ジア クラスター 口コミ。 【ウイルス対策】空気清浄機オススメ4選徹底比較

ヒヤミストいろいろなこと: ジアクラスター口コミ

ジア クラスター 口コミ

プラズマクラスターとナノイーの違い プラズマクラスターとナノイーと言えば、「プラズマクラスターはシャープ」「ナノイーはパナソニック」というのが一般認識ですが、これら二つはそれぞれ特徴が異なります。 プラズマクラスターの特徴 自然の癒しなどでよく耳にする「イオン」のプラス・マイナスをプラズマ放電によって人工的に作って放出する技術のことを言い、この技術はシャープ独自のものです。 放出されたイオンによって、部屋に浮遊しているカビ菌などを抑える効果が期待でき、特にウィルスや消臭効果に期待できます。 ナノイーの特徴 空気中の水分に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオンのことで、この微粒子イオンはさまざまな物質に作用しやすく、殺菌やウィルスにも効果的で、美肌、美髪効果などにも優れています。 パナソニックではこのナノイー技術を、空気清浄機だけでなく「ドライヤー」や「美顔器」などにも採用していて、このことからも「健康」「美容」両方に効果的であることがわかります。 共通するのはイオン効果 プラズマクラスターとナノイー、どちらも基本的にはイオンの効果で消臭や除菌をすることに共通点があり、基本的な仕組みや効果は同じで、違いがあるのはイオンを発生させる手段と使い方です。 プラズマクラスターはイオン放電しそれをエアコンや空気清浄器で発生する空気に乗せて、部屋の中を除菌し、一方のナノイーは空気中の水分に微粒子イオンを包ませ、花粉や埃、ウィルスなどを包み込んで除菌します。 プラズマクラスターにするか?ナノイーにするか? プラズマクラスターとナノイーのどちらを選べばいいかは、特徴だけではなかなか判断できません。 ここでは、各製品の使い方やお手入れ方法など、選び方のポイントを項目別に解説していきます。 置く場所で選ぶ プラズマクラスターとナノイー、どちらも「どこに置いて使用する」かが大きなポイントになります。 基本的にプラズマクラスターは壁際に、ナノイーは前から吸い込むので部屋の中央などが基本的な置き方です。 プラズマクラスターは、上から気流を発生させ、部屋の壁、天井、壁、床の順に空気を送って、最終的に回収した埃やウィルスなどを吸引する仕組みです。 よって、発生させた空気を部屋全体に循環させる必要があるので、壁際や窓際に置くのが適しています。 逆にナノイーは前からどんどん埃やウィルスを吸い込むので、特に置き場所の指定はなく置きたい場所に置くことができるのですが、早い効果をきたいするのであれば、少し邪魔になりますが部屋の中央に置くと効果が早いです。 置き場所の比較• プラズマクラスター 窓際、壁際• ナノイー 特に指定なし プラズマクラスターは部屋の隅に置かなければ、効果を発揮しませんが、ナノイーはどこに置いても効果が期待できるので、部屋のインテリやレイアウトに合わせやすいです。 お手入れで選ぶ 空気清浄器は定期的にお手入れをする必要があり、プラズマクラスターとナノイーはお手入れ方法も異なります。 プラズマクラスターは機体の裏側を掃除機で吸い込むだけで、特に細かいお手入れは必要なく、本格的なお手入れをする場合は、フィルターの洗浄や内部の埃を取ったりなどしますが、常時行うお手入れは裏側を掃除機で吸うだけなので簡単に行えます。 一方のナノイーは前カバーを外して中のフィルターを洗浄する必要があるので、プラズマクラスターと比べ工程が一つ多いですが、こちらも比較的簡単に行うことができます。 お手入れの比較• プラズマクラスター 簡単• ナノイー 比較的簡単 どちらもお手入れに必要な工程は少ないですが、あえて言うのならプラズマクラスターの方が若干お手入れは楽に行えます。 空気の清浄効果の早さで選ぶ プラズマクラスターとナノイーは、基本的には空気を清浄化するという点で効果に大きな違いはありませんが、その効果の早さには違いがあります。 上記の置き場所にもあったように、プラズマクラスターとナノイーはそのメカニズム上置き場所に違いがあり、それによって部屋に与える効果と早さが異なります。 プラズマクラスターは発生した空気を部屋に循環させる必要がありますが、ナノイーはどんどん吸い込むだけなので、効果の早さで言えば、ナノイーの方が効果が早く出ると言えます。 効果の早さの比較• プラズマクラスター ナノイーに比べると遅い• ナノイー 早い ナノイーは確かに効果が出るのが早いですが、だからと言ってプラズマクラスターが遅いわけではなく、これはあくまでナノイーと比べた結果で空気清浄器は大きさによって効果や速さが変わってきます。 ですので、プラズマクラスターも大きいサイズであれば、ナノイーまでとはいきませんが、それなりの効果の早さに期待ができます。 加湿機能の有無で選ぶ プラズマクラスターやナノイーは、イオンを発生させる過程で空気中の水分を必要とするため、部屋の湿度を一定に保たなければなりません。 加湿機能が付いていないモデルの場合は、別途加湿器を用意する必要もあるでしょう。 購入の際には、加湿機能の有無も選ぶ際のポイントです。 イオン発生ユニットのコスパで選ぶ プラズマクラスターとナノイーから放出されるイオンの量は、経年劣化する事にも注意が必要です。 寿命の原因であるイオン発生装置は交換可能ですが、使用時間の目安や交換用ユニットの値段は製品によって異なります。 検討しているモデルのイオン発生ユニットの使用可能な時間と、交換にかかる費用も選ぶ際のポイントです。 空気清浄機はイオンよりフィルターを重視 プラズマクラスターとナノイーは共にイオン技術がフューチャーされますが、イオン技術を理解しそれを購入の判断材料にするのは、専門家でもない限り難しいです。 ここではイオン技術ではなく、フィルターに着目してプラズマクラスターとナノイーに使われてるフィルターの種類や耐久性を見ていきます。 プラズマクラスターも、ナノイーも共に、使われているフィルターの構造は基本的に同じで共に3層構造ですが、フィルターの順番に少し違いがあり、以下が各フィルターの構成になります。 プラズマクラスターが搭載されたおすすめの空気清浄機 シャープ 空気清浄機「蚊取空清」 FU-LK50-B 蚊取り機能が付いた空気清浄機です。 空気清浄を行いながら、蚊や小バエなどを吸い込んでくれるため薬剤を使用せずに蚊や小ハエ対策をすることが可能です。 小さいお子様やペットがいる家庭に非常におすすめの商品です。 プラズマクラスターとナノイーのまとめ• プラズマクラスターとナノイーそれぞれが発生するイオン効果のメカニズムを把握し、自分の体質や部屋など環境に適したものを選ぶのが大切になります。 プラズマクラスターとナノイーは置き場所がそれぞれ異なるので、部屋のレイアウトやインテリに適したものを選ぶのもポイントです。 また、効果の早さや、お手入れ方法など、自分なりに好みを見つけてバランスのとれたものを選びましょう。 ドライヤーに関しては、プラズマクラスターよりもナノイーの方が効果的におすすめです。 これらのポイントを踏まえて、プラズマクラスターとナノイーそれぞれ適したものを選びましょう。 投稿ナビゲーション.

次の

【話題のウイルス対策】ZiaCluster(ジアクラスター)の口コミを調べてみると、嬉しい声が続出!|キレイな女の教科書~BiBible~

ジア クラスター 口コミ

次亜塩素酸ナトリウムは、酸化、漂白、除菌力が高く、取り扱いも簡単であるため、食品製造現場でも使用されています。 除菌力が高いため、次亜塩素ナトリウムは、 厚生労働省も除菌使用時に推薦しています。 調節役の希塩素 ZiaCluster(ジアクラスター)は、次亜塩素酸水をただ水で薄めるだけではありません。 酸性、中性、アルカリ性など、水溶液の性質を判断するものとして、pHという指標があります。 このpHを調整してくれているのが希塩素です! ZiaCluster(ジアクラスター)は、希塩素によりpH濃度を5. 5で設定しています。 5は「弱酸性」領域になっているため、 刺激が少なく、手指や皮膚等に優しいんです。 次亜塩素酸ナトリウムの高い除菌力を最大限に活用してくれるのが、希塩素のいいところ。 ZiaCluster(ジアクラスター)は、次亜塩素酸ナトリウムの高い除菌力と、その効果を最大限に活かしてくれる希塩素によって作られた『除菌液』です。 ZiaCluster(ジアクラスター)の口コミを調べてみた ZiaCluster(ジアクラスター)は、インスタグラマーからも大人気で評判も好評なんです! mika24angel がシェアした投稿 — 2020年 3月月30日午前12時00分PDT 「弱酸性で肌に優しくて、子供やペットに悪影響がない」 「キッチン用品や食品、帰宅後の手の除菌にも使っている」 と口コミの評価が抜群なのがZiaCluster(ジアクラスター)です。 ZiaCluster(ジアクラスター)の特長は4つ! インスタグラマーの口コミが高い理由には、ZiaCluster(ジアクラスター)の特徴に秘密があります。 除菌力 次亜塩素酸の除菌力の特徴は、除菌範囲が広いことです。 従来の除菌はアルコールが一般的で、万能な除菌液として長く使用されてきました。 しかし、2009年以降に出てきたノロウイルスやA型肝炎ウイルスは、アルコールにさらされて死滅するまでの時間が長くなり、2009年前の10倍の抵抗力がついたんです。 アルコール除菌では除菌しきれないウイルスや菌によって、病気の感染リスクが高まってきました。 どんどん強力な菌が出てきている中、アルコール消毒だけでは病気や感染を防ぐことができません。 外でマスクをして予防はできても、家の中に持ち帰った菌、ウイルスによって感染する可能性があります… ZiaCluster(ジアクラスター)を家で使うだけで、 多くの菌やウイルスから守ってくれるので、家族の健康を守ることができるんです。 残留性 ZiaCluster(ジアクラスター)は、残留性が低いことも嬉しいポイント! 残留性というのは、使用した後に成分がとどまることをいいます。 一見、残留性があったほうが、菌やウイルスを除菌してくれると思う方も多いんですが、残留性が高すぎると家で使用すると不便なんです。 使用する場合、台所や調理器具、リビングが多いんですが、家族やペットが触れたり、料理を口にする場所ですよね。 残留性が高いと、時間が経っても噴霧したところに残ってしまうので、肌に触れてトラブルなどを引き起こしてしまう可能性があります。 それに比べ、ZiaCluster(ジアクラスター)の成分である 次亜塩素酸の残留性の低さは、厚生労働省も認めているんです。 食材に使用しても残留性が低く、栄養成分への影響はない、水道水と変わらないので、身体への影響もありません。 除菌効果が高く、残留性が低いZiaCluster(ジアクラスター)は、 誰でも安心して場所を選ばず使用することができます。 安全性 ZiaCluster(ジアクラスター)は、除菌ができるウイルスの対象が幅広く、除菌力が高いことも嬉しいですが、1番気になるのは安全性ですよね。 「小さい子供やペットに触れても大丈夫?」 「使っちゃいけないところはないの?」 そんな不安は、ZiaCluster(ジアクラスター)には必要ありません。 安全である理由は、厚生労働省が定めている「食品添加物」として認定されていることです! しかも、 食品安全委員会という機関が動物安全性試験を行った結果… 誤って飲んでしまった時や皮膚、アレルギーなど、身体への異常、刺激性などは見られず、安全性が高いことが証明されました。 小さいお子様がいたり、ペットを飼われていると、たくさん動き回ったり、色んなものに興味を持ちますよね。 何も知らない小さい子供は、色んなところを触ったり、口に入れてみたりと興味津々。 漂白剤やアルコール消毒をしても、肌や刺激に弱い子供、ペットが触ったり、飲み込んでしまうと危険です。 ZiaCluster(ジアクラスター)なら、身体への悪影響はないため、安心して除菌ができ、家族の健康を守ることができます。 消臭力 イヤな臭いがあるときは、菌が繁殖したり、アンモニアなどの臭気成分が原因。 仕事や家事で汗をかいた状態や、料理後の生ゴミ、台所などの水回りは菌が繁殖しやすく、放っておくと、イヤな臭いを発生させる原因になります。 主成分となる次亜塩素酸は、化学的消臭という種類で、臭いのもとを臭いのない物質に分解してくれるんです、 脱臭試験にもクリアしており、臭いの原因となる「アンモニア」「トリメチルアミン」などを除去。 「本当にどんな臭いにも効果があるの?」と疑問に感じると思いますが、消臭効果テストでは消臭力の高さが証明されました! 強く臭うところから、無臭に近いレベルまで消臭することができたんです! 一般的な消臭スプレーは、他の匂いでごまかすタイプが主流。 瞬間的に臭いは消えますが、時間が経過したら臭いが戻ることも少なくありません。 ZiaCluster(ジアクラスター)は原因の根本となる菌を取り除いてくれるので、何度も使い続ける必要はありません。 寝具についた加齢臭や、タバコ、外食後などの消えづらい臭いにも効果的です! ZiaCluster(ジアクラスター)は、日常のちょっとした臭いの不安も取り除いてくれます。 ZiaCluster(ジアクラスター)のおすすめな使い方 3つの使い方をすることで、効率的に除菌することができるので必見です! 使い方シーン1:空気清浄機に入れて広範囲に空間除菌 持っている空気清浄機にZiaCluster(ジアクラスター)を入れて使用することで、広範囲の除菌が可能です! さすがに、スプレー容器をずっと持ち歩いて、シュッシュッと空間除菌するのは続けるのは、労力がかかり継続できません。 空気清浄機を買い変えるよりも、手持ちの空気清浄機にZiaCluster(ジアクラスター)を入れて除菌を行ったほうが、 効果的、コストパフォーマンスも最高です。 使い方シーン2:料理前に調理器具、水回りをキレイに除菌 2つ目のオススメの使い方は、調理器具、水回りに噴霧すること。 いつも料理で使用するものだから、まな板や包丁などの調理器具、水回りはしっかり除菌するべきです。 ハイターなどの漂白剤は、使う所によって何度も薄めたり、洗い流すことにも苦労します。 ZiaCluster(ジアクラスター)なら、調理器具や水回りに向けてシュシュッとを噴霧するだけ! さっと水で洗い流すだけで落ちるので、 除菌後の手入れも楽にでき、肌荒れなどのトラブルも解決することができます。 使い方シーン3:いつも使っている寝具にワンプッシュ 1日の3分の1の時間を過ごすのが寝室。 枕やベッドは、気づかないうちに睡眠中の汗が染み込み、臭いや菌が繁殖しやすい場所です。 ZiaCluster(ジアクラスター)を寝具に使うだけで、 気になる加齢臭のもととなる菌を除菌することができます。 消臭に加えて、除菌も行ってくれるので、ストレスなく快適に睡眠をとることが可能です。 ZiaCluster(ジアクラスター)が今だと、初回1,980円の空間ケアコースがある! ZiaCluster(ジアクラスター)を買う時にオススメしたいのが、 空間ケアコース。 1,980円で買うなら今しかありません! しかも、この空間ケアコース限定で割引以外にも購入特典があります!! キャンペーンが終わる前に、早めに購入したほうがいいかも….

次の

空間除菌装置「ジアイーノ」は体によくない?口コミと効果を紹介!

ジア クラスター 口コミ

出典: 次亜塩素酸とはプールや哺乳瓶、水道水の除菌などに使われている除菌成分のことです。 「ジアイーノ」に水道水と塩タブレットを投入すると食塩水になります。 その食塩水が電気分解され「次亜塩素酸」が生成されるのです。 汚れた空気を吸引し、次亜塩素酸が浸透した除菌フィルターで汚れた空気を除菌・脱臭します。 そして、キレイになった空気とともに揮発した次亜塩素酸が放出されます。 つまり、菌やウイルスの外側だけでなく、中まで浸透して、すばやく作用するということですね。 こういった優れた除菌力がありながら、有機物と反応した後は水に戻るという性質があるため、安全性も認められています。 ただ、喫煙環境で使うのはNG。 やばこのヤニで本体内部が汚れたり、性能の低下を招いたりするおそれがあるからだそうですよ。 塩素と聞くと安全性に疑問を感じる人もいるでしょうが、ジアイーノに使われている塩素は少量なので安全だそう。 保育園などで業務用として使われている実績もあり、安全に注意して研究を重ねた結果、進化して家庭用が発売されました。 「次亜塩素酸」は赤ちゃんに影響ないの? いくら安全とはいっても、生まれたばかりの赤ちゃんがいても大丈夫なのか心配ですよね? 「ジアイーノ」を販売しているパナソニックのサイトでは、こう説明しています。 「ミルク育児や混合育児の場合、赤ちゃんがもっとも多く口にするのが哺乳瓶。 洗浄していても目に見えない菌やウィルスなどが心配ですよね。 だからこそ、世の中には哺乳瓶を除菌するための専用消毒剤があるのですね。 そしてその消毒剤の多くに含まれているのが「次亜塩素酸」という成分なんです。 毎日の栄養補給に必要な消毒ですから、除菌力はもちろん、なにより安全に使えることが特徴です」 (パナソニック ジアイーノ広告より抜粋) 厚生労働省のウィルス抑制マニュアルなどでも、次亜塩素酸はウィルス対策として紹介されている成分なので、菌やウィルスに対して効果を発揮してくれそうですね。 高価格の「ジアイーノ」、本当に必要? 出典: 部屋の中にあるウイルスや菌は、空気中にあるだけでなく、ドアノブやテーブル、リモコンなど人が触ったところにはすべてに付着しています。 清潔な空間を保つためには、空気中だけでなくこの付着したウイルスや菌への対策もしなければなりません。 一般的な空気清浄機は、チリやホコリを集めるだけなので除菌することはできませんが、ジアイーノは付着した汚れまで除菌できるのです。 室内の菌やウイルスを徹底的に除去することで、快適な空気環境づくりをしてくれます。 だから、生まれたばかりの赤ちゃん、介護をされている方、ペットを飼っているご家庭には必須と言えるでしょう。 「ジアイーノ」の口コミ集 理屈ではわかっていても、目に見えないので「効果がある」とも「効果がない」ともはっきりはわからないですよね。 そこで、実際に使った方々の口コミを集めてみました。

次の