レミゼラブル あらすじ。 レ・ミゼラブルを時代背景から考察。フランス革命との関わりや歴史とは

ざっくり解説!ミュージカル『レ・ミゼラブル』あらすじ・キャラクター

レミゼラブル あらすじ

3 レ・ミゼラブルep8、最終回。 奇をてらった変更などはほとんどなく、やはり感動的。 ・・・ですが、最後は割と駆け足展開で、あっさり終わった感じはあったかも。 もう少し、余韻があってもよかったかなあ。 とにかく、歌わないドラマ版として、映像特性を生かした作品で、おもしろかったです。 全話見た感想などは、また日を改めて書きたいと思います。 このブログを読んでくださった、みなさま。 毎週、一緒に楽しんでいただいて、ありがとうございました。 お疲れ様でした。 8】 今作ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、Amazonビデオで有料レンタル配信中です。 (字幕版のみです) 個別に有料ではありますが、かなりリーズナブルな値段で、今すぐ全話視聴できます。 (全8話版) Amazonビデオ公式サイトはこちら。 【公式サイト】 目次• 海外ドラマ「レ・ミゼラブル」とは? 有名なフランス文学を原作に、19世紀の激動の時代を描く大河ドラマ「 レ・ミゼラブル」。 舞台は、19世紀のフランス。 パンを盗んだことをきっかけに、19年間もの長きに渡って、監獄生活を送ることになった主人公ジャン・ヴァルジャン。 刑期を終え、町へと戻ったジャン・ヴァルジャンは、人生をやり直そうと決意するのですが・・・。 さらなる困難が立ちはだかります。 予告動画は、こちら。 ミュージカルの舞台は、もちろんですが。 映像作品でも、これまで何度か映画化されています。 2012年のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」では、主人公ジャン・ヴァルジャンを、「X-MEN」シリーズのウルヴァリン役や、「グレイテスト・ショーマン」などでおなじみ、ヒュー・ジャックマンが演じました。 また、ジャベール警部役に「グラディエーター」のラッセル・クロウ、ファンティーヌ役に「プラダを着た悪魔」「マイ・インターン」のアン・ハサウェイ。 予告動画は、こちら。 今作のドラマ版「レ・ミゼラブル」は、ミュージカルではありません。 ご注意を。 (紹介している作品は、2020年3月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazon公式ホームページにてご確認ください。 ) 各サービスの詳細や加入は、こちら。 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 そんな有名作を、壮大なスケールでドラマ化したのが今作。 ・・・クドいようですが、歌いません。 (笑) 濃厚な人間ドラマを深く描いた作品になっています。 キャストとしては。 主人公ジャン・ヴァルジャンを演じるのは、「アフェア 情事の行方」のドミニク・ウェスト。 ジャベール警部に、「MI-5 英国機密諜報部」のデヴィッド・オイェロウォ。 二人は、製作総指揮としても名を連ねています。 そして、シングルマザーのファンティーヌ役には、リリー・コリンズ。 映画「シャドウハンター」「白雪姫と鏡の女王」「ハリウッド・スキャンダル」のほか、ドラマではAmazonオジリナル「ラスト・タイクーン」などにも出演。 実のお父さんは、ミュージシャンのフィル・コリンズ。 また、ギレノールマンドに、「」ウォルダー・フレイ役でおなじみ、デイビッド・ブラッドリー。 マブーフに、同じく「ゲーム・オブ・スローンズ」メイスター・ルーウィン役ドナルド・サンプター。 テナルディエに、「」「刑事リバー 死者と共に生きる」のアディール・アクタール。 テナルディエ夫人役は、数々の作品で大活躍のオリヴィア・コールマンが演じます。 最近では、映画「女王陛下のお気に入り」やドラマ「」で、数々の賞を受賞。 ちなみに。 「ザ・クラウン」で英国女王エリザベスを演じたオリヴィア・コールマンは、妹マーガレット王女役ヘレナ・ボナム=カーターと共演していますが。 映画版「レ・ミゼラブル」で、テナルディエ夫人を演じていたのは、ヘレナ・ボナム=カーター。 ・・・何とも不思議な縁。 同じ役を演じる二人を比べてみると、おもしろいかもしれませんね。 他にも、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のヘンリー・ロイド・ヒューズなどが出演しています。 舞台はフランスですが、出演陣は英国俳優陣がズラリ。 (そこは言いっこなしで。 笑) 実力派が顔をそろえた、キャストにも注目です。 ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、2019年制作。 本国放送時は全6話でしたが、日本では再編集され、全8話で放送されました。 ドラマ「レ・ミゼラブル」Amazonビデオでネットのレンタル配信中 今作ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、Amazonビデオで有料レンタル配信中です。 各話が個別に有料ですが、いますぐ全話視聴できます。 (全8話版) Amazonビデオ公式のドラマ「レ・ミゼラブル」視聴ページはこちら。 【公式サイト】 残念ながら、字幕版のみの配信です。 吹替版は、ありません。 とはいえ、各話の料金は、かなりリーズナブル。 見逃してしまった、録画に失敗した、という時に、必要なエピソードだけ視聴すれば、かなり便利。 字幕版のみですが、何かあっても、まだまだ放送に追いつけます。 なお! 「Amazonプライム・ビデオ」の「見放題サービス」ではなく、 「個別に料金が発生する有料視聴」の「レンタル配信」サービスです。 くれぐれも、お間違えないように。 また、レンタル配信の場合、視聴期限があり、好きなだけ見放題で楽しめるわけではありません。 利用前に十分ご確認の上、ご利用ください。 Amazonビデオ公式サイトはこちら。 【公式サイト】 Amazonビデオの利用方法などは、公式ヘルプでご確認ください。 ドラマ「レ・ミゼラブル」あらすじ 1815年フランス。 貧困に耐え切れず、パンをたったひとつ盗んだ罪で、監獄へ投獄されたジャン・バルジャンは、実に19年にも渡って服役することになります。 ようやく刑期を終え、町に戻るも、元受刑者に対する風当たりは想像以上に冷たく、途方に暮れるばかり。 しかし、ミリエル司教と出会ったことをきっかけに、ジャン・バルジャンは、人生を取り戻す力を得ることになります。 それから時を経て、ジャン・バルジャンは素性を隠し、民衆を愛する公職につき、手腕を発揮し始めます。 平穏な日々が続く・・・かに思えた、その時、正体を疑うジャベール警部の執拗な追及が始まり、ジャン・バルジャンは、次第に追い詰められていきます。 やがて、さらなる過酷で厳しい運命が、ジャン・バルジャンを待ち受けているのでした。 果たして、どうなってしまうのか? ・・・というようなストーリーです。 くれぐれも、ご注意ください。 より深く描かれるドラマ性が新鮮!「レ・ミゼラブル」第1話感想 私、舞台版は見たことがないので。 どうしても、ミュージカル映画版と比較してしまうのですけど。 今作ドラマ版は、意外性もあって、また別の面白さがありましたね。 冒頭から、いきなり意外な展開。 テナルディエとマリウスが登場して、ちょっとビックリ。 さらに、ファンティーヌのエピソードもあって、予想外。 ・・・あ、そこから描くの?という驚き。 このドラマ版で「レ・ミゼラブル」を初めて見る人にとっては、あまり衝撃を感じない、ゆるやかなスタートだとは思うんですけど。 すでにストーリーを知っている人にとっては、なかなか斬新さがあったかもしれないですね。 映画版では、ファンティーヌやマリウスの過去は、説明こそあれ、深く描かれてはいなかったんですけど。 ・・・ファンティーヌが自身の絶望を歌い上げる、あのミュージカルシーンの意味が、より深く理解できて、重みを増した気がする。 「レ・ミゼラブル」の物語は、多くの人に、すでに知られていますが。 それでも飽きさせない、新しい刺激と新鮮味のあるアプローチだったと思います。 知っているけど、知らないものがある。 これは、今後の展開が楽しみ! ・・・ですけど。 その後のファンティーヌの運命を知っていると、さらに、どよ~~ん、と気分が重くなるかもですねぇ。 全体的には、ややスローペースではあったと思います。 なにせ映画版では、今作ドラマ版の第1話の内容は、冒頭7~8分くらいの内容。 (短いっ!笑) やはり、それだけ、主人公ジャン・バルジャンや、ファンティーヌ、マリウスを含めた、まわりの人々の人間模様を、じっくり描いている感じですね。 かなり見ごたえありそうな予感。 ・・・とはいえ。 これ、「レ・ミゼラブル」を初めて見る人にとっては、第1話はスローペースなうえに、状況説明が多すぎて、やや退屈に感じるかも。 結局、登場人物それそれの背景が描かれるけど、接点はなく、話もあまり進んでいない感じはあるかもですね。 どこか、ちょっと、「レ・ミゼラブル」の物語を知っている前提で構成されている気もしないでもないかなあ。 知っていると、深く理解もできるし、意外性もあって面白いんですけど。 初見の人にとっては、少し刺激が足りないかもですね。 ・・・まだ、大して過酷でもなく平和だし。 (笑) そういう意味では、第1話の評価としては、やや賛否が分かれるかもしれませんね。 ・・・あれですかねぇ。 やはり、全6話を全8話で再構成した都合で、あそこで終わった、ということでしょうか? な~んか、中途半端でしたけど。 本当、まだまだ序盤で始まったばかり、というところで終わってしまいましたが。 盛り上がるのは、これから。 今後に、期待したいと思います。 やっぱミュージカルの印象が強いので、慣れないうちは、歌わないほうが違和感ありましたね。 (笑) 劇的でドラマチック!という心情の盛り上がりは、やっぱミュージカルのほうが強いかなあ。 ドラマとして、どう見せるのかも、注目したいと思います。 ドラマ「レ・ミゼラブル」以降の感想は随時追記します 個人的には、第1話から、なかなか面白かったです。 第2話以降の感想は、視聴次第、Twitterでツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。 配信スケジュールなど、新たな情報があれば、Twitter()などでも、つぶやいていこうと思います。 ドラマ「レ・ミゼラブル」、お見逃しなく!.

次の

映画「レ・ミゼラブル」のあらすじと感想:このミュージカルはストーリーが難解!あらすじを読んでから映画を観るのがおすすめ!ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが素晴らしい!

レミゼラブル あらすじ

レミゼラブル映画あらすじ:主人公ジャンバルジャンの罪 舞台はフランス。 ナポレオン没後、ルイ18世の時代です。 民衆は、とても貧しい生活を強いられ、仕事があるだけマシという状況でした。 主人公 ジャンバルジャンは、パン一つを盗んだ罪で投獄され、何度か脱獄しようとしては失敗し、最終的に19年間もの間、刑務所で過酷な重労働を強いられていました。 囚人番号24601。 (引用:) 囚人の見張り役は、警部 ジャベール。 ある日、ジャベールはジャンバルジャンに、十数メートルもある大木に括り付けられた国旗を一人で持ってくるように命じます。 力持ちのジャンバルジャンは、一人で持ち上げ、引きずりジャベールの元に持ってきます。 そして、ジャベールは、バルジャンに仮釈放を伝えます。 その際、身分証が渡されますが、そこには「 危険人物」の印が押されていました。 晴れて刑務所から出たバルジャンですが、身分証のせいで仕事に就けず何日も街中を彷徨い、飢えていました。 ある夜雪の降る中、教会のドアの外で、横たわり眠ろうとします。 そこに、司教が現れ、中に招いてくれました。 暖炉で体を温め、満足な食事を与えてもらい、ベッドも用意してもらったバルジャンですが、夜中にこっそりベッドを抜け出します。 そして、 教会の銀食器を盗み逃げてしまうのです。 翌朝、警察に見つかり教会に連れ戻されるバルジャン。 警察が司教に聞きます。 「こいつはこの銀食器を貴方にもらったというのですが、そんな訳ありませんよね?」と。 それに対し、司教は、「その通りです。 この方にあげたものです。 」と答え、続けて「貴方は急ぎすぎて、一番高価な銀燭(ろうそくを乗せる台)をお忘れだ」と 銀燭2つも与えるのです。 その場を逃れたバルジャンは、その後悔い改めます。 司教の懐の大きさ、優しさ、人として認めてくれたことに大きな感銘を受け、神のご慈悲のもと 人生をやり直そうと決意します。 レミゼラブル映画あらすじ:ファンテーヌ工場をクビになる バルジャンは名を マドレーヌと変え、慈悲深い人間に生まれ変わり、人望を集め、パリ市長兼工場のオーナーになっていました。 その工場で働く ファンテーヌという女性。 (引用:) 小さな娘( コゼット)がいるシングルマザーです。 この時代は、シングルマザーというものが浸透していなかったため、娘を宿屋を経営するテナルディエ夫妻に預け、仕送りのために働いていました。 しかし、一つの手紙が原因で同僚に娘の存在を知られ、いざこざが起きます。 その騒ぎを聞きつけ、バルジャンが工場へ入った時に、警部ジャベールも工場に姿を現します。 バルジャンは、ジャベールの存在に気付き、騒ぎを工場長に任せ、その場をそっと去ります。 工場長は、ファンテーヌをクビにして工場から追い出してしまいます。 クビになったファンテーヌは、病気の子供に仕送りするために、髪の毛を売り、奥歯を売り、最後は娼婦になります。 (引用:) レミゼラブル映画あらすじ:ジャンバルジャンとジャベールの再会 警部ジャベールは、囚人の監視役から、パリ市内の警部に異動になっていました。 そして、パリ市長に挨拶に来たのです。 「どこかで会ったことがあるような」と考えるジャベールに対し、「どこにでもある顔ですよ」とはぐらかすバルジャン。 何とかその場は誤魔化しましたが、ある日馬車が倒れ、下敷きになった老人がいました。 バルジャンは駆け寄り、怪力で馬車を持ち上げ、老人を助け出します。 その時の様子を見たジャベールは、やはり彼はジャンバルジャンだ、とほぼ確信を持ちます。 レミゼラブル映画あらすじ:ファンテーヌの最期 たまたま貧民街を歩いていたバルジャン。 そこに騒ぎが起きます。 娼婦となったファンテーヌが客から言いがかりを付けられ、反論している時に警部ジャベールが通りかかります。 客の言い分を信じたジャベールは、ファンテーヌを逮捕しようとします。 逮捕されそうなファンテーヌをバルジャンが救い出し、病院へ連れて行き入院させます。 ファンテーヌはバルジャンの工場をクビになったことで、身も心もボロボロな状態になったのです。 初めはそのことを責めるファンテーヌでしたが、徐々に心を開いて行きます。 (引用:) バルジャンの元にジャベールが現れ、「私は市長が逃げた囚人だと告発しましたが、誤りでした。 すでにその囚人は捕まり、裁判にかけられます。 疑って申し訳ありませんでした」と言います。 バルジャンは、身代わりができたことに安堵しますが、その囚人のことを思うといてもたっても居れなくなり、裁判所へ行き「私が囚人番号24601だ!」と自白するのです。 しかし、裁判官からは相手にされませんでした。 病院へ戻ったバルジャン。 ファンテーヌから、娘コゼットのことを聞き、コゼットを託されます。 そして、ファンテーヌはコゼットの幻を見ながら亡くなります。 スポンサーリンク レミゼラブル映画あらすじ:バルジャンとコゼットの出会い バルジャンは、ファンテーヌから託された娘コゼットを探しに行きます。 その道中で、ジャベールに遭遇します。 マドレーヌ市長がバルジャンだったと知り、逮捕しようと追いかけます。 川に飛び込み何とか逃げるバルジャンでした。 (引用:) テナルディエ夫妻が経営する宿屋に住む幼いコゼット。 召使いのように働かされていました。 テナルディエ夫妻は、金儲けのために宿屋に泊まる客から金品をくすねる悪党です。 まぁ、それでも見ていて憎めないのですが。 夫妻には、コゼットと同じ年の娘エポニーヌがいます。 娘のことはとても可愛がり、いつもお人形のような可愛い洋服を着せていました。 コゼットとバルジャンの出会いは、深い森の中。 森の中にお使いを命じられたコゼットが、怖さを紛らわせるために鼻歌を歌いながら歩いていたところに、バルジャンとばったり出会います。 (引用:) バルジャンは、テナルディエ夫妻にコゼットを引き取ることを伝えます。 テナルディエは突然の申し出に困惑しながらも、借金の残高をバルジャンに要求し話がつきます。 パリへ帰る道中ジャベールに見つかるジャンバルジャン とコゼット。 修道院へ逃げ込みます。 そこは男子禁制の修道院でしたが、そこにいたのは、以前バルジャンが助けてあげた老人でした。 そしてかくまってもらうことになりました。 その後、バルジャンとコゼットは、ひっそりとパリ郊外で暮らし始めます。 バルジャンは、コゼットを我が子として愛し、コゼットもバルジャンにとても懐いていました。 レミゼラブル映画あらすじ:コゼットの恋 月日が経ち大きくなったコゼット。 ある日、バルジャンとパリ市内に出掛けた時に、なんとテナルディエ夫妻に遭遇します。 テナルディエは、かねがねコゼットを売った代金が安すぎたと悔やんでいました。 バルジャンと会ったテナルディエはいきなり、お金を要求してきます。 そこでイザコザが起き、警部ジャベールが駆けつけます。 ジャベールがテナルディエに詰め寄っているすきに、そっとその場を離れるバルジャンとコゼット。 その去り際に、コゼットは騒ぎを見物していた マリウスと目が合います。 その瞬間二人とも恋に落ちたのでした。 マリウスは、学生運動グループ ABCの友の一員です。 (引用:) 民衆蜂起 学生運動グループABCの友のリーダーアンジョラスが筆頭になって、ついに政府軍を倒そうという動きに。 しかしマリウスは、コゼットのことが気になって戦いに参加するか悩んでいます。 そんなマリウスに呆れる仲間たち。 市民へ戦いに参加するように要請する学生たちに賛同し、市民はバリケードに使うために家財道具を窓から投げ捨てます。 そして、いよいよ明日は戦いの時。

次の

レ・ミゼラブル

レミゼラブル あらすじ

レミゼラブル映画あらすじ:主人公ジャンバルジャンの罪 舞台はフランス。 ナポレオン没後、ルイ18世の時代です。 民衆は、とても貧しい生活を強いられ、仕事があるだけマシという状況でした。 主人公 ジャンバルジャンは、パン一つを盗んだ罪で投獄され、何度か脱獄しようとしては失敗し、最終的に19年間もの間、刑務所で過酷な重労働を強いられていました。 囚人番号24601。 (引用:) 囚人の見張り役は、警部 ジャベール。 ある日、ジャベールはジャンバルジャンに、十数メートルもある大木に括り付けられた国旗を一人で持ってくるように命じます。 力持ちのジャンバルジャンは、一人で持ち上げ、引きずりジャベールの元に持ってきます。 そして、ジャベールは、バルジャンに仮釈放を伝えます。 その際、身分証が渡されますが、そこには「 危険人物」の印が押されていました。 晴れて刑務所から出たバルジャンですが、身分証のせいで仕事に就けず何日も街中を彷徨い、飢えていました。 ある夜雪の降る中、教会のドアの外で、横たわり眠ろうとします。 そこに、司教が現れ、中に招いてくれました。 暖炉で体を温め、満足な食事を与えてもらい、ベッドも用意してもらったバルジャンですが、夜中にこっそりベッドを抜け出します。 そして、 教会の銀食器を盗み逃げてしまうのです。 翌朝、警察に見つかり教会に連れ戻されるバルジャン。 警察が司教に聞きます。 「こいつはこの銀食器を貴方にもらったというのですが、そんな訳ありませんよね?」と。 それに対し、司教は、「その通りです。 この方にあげたものです。 」と答え、続けて「貴方は急ぎすぎて、一番高価な銀燭(ろうそくを乗せる台)をお忘れだ」と 銀燭2つも与えるのです。 その場を逃れたバルジャンは、その後悔い改めます。 司教の懐の大きさ、優しさ、人として認めてくれたことに大きな感銘を受け、神のご慈悲のもと 人生をやり直そうと決意します。 レミゼラブル映画あらすじ:ファンテーヌ工場をクビになる バルジャンは名を マドレーヌと変え、慈悲深い人間に生まれ変わり、人望を集め、パリ市長兼工場のオーナーになっていました。 その工場で働く ファンテーヌという女性。 (引用:) 小さな娘( コゼット)がいるシングルマザーです。 この時代は、シングルマザーというものが浸透していなかったため、娘を宿屋を経営するテナルディエ夫妻に預け、仕送りのために働いていました。 しかし、一つの手紙が原因で同僚に娘の存在を知られ、いざこざが起きます。 その騒ぎを聞きつけ、バルジャンが工場へ入った時に、警部ジャベールも工場に姿を現します。 バルジャンは、ジャベールの存在に気付き、騒ぎを工場長に任せ、その場をそっと去ります。 工場長は、ファンテーヌをクビにして工場から追い出してしまいます。 クビになったファンテーヌは、病気の子供に仕送りするために、髪の毛を売り、奥歯を売り、最後は娼婦になります。 (引用:) レミゼラブル映画あらすじ:ジャンバルジャンとジャベールの再会 警部ジャベールは、囚人の監視役から、パリ市内の警部に異動になっていました。 そして、パリ市長に挨拶に来たのです。 「どこかで会ったことがあるような」と考えるジャベールに対し、「どこにでもある顔ですよ」とはぐらかすバルジャン。 何とかその場は誤魔化しましたが、ある日馬車が倒れ、下敷きになった老人がいました。 バルジャンは駆け寄り、怪力で馬車を持ち上げ、老人を助け出します。 その時の様子を見たジャベールは、やはり彼はジャンバルジャンだ、とほぼ確信を持ちます。 レミゼラブル映画あらすじ:ファンテーヌの最期 たまたま貧民街を歩いていたバルジャン。 そこに騒ぎが起きます。 娼婦となったファンテーヌが客から言いがかりを付けられ、反論している時に警部ジャベールが通りかかります。 客の言い分を信じたジャベールは、ファンテーヌを逮捕しようとします。 逮捕されそうなファンテーヌをバルジャンが救い出し、病院へ連れて行き入院させます。 ファンテーヌはバルジャンの工場をクビになったことで、身も心もボロボロな状態になったのです。 初めはそのことを責めるファンテーヌでしたが、徐々に心を開いて行きます。 (引用:) バルジャンの元にジャベールが現れ、「私は市長が逃げた囚人だと告発しましたが、誤りでした。 すでにその囚人は捕まり、裁判にかけられます。 疑って申し訳ありませんでした」と言います。 バルジャンは、身代わりができたことに安堵しますが、その囚人のことを思うといてもたっても居れなくなり、裁判所へ行き「私が囚人番号24601だ!」と自白するのです。 しかし、裁判官からは相手にされませんでした。 病院へ戻ったバルジャン。 ファンテーヌから、娘コゼットのことを聞き、コゼットを託されます。 そして、ファンテーヌはコゼットの幻を見ながら亡くなります。 スポンサーリンク レミゼラブル映画あらすじ:バルジャンとコゼットの出会い バルジャンは、ファンテーヌから託された娘コゼットを探しに行きます。 その道中で、ジャベールに遭遇します。 マドレーヌ市長がバルジャンだったと知り、逮捕しようと追いかけます。 川に飛び込み何とか逃げるバルジャンでした。 (引用:) テナルディエ夫妻が経営する宿屋に住む幼いコゼット。 召使いのように働かされていました。 テナルディエ夫妻は、金儲けのために宿屋に泊まる客から金品をくすねる悪党です。 まぁ、それでも見ていて憎めないのですが。 夫妻には、コゼットと同じ年の娘エポニーヌがいます。 娘のことはとても可愛がり、いつもお人形のような可愛い洋服を着せていました。 コゼットとバルジャンの出会いは、深い森の中。 森の中にお使いを命じられたコゼットが、怖さを紛らわせるために鼻歌を歌いながら歩いていたところに、バルジャンとばったり出会います。 (引用:) バルジャンは、テナルディエ夫妻にコゼットを引き取ることを伝えます。 テナルディエは突然の申し出に困惑しながらも、借金の残高をバルジャンに要求し話がつきます。 パリへ帰る道中ジャベールに見つかるジャンバルジャン とコゼット。 修道院へ逃げ込みます。 そこは男子禁制の修道院でしたが、そこにいたのは、以前バルジャンが助けてあげた老人でした。 そしてかくまってもらうことになりました。 その後、バルジャンとコゼットは、ひっそりとパリ郊外で暮らし始めます。 バルジャンは、コゼットを我が子として愛し、コゼットもバルジャンにとても懐いていました。 レミゼラブル映画あらすじ:コゼットの恋 月日が経ち大きくなったコゼット。 ある日、バルジャンとパリ市内に出掛けた時に、なんとテナルディエ夫妻に遭遇します。 テナルディエは、かねがねコゼットを売った代金が安すぎたと悔やんでいました。 バルジャンと会ったテナルディエはいきなり、お金を要求してきます。 そこでイザコザが起き、警部ジャベールが駆けつけます。 ジャベールがテナルディエに詰め寄っているすきに、そっとその場を離れるバルジャンとコゼット。 その去り際に、コゼットは騒ぎを見物していた マリウスと目が合います。 その瞬間二人とも恋に落ちたのでした。 マリウスは、学生運動グループ ABCの友の一員です。 (引用:) 民衆蜂起 学生運動グループABCの友のリーダーアンジョラスが筆頭になって、ついに政府軍を倒そうという動きに。 しかしマリウスは、コゼットのことが気になって戦いに参加するか悩んでいます。 そんなマリウスに呆れる仲間たち。 市民へ戦いに参加するように要請する学生たちに賛同し、市民はバリケードに使うために家財道具を窓から投げ捨てます。 そして、いよいよ明日は戦いの時。

次の