えんどう豆 卵とじ。 さやえんどう レシピ?卵とじ?お菓子?

おかずのクッキング|高野豆腐とえんどう豆の卵とじの作り方レシピ(大原千鶴)

えんどう豆 卵とじ

グリーンピース・200g• 塩・少々• 卵・4個• ロースハム・20g• マヨネーズ・大さじ4• ブラックペッパー・適量• レモン汁・小さじ1 作り方• えんどう豆からグリーンピースを取り出します• ロースハムを5mm幅の短冊切りにします• 鍋でお湯を沸かし塩を加え、グリーンピースを入れ5分茹でます• 沸騰している鍋に卵を入れて6分茹でて殻を剥きます• グリーンピースは取り出し、流水で冷ましておきます• ボウルにゆで卵を入れ粗目に潰します• グリーンピース、ロースハム、マヨネーズ、ブラックペッパー、塩、レモン汁を加えます• 軽く和えて、器に盛り付ければ出来上がりです 材料• キャベツ・2枚• グリーンピース・50g• あさり(殻つき)・300g• 白ワイン・大さじ1• 水・適量• コンソメ・405g• 胡椒・少々• 牛乳・1カップ• バター・大さじ1• 小麦粉・大さじ1 作り方• キャベツと玉ねぎは短冊切りにし、人参は1cm角に切ります• グリーンピースは塩をまぶして熱湯で茹で、冷水に取って冷まします• あさりは塩水に漬けて砂を出し、良く洗って鍋に入れ、白ワインを加えて酒蒸しにします• あさりに味が浸み込んだら、取り出しておきます• 蒸し汁の残っている鍋に玉ねぎ、人参、水、コンソメ、胡椒を加え、野菜が柔らかくなるまで煮ます• さらに、キャベツと牛乳を加え、キャベツがしんなりしたら、あさり、グリーンピースを加えてよく混ぜ合わせます• 全体的に馴染んだらバターと小麦粉を加えトロミをつけます• 馴染むように軽く温め、器に盛り付ければ出来上がりです 材料• えんどう豆・100g• 卵・1個• 水溶き片栗粉・大さじ2• バター・10g• 粉チーズ・適量• パセリ・適量• 水・400cc• コンソ・大さじ1杯• 塩・少々• 胡椒・少々 作り方• えんどう豆をさやから出し、サッと水洗いします• 玉ねぎは薄切りにします• 卵を溶きます• 鍋にバターを入れて溶かし、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒めます• さらに、水、コンソメ、塩、胡椒を入れて沸騰させます• 沸騰したら、えんどう豆を入れて中火で2分から3分煮込んだら火を弱め、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます• 溶き卵を流し入れ、もう一度沸騰させます• 器に盛り付け、粉チーズ、パセリをトッピングすれば出来上がりです 材料• ほうれん草・2株• バター・大さじ1• 洋風スープ・1カップ• 牛乳・1カップ• 塩・少々• 胡椒・少々 作り方• えんどう豆からグリーンピースを取り出し水洗いし水気を切きます• 玉ねぎを細切りにします• 鍋でお湯を沸かし沸騰したらグリーンピースを入れ軽く茹でます• ほうれん草も同じ要領で茹でます• 玉ねぎをバターで炒め、さらにグリーンピースとほうれん草を加え炒めます• 全体的に馴染んだら洋風スープと牛乳を入れ、軽く煮込みます• 再度、軽く火にかけ塩、胡椒をかけ味を調え温めれば出来上がりです 材料• サワークリーム・25cc• ミント・小さじ1• ブラックペッパー・少々• 塩・少々 作り方• あらかじめ、じゃがいもとミントを微塵切りにしておきます• グリーンピースとじゃがいもを軽く塩茹でし粗熱をとります• ブレンダーにグリーンピース、じゃがいも、スープストックを入れ滑らかになるまで攪拌します• ミント、サワークリーム、ブラックペッパーを混ぜあわせます• 滑らかになったら鍋に戻して温め、器に入れミント風味のサワークリームとブラックペッパーを混ぜたものを上にのせれば出来上がりです 材料• えんどう豆・10房• オリーブオイル・20ml• 白米・120g• 塩・少々• 胡椒・少々• えんどう豆の茹で汁・適量• 粉チーズ・20g• 黒胡椒・適量 作り方• えんどう豆のさやから豆を外します• 鍋でお湯を沸かし、沸騰したらえんどう豆のさやを弱火で5分茹でます• 玉ねぎを微塵切りにします• フライパンに油をひき、白米を加え弱火で炒めます• オリーブオイルが馴染んだらグリーンピース、玉ねぎを加え炒めます• 全体的に馴染んだら塩、胡椒を入れ味を調え、えんどう豆のさやを茹でた茹で汁を白米が被るくらい入れます• 水分量に注意しながら15分ほど加熱し、丁度良く水分が飛んだら塩、胡椒で味を調えます• さらに全体的に馴染ませたら、粉チーズとオリーブオイルを加え、良く混ぜしっかり乳化させます• 器に盛り付けて黒胡椒などをトッピングすれば出来上がりです 材料• 鶏ひき肉・100g• スナップえんどう・100g• 卵・4個• 酒・大さじ2• だし汁・1カップ• 醤油・小さじ1 作り方• スナップえんどうは両側の筋を除き、斜め半分に切ります• 玉ねぎは縦半分に切り、横に7mmから8mm幅に切ります• 卵は溶きほぐします• 2フライパンに鶏ひき肉、酒を入れて混ぜ、火にかけます• 混ぜながら火を通しパラパラにほぐれたらだし汁、塩、醤油を加え、煮立ったら玉ねぎ、スナップえんどうを加えて1分から2分煮ます• 溶き卵をまわし入れ、蓋をして好みの柔らかさになるよう火を通し、器に盛り付ければ出来上がりです 材料• グリーンピース・130g(さやは除く)• じゃがいも・2個• 卵・1個• 白胡椒・少々• 粉チーズ・大さじ2• 薄力粉・適量• パン粉・大さじ8• オリーブオイル・小さじ4 作り方• えんどう豆のさやから豆を出して洗い水気を切ります• じゃがいもは皮をむき、4等分にして水にさらします• パン粉をフライパンできつね色になるまで炒め、バット等に移して粉チーズを混ぜます• 鍋に水とじゃがいもを入れて中火にかけ、沸騰したらとグリーンピースと塩を加えてさらに茹でます• じゃがいもが柔らかくなったら湯を捨て、水分を飛ばすように乾煎りします• 熱いうちにじゃがいもとグリーンピースをマッシャーでつぶし、塩、白胡椒、粉チーズを加えて混ぜます• 良く混ぜたら具材を8等分にして丸く成形し、薄力粉、溶き卵、パン粉の順にまぶしつけるます• グリーンピース・250g• 卵・4個• 長ネギ・25cm• ニンニク・3片• 生姜・30g• 酢・小さじ0. 塩・小さじ0. 胡椒・小さじ0. 醤油・大さじ1• ごま油・小さじ1• 塩・小さじ0. 砂糖・小さじ0. 胡椒・小さじ0. 25 作り方• ボウルに卵を割り入れ、塩、胡椒、酢を加え良くかき混ぜます• 長ネギを微塵切り、生姜とニンニクを潰してから微塵切りにします• 鍋でお湯を沸かし沸騰したらグリーンピースを入れ、1分から2分茹でてザルにあげます• フライパンにサラダ油を入れ温まったら溶き卵を回しながら強火で炒めます• 卵が程よく焼けたらザルにあげておきます• フライパンにサラダ油をひき、刻んだ野菜とグリーンピースを入れ炒めます• 全体的に馴染んだら塩、胡椒、砂糖を加え、さらに焼いた卵を入れ炒めます• 卵を細かくしながら炒め、醤油、ごま油を加え全体が馴染むようの炒め、器に盛り付ければ出来上がりです 材料• 白玉粉・80g• 水・90g~95g• 砂糖・15g• 茹で赤えんどう豆・40粒(45g)• こし餡・100g• 片栗粉・適量 作り方• えんどう豆をあらかじめ塩茹でをしておきます• ボウルに白玉粉と水を入れ、ゴムベラで白玉粉を溶かしながら混ぜます• さらに、砂糖を加え、よく混ぜ合わせます• 金属製のバットや型に濡らしたさらし布などを敷き、その中に生地を流し入れます• 沸騰した蒸し器に入れ、強火で10分間蒸します• もちを蒸している間に、餡を丸め、バットに片栗粉を敷いておきます• 蒸し終わったら、もちをボウルに入れて木べらで捏ねます• もちが伸びのある状態になったら、バットの片栗粉の上にのせます• もち全体に片栗粉をまぶし、4つに切り分けます• もちを平たくのばし、その上に豆をのせ包み平たくのばします• さらに、餡をのせ包み丸くなるように形を整えれば出来上がりです.

次の

【育て方のコツ】えんどう豆(スナップエンドウ/さやえんどう/絹さや)の栽培|【簡単】家庭菜園の始め方と初心者におすすめグッズ

えんどう豆 卵とじ

さやえんどうは豆が小さく、さやごと食べることが出来る緑黄色野菜です。 絹さやとも呼ばれていますね。 さやえんどうがさらに成長して中の豆を取り出したものがグリーンピース、豆が完熟するとえんどう豆と名前が変わるのですが全て同じ種類なんですよ。 彩りの良い和食には欠かせないさやえんどう。 シャキシャキしていて美味しいですよね。 さやえんどうにはどのような栄養があるのでしょうか。 そして下処理や保存方法もご紹介します! スポンサーリンク さやえんどうの栄養 ビタミンCでアンチエイジング さやえんどうにはビタミンCが豊富に含まれているんです。 ビタミンCは抗酸化ビタミンなので健康維持に大切な抗酸化力があるんですよ。 ストレスや紫外線、喫煙などで体内に発生した活性酸素は身体を酸化させて、動脈硬化やがんなどの病気や老化を進めてしまう原因になるんです。 さやえんどうのビタミンCで活性酸素を除去して、いつまでも元気で若々しくいたいですね。 ビタミンCは本来、加熱によって失われやすい性質があります。 ですが、 さやえんどうのビタミンCは損失が少ないのが特徴!下茹でしても安心ですよ。 免疫力や老化防止に効果的でアミノ酸をバランス良く含む卵と一緒に調理することで、栄養価もアップ! さらに、卵とじにすることでさやえんどうを主役にしてもりもり食べることができますね。 そして、 ストレスによって消耗するたんぱく質は卵から、ビタミンCはさやえんどうから摂取出来るんです!ストレス社会に生きる現代人の味方、さやえんどうの卵とじをぜひ作ってみてください。 筋があって料理に使うのは面倒だなぁ〜なんて思っている方もいるかと思いますが… 意外と簡単に筋取りはできちゃうんですよ! 取り方によっては時間短縮も可能なのでぜひ試してみてください。 やりやすい方法で下処理してくださいね。 逆側の筋(膨らんでいる方)の筋は取らなくても美味しく食べることが出来ることもあるので、調理するさやえんどうの状態に合わせて下処理するといいですね。 【 下ごしらえのポイント】 ・保存しておいたさやえんどうは筋が取りにくいです。 一度水に浸すと、取れやすくなりますよ。 ・長時間茹でると食感が悪くなるので 茹で時間は1分以内を目安にしましょう! ・ 冷水で冷やすことで彩り鮮やかになります。 サラダなどに入れる時はお忘れなく! さやえんどうを炒め物に入れる時は、茹でずにそのまま使えますよ。 調理方法に合わせて下処理してくださいね。 スポンサーリンク さやえんどうの保存方法 さやえんどうを買ってきたら、どのように保存しておくと良いのでしょうか? 新鮮なさやえんどうはハリと艶があって歯ごたえがありますよね。 なるべく鮮度を保ちたいのですが、乾燥に弱くてすぐにしなびてしまうんです。 そのまま冷蔵保存すると1〜2日、乾燥対策をしてから冷蔵保存すると1週間、冷凍保存すると2ヶ月ほど保存が可能なんですよ! 【 冷蔵保存の方法】 乾燥から守るため、筋取りはせず、湿ったペーパーで包み、袋に入れて冷蔵してください。 【 冷凍保存の方法】 食感と色が悪くなってしまうので、茹でてから冷凍します。 湯で時間は10秒ほどの硬めで。 使用する時は解凍しないでそのまま使えますよ。 まとめ さやえんどうは緑鮮やかで料理のアクセントにとっても大活躍ですね。 下ごしらえをするのとしないのでは、さやえんどうの食感が違うんです!最初のちょっとした一手間で美味しくさやえんどうを食べましょう! 旬である4〜6月あたりは特に美味しいので、ぜひさやえんどうを主役に献立を考えてみてはいかがですか。 スポンサーリンク.

次の

えんどう豆の人気レシピ!サラダや甘煮などの定番料理からスープも

えんどう豆 卵とじ

うすいえんどうのサヤから実だけを取り出しよく洗います。 沸騰したお湯に塩少々を入れ、うすいえんどうを下ゆでします。 お鍋にだし・砂糖・醤油・みりんを入れて火をつけ、沸騰したら豆を入れて中火で5分程度煮る。 最後に卵を回しいれて火が通ったら完成です。 うすいえんどうの産地、和歌山県ではこの卵とじが定番メニューとなっています。 えんどう豆にはたんぱく質や食物繊維ビタミンなどが含まれます。 お箸でつかみにくい豆ですが卵とじにすることで食べやすくなります。 うすいえんどうを美味しく食べるコツ• うすいえんどうは新鮮なものほど美味しく、鮮度が落ちるとともに、味、食感がどんどん損なわれていきます。 収穫後3日ほどでお召し上がりをオススメいたします。 店頭で選ぶ場合はできる限り新鮮なものを選びましょう。 調理の際は、熱を加える時間が長くなると、うすいえんどうの旨みや風味が少なくなってしまいます。 茹で時間は約4~5分ほどが目安です。 豆ご飯の際も下茹でしたうすい豆を炊きたてのご飯に混ぜる方法もおすすめです。 茹でた後にすぐに冷たい水にさらすと、豆にシワが入って見た目が悪くなってしまいます。 料理の彩りとしても重宝されるうすい豆ですので、茹でた後は常温で冷ましてください。 うすいえんどうを使った料理.

次の