メル ペイ スマート 払い 支払い 方法。 「メルペイスマート払い(旧:あと払い)」の設定方法&使い方、後からの支払い方法

メルペイのスマート払いとは何?使い方や活用法を徹底解説

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

メルペイスマート払いの初期設定手順 まずは、メルペイスマート払いの初期設定をしましょう。 メルカリアプリを開き、下部「メルペイ」タブの中ほどにあるメルペイスマート払いの「設定して利用限度額を知る」ボタンを押します。 はじめにメルカリスマート払いの紹介が表示されるので、ざっと目を通しておくと理解しやすい。 使った分はすぐに確認でき、翌月にまとめて支払います。 利用上限金額は、審査による上限額の範囲内で自由に設定が可能。 (後述します) メルペイスマート払いを利用するには、メルペイの本人確認(銀行口座登録 or 免許証等で本人確認)を行い、指定された額の範囲内で利用上限金額を設定すればOK。 さっそく設定してみましょう。 本人確認をするには、運転免許証 or 在留カード or 日本のパスポートによる確認、もしくは銀行口座の登録が必要。 ここでは、免許証による本人確認をやってみることにします。 免許証を含む本人確認書類による本人確認の場合、自分と書類を同時にスマートフォンのカメラに写すことで照合を行います。 書類の文字が隠れないように注意しましょう。 「撮影を開始する」でカメラが起動し、本人確認がスタートします。 私も運転免許証でやってみようとしたんですが、アプリの指示の中に「右目をつぶってください」というものがあり、そこでジ・エンド。 認証不可能。 右目だけつぶるって皆できるもんなの?私は左目だけつぶることはできるけど右目だけはできないんですが。。。 メルペイアプリさん、指示が難しすぎませんかね。。。 パスポートでも同様の撮影が求められて自信がなかったので、結局銀行口座の登録で本人確認を済ませることにしました。 私の場合、メルペイスマート払いの枠(上限額)は60,000円でした。 利用頻度が高いユーザーでもこの額が少なめの場合があり、どういった要素でこの額を決定しているかは不明。 クレジットカードと違って年収や勤務先などの情報は登録した覚えがないし、裏で信用情報でもやりとりされているのか、それとも利用の仕方からAIが実際の利用可能額を推測したりでもしてるんでしょうか。 メルカリスマート払いとメルペイの切り替えと使い方 メルペイ利用時にメルペイ残高とスマート払いのどちらを使うかは、「支払い方法」のところで設定します。 矢印のところを押すと切り替え可。 月々の利用上限金額は、「メルペイ設定」の「メルペイスマート払い利用上限金額」で設定します。 私の場合は、審査で決定された上限額60,000円を最大として10,000円刻み(最少額のみ5,000円)で設定可能でした。 あまり利用することはなさそうですが、とりあえず30,000円で設定してみた。 コンビニなどの店舗で支払う際は、アプリ上でメルペイスマート払いを利用する設定にしておきiDで決済すればOK。 私の場合は1月に利用したので、2月中の支払いが必要。 それ以外は手数料が300円かかります。 残高払いの場合、メルペイ残高のほかに銀行口座からの支払いもできるようです。 この方法だと口座振替との違いがよくわかりませんが、どうなんでしょうか。 メルペイに一旦チャージしてそこから払う形、ってことなのかな。 私の場合、メルペイ残高およびポイントを使って支払うので、「ポイントを使用」にチェックを入れてお支払い詳細を確認。 大丈夫そうですね。 「支払う」ボタンを押せばメルペイスマート払いの支払い完了。 今月分の利用可能枠も復活します。 なお、メルペイスマート払いの利用額を翌月末までに支払えない場合、返済が終わるまで利用不可となるほか売上金も自動的に充当されるとのこと。 さらに長期間にわたって精算されない場合、利用制限や利息(損害金)の付与、第三者への債権回収依頼を行うこともあるらしい。 お支払い期限までにご清算いただけなかった場合、ご清算が完了するまでメルペイスマート払いのご利用をお断りするほか、お持ちの売上金を未払い金額に充当いたします。 長期に渡りご清算いただけない場合は、下記の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。 未払いのメルペイスマート払い債権、手数料等の回収を第三者に委託することがあります。 年率14. 6%の遅延損害金を請求することがあります。 お電話または書面でご清算のご案内をすることがあります。 ある意味でメルペイスマート払いは借金の一種。 ご利用は計画的に。 支払い先延ばし以上の意味はないので、個人的にはあまり使うことは無さそう。 ただ、ポイント還元キャンペーン等の開催時は別。 メルペイ残高で払えば手数料もかからないし、そういった得する要因があるときにはスマート払いを活用するつもりでいます。 いつも通りメルペイ払いに戻しておけば特にデメリットはないので、今後もメルカリを活用する予定の方はとりあえずスマート払いの設定を済ませておいてもいいかもしれませんね。

次の

【メルペイ】後払い(スマート払い)を徹底解説!【清算方法・支払方法・利用店舗・手数料・メリットなど】

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

メルペイスマート払い(あと払い)とは 通常メルペイの支払いは事前に銀行口座や売上金をチャージして、チャージした分から支払いを行います。 メルペイスマート払い あと払い はチャージをしなくても、購入した金額をまとめて翌月に支払えるので残高がない場合でもいつでも利用できる支払い方法です。 事前にチャージをしなくても利用できるので、チャージが面倒なときや銀行口座にお金がないときなどに便利です。 ただし、メルペイスマート払い あと払い で支払う際、メルペイ残高以外の支払い方法を選択する場合は、手数料が300円発生するので注意してください。 メルペイスマート払いの手数料・支払い方法 メルペイスマート払い あと払い は、 支払い方法によって手数料が異なります。 ただし メルペイ残高での支払いは手数料無料ですが、メルペイ残高以外の支払い方法を選ぶと手数料が300円発生するので注意してください。 支払いにはメルペイポイントも利用可能ですが、自分で購入したポイントは利用できず、キャンペーンなどで取得したポイントのみが利用可能です。 メルカリの売上金もメルペイ残高にチャージすることで利用ができますが、銀行口座登録もしくは本人確認をしておくと自動的に残高にチャージされます。 では、それぞれの各支払い方法 決済方法 について詳しく紹介していきます。 参照: メルペイ残高 まず、 メルカリの売上金やポイント、銀行口座からチャージをしたメルペイ残高で精算をする方法を紹介します。 メルカリ残高での支払いは他の支払い方法とは異なり、 手数料無料で精算できる方法です。 メルペイ残高にチャージをするためには、銀行口座の登録が必要ですが、銀行口座の登録はアプリ内から簡単にでき多くの銀行に対応しているので安心してください。 メルペイ残高であと払いの精算をする場合は、自動引き落としの設定が可能です。 自動引き落としの設定を行うと、11日、16日、26日のいずれか好きな日を設定して自動で精算ができます。 自動引き落としの設定をしていない場合は、自分で精算手続きをする必要があるため、 手続きが面倒な人や忘れがちな人はメルペイ残高の自動引き落とし設定がおすすめです。 コンビニ・ATM つづいて、コンビニ・ATMを利用して現金で精算する方法を紹介します。 コンビニ・ATMでの支払いの場合は、手数料が300円発生します。 売上金で購入したポイントは支払いに利用できませんが、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントは利用できます。 コンビニ・ATMで支払うためには、「お客様番号」を発行する必要がありますが、一度発行をしてしまうと他の支払い方法に変更ができないため注意が必要です。 「お客様番号」を発行方法は下記の通りです。 メルペイ画面下部から「使った履歴」を選択する• 「メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する• 「お客様番号を発行する」を選択する• 利用できるコンビニは下記の通りです。 ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート ATMでの支払い方法はPay-easyのシステムを利用するため、ATMだけでなくパソコンや携帯電話でも支払いが可能です。 ATMで支払う場合は「税金・料金払込み」の画面から支払いができます。 銀行口座振替 最後に、銀行口座振替を利用して精算をする方法を紹介します。 銀行口座振替はメルペイスマート払い用振替口座を登録し、登録した口座から翌月27日に自動的に引き落としがされる支払い方法です。 銀行口座振替で支払いをする場合は、手数料が300円かかり、ポイントの利用はできないので注意してください。 銀行口座口座振替の手順は下記の通りです。 メルカリアプリを開く• 下記のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「メルペイ設定」を選択する• 「あと払い利用上限金額」を選択する• 上限金額を選択する 上限金額は使用頻度などによって増えたり減ったりする場合があるので、よく利用する場合は定期的にチェックすることをおすすめします。 18歳未満の人は使えない メルペイスマート払い(あと払い)は、18歳未満の人は利用できません。 ただし、18歳未満の人でも通常のメルペイ残高での決済は可能です。 18歳未満の人は、メルペイスマート払いでまとめて支払うのではなく、通常のメルペイ残高から支払いをしましょう。 なお未成年の人がメルペイを利用する場合は、保護者の同意が必要です。 残高チャージをする場合は、本人名義の銀行口座の登録が必要なので注意しましょう。 メルペイスマート払いの設定方法 メルペイスマート払いを実店舗で使うためには下記の初期設定が必要です。 メルカリアプリを開く• 下部のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「使い方>メルペイスマート払い」を選択する• 「設定をはじめる」を選択する• 画面の指示に従い、設定を完了する メルカリの取引でメルペイスマート払いをする場合は、上記の設定は必要なく、本人情報の登録のみ必要です。 実店舗で支払う場合も、上限金額を超えた支払いはできないため、利用金額には注意してください。 メルペイスマート払いを使って支払う方法 スマート払いを使える店は、メルペイを使える店であれば基本的に利用可能です。 ただし一部のオンラインショップでは、あと払いで手数料が発生する場合があるので注意してください。 メルカリアプリを開き、下部のメニューからメルペイを開く• もしくは「メルペイ>メルペイ設定>お店での支払い方法を変更する」より「メルペイスマート払い」を選択すると変更が可能です。 オンラインショップで利用する場合も同様に支払い方法をメルペイスマート払いに変更して手続きをすれば、支払いができます。 メルペイスマート払いの利用時はメルペイスマート払い残枠を超えての支払いはできないため、金額には注意してください。 メルカリで支払う メルカリでメルペイスマート払いを利用して支払う方法は下記の通りです。 商品を購入して購入手続きへ進む• 購入手続き画面の「支払い方法」を選択する• 支払い方法の一覧から「メルペイスマート払い」を選択する• 購入手続きを完了させる メルカリでメルペイスマート払いを利用する方法は、支払い方法の選択画面でメルペイスマート払いを選択するだけです。 同時にポイントの利用も可能なので、使いたい人は忘れずに設定をしてください。 まとめ 本記事では便利なメルペイスマート払い あと払い を使いこなすために、メルペイスマート払い あと払い のやり方や手数料、上限金額などまとめて紹介しました。 メルペイスマート払いは人によって上限金額が異なりますが、いちいちチャージをする必要なく翌月にまとめて支払えるので便利です。 最後に本記事のおさらいをしてメルペイスマート払い あと払い について理解を深めましょう。

次の

【メルペイ】スマート払い(あと払い)の設定方法 画像つきで解説 手数料無料 ポイントも使える│らくあま

メル ペイ スマート 払い 支払い 方法

メルペイには、実店舗やメルカリ内での購入代金を、使った分だけ翌月にまとめて支払える「メルペイスマート払い」(旧メルペイあと払い)があります。 手元にお金がなくても欲しい物を購入でき、メルペイ残額をチャージする手間も不要。 また、残高に端数が残ってしまうこともないため、非常に便利です。 ただ、このスマート払いで決済するには、通常のメルペイとは別にいくつかの条件を満たさなければなりません。 また、利用上限額や手数料、支払い方法など、独自のルールも存在するので、利用前に確認しておきたいところです。 本記事では、メルペイスマート払いの仕組みや利用条件から、その支払い方法、解除方法、限度額の変更方法まで、気になるポイントや疑問点を解説します。 メルペイスマート払いとは? メルペイスマート払いは、メルカリ内での支払いをはじめ、実店舗でのiD、コード払いの代金を翌月にまとめて精算できるサービスです。 クレジットカードに近いイメージで、メルペイ残高やポイントが0の状態であっても利用上限金額までならメルペイによる買い物ができます。 2020年初頭には、さらなるサービス拡張策として「分割支払い」機能がリリースされる予定です。 18歳未満のユーザーは使えない メルペイスマート払い機能を使うにあたって必須なのが、メルカリアプリでの「本人情報の登録」です。 ここで登録した生年月日から起算して、18歳未満のユーザーはスマート払いは利用できません。 誤解しないでほしいのが、単に メルペイスマート払い機能のみ利用できないのであって、メルペイ残高を利用した決済機能は18歳未満でも利用できます。 実店舗利用にはメルペイスマート払い設定が必須 スマート払いをコンビニや飲食店などの実店舗で利用するには、を事前におこなう必要があります(メルカリ内での物品購入は設定不要)。 「メルペイ残高」以外で精算すると手数料300円が発生 スマート払いで使ったお金は、翌月1日から末日までの間であれば自由なタイミングでコンビニ払いや口座振替、メルペイ残高などでの精算が可能です。 精算方法は後述する通りいくつかありますが、 「メルペイ残高」以外での精算時には手数料として300円がかかってしまいます。 スマート払いの精算時には、唯一手数料が無料の「メルペイ残高」を選ぶとお得でしょう。 なお、この手数料の300円は「メルペイスマート払い」を選択して決済しなければ発生しません。 買い物のたびに手数料300円が上乗せされたり、月会費として毎月請求されるといったことはないので、安心してください。 ポイント還元対象となるメルペイの支払い方法• メルペイ残高払い• メルペイポイントでの支払い• メルペイスマート払い(旧あと払い) メルペイスマート払いの初期設定方法 スマート払いをコンビニなどの実店舗で利用するには、事前に設定が必要となります(メルカリでの購入は設定不要)。 操作自体は3分ほどで完了するかんたんなものです。 銀行口座の登録もしくは本人確認を済ませたら、TOP画面を下へスクロールし、[メルペイスマート払い設定]を押します。 チュートリアルを読み進め、[設定をはじめる]をタップしたら利用目的を確認し、[上記の利用目的で申し込む]をタップします。 メルペイ側が定めた上限金額の中から、自分にちょうどいい利用上限金額を選択し、[この金額ではじめる]を押せば初期設定は完了です。 また、上限金額は後述の方法で後から変更できます。 メルペイスマート払いで商品の代金を支払う方法 メルペイスマート払いは実店舗でのiD、コード決済に加え、メルカリ内での買い物にも使えます。 コンビニや飲食店など実店舗で利用する 左:メルペイ残高支払いの状態 右:メルペイスマート支払いに切り替わった状態 スマート払いで決済するには、メルペイ残高の上にある[メルペイスマート払い]をタップ。 するとスマート払いの利用可能残高が表示されます。 このスマート払いの画面に切り替わった状態でiD決済やメルペイコード払いをおこなうと、スマート払いが適用されて利用可能枠が減っていきます。 iD決済やメルペイコード払いの方法については下記を参照してください。 メルカリ内の買い物で利用する メルペイスマート払いは、もちろんメルカリ内での品物の購入でも利用できます。 商品の購入手続き画面で[支払い方法]をタップ。 支払い方法の一覧から[メルペイスマート払い]を選択し、再度購入手続き画面で[購入する]ボタンをタップすればスマート払いでの商品購入ができます。 メルペイスマート払いの精算方法 スマート払いで決済した分のお金は、翌月末日の支払期限までにいずれかの方法で精算する必要があります。 メルペイスマート払いの精算方法• 翌月末日までに精算できなかった場合、メルペイおよびメルカリの利用が制限される可能性があるので、かならず期限内に精算を済ませましょう。 翌月1日を過ぎると、「やることリスト」にスマート払い精算の通知が届くので、ここから支払い画面に移動できます。 翌月1日より前の当月中に支払うことはできません。 メルペイ残高で支払うのがおすすめ(手数料0円) 一番お得な精算方法が「メルペイ残高」払いです。 前述のように、 ほかの精算方法では300円の手数料がかかるところを、メルペイ残高払いでは無料で精算が可能になります。 キャンペーンで付与されたポイントを所有しているのであれば、スマート払いの精算にも利用できます。 残高とポイントの併用も可能ですし、ポイントが精算金額分貯まっている人はポイントで全額支払うこともできます。 やることリスト、またはメルペイTOPページの[スマート払い]ボタンをタップすると、支払い方法の選択ができます。 ここで[メルペイ残高支払い]を選び、利用するポイント数を指定して[支払う]をタップすれば完了です。 ただ、 残高払いでの精算ができるのは、本人確認が済んでいる人のみです。 まだ本人確認をしていない人は済ませておきましょう。 コンビニ/ATMで支払う(手数料300円) コンビニ払いでは、スマート払いで使った代金をコンビニの店頭レジにて現金で支払うことができます。 ATMの場合は、Pay-easyに対応した銀行ATMから現金を振込みます。 銀行口座を持っていない人は、この方法で支払うといいでしょう。 任意のコンビニもしくは銀行ATMを選んで、[お客様番号を発行する]をタップすると、コンビニ支払いでは企業コードと注文番号、銀行ATMでは収納機関番号、お客様番号、確認番号が表示されます。 支払い画面でポイント数を入力すれば、併用も可能です。 コンビニ支払いでは、企業コードと注文番号をコンビニ店内にある端末機(ローソンではLoppi、ファミリーマートではFamiポート)に入力し、「申込券」を発券。 そのままレジに「申込券」を持ち込み、現金を支払えば完了。 銀行ATMを利用するのであれば、Pay-easyに対応している金融機関のATM画面で収納機関番号、お客様番号、確認番号を入力し、画面の指示に従って代金を振込みます。 銀行口座振替で支払う(手数料300円) 口座振替の設定をしておくと、翌月27日に支払い額が自動的に引き落とされます。 期限を気にしなくてもいいので、コンビニやATMでの支払いよりも便利に使えるでしょう。 ただし、メルペイ残高支払いやコンビニ支払いと違って、ポイントを使うことができません。 設定するには、メルペイTOPページの[スマート払い]から[口座振替の設定]をタップし、口座情報を入力。 [登録]ボタンをタップして、各銀行のサイトで認証作業を済ませれば完了です。 なお、毎月10日に振替設定の締日があるので、9日までに口座振替の設定をしておく必要があります。 メルペイスマート払い限度額の変更方法 利用上限金額については、過去のメルカリの利用実績などを元にメルペイ側でユーザーごとに決定されており、設定された利用上限金額をユーザー側で任意に引き上げることはできません。 ただ、この決められた上限金額の範囲内であれば、任意の額に設定することができます。 メルペイTOPページを下にスクロールして[メルペイ設定]をタップし、[スマート払い利用上限金額]を選択。 スマート払いを解除してメルペイ残高に戻す方法 スマート払いを解除して、メルペイ残高支払いに戻したい場合は、右上の[支払い方法を変更]をタップします。 ここから、メルペイ残高とメルペイスマート払いの切り替えができるようになっています。 なお、スマート払いとメルペイ残高を併用しての決済はできません。

次の