インスタント コーヒー 入れ物。 コーヒーの粉の保存におすすめの容器【百均のビンで酸化・酸敗を防ぐ】

インスタントコーヒーのアイスコーヒー!作り置きの保存の仕方は?

インスタント コーヒー 入れ物

【コーヒーの味に影響するもの】 ・温度~温度が高い場所で劣化します。 ・湿度~コーヒー豆は水分を吸収しやすく、湿気で劣化します。 ・光~紫外線が影響します。 太陽光だけじゃなく蛍光灯の光でも劣化します。 ・空気~空気に触れやすいと酸化で劣化します。 コーヒーって案外デリケートなのです。 インスタントコーヒーの保存方法 インスタントコーヒーの保存方法について、説明します。 常温で保存 インスタントコーヒーの保存は基本的には常温で保存します。 酸化や湿気、紫外線を防ぐため、 密閉した容器に入れて冷暗所で保存します。 袋入りのインスタントコーヒーなら、袋のまま密閉した容器に入れると良いですよ。 また、開封後は味も風味も落ちていくので、できるだけ早めに飲み切ることです。 期間はどれくらい? インスタントコーヒーを常温で保存する場合や開封後に飲み切る場合、 目安となる期間は1ヶ月程度です。 常温でそれ以上の期間になると、味や風味に影響が出る場合もありますよ。 冷蔵庫で保存 夏場など気温や湿度が高くなる場合は、容器に入れて冷蔵庫で保存すると良いですよ。 また、飲み切るまでの期間が数ヶ月とか長くなる場合も冷蔵庫で保存しましょう。 気をつけたいのは、冷蔵庫から取り出したときの温度変化です。 水滴が発生する可能性があり、それによりコーヒーの味が劣化してしまいます。 何度もフタを開けしめせずに、開けたらすぐにフタをして戻しましょう。 冷凍で保存 家族が多いなどでどうしても冷蔵庫をひんぱんに開け閉めしてしまうような場合は、インスタントコーヒーを冷凍庫に保存しましょう。 注意点としては、 冷蔵庫のときと同じく、フタを開けたときの温度変化です。 水滴がつかないようにしましょう。 おすすめの保存容器ならキャニスター インスタントコーヒーの保存で、いちばんのおすすめはキャニスターです。 キャニスターのフタには、シリコン製のパッキンが付いているので密閉性が高いんです。 耐熱製やホーロー製、ステンレス製などの種類があるので、用途や好みで選ぶと良いですよ。 耐熱ガラス製 耐熱ガラス製のキャニスターは、ガラス容器なので、量の残りなどが、すぐにわかります。 また、 密閉性も高いです。 ただし、遮光性は期待できないので、暗い場所で保管しましょう。 ホーロー製キャニスター ホーロー製のキャニスターは、 密閉性も遮断性もあります。 ただ、少し重さを感じるかもしれません。 ステンレス製のキャニスター 素材がステンレス製なので軽量です。 遮光性も高く、落としても割れないので安心です。 ただ、人によっては金属の匂いが気になる場合もあります。 どうしてもニオイが気になる方は別の素材を選ぶと良いですよ。 ちなみに、キャニスターは100均とかで購入できるもので十分ですよ。 インスタントコーヒーの瓶に保管 瓶に入ったインスタントコーヒーなら、そのまま保存できます。 ただし、 ポイントとして、瓶に貼られている紙をフチの部分だけ残して、剥がすことです。 フチだけ残すことで瓶とフタの間の隙間を極力なくせるのです。 密閉して酸化を防ぐことで、インスタントコーヒーにとって良い環境のまま保存できるんです。 ペットボトルに保存 ペットボトルでの保存のメリットは、どこの家庭にもあるものなので気軽にインスタントコーヒーが保存できる点です。 ペットボトルの場合、しっかりとフタを閉め保管すれば密閉性も高くなります。 透明のものがほとんどなので、暗い場所で保管するようにしましょう。 ただし、 最近のペットボトルは品質が良いので、その分、薄いです。 なので、 徐々に酸素に触れ、長期間保存しているとどうしても酸化しやすくなってしまいますよ。 ポリ容器で保存 我が家では、ポリ容器を使っています。 ポリ容器はペットボトルに比べると素材が厚いので、酸化しにくいのです。 以前は、こんな容器に入れてました。 (ラベルはわかりやすいように貼りました!) が、どうしても光が当たってしまうので、最近は、こういった袋を裏返しにして、ポリ容器に巻いています。 これだと遮光性が高いし、酸化も防げるのでインスタントコーヒーをいつでも美味しく飲めるんですよ。 意外にもジップロックはインスタントコーヒーの保存には不向きなんですよ! インスタントコーヒーの保存でカビが生えるって本当? インスタントコーヒーを密閉容器に入れて保存しておいたとき、なんか白っぽいカビみたいのできていたことがありました。 びっくりして調べてみたら、これは湿気っぽくなって、固まってきたせいでカフェインが中から出てきていたんです。 とくに、身体に害があるわけではないので安心してくださいね。 まとめ コーヒー豆が空気や湿気、温度、光に弱いってことがわかれば、インスタントコーヒーをどうやって保存するのが良いのかがわかりますよね。

次の

(100均レビュー)ダイソーのインスタントコーヒーキャップがクセがある逸品だった件

インスタント コーヒー 入れ物

100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの対応銘柄について、まずはレギュラーサイズの対応銘柄をご紹介します。 レギュラーサイズの対応口径は51から61mmとなっており、対応の銘柄は以下の表の通りです。 100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの対応銘柄・レギュラー ネスカフェ 香味焙煎 深み 65g ネスカフェ 香味焙煎 丸み 65g ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 80g ネスカフェ ゴールドブレンド 90g、135g ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め 90g、135g ネスカフェ エクセラ 130g ネスカフェ プレジデント 65g AGF マキシム 80g、ブレンディ 100g KEY COFFEE インスタントコーヒー スペシャルブレンド 90g KEY COFFEE インスタントコーヒー スペシャルブレンド 深煎り 90g KEY COFFEE インスタントコーヒー フロスティスタイル 100g 100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの対応銘柄・スモール 00均ダイソーのインスタントコーヒーキャップのスモールサイズの対応銘柄についてご紹介します。 インスタントコーヒーキャップのスモールサイズは対応口径が40から43mmで、対応銘柄は以下の表の通りです。 100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの対応銘柄・スモール ネスカフェ ゴールドブレンド 30g ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス 30g ネスカフェ エクセラ 40g セブンイレブン いつものコーヒー 70g UCC ザ・ブレンド 114 90g UCC ザ・ブレンド 117 90g UCC 職人の珈琲 芳醇な味わい 90g UCC 職人の珈琲 ほろ苦い味わい 90g マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー 100g 100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの使い方は? 100均ダイソーのインスタントコーヒーキャップの口コミはどのような意見が多いのかというと、やはり1杯分のコーヒーの粉を出せるのが便利という口コミが多く見られます。 1杯分のコーヒーの粉を出すのにスプーンで軽量する必要がありませんし、粉を入れすぎてしまうという心配もなくなります。 インスタントコーヒーキャップというグッズも今までに無い商品なので、実際に使ってみて便利だと感じている人が沢山いることが口コミからも分かります。 QUOTE ハンドドリップ出来ないときはインスタントで済ませるのだがダイソーで売ってる一回分を勝手にフィードしてくれるインスタントコーヒーキャップが神すぎる。 引用元:Twitter QUOTE ダイソーのインスタントコーヒーキャップは重宝してる、カップに傾けるだけでちょうど一回分が出てくるナイスでワンダフルな代物。 引用元:Twitter QUOTE ダイソーの、ひと振りで1杯分だせる!と謳い文句のインスタントコーヒーキャップ。 こういうの、本当欲しかった。 もう入れすぎることからおさらばだ。 インスタントコーヒーは入れる粉の量によって味の濃さが変わってしまいますが、インスタントコーヒーキャップを使えば1杯分の適量の粉が出るのでいつも同じ味のコーヒーを飲むことができます。 インスタントコーヒーを作る度に味が違う、そんな経験をしたことのある人もいるかと思いますが、インスタントコーヒーキャップを使うことで粉の量が一定してコーヒーの味も安定します。 いつも同じ味のコーヒーを味わえるのは嬉しいポイントですよね。 QUOTE ダイソーのインスタントコーヒーキャップを買った!これでコーヒーの味が一定になるはず! 引用元:Twitter QUOTE ダイソーのインスタントコーヒーキャップが本当優秀。 インスタントコーヒーを作る時はティースプーンなどを使ってカップにコーヒー粉を入れていると思いますが、キャップがあればスプーンを使う必要がありません。 スプーンを用意する必要が無いのでインスタントコーヒー作りがより快適になりますね。 会社でのコーヒータイムや忙しい時にもササっと手軽に作れるのでビジネスマンやOLにもおすすめのグッズです。 瓶に残っている粉の量が少なくなってくるとキャップから適量の粉が出なくなってしまいます。 キャップの構造により瓶に入っているコーヒー粉を最後まで使い切ることができないため、残量が少なくなったら粉を補充する必要があります。 瓶に残っている粉が少なくなってきて、補充するコーヒー粉が無い場合はインスタントコーヒーの容器に付いていた蓋に戻して使い切るようにしてください。 インスタントコーヒーの容器に付いている蓋は捨てずに保管しておくのが良いかもしれません。 ダイソー以外の100均でインスタントコーヒーキャップは売ってる? インスタントコーヒーキャップはセリアやキャンドゥでは売ってない.

次の

職場でも簡単に出来る!インスタントコーヒーを劇的に美味しくするコツ&ちょい足しアレンジ

インスタント コーヒー 入れ物

なので、インスタントコーヒーなのに、 おいしいアイスコーヒーの作り置きの作り方などを、伝えていこうと思いますので、この夏を涼しくすごしていくためにも、ぜひぜひ活用してくださいね!• インスタントでのアイスコーヒーの作り置き まず、次の材料を用意いたします• インスタントコーヒー大さじ6杯• 砂糖大さじ4杯• お湯適量 200CCぐらい• 水適量 800CCぐらい• 氷適量 そして、次の作業をおこなっていきます。 コーヒーや砂糖をお湯にまぜとかす• 氷や水をいれて冷やす• 冷蔵庫に保存 では、それぞれの工程を追っていきましょうね。 コーヒーや砂糖をお湯にまぜとかす 用意したインスタントコーヒーと砂糖を、マグカップなどの容器に、いれていきます。 そして、 お湯を注いで、ちゃんと混ぜて、溶かしていきます。 しっかりとよく混ぜておくと、コーヒーが沈殿しないばかりでなく、香りが立ってきます。 (レギュラーコーヒーほどではありませんが…) 空気を含ませるつもりで、 しっかりとかき混ぜると、なおいっそう、いい香りがします。 スプーンで、よくかくはんして、酸素を十分にいき渡せることで、インスタントコーヒーであるにもかかわらず、香りが一段と引き立っていきます。 氷や水をいれて冷やす 溶かしたコーヒー液を、冷水ポットなどの、ボトルに移していきます。 耐熱用の麦茶ポットなどがあれば、便利でいいですよ。 コーヒーのはいったボトルの中に、 氷をドバドバいれていきます。 僕の場合は、15個ほどいれていきます。 あっという間に、氷もとけてしまって、熱もさめていき、冷たくなっていきます。 残りの部分に、 水を注いで、さらにひやしていくんです。 冷蔵庫でゆっくり冷やすよりも、水や氷を加えていって、 一気に冷ましたほうが、濁りのないコーヒーに仕上がります。 冷蔵庫に保存 あとは、 冷蔵庫にいれて、冷やして保存すると、出来上がりです。 飲む際には、お好みで牛乳やミルクを加えると、おいしいですよね。 で、作り置きをつくるときのコツも、ありますので、見ていきましょう。 インスタントでのアイスコーヒーの作り置きのコツとは? 作り方の コツとしては、3つ、あります• ホットコーヒーより少し濃い目に• 1週間程度の量で保存• 熱湯でコーヒーを溶く 順を追って説明していきます。 ホットコーヒーより少し濃い目に ホットで飲む場合の、1. 5~2倍の粉を使うといいです。 コーヒーの濃さも、砂糖などの甘みも、ホットコーヒーよりも少し 多めにすると、いいようです。 人間の舌は、食べるものが冷たくなると、味覚が鈍くなります。 冷たくすることで、感じにくくなって、味や風味がうすまってしまいます。 ホットコーヒーを飲むときより、苦味も、甘みも、 濃い目のほうが、アイスコーヒーの場合は、おいしく感じるんです。 1週間程度の量で保存 日にちがたつごとに風味も立たなくなってきて、香りもしなくなってしまいます。 それなら、3日分ぐらいで 飲みきれる量を、保存したほうが無難かもしれません。 季節柄、いたみやすいこともあるので、1週間分ぐらいを見立てて、作り置きするのもいいです。 熱湯でコーヒーを溶く 最初から冷水で、アイスコーヒーをつくってもいいのですけれど、 熱湯で加熱したほうが、香りがたってきます。 お湯をわかすことで、水のカルキ臭が消えていくばかりでなく、気持ちいい コーヒーの香りが、におってくるんです。 熱湯でコーヒーをとかしてから、氷と水を加えたほうが、味も香りもよくなります。 作り置きをするメリット インスタントコーヒーで、アイスコーヒーを作り置きすることによる、良さって、実は、次の3つがあるんですよ。 多めに作っておく事でストックできる 飲むときに、毎回つくるのは面倒なときや、毎日だってアイスコーヒーを飲みたい場合などは、ストックがあると、 いつでも飲めて、手間もかからなくて、かなり便利ですよね。 経済的なこと 作り置きをすると、安くて経済的で、出費を抑えることができます。 自分のお好みの濃さに調節できる コーヒーの濃さだけでなく、砂糖などの甘さも、 自分たちの好みに、調節できます。 無糖も可能ですし、ダイエットのために、微糖仕上げにすることも、可能です。 お子さんやお父さんの、糖分のとりすぎに配慮して、少なめに調節することも、可能なんです。 コーヒーを作り置くときのコツやよさなどを、伝えさせてもらいました。 今年の夏、ぜひ参考にしていただければとおもいます!! また、毎年、夏になると、 アイスコーヒーを、家族でたくさん飲んでしまっています。 そうなったら、作り置きをして、氷いっぱいうかべて、牛乳を入れて、毎日おいしく飲み続けることに、なるとおもうんです。 今回も、箸休めや涼むために、おやつ代わりに、何かと飲むことになるでしょう。

次の