ずっと ドコモ 割 コース。 ドコモのフリーコースの正体を暴く

ずっとドコモ割コースの更新ありがとうポイントを受け取りにいく

ずっと ドコモ 割 コース

カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ) 「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」は、2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、ご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプラン間の変更、およびキッズケータイプラスからカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプラン・データプランへの変更が可能です。 通話が少なくデータ通信が多い方向けのプランです。 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)ご契約の場合は、セットでパケットパックの契約が必要となります。 インターネットをご利用いただくためには、spモード(300円/月)などのご契約が必要となります。 お申込み: 必要• ご注意事項• 「カケホーダイプラン」または「データプラン」のみを申込まれる場合は、オンラインお手続きではお申込みできませんので、またはにてお手続きいただきますようお願いいたします。 2年間同一回線の継続利用が条件となり、料金プランの変更、契約変更および解約のお申出がない場合、自動更新となります。 契約期間内での回線解約・定期契約のない料金プランへの変更時などには、9,500円の解約金(フリーコースの場合は不要)がかかります。 ただし、契約満了月の当月、翌月、翌々月はかかりません。 解約金は、お手続き当月のご利用分に対する請求時にあわせて請求させていただきます。 なお、各月1日でのお手続きにより解約金が生じた場合のみ、お手続き前月のご利用分とあわせて解約金を請求させていただきます。 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の 番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となります。 詳細は「」をご確認ください。 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)の契約時には、次のパケットパック契約が必須となります。 【必須パケットパック】 ベーシックパック、データS/M/L、ウルトラデータL/LLパック、シェアパック5/10/15、ウルトラシェアパック30/50/100、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100(シェアパックの場合子回線契約を含みます。 1回あたり5分以内の通話が、回数無制限で定額対象となります。 ただし、1回あたりの通話時間が5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに20円(税込21. 6円)の通話料がかかります。 またデジタル通信料(テレビ電話等)についても5分以内の通信は定額対象となります。 ただし、5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに36円(税込38. 88円)の通信料がかかります。 カケホーダイライトプラン(定期契約あり)とファミリー割引をお申込みの場合、5分を超えた通話も家族間通話無料の対象となります。 フリーコースの場合も、月額基本使用料は同額です。 Xiをご契約のお客さまのみご契約が可能です。 各プランに指定された区分以外のデバイスにドコモUIMカードを挿入してドコモのネットワークを利用した通信を利用した場合は、実際に利用したデバイスに応じて料金が変更となる場合があります。 全プラン無料通信分はありません。 インターネットサービスをご利用の場合は、spモード、mopera U(シンプルプラン、Uスタンダードプラン)などのインターネット接続サービスのご契約が必要となります。 ただし、spモード(iモード契約可)、mopera U(Uライトプラン、Uスーパーライトプラン)はご契約できません。 以下の割引サービスは、基本プランでは契約できません。 契約中の場合は廃止となります。 Xiカケ・ホーダイ、Xiパケット定額サービス、FOMAパケット定額サービス、ファミ割MAX50、ひとりでも割50、(新)いちねん割引、継続利用割引サービス、ゆうゆうコール、WORLD CALLいっかつ割引、ビジネス割50、ドコモへスイッチ学割、ドコモの学割、学生家族いっしょ割、キッズ割、プラスiPhone割、プラスXi割、Xiデータプラン ライト割、ドコモにのりかえ割、ドコモへスイッチ割、ドコモへおかえり割 など• 基本プラン(キッズケータイ除く)では、以下のパケットパックが契約できます。 ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5/10/15、ベーシックパック、ウルトラデータL/LLパック、データS/M/Lパック、らくらくパック、ビジネスベーシックシェアパック、ビジネスシェアパック5~3000、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100• 基本プランは、ファミリー割引もご契約が可能です。 ハーティ割引は、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、シンプルプラン、データプラン、キッズケータイプラスの定期契約なしプランで契約でき、割引額は一律1,700円となります。 (キッズケータイプラスの場合の割引額は500円となります。 基本プランの基本使用料は、ご利用日数にかかわらず日割り計算しません。 ただし、新規契約(MNP含む)と同時のお申込みの場合に限り、お申込み月の基本使用料は日割されます。 (新規契約と同時のお申込みであっても、同月内に変更・解約・廃止等(月末予約での変更・廃止の場合を除く)された場合には日割りで計算いたしません。 基本プラン(キッズケータイプラスを除く)間の変更の場合、同月内で最も高いプランの料金が適用され、それ以外のプランの料金はかかりません。 ただし、カケホーダイライトプランおよびシンプルプランを含むプラン変更の場合、基本使用料は同月内に最も高いプランの料金が適用され、併せてカケホーダイライトプランおよびシンプルプランで契約中に発生した通話料が課金されます。 Xi同士、FOMA同士のカケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更時の手数料はかかりません。 ただし、プラン変更回数としてカウントし、カケホーダイプランとデータプラン間のプラン変更においても、同月内3回目からプラン変更手数料が1,000円/回がかかります。 基本プランは、継続利用期間によって契約期間が変更になることはありません。 また、解約金もフリーコースの場合を除き一律9,500円となります。 継続利用期間が10年超の回線が基本プランの定期契約型カケホーダイプランに変更した場合であっても、変更後の契約期間は2年間となり、解約金は9,500円(フリーコースの場合を除く)となります。 また、変更前に定期契約型基本プランや定期契約型割引サービスを契約している場合、契約期間は引継がれます。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 詳細情報• カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ドコモのフリーコースの正体を暴く

ずっと ドコモ 割 コース

スマホ+ガラケー2台持ちにしているうちの、ガラケー(通話用、カケホーダイプラン)のほうです。 今回は、ちょうど2年契約の切れ目がやってきたらしく、特に何もしなかったので6月くらいから始まった「ずっとドコモ割コース」に入ったことになったようです。 それで「料金プラン契約を更新いただき」という記載になったみたいですね。 ずっとドコモ割コースとは そもそも「ずっとドコモ割コース」ってのはなんなのか、という話ですけど、公式ページ()を見てみてみると、もう一つある「フリーコース」とどちらかを選ぶようになっています。 今回は、特に選ばないと自動的に「ずっとドコモ割コース」になる状態でした。 2年ごとに3,000ポイントもらえる。 更新月以外に解約すると解約金9,500円がかかる。 2年ごとのポイントはもらえない。 いつ解約しても解約金不要。 特徴としては以上のような感じですね。 私としては、ガラケーでパケットパック使っていないので、「2年ごとに3,000ポイントもらえる」or「いつ解約しても解約金不要」のどちらをとるか、という状況でした。 「パケットパックなし」、かつ「更新月以外で解約する」という前提で考えると、3,000ポイントを4回以上もらった時点、つまり 8年目から「ずっとドコモ割コース」の元が取れるみたいな計算になりそうです。 とはいえ、• ポイントは用途限定、期間限定のポイントである。 パケットパックつかっていれば割引も考慮する必要がある。 解約金のない更新月にちょうど解約するタイミングが重なるかもしれない。 8年後、これらのコースが存在しているのか不明。 などなど、という微妙なところもあって、どちらのコースが良いのかということはなんとも言えないような気がします。 ただ、もともとは更新月以外に解約して解約金が必要という状態が続いてきていたという点、それと将来どうなるかわからないのでとりあえず3,000ポイントもらっておけばよいのでは、という点から、ずっとドコモ割コースの方でいいかなと思いました。 (そもそもポイントいらないんで、こういう迷う選択肢を用意しないで月々の料金を安くしてほしいというのが一番の願いなのですが。 ) 更新ありがとうポイントとは というわけで、今回はその3,000ポイント(更新ありがとうポイント)がもらえるタイミングとなりました。 注意しないといけないのは、 自分で受け取りの手続きをしないともらえないということ。 そのままポイント付与してもらえればいいのになぁ。 あと、これは今回だけかもしれませんけど、携帯からの受け取りは8月25日からということで、そこまで待っていると忘れそうな感じもするので、早速パソコンからもらいにいってみようと思います。 PCからポイントをもらいにいく というわけで、案内メールにあるURLにアクセスしました。

次の

ずっとドコモ割コースから、解約金不要のフリーコース変更。Mydocomoでエラーが出る場合は151へ

ずっと ドコモ 割 コース

自動で「ドコモずっと割コース」へ移行するともらえるポイント 我が家(嫁) のドコモ契約が無事に2年経過、さらには2カ月間の更新月も過ぎ去り、あらためて2年縛りに突入しました。 「更新ありがとうポイント」つまり3000円相当のdポイントをもらえても、いまいち気分は乗りませんね。 嫁が利用しているスマホですから、とやかく言えませんが、とにかくまた2年間縛られます。 つまり「割引が2年間適用される代わりに、基本料はお安くしておきますね」という「ドコモずっと割コース」に契約開始から数えて3年目に自動加入したわけです。 この「ドコモずっと割コース」に入ることのできるプランは以下の通り。 「 カケホーダイプラン」・・・スマホなら月額2,700円、ガラケーなら月額2,200円で、1回の通話時間が無制限。 「 カケホーダイライトプラン」・・・スマホなら月額1,700円、ガラケーなら月額1,200円で、1回の通話時間が5分以内なら無制限。 「 シンプルプラン」・・・家族で入れる格安プラン。 月額980円で、30秒あたり20円の通話料。 参照:• 「 データプラン」・・・iPad など。 とはいっても、2年縛りを伴わないコースつまり「フリーコース」を3年目から選択すれば、いつドコモを解約しても契約解除料なんて発生しません。 しかし、嫁はドコモの2年縛りにしっかりはまりました。 その辺の解説は で書いておりますので参考にしてください。 「更新ありがとうポイント」をもらう方法 さて、3年目から2年縛りが伴う「ドコモずっと割コース」へ移行すると、ドコモからささやかなプレゼントがあります。 それは「更新ありがとうポイント」というもの。 dポイントで3000ポイントです。 3000円の価値があります。 でもこれって、 手続きしないともらえないんですよね。 なんだかドコモのけち臭い意図を感じさせますね。 自動更新したわけですから、自動で付与してくれてもよさそうな気がします。 注意点は、上記の通り「手続きしないともらえない」という点と、ポイントが付与される期間です。 契約満了日は24か月目で、その翌月から2カ月間が更新期間。 その間に何も手続きしなければ、自動で更新され「ドコモずっと割コース」へ移行されます。 「更新ありがとうポイント」をもらえる手続き期間は、更新期間の翌月つまり 27カ月目から32カ月目の間と決まっております。 ドコモは何も教えてくれないわけではありません。 2回ショートメッセージで教えてくれます。 24か月目と27か月目にです。 我が家のドコモのスマホも無事に27カ月目に突入しましたので、以下のように手続きしました。 「dメニュー 」から「d POINT CLUB」へ行くか、 直接アプリ「d POINT CLUB(dポイント・クラブ)」を起動し、左上の「設定(三本線)」をタップします。 メニュー内の「お知らせ」から『「更新ありがとうポイント」の進呈について』へ。 「お手続き画面へ」から「申し込む」をタップします。 「お手続きが完了しました。 」と表示されれば、3000ポイントが付与されます。 「更新ありがとうポイント」の使い方 以上のように無事にもらえた「更新ありがとうポイント」ですが、そのdポイントの使い道は様々です。 リアル店舗で使いたいなら、 マクドナルドや ローソンが順当でしょう。 また、dマーケットや ドコモケータイ払い(決済)ができるサービスなら基本的に使えることになっています。 (使えるお店の確認は から。 ) 今はやりのネットのフリマ「 メルカリ」を利用しているなら、そこでもdポイントを利用できますよ。 その場合支払い方法に「ケータイ払い」を選択します。 私は、 ドコモケータイ(スマホ月額利用料)に充当することが、最も無駄のない使い方と断言します。 それはこのブログでしばしば話題にしています。 ( を参考にしてみてください。 ) その場合は上記で利用したアプリ「d POINT CLUB」を再び起動し、下部メニューの「つかう」から「ケータイ料金に使う」を選んで、dポイントで支払う手続きをします。 具体的な手順は で書いておりますので、参考にしてください。 以上がドコモの2年縛り継続契約でもらえるドコモからのささやかなプレゼント「更新ありがとうポイント」の取得方法と使い方でした。

次の