キャベツ英語発音。 野菜の英語名一覧|身近な29の英語表現まとめ

キャベツって英語でなんて言うの?

キャベツ英語発音

もくじ• ドイツ人のジョセフ・ピラティスさんが考案したエクササイズでこの名がついています。 人によっても違いますが、最初の音は「ピ」と「パ」の間のような音で、「パラァテェス」のような発音です。 最近は特にインターネット上で強い反対意見や悪意のあるコメントを残す人たちのことを「アンチ」と呼んでいますね。 アメリカ英語では「 アンティ」と「 アンタイ」と発音する場合に分かれます。 これは言葉や人によって違います。 「 アンティ」で通じますが、会話の相手が「 アンタイ」と言う場合もあるので覚えておくといいでしょう。 「複数の」「多くの」という意味の接頭辞。 「マルチ」はイギリスでは「 モㇽティ」と発音。 アメリカでは「 モㇽティ」と「 モㇽタイ」と発音する場合に分かれます。 発音は「 ケィオス」のような感じです。 キャベツに含まれるアミノ酸の一種の成分を含み、開発された胃腸薬です。 6、コストコ COSTCO 「 コォスコゥ」のような発音です。 アメリカに50年以上住む叔母が、よく日本に帰ってくると「コスコに行きたい」と言っていて、最初は何のことだかさっぱり分かりませんでした。 調べたら「コストコ」のことと判明。 英語と発音が違うのですね。 COSTCOが日本に進出した際、既に中国の輸送企業が「コスコ」で商標登録していたので、日本名は「コストコ」となったそうです。 7、イケア IKEA IKEA はスウェーデンの企業で、スウェーデンでは「イケェア」と呼びます。 しかし英語では、「アイキア」と呼ばれています。 基本的に英語は【母音+子音+母音】と続く時に、前の母音をアルファベットの本来の音で発音されることが多いです。 イングランドの伝説に出てくるゴダイヴァ婦人(Lady Godiva)が名前の由来です。 フランス語の発音が「ゴディヴァ」です。 9、ニコン Nikon カメラや双眼鏡、顕微鏡などを設計、製造する日本の光学機器メーカー。 英語では「ナイコン」と呼ばれています。 最後に いかがでしたか。 地域や人によって発音の仕方が違う場合もあるので、何だかややこしいですね。 特に日本メーカーの「ニコン」を「ナイコン」と言うのは少し抵抗があります。 「ニコン」と言ってみて、通じなければ「ナイコン」と言い直すのもいいかもしれないですね。 実際は「ニコン」という名であることを教えてあげると、話しが盛り上がるきっかけにもなるでしょう。 普段英語を話す機会がない方、アウトプットの場にオンライン英会話がおすすめです。

次の

野菜の英語名一覧まとめ!ねぎ、なす、はくさい、ピーマンは英語で?

キャベツ英語発音

未成熟の青い大豆のことを枝豆と言い、大豆は英語では「soybean」と呼ばれます。 日本以外ではほとんど食べられていないので、「enoki mushroom」という表現が一般的ですが、色が白いことから「winter mushroom」と呼ばれることもあります。 なお、和名のエリンギという名前は「Pleurotus eryngii」という学名に由来しています。 意外かもしれませんが、実はオクラは英語なんです。 発芽直後の大根のことですね。 なお、「sprout」は「芽」という意味です。 童話の「おおきなかぶ」は、英語では「The Gigantic Turnip」となります。 なお、ハロウィンで使われるような黄色いかぼちゃは「pumpkin」と呼ばれます。 「squash」という単語は、日本で食べられているような緑色のかぼちゃも含めたかぼちゃの総称です。 英語では「ユダヤ人の耳のキノコ」という意味になるので、漢字表記と絡めると覚えやすくなりますね。 また、「cloud ear mushroom」という呼び方もよく使われます。 世界中には多くの種類のきゅうりが存在するため、日本のきゅうりのことを伝えたい場合は「Japanese cucumber」と表現すると良いでしょう。 「pea」という1語だけでも「えんどう豆」という意味になるため、充分意味は通じます。 「sesame seeds」という言い方もあり、直訳すると「ごまの種」という意味になります。 江戸時代に日本で誕生した野菜なので「Japanese」、からしという意味の「mustard」、ほうれんそうに似ていることから「spinach」、といった3つの単語が組み合わっています。 直訳すると「日本のからし菜」といったところですね。 ごぼうは欧米では雑草のような扱いで、普通のスーパーにはまず売っていません。 「根」という意味の「root」を付けて、「burdock root」とも呼ばれます。 日本語でもゴーヤーのことをニガウリと言いますね。 その他に、「bitter gourd」という言い方もあります。 ちなみに、お菓子のスイートポテトは実は日本独自のものなんです。 お菓子の「スイートポテト」のことを英語で言いたい場合は、「sweet potato pie」や「sweet potato tart」と表現すると良いでしょう。 なお、さといもはタロイモの一種ですが、英語圏では両者は特に区別されず、どちらも「taro」と呼ばれます。 「green bean」の他に、「string bean」とも呼ばれます。 「pod」という単語は、名詞では「さや」という意味で、動詞では「さやが実る」という意味となります。 極東アジアでしか食用として栽培されていないキノコのため、英語でも「shiitake」と表記されます。 英語では、甘い唐辛子という意味になりますね。 「sweet green pepper」という呼び方をすることもあります。 英語圏ではしそを食べる習慣が無いので、「Japanese basil」や「Japanese herb」と表現するしかないようです。 基本的には日本で食用となっているキノコのため、「shimeji」と表現します。 日本食の食材として人気が高いため、近年は徐々に海外にも増えてきています。 実は、私たちが食用としているのは根っこではなく、茎の部分です。 しゅんぎくは東アジアでしか食用とされず、英語では「garland chrysanthemum」と呼ぶしかないのですが、それでもうまく伝わらない可能性が高いかと思います。 どうしようもなければ、「shungiku」と表現するしかなさそうです。 ちなみに、「紅しょうが」はしょうがを梅酢に漬けたものなので、英語では「red pickled ginger」と表現します。 「broad」は、「幅が広い」という意味の形容詞ですね。 その他にも、「fava bean」という呼び方もあります。 なお、「radish」単体では「二十日大根」のことを指します。 日本食には欠かせない食材の一つで、大豆から作られる「醤油」は英語では「soy sauce」と言います。 「bamboo」は「竹」のことですね。 「shoot」は「射撃、発射」という意味の他に「新芽、若枝」という意味も持っています。 下で再度登場しますが、「ねぎ」のことは英語では「green onion」と言います。 「bok choy」という単語は、中国語の「白菜」が由来です。 ちなみに、中国語での「白菜」という言葉はチンゲンサイ、はくさい、キャベツ等の野菜の総称です。 ちなみに、「pepper」単独では「こしょう」という意味になります。 ちなみに、イギリスでは「maize」と呼ばれることもあります。 直訳すると、卵の植物という意味になります。 日本のなすは紫色のものが一般的ですが、海外には純白のなすも存在しており、白いつるつるの表面がその名の由来とも言われています。 ほとんど日本と台湾にしか分布しておらず、英語でも「nameko」という名称で呼ぶしかありません。 「chive」とは「セイヨウアサツキ」のことで、ねぎのようなハーブの一種です。 その他、「Chinese leek」とも表現されます。 ちなみに、「高麗人参」は「Korean ginseng」となります。 「おろしにんにく」は「garlic paste」と表現すると良いでしょう。 英語では、緑のたまねぎという意味になりますね。 英語では中国のキャベツという意味になります。 日本語の中でも「コリアンダー」という言葉は聞いたことがありますね。 その緑色から、「green pepper」とも表現されます。 ちなみに、青唐辛子のことは英語では「green chili」となりますので、混同しないようにしましょう。 ほうれんそうが大好物のポパイの漫画には「spinach」と書かれた缶が頻繁に登場します。 残念ながら、きのこ類は日本語にうまく対応する英単語が存在しないものが非常に多いですね。 「pine mushroom」と表現する場合もあります。 欧米ではほとんど食用とならないため、そのまま「mizuna」と表現する方が良いでしょう。 「potherb mustard」という表現もあり、直訳すると「香草のからし菜」という意味になります。 そのまま訳すと、日本の生姜という意味になりますね。 「sprout」は、「芽」という意味です。 英語をそのまま訳すと、「ユダヤ人のアオイ科の植物」という意味になります。 モロヘイヤはジュートという植物の一種で、「nalta jute」とも呼ばれます。 山芋はヤムイモの一種で、英語では「yam」と言います。 とても覚えやすいですね。 直訳すると「漬物にしたエシャロット」という意味になります。 より厳密に表現したいなら、「pickled Japanese leek bulb」とすると良いでしょう。 「lotus」は「ハス、スイレン」という意味の名詞で、「lotus root」は漢字通りハスの根っこという意味です。 まとめ 以上、様々な種類の野菜の英語名を紹介してきましたが、いかがでしたか? このページが皆さんのお役に立てば幸いです。 以下のページにも、是非遊びに来てくださいね!.

次の

キャベツって英語でなんて言うの?

キャベツ英語発音

今回は自宅でも気軽に英語の発音が練習できるサイトをご紹介します。 語学学習は継続が大切ですが、発音練習は難しい分野のひとつではないでしょうか。 それでは早速、見ていくことにしましょう。 *編集部追記 2016年12月に公開した記事に新たに加筆しました。 声の録音は恥ずかしいですが、自分の発音を聞くことで、ネイティヴの発音と何が違うのか、どこを直せば良いかだんだんとわかってきます。 また、英語の発音は日本語と違い、舌と顎をよく動かします。 私が発音スクールで行っていたのは、鏡を使いながら自分の舌の位置をよく見ること。 例えば日本人が発音できない「L」と「R」は、「L」は舌を前歯の後ろに、「R」は舌を巻いて口の奥に引き込むような感じで…というように、舌の位置を意識することでだいぶ発音がネイティヴに近くなります。 チカさん自身が明るいので、真面目になりすぎず楽しく英語が学べます。 しかも動画の種類も多く、一つ一つの完成度も高いので、動画を見ながら発音や表現を真似していくだけでかなり力がつきます。 チャンネル登録者数も多く、チカさんの人気ぶりが伺えますね。 また、全ての説明が文字に起こしてあるので、文章を聞くためのリスニング練習にも最適です。 Brighture English Academy 次は日本人が運営しているYoutubeチャンネルをご紹介しましょう。 アップル社の元社員、松井博氏が運営している「Brighture English Academy」です。 1分という短いムービーながら、分かりやすく解説しています。 また、留学に関するワンポイントアドバイスも必見ですよ。 バイリンガール英会話 Bilingirl Chika ちょっとした海外旅行や気軽に英語を使いたい方は「バイリンガール英会話 Bilingirl Chika」をおすすめします。 このサイトはシアトルで育ったチカさんが運営しています。 とても明るい雰囲気で英語を教えてくれるので、英語が苦手な方でも楽しく学習できます。 FORVO 「この単語、なんと読むんだろう…」そのような場面に出会った方も少なくないのでは?そのような時はスマートフォンで「FORVO」をチェックしましょう。 FORVOには10万語以上の英単語の音が収録されています。 しかも、アメリカだけでなく、イギリスやオーストラリアの発音も収録されているので、様々な場面で役立つでしょう。 Pronounce Names ちょっとマニアックなサイトをご紹介しましょう。 「Pronounce Names」はその名の通り、人名の発音を教えてくれるサイトです。 案外、英語圏の人の名前は言いにくいですよね。 Pronounce Namesを使うと、そのような悩みを一発で解決してくれます。 また、様々な名前を検索するのも楽しいですよ。 Machiko Osawaさんの動画 次は初心者向けの発音サイトをご紹介しましょう。 小学生でも分かる、ことで知られているのがMachiko OsawaさんのYoutubeページです。 小学生向け、といっても内容は本格的。 目からウロコ的な情報がここで見つかるかもしれません。 要チェック! 東京外国語大学言語モジュール どれだけ英語が苦手な方でも分かりやすく作られているのが「東京外国語大学言語モジュール」です。 このサイトには英語の簡単な文章の発音、英語のアルファベットの音からスキットやスキットを使った会話練習などが含まれています。 英語以外にもマニアックな言語も含まれているので、様々な外国語で遊びたい方にも最適です。 英語発音入門 神戸市にある甲南大学が提供している正統派の発音サイトが「英語発音入門」です。 英語発音入門はまるで講義を聴いているような本格的な仕様になっています。 また、アメリカ英語とイギリス英語が用意されているので、イギリス英語を身につけたい方にとっても最適なサイトとなっています。 繰り返し聞くと、相当力がつくでしょう。 JenniferESL バラエティーあふれる内容で英語の発音を教えてくれるのが「JenniferESL」の特徴です。 発音だけでなく文法や表現も丁寧に説明されています。 発音学習に変化をもらたらしたい方にとっては最適なサイトではないでしょうか。 English Central 総合的に英語を学びたい方は「English Central」をチェックしましょう。 発音だけでなく、文章のリスニング練習など、様々な使い方ができるのがウリです。 そして、ぜひチェックして欲しいのがムービーの下に出てくる英語の字幕です。 分からない単語が出てきたら、クリックをすると意味と発音が学べるようになっています。 NKHゴガク 何だかんだ言ってもNHKの英語学習ツールは侮れません。 「NHKゴガク」には様々なレベルに基づいて楽しいコンテンツがたくさんあります。 ラジオ番組と組み合わせると効果てきめん。 ぜひ、NHKの語学学習コンテンツもお見逃しなく。 英語発音記号3時間マスター 最後の2つは英語の発音記号に関するサイトを紹介しましょう。 「英語発音記号3時間マスター」は「3時間」と銘打っているにも関わらず、事細かに発音記号を解説しています。 このサイトを真剣に勉強したら、紙辞書を引いた時でも、簡単に英単語を発音できます。

次の