キメセク 沢尻。 穴という穴から垂れ流し...沢尻エリカが使用した薬物の上をいく”最も危険なドラッグ...|テレ東プラス

沢尻、横川直樹両容疑者にキメセク関係の可能性も

キメセク 沢尻

女優・沢尻エリカ容疑者が16日、合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された一件が世間に衝撃を与えている。 沢尻容疑者といえば、2012年5月に一部週刊誌などで「大麻吸引疑惑」を報じられてその動向に注目が集まっていたが、彼女をよく知る芸能事務所のスタッフは声を潜めてこう明かす。 「沢尻容疑者がドラッグにハマるキッカケになったのは、音楽業界の男性と付き合いを深めてから。 その男性が好きだったハウスミュージックのカルチャーとして、一気に沢尻容疑者がのめり込んでしまったというのは一部ではよく知られていた話です。 同時期に前所属事務所のスターダストプロモーションが所属契約を解除したのは賢明な判断でした。 その当時から、沢尻容疑者が薬物で捕まるのは時間の問題だと言われていましたからね」 今回、沢尻容疑者が所持していたのがMDMA、通称「エクスタシー」だったということも識者の間では話題になっている。 「沢尻容疑者に関しては、以前に週刊誌などで報じられたように、大麻を好んでいるイメージが強かったので、今回の逮捕時に所持していたのがMDMAというのは意外でした。 沢尻容疑者は、ドラッグで音楽や踊りを楽しむタイプだと思われていましたが、どうやらその印象も覆されました」(週刊誌記者) こうした中、にわかにその存在がクローズアップされているのが、沢尻容疑者が逮捕前日に訪れた渋谷のクラブでのイベントの場にも同席していたとされる交際相手のクリエイターA氏の存在だ。 沢尻容疑者とA氏については、半同棲生活を送るなど約8年間交際を続けたが、沢尻が仕事に集中するため、今夏に破局したと一部で報じられていた。 「破局報道が出ましたが、実際のところは完全に別れたわけではなく、付かず離れずの関係だったそうです。 じつはA氏はあるルートから沢尻容疑者が警察当局にマークされているのを知り、彼女との距離を置くべく、週刊誌などのメディアに自ら破局説をリークしたという話もあります」(A氏をよく知る芸能事務所のスタッフ) 警視庁組対5課は入手ルートの解明のため、沢尻容疑者の交友関係にも強い関心を抱いているというが、A氏との関係も気になるばかりだ。

次の

沢尻エリカ、薬物使用で逮捕?キメセク疑惑動画も流出!: 沢尻エリカが芸能界追放危機!大麻パーティー現場が流失!!

キメセク 沢尻

沢尻エリカ 合成麻薬「 MDMA」を所持していたとして逮捕された 沢尻エリカ容疑者に、新たな疑惑が浮上した。 薬物を使っての性行為に溺れていたのではないか、というものだ。 11月26日、沢尻容疑者と交際歴がある30代のファッションデザイナー・横川直樹容疑者が警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の疑いで逮捕された。 沢尻容疑者は、自身が所持していたMDMAについて「横川容疑者からもらった」という趣旨の供述をしているという。 沢尻容疑者と横川容疑者は2011年頃から交際を始めたとされており、14年には同居が報じられたものの、今年9月には破局報道も流れた。 当時は「沢尻が大河ドラマに集中するため」などといわれていたが、以後も復縁説が出るなど、2人の関係は完全に切れてはいなかったようだ。 そして、その原因が薬物を使った性行為ではないのか、というわけだ。 11月28日付日刊スポーツでは、そうした可能性について専門家の話を交えて指摘している。 では、実際に薬物を使った性行為の経験者はどう考えるのか。 「一番いいのはハッパ」 「それはあるな。 わかり合っている相手でないとできないからな」 そう語るのは、覚せい剤や大麻所持で逮捕された経験を持つA氏だ。 彼は、薬物ごとの「効き方」について解説してくれた。 「キメてヤルのに一番いいのはハッパ(大麻)。 吸うと五感が敏感になるから、愛撫されるとすごく気持ち良い。 敏感になっているから、アッという間だった。 酒を飲んでヤリたくなる女は多いが、ハッパはアルコール以上だ」(A氏) ミュージシャンが曲づくりの際に吸ったりするように、皮膚感覚のみならず「聴覚や視覚も鋭敏になるのが大麻の効能だ」とA氏。 自身が薬物にハマったきっかけも大麻だったという。 「ハッパはダウナー系で副交感神経が優位になるから、すごくリラックスした気分になる。 逆に、興奮が高まりすぎるのがシャブ(覚せい剤)。 シャブを使ってヤルことを覚えると、ノーマルなのが物足りなくなる。 シャブと効き目が似ているコーク(コカイン)をやったのも、そのためだと思う。 もっとも、コークは効いている時間が30分ぐらいだけどな」(同) 逮捕後、「10年以上前から違法薬物を使用していた」と供述している沢尻容疑者は、「これまでに大麻やLSD、コカインも使った」とも告白している。 一方で、尿検査ではMDMAのほかに覚せい剤やコカインなどの違法薬物について、すべての反応が陰性だったことが明らかになっている。 A氏によると、覚せい剤を使った性行為には、ある問題が生じるという。 「交感神経が刺激されるから気持ちは良いが、大事な部分が反応しなくなるんだ。 だから、売人はそのための薬も一緒に売ってくれる。 ただ、両方同時に使うと血圧が200を超えるから、とても危険。 俺など、何度後頭部が痛くなったかわからないよ」(同) 聞けば聞くほど、薬物地獄の恐ろしさが垣間見える。 「ダメ。 ゼッタイ」と言われるのもわかる気がする。

次の

沢尻エリカ、薬物使用して性行為の可能性との指摘…経験者が語る快楽と“廃人”になる恐ろしさ

キメセク 沢尻

覚せい剤を使用し逮捕された芸能人まとめ• 覚せい剤によるキメセク• その他の薬物たち• 最後に・・・• 覚せい剤を使用し逮捕された芸能人まとめ 調べると非常に多くの人が覚せい剤などの 薬物使用により逮捕されています。 その代表的な方々をご紹介していきましょう。 ピエール瀧 衝撃的な逮捕劇となってしまいました・・・ 2019年3月12日の夜、自宅でコカインを使用したとして、、厚生労働省関東信越厚生局の麻薬取締部はテクノ「電気グルーブ」のパフォーマンス担当、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)を緊急逮捕しました。 自宅からコカインは発見されず、尿検査にて陽性反応が検出され、麻薬取締法違反(施用)の疑いで検挙されたようです。 いや~昔からの電気グルーブファンとしては衝撃の一言です。 ちなみにそのブログでアップされたモノは超大作で、ASKAが自ら書き上げたという。 現在でも調べれば読めるので、気になる人は探してみると良いでしょう。 内容が真実かどうかは定かではありませんが、中々に読ませる仕上がりです。 さすがASKAさん! 残念ながらほんのり電波臭を感じるのは、きっとクスリの影響なのでしょう・・。 酒井法子 2009年8月3日、夫が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕。 任意同行を求められたのりピーはそれを拒否して行方をくらましたが、のりピーへの逮捕状が出た翌日の8月8日に警察に出頭して逮捕に至りました。 夫である高相はあるインタビューで キメセクはしていないと言っていました が、十中八九というか、十中八万くらいはやっていると言ってよいでしょう。 お互いシャブを打っているのにセックスに使わない理由は無いですからね。 あのカワイイのりぴーがキメセクでラリッてたと想像するだけで、何やら来るモノがありますね! 小向美奈子 とても15歳とは思えない爆エロボディをひっさげてグラビアデビュー。 そしてフジテレビのビジュアルクィーンに輝くなど、将来を約束されたかのようなスタートを切った彼女。 ドラマの主役やCMなどにも複数出演し、順風満帆な日々を過ごしていたのですが、20歳を過ぎた辺りから陰りが見え始める。 そして23歳。 事務所から突然解雇されます。 理由は 発覚はデリヘル嬢からの通報 のようで、なんともお粗末極まりない。。。 知らない女性にキメセク仕掛けるなど、危険極まりない行為ですが、ついやってしまった辺り、相当キメセクにハマっていたことは伺えます。 キメセクをする上でのパターンとしては、違法ということもありますので、彼女や妻、セフレなど、決まった相手と楽しむのが基本ですから、 多分、固定の相手との別れがあったのでしょう。 その結果、 デリヘル嬢に持ち掛けるしかなくなったというのが真相でしょう。 芋づる的に別れた女性が捕まる可能性もありますね。 高橋裕也 2018年9月11日。 覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたのが、高橋裕也さん。 実に11年という時を超えて、 セックスが100倍キモチイイ。 一度の交渉じゃ飽き足らず、薬の作用が効いている間は延々とセックスを繰り返す。 などなど、あまりの気持ちよさに狂ったようにセックスをすることになるワケです。 どう考えても媚薬ですねぇ。 っと、ここまでは最高なのですが、一度やったら抜けられないほどの快感を受ける代償は大きく、 やればやるほど多量の覚せい剤を必要とするようになり、廃人となってしまうわけです。 その他の薬物たち キメセクやシャブセックスと聞くと、どうしても「覚せい剤」というイメージが強いのですが、実はキメセクと関係性のある 違法薬物は他にもゴロゴロしています。 ここでは、その一例を紹介したいと思います。 コカイン 覚せい剤と効果は似ているが、快感というよりも爽快感といった方が正解。 効果時間が短いのが特徴で、スグにまた摂取する必要が出てくる。 従ってポンポン使用する羽目になる。 その結果、依存度が高い。 が、身体的依存は無いとされる。 以前はコカ・コーラに含まれていたのは有名なお話で、近年、爆発的ヒットを飛ばしたエナジードリンクであるレッドブルの姉妹品から微量のコカインが検出されるという事件があったようです。 総合的に考えると危険度はかなり高いが、コロンビア人はバンバン吸っている(笑) MDMA(エクスタシー) 今回はご紹介しませんでしたが、押尾学さんの大好物のおくすり。 カップルで使うとラブラブになれる薬で、セックスで死ぬほどキモチイイというとは少し違う。 依存性は比較的低く、身体的ダメージもそれほどではない。 アメリカではPTSDの治療に役立つことを期待し、臨床実験が行われている。 ちなみに日本で入手できるエクスタシーの多くは、不純物が多く含まれており、そのせいで強い副作用を出すことがあり大変危険! ヘロイン 全薬物の頂点に立つ悪魔のクスリ。

次の