アーモン ゲート。 アーモン・ゲート(レイフ・ファインズ)

クラクフ・プワシュフ強制収容所

アーモン ゲート

所長を務め、戦後として処刑された。 映画「」で有名になった人物。 来歴 の首都に印刷業者アーモン・フランツ・ゲートの息子として生まれた。 小学校を卒業した後、実科を出る。 にオーストリア・に入党(党員番号510764)、さらに親衛隊(SS)にも入隊し、(SS-Mann)となった(隊員番号43673)。 オーストリアのナチ党は1933年にオーストリア政府により非合法政党にされており、オーストリアのSS部隊も地下テロ組織のようなものだった。 ゲートもオーストリア警察から爆弾テロ事件の容疑で指名手配され、のへ逃亡することを余儀なくされた。 その頃から既に見境なく熱心なナチ党員として頭角を現し、模範的な親衛隊員という評判を得ていた。 が始まったのちの1940年3月、ポーランドのへ派遣され、東欧やロシアのドイツ民族を保護・編入する作業にあたった。 この功績でゲートは、1943年2月に近郊のプワシュフ強制労働収容所の所長に任命される。 親衛隊少尉クラスとしては異例の所長就任であった。 1943年5月のクラクフ・ゲットーの解体もゲートが陣頭指揮をとっており、大勢のを殺害しつつ、働ける者は自らの強制収容所へと移送した。 身長192cm、体重120kgの巨漢であったゲートは、すぐに的性向を示すようになり、毎朝で囚人を狙撃し、その遺体をロルフとラルフと名付けた二頭の飼い犬に食いちぎらせることを日課としていた。 ゲートに直接殺害された囚人は500人以上にのぼり、そのため「プワショフの屠殺人」というあだ名をつけられることになった。 囚人を処刑したのちはその記録を逐一記録カードに収めた。 これはその親類も残さず抹殺するという目的があり、収容所に不満分子が残ることを恐れたための措置であった。 ゲートは部下の親衛隊員に対しても冷酷に接し、ささいな罪状で親衛隊の規律委員会や警察に引き渡した。 さらに自身はおおっぴらに闇取引を行った。 ついにはゲートは国庫に収められるべきユダヤ人から没収した財産を横領した罪で告発されることになる。 ユダヤ人としては例外的にゲートの傍近くで速記官として使われていた囚人ミーテク・ペンパーは「ドイツ兵がで死んでいる最中、ゲートはのように暮らしていた」と証言している。 、ゲートは横領容疑のためウィーンで親衛隊により逮捕された。 ルブリン強制収容所所長や所長も同罪により逮捕され、処刑されている。 ところがゲートに対する審理が始まる前に戦争が終わった。 の跡地に設けられた捕虜収容所に収容されたゲートは、の制服に着替え、に対し自分は復員兵であると申告した。 しかし正体がばれてしまい、所長のと共にポーランドに送られた。 7月にクラクフに到着したゲートに対し、8月から9月まで裁判が行われた。 ゲートにかけられた罪状は、プワショフ収容所における8000人殺害の責任、クラクフ・ゲットーにおける2000人の虐殺に対する共同責任、いくつかの収容所での数百人の処刑に対する責任だった。 検察側証人として法廷に呼んだユダヤ人の名前を読み上げる検察官に向かいゲートは「何?そんなにたくさんのユダヤ人だって?一人も残りはしないだろうという話だったのに」と叫んだ。 ゲートは死刑判決を受け、翌年9月13日に絞首刑となった。 死後 収容所内の自宅バルコニーから狙撃する「獲物」を物色しているゲート(映画の一シーンではなく本人) 監督の映画「」(1993年)では、ゲート役をが演じた。 収容所でゲートが行った非人道的行為も描写されている。 ファインズが演じたゲートのキャラクターは、にが行った、で15位に選ばれた。 、マティアス・ケスラーはゲートの娘(1945年生まれ)に二日間にわたるインタビューを行い、その内容を書物「 Ich muss doch meinen Vater lieben, oder? 」(仮訳;「自分の父親は愛さなくてはならないでしょう?」)にまとめて出版している。 彼女はにインタビューで「父親の行いは恐ろしく、忌むべきものだった。 その記録が詳細に残されているのは良いことだ。 まだ生存している戦争犯罪人は追及されるべきだ」と発言している。 参考文献• Matthias Kessler: Ich muss doch meinen Vater lieben, oder? , Eichborn, Frankfurt am Main, 2002, ISBN 3-8218-3914-7. 「救出への道 シンドラーのリスト」大月書店、ミーテク・ペンパー著 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

アーモン・ゲート(レイフ・ファインズ)

アーモン ゲート

テーゲ,ジェニファー 1970年生まれ、ドイツ人とナイジェリア人との間に生まれた娘。 生後4週間目で養護施設へ預けられ、7歳で養子縁組に出された。 4年間、イスラエルで暮らし、そこで大学教育を受けている。 1999年以来、広告・宣伝業界でコピー・ライターおよび企画に関わっている。 ハンブルク在住 ゼルマイヤー,ニコラ 1971年生まれ、ドイツ・ジャーナリスト・スクール卒業。 ミュンヘン大学で、政治学、経済学およびコミュニケーション学を学ぶ。 2000年以来、雑誌『シュテルン Stern 』編集部。 ミュンヘン大学、フンボルト大学、ボン大学を経て現在ミュンヘン大学日本センター専任日本語上位教官、兼交換留学指導教官。 専門はドイツ語教育、日本語教育、対照言語学 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです この表紙の写真は、本人の物。 実父のアフリカ系黒人の血を引いたため、肌の色が褐色だった。 しかし、ドイツ人の母はナチ幹部の娘だった。 祖母はアーモンド・ゲートに妻がいた為、収容所敷地内の屋敷に同居し妻のように振舞って暮らし、 戦争末期、離婚の成立を待って、後妻となっている。 直後、娘を出産。 それが著者の実母。 著者は、乳児期に里子に出され、何年か後、養父母の養子となって、実母との連絡が途絶えた為、 自分の血につながる人々の事を知り得なかった。 しかし、しばらくは祖母との行き来もあったようで、祖母や母の顔を覚えていた。 実母は祖父、アーモンド・ゲートに良く似ている、美人だとの事。 インタビューなどで顔も知られている。 ジェニファー自身、すでに結婚もし、子どもを持った38歳の頃に、図書館の棚で偶然手に取った、 一冊の本、それが祖父、アーモンド・ゲートの事を書いた本だった! 衝撃と混乱、そうして、養父母に問いただし、実母を探し(再婚相手との間に妹がいた) 自分の知らなかった過去に向き合っていく、その道筋が描かれている。 著者は学生時代、イスラエルで学び、ユダヤ人の友人も多い。 自分の実の祖父が、ユダヤ人のホロコーストを実際に行った人間だと言う事を、 必死に受け入れようとしながら、どうしても認められずに苦しむ。 実母の事も、調べるうち、自分と同じように、この事で悩み苦しみながら、生きて来ている事に気づく。 しかも、その悩みを相談したり、分かってくれそうな人が見つからない状況で、長く苦しんでいる事にも。 アーモンド・ゲートはサディストだったらしく、女中として使っていたユダヤ人の女性達を、 些細な事でぶちのめしたり、しょっちゅう殺すと言って脅したりしていたらしい。 祖母も庇いはしたが、自分に矛先が向けられないように立ち回り、戦後の裁判では、 見たり聞いたりしていないと言い逃れている。 また、祖父は立派な人間だったと言い、ナチズムや夫のやった事の反省は無かった。 著者は調べて行くうちにシーラッハなど、自分と同じような、ナチの幹部の孫たちの話も聞くが、 立場によって感じ方が違っていることにも気付く。 シーラッハは弁護士で作家。 最近は「コリーニ事件」という、ナチの戦争犯罪の過去が現代の事件を引き起こす、 法廷サスペンス物を書いている、人気作家。 彼の祖父はヒットラーユーゲントの長官。 名前が示す通り、上流階級の出。 ナチについての責任を感じる、と言うより、家族の歴史の中に、そういう事もあったと言う理解らしい。 だが、この作者は祖父母から母、そして自分、子どもへ繋がっている、「家族」を考えずにはいられない。 そうして、今の自分を取り巻く友人・知人、その人たちにつながっている人々への思いも。 そういった狭間で揺れ動きながら、戦争の後を辿り、生還者の話を聞き、自分の拠り所を確認しようとする試みを描いている。 戦時中のユダヤ人のみならず、アーモンド・ゲートが思いもしなかった形で、戦後もユダヤ人と同じように、 彼の子孫は彼のしでかした負の遺産に苦しみながら生きている。 ほとんどの大人は、子どもが親達の後始末をどう着けて行くのかを知らないが、 この本は大人の責任とはも問いかけている。 そうして孫の世代が自分の中に流れる血を否定しないで、負の遺産を見つめようとする、 著者の勇気に打たれる。

次の

映画「シンドラーのリスト 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

アーモン ゲート

オイラは知らんかったよ。。。 第二次大戦中のドイツのユダヤ人 強制収容所でのむごい殺戮(さつりく)の状況を。。。 そりゃ~、 アウシュビッツなどの収容所で人間をガス室などに送り、大勢を 殺害し、その髪や皮膚を利用してカバンなどを作ったとかせっけん を作ったとか作らなかったとか・・・それはもう「シンドラーのリスト」 とか~「戦場のピアニスト」とかで収容所の実態とかはちょっとは 知っていた。。。 それにオイラの町は前にアウシュビッツの収容所の遺品などを 展示していた経緯もある。。。 (だが、町長のあまりにひどい遺品 の扱いを遺品提供していただいた側が知ることとなり遺品返還 という不名誉な事件もあった・・・嘆かわしいかぎりじゃ。。。 ) しかしこのプワシュフ強制収容所所長のアーモンゲートの所業 はひどすぎるね~! 毎朝、日課的に二人の人間を銃殺し、その肉をイヌに引きちぎ らせたとか・・・ある少年がロシアの歌を歌っていたのを聞いて、 「その少年を吊るせ!」ということで少年が泣き叫び許しをこう のもかまわずロープで吊るした!しかし、なんと3度もそのロープ が切れた!! おそらく誰かがロープに細工をしてその少年を助けようとしたの であろう・・・しかし、ゲート所長は「もし今度ロープが切れたら 責任者のお前も吊るす!」との命令で、とうとうその少年は吊る され死んだ。。。 まだまだ他にも囚人を裸にして走らせたとかレイプしたとか しないとか・・・ま、考えられるだけの陵辱(りょうじょく)や辱め をユダヤ人に与えたのであろう。。。 しかしそのゲート所長の娘モニカは、アーモンゲートが戦後 に正体がばれ処刑されたという事実など全てを孫などには 隠していたが、報道で孫にもばれた。。。 モニカはずっと苦悩してきた。。。 自分の父親は愛している・・・・しかし大勢のユダヤ人を殺戮 してきた事実・・・毎日、毎日が苦悩の連続だった・・・しかし ある日思い切って生き残ったユダヤ人に会った・・・最初は ユダヤ人もアーモンゲートに似ているモニカに驚き又憎んだ! ・・・だが月日がたち、憎まれているのは承知でモニカは ユダヤ人たちに会いに行った・・・そして今ではそのユダヤ人 たちに愛され抱(いだ)かれている・・・そして彼女は自分の孫 にディビッド・アーモン・ゲート(ユダヤ系の名前と父親の名前) と名前をつけた。。。 そしてその孫も今ではその老ユダヤ人たち に会うのを楽しみにしている。。。 「ホロコースト」・・・ユダヤ人全滅作戦・・・オイラにはなぜここ までの憎しみをユダヤ人にぶつけるのかは、わからない・・・・ 「ベニスの商人」のシャイロックはユダヤ人の象徴ではない! ・・・しかしユダヤ人は人類の中でも優秀な人種であることは 間違いないだろう。。。 それが一因なのか??!! だが、今その故郷を追われたユダヤ人たちがパレスチナの 地を聖地と定め占拠し血で染めている。。。 現在ではイスラエルは世界有数の軍事大国だ。。。 PS: モニカのように、いや元囚人の老ユダヤ人たちのように 勇気をもって「許す」時が来ているのかもしれない。。。 「許す」ことがお互い無い限り、この紛争は昔からずっと 永遠に続くであろう。。。 FIN..

次の