いそうかな。 逆に、ひかり電話に契約している等してHGWを設置している場合、サードパーティ製ルータを使用していても、v6プラス設定時にエラーメールは返らないはず(ただしその場合、HGWの下にサードパーティ製ルータが設置されることになるので、MAP-E終端は HGW となるはずで、サードパーティ製ルータを MAP-E終端にする場合には、HGWのIPv4 over IPv6 IPoE機能を手動でオフにする必要があると思われる)。 v6プラス加入時• IPv6 に関しては、2. と同様の伝送形式 IPoE• IPv4 over IPv6接続(MAP-E)のために、HGWに対して自動的にMAP-E終端機能が配布され、またIPv4 PPPoE関連機能は無効化される(機能による)• NGN~ISP間 POI のボトルネックには左右されない IPv4接続に関して、以下のような制限がある。 JPNE側グローバルIPv4アドレスを複数のエンドーユーザで共有• 利用可能なポート番号/数に制限 ことに伴う制限と考えられる。 これは、HGWに対して にアクセスすると表示される、「配信済み事業者ソフトウェア一覧」にて確認できる(参考:)。 この設定内では、NAPTに使用される• HGWに割り当てられたIPv4グローバルアドレス(複数のエンドユーザで共有)• に加入するメリットはあるか?• ギガ対応・次世代ネットワーク接続• ただし、無料期間中に解約したとしても、Wi-Fi-ルータ返却手数料1,300円 税別 は別途徴収されるので注意)。 ……という内容の、。 フレッツ光 IPv6接続(無料)や、v6プラス(無料)との違いが気になるところ。 プレミアムサービスでは次世代のネットワーク IPoE接続 をご利用いただきます。 (中略) また、すでにギガ対応回線の方でも、混雑している一般道路 PPPoE接続 から混雑していない高速道路 IPoE接続 に切り替えるため、速くなるのです。 (中略) 動画サービスの広がりなどにより、インターネットに流れる通信量が爆発的に増加しています。 日本のインターネット全体で現在よく使われているネットワーク PPPoE接続 での混雑がより顕著になっており、特に通信量が増える22:30頃には通信速度が低下する地域が出てきています。 しかし、プレミアムサービスなら次世代ネットワーク IPoE接続 により、地域や時間帯の影響が少なく、快適にネットができます。 といった記述を見る限り、v6プラスとの違いがわからない。 ただ、• v6プラスをご利用中のお客さまは本サービスをお申し込みすることができません。 v6プラスを解約後、お申し込みください。 ということで、どうやらv6プラスとは排他的なサービスらしい。 また、v6プラスでは特に要求されない、Wi-Fi ルータ MAP-E対応 のレンタルも気になる。 上記「2. IPv6インターネット接続サービス加入時」参照。 NEC Aterm WG1810 JE とスペック的に遜色の無いと思われる、無料の『フレッツ光 IPv6接続』に加入したうえでこれを使うようにすればほぼ同等の機能となり、かつ1年程で元が取れるような気もする。 あとの違いは、『希望者への新メールアドレス提供』のみなので。 こちらは堂々と『v6プラス』としての提供で、「v6プラス」+「Wi-Fiルーターレンタルサービス」がサービス内容。 Wi-Fiルータはまさに、である。 (は別に発生)。 ただし、BIGLOBE の場合は、もともとの契約(等)に加えて上記の値段が必要なので、それを考えると、GMOとくとくBBの方が新規で契約する分にはお得、なのかも知れない。 なお、GMOとくとくBBの方では、。 これは、で実測されたデータの平均値らしい。 8Mbps 36. 6 接続数:2 上り回線 速度:355. 1Mbps 44. enabler. マルチセッションで測定されることもあり、比較的高めの速度が出ている。 IPv4アドレス辺りのポートセットが256であるため、約1000万ユーザーにしか対応できないが、マップ配信サーバから配信されるルールを変更することで拡張していくものだと思われる。 1ポートセットあたりの利用可能ポートは 240 個• ポートセットIDを SS とすると、利用可能ポート範囲は、 mSSn 16進数 SS: 00~FF m: 1~F n: 0~F で表される。 IPv6 IPoE サービス提供 VNE 接続事業者 国内において、JPNEと同等のVNE接続事業者としては、他にとがあり、それぞれがIPv6 IPoEを用いたIPv6インターネット接続サービスを ISP 向けに提供している。 以下に簡単にまとめる。

次の