エクセル 漢字 カタカナ 変換。 Excelでカタカナをひらがなに一括変換する簡単な方法

NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 014905

エクセル 漢字 カタカナ 変換

任意の文字列を入力します。 ここでは例として、下図のような文字列を入力します。 ふりがなを表示させたいセルをクリックし、「 」(関数の挿入)をクリックします。 ここでは例として、セル「B2」をクリックします。 「関数の挿入」が表示されます。 「関数の分類」ボックスをクリックし、一覧から「情報」をクリックします。 「関数名」ボックスから「PHONETIC」をクリックし、「OK」をクリックします。 「関数の引数」が表示されます。 Excelのシートから、ふりがなを表示したい文字列のセルをクリックし、「関数の引数」の「参照」ボックスに該当のセルが表示されたことを確認して、「OK」をクリックします。 ここでは例として、Excelシートのセル「A2」をクリックします。 以上で操作完了です。 セル「A2」のふりがなが、セル「B2」に表示されたことを確認してください。

次の

PHONETIC関数を使わない、ひらがな⇔カタカナ変換方法

エクセル 漢字 カタカナ 変換

Introduction 1つのセルの中に、カタカナと英数字が混在している場合に、英数字だけ半角に一括変換する方法です。 半角と全角を一括変換するには、ASC関数とJIS関数という便利な関数が存在します。 これらの関数は、 セル内のデータすべてを変更してしまいます。 とても便利な2つの関数ですが、下の住所のように、カタカナは全角のままで数字だけ半角にしたい場合は困ってしまいます。 ちなみに数字を半角にするASC関数を実際に使用した例が下の画像です。 英数字だけではなく、カタカナも半角になっていますね。 変換したいデータの位置が必ず左側や右側に存在するなど決まっていたり、その前後に必ず空白が存在したりすれば、他の関数と組み合わせて解決可能なのですが、そうで無い場合は・・・。 VBA(マクロ)を使用するのも一つの手段ですが、ここは振り仮名を利用して解決したいと思います。 少し手間が多くなりますが、数千件を超えるデータを修正する場合には便利です。 住所名簿などで建物名にひらがなが存在する場合などは注意してください。 英数字だけ半角にする方法 変換の操作に入る前に、データの確認が必要になります。 データに振り仮名が存在するか確認する まず、これから変換するデータに振り仮名が存在しているか確認します。 振り仮名が存在すると、これから使用する機能が上手くいかなくなるので、振り仮名を削除する必要があります。 では、確認してみましょう。 やり方は簡単。 振り仮名が存在する場合は、データの上に振り仮名が表示され、存在しない場合は隙間だけ空きます。 例えば下のデータ。 また、振り仮名が存在しない場合は、下のように上に隙間が空きます。 エクセルで入力したデータには自動で振り仮名が振られます。 他のソフトウェアからインポートしたデータなどは振り仮名が最初から存在しません。 振り仮名を削除する 振り仮名が存在した場合は振り仮名を削除してしまいましょう。 最初から振り仮名が存在しないデータや、カタカナと数字だけのデータの場合はこの作業は必要ありません。 貼り付け場所は、他のセルを選択します。 元データにそのまま上書きして貼り付けてしまうと、振り仮名の情報が残ってしまいます。 [コピー]ボタンの、すぐ左にある [貼り付け]の文字部分をクリックして、表示された一覧から [値と数値の書式]を選びます。 これで振り仮名が削除されたデータになります。 ではやってみましょう。 まず、全ての数字や記号、カタカナを半角にします。 使用するのはASC関数。 変換先のセルを選択して、[関数の挿入]ボタンをクリック。 表示された[関数の挿入]ダイアログボックスでは、 [ASC]を選んで[OK]をクリック。 [関数の分類]で、[すべて表示]か[文字列操作]を選ぶと探しやすいですよ。 ASC関数・・・全角文字を半角文字に変換する。 ASC(文字列)• 文字列・・・変換したい文字列が存在するセルを指定 [関数の引数]画面では、変換したいセルを選ぶだけです。 今回の場合は 「A2」をクリックして[OK]。 結果が表示されたら、 オートフィル機能を使用してコピーします。 結果が下の画面。 数字もカタカナも両方とも半角になりました。 では、次の作業です。 振り仮名を全角に戻したいのですが、その前にこの結果を 関数で表示したものから、文字列(値)へと変更する必要があります。 そのまま、すぐ左にある [貼り付け]の文字部分をクリックして、表示された一覧から [値]を選びます。 これで、 関数が削除され文字列としてデータが貼り付きました。 今回は、元のデータがあった場所に振り仮名を全角に変更したデータを作成したいと思います。 元データを削除してしまいましょう。 この場所にPHONETIC関数を使用します。 変換先のセルを選択して[関数の挿入ボタン]をクリック。 [関数の分類]を [すべて表示]に変更して、[PHONETIC]を選んで[OK]。 PHONETIC関数(フォネティック)・・・文字列から「ふりがな」を抽出する関数 PHONETIC(参照)• 参照・・・「ふりがな」を表示したいセルを指定 引数は先ほど変換したデータのセルを選ぶだけです。 すると、振り仮名だけ全角になった結果が表示されます。 このPHONETIC関数は、振り仮名を表示する関数なのですが、振り仮名が存在しない場合は、そのまま表示して、 カタカナは全角で表示されることになっています。 これを利用したことになります。 結果を下に オートフィル機能を使用してコピーします。 ちゃんと、振り仮名だけ全角になり数字は半角のままですね。 先ほどと同じく、関数を削除して文字列のデータにしておきましょう。 そのまま、すぐ左にある [貼り付け]の文字部分をクリックして、表示された一覧から [値]を選びます。 これで完了です。 まとめ PHONETIC関数は「カタカナを全角で表示する」ということを利用した方法でした。 カタカナや数字が決まった場所に存在しない場合は便利な方法です。 最初にも書きましたが位置や文字数が決まっている場合は、RIGHT関数、MID関数、LEFT関数などを組み合わせた方が楽かもしれません。

次の

Excelでカタカナを半角に変換する方法|ASC関数とVBA StrConv関数

エクセル 漢字 カタカナ 変換

1 Enterprize(64ビット)+Excel 2013 Tips「」でSetPhoneticメソッドを使い、漢字のふりがなを表示した。 その際に、「山田歩」の読みに「ヤマダ フ」とふりがなが振られているのを、「ヤマダ アユム」というふりがなに編集する方法も紹介したが、日本語の文字は、文字1つに対して複数の読み方が存在するものがほとんどだ。 これを選択できるようにした方が、より業務で役立つだろう。 それには、今回のTipsをフォーム上で利用して、「読み」の分からない文字のふりがなを、全て表示させて、そこから選択させるといった方法が考えられる。 また、前回記事に「他のセルにふりがなを表示させたい」というような感想があったので、その方法も併せて紹介する。 セル内にある漢字のふりがなを全て取得する 例えば、図1のような「生」と入力されたデータがあったとしよう。 リスト1 ふりがなを取得するコード 文字列型の「ふりがな」「読み」という変数を宣言する。 リスト1の5行目で、「生」と入力されているセル内の文字のふりがなを取得して、変数「ふりがな」に格納する。 変数「ふりがな」が空っぽではない間、While文で繰り返し処理を行う。 繰り返し処理内では、変数「読み」に「生」という漢字のふりがなを取得して格納していく。 変数「ふりがな」にApplication. GetPhoneticでふりがなを格納する。 C2のセルに「生」という文字のふりがなを全て表示する。 Row To Selection Selection. Count. GetPhonetic Cells i, 列. Value Next Range "C2:C5". Row To Selection Selection. Count. Value, vbHiragana Next End Sub リスト2 「ふりがなを別セルに表示する」コード まずは、氏名の入力されている「B2:B5」セルを選択状態にする。 次に、Long型の変数「i」を宣言し、変数を「i」で、選択されたセルの最初の行から、最後の行まで繰り返し処理を行う。 繰り返し処理の過程で以下の処理を行う。 Integer型の変数「列」を宣言する。 変数「列」に選択された「列」を格納する。 この場合は「B2:B5」を選択しているため、「B列」が起点になり「B列」を参照することになる。 「Cells 行番号,列番号 」の書式で、変数「i」行目の、変数「列」に1を加算した値、つまり「C列」の値に、Application. GetPhoneticメソッドで、変数「i」行目の「B列」の値のふりがなを取得して表示する。 これで、「C2:C5」のセルに「カタカナ」の読みが表示される。 次に、この「カタカナ」を「ひらがな」に変換して「D2:D5」のセルに表示してみよう。 もともと文字の「読み」はデフォルトでは「カタカナ」で表示される、これを「ひらがな」に変換する方法についてはTips「」を参照してほしい。 まず「カタカナ」読みの表示された「C2:C5」を選択状態にする。 次に、変数を「i」で、選択されたセルの最初の行から、最後の行まで繰り返し処理を行う。 繰り返し処理の過程で以下の処理を行う。 Integer型の変数「列2」を宣言する。 変数「列2」に選択された「列」を格納する。 この場合は2列目の「C列」になる。 3列目が「C列」と思いがちだが、選択範囲は、最初から「B列」を起点としているため、「C列」は2番目の列になる。 「Cells 行番号,列番号 」の書式で、変数「i」行目の、変数「列2」に1を加算した値、つまり「D列」の値に、StrConv関数を使って、変数「i」行目の「C列」の値を「ふりがな」に変換して表示している。 Selectionの位置関係は図4のようになる。 薬師寺 国安(やくしじ くにやす) / 薬師寺国安事務所 薬師寺国安事務所代表。 Visual Basicプログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。 1950年生まれ。 事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。 1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット「」を結成。 2003年よりフリーになり、PROJECT KySSの活動に本格的に参加。. NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。 Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindowsストアアプリを多数公開中。 Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev(Oct 2003-Sep 2012)。 Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。 Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。

次の