ビタミンc ダイエット。 なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

【実践レビュー】ビタミンCを超大量摂取!話題のメガビタミン法とは?やり方とは

ビタミンc ダイエット

アシスタントのシナモンです 今回は ビタミンC最新情報! ビタミンCはダイエットに効果あり! というテーマでお送りします。 ビタミンと言えばビタミンC! って感じで、ビタミンCしか 知らない人って、 絶対いると思います。 ビタミンCが新鮮な野菜や 果実に入っているのは、 もはや誰でも知ってますよね。 なんだかよくわからないけど、 ビタミンC=健康にいい! と、 とにかく好印象しかないのが普通ですが ビタミンCのどこが体に 良いんでしょう? また、体に良くても 筋トレや運動をすると、 ビタミンCも消費が激しくなるので、 積極的に摂らないといけないのも事実。 最新情報では、ビタミンCは ダイエットにも効果があるそうで すよ! ビタミンと言っても いろんな種類がありますが 今回は特にビタミンCに絞って 詳しくお伝えしますね。 それでは、いってみよう! 目次• ビタミンはダイエットにも欠かせない体の潤滑油 ビタミンは ダイエットにも欠かせない 体の潤滑油と言われています。 ビタミンにはビタミンC以外にも A、B、D、Eといろいろありますが、 そもそもビタミンってなんでしょう? ビタミンは三大栄養素の タンパク質、糖質、脂質に比べると 必要量は少ないし、エネルギーもゼロ ですが、欠乏すると命に係わるくらい 重要な栄養素なんです。 人間の体をクルマにたとえるなら、 三大栄養素はガソリン、 ビタミンはエンジンオイルみたいなもん ガソリンが満タンでも、 エンジンオイルが入ってないと、 クルマは動きません。 たとえオイルが入っていても 量が不十分だと 動きがギクシャクしたり、 エンジンが焼き付いたりしますよね。 エンジンが焼き付いたら、 もはやスクラップ ただの鉄クズですわ! ビタミンも車のオイルみたいなもので 三大栄養素が体の中できちんと 使えるように、潤滑油のような 働きをしているんです。 今回はビタミンの中でも 超有名なビタミンCについて お伝えしていこうと思います。 ダイエットに効果のあるビタミンC、寿命はたったの2~3時間 ダイエットに効果のあるビタミンC ですが寿命はたったの2~3時間 しかありません。 ビタミンといえば、最も有名なのは ご存じビタミンC! でも残念ながら、体の中に入っても たった2~3時間で 出て行ってしまいます。 理由はビタミンCが 水溶性のビタミンだから 水に溶けるビタミンなので、 汗や尿などで体からどんどん 出ていってしまうんです。 体の中に長期間蓄えることが できないので不足しやすいのが ビタミンCの欠点。 ただし、体に蓄積されないので、 過剰症の 心配がほどんどないのが 利点です。 脂溶性ビタミン、 つまり油に溶けるビタミンは、 体からすぐには排出されませんが、 摂りすぎると過剰症になる 危険性があります 妊婦さんは医者から脂溶性ビタミンの ビタミンAについて、 摂り方を厳しく指導されますが、 これは不足しても摂り過ぎても 胎児に悪影響があるからなんですね。 水溶性なので2~3時間で排出されて しまいますが、過剰症の心配がないのが ビタミンCの長所です。 ダイエットに効果のあるビタミンC、7つの働き ダイエットに効果のあるビタミンCの 7つの働きを説明します。 ビタミンCは体の中でどんな働きを してるんでしょうか? コラーゲンの生成に必要 ビタミンCは コラーゲンの生成に必要です。 コラーゲンはタンパク質の一種で 細胞同士をくっつける役割があります。 皮膚や骨、軟骨、靭帯、腱、血管などを 丈夫にしてくれるタンパク質で、 全タンパク質の30%はコラーゲンです ビタミンCは、 このコラーゲンの生成に 欠かせない存在で、 欠乏すると 壊血病という 恐ろしい病気になり、 全身のあらゆるところから出血して、 ついには死んでしまいます。 16~18世紀の大航海時代、 ヴァスコ・ダ・ガマの インド航路発見の航海では 180人中、100人の船員が 壊血病で死んでしまったとか(!) 長期間の航海中、 新鮮な野菜や果実が食べられず、 壊血病になってしまったのですが 当時はその原因が不明でした。 その後、研究が進み 新鮮な野菜や果実に含まれる ビタミンCが 壊血病の予防になるとわかり、 多くの人が壊血病にならずに 済んだのです。 ビタミンC発見の裏にはこんな 歴史があったんですね。 ストレスと闘う! ビタミンCは ストレスと闘います。 実は、 ほとんどの動物は体内で ビタミンCを作ることが できます。 ビタミンCを体内で 合成できないのは ヒト、サル、モルモット、 コウモリなどの 一部の動物だけ。 ビタミンCを体で作れないなんて 人間って不便ね 実験では、 ビタミンCを体内で合成できる 動物にストレスを与えると、 その動物の体内でビタミンCが多量に 作られることが分かっています。 ストレスとは環境の変化などで 体に負担がかかっている状態のことで、 心配症の人やイライラしやすい人ほど ビタミンCの消耗は激しい ということになります。 人間はビタミンCを体内で 合成できないので、 ストレスから体を守るには、 ビタミンCを 食べ物から摂らないと いけないワケです。 抗酸化作用がある ビタミンCには 抗酸化作用があります。 人間も他の動物と同じく、 酸素をエネルギーにして 生きていますが、 酸素はその代謝の過程で、 一部が活性酸素に変化し、 体を傷つけることが あるのです。 ビタミンCはその活性酸素から 体 を守ってくれています。 ダイエットでいっぱい運動したら、 酸素もいっぱい使うので、 同時に 活性酸素も たくさん発生します。 そのため、 ダイエットするならビタミンCも 多く必要になってくるんです。 病気と闘う! ビタミンCは 病気と闘ってれます。 ビタミンCはコラーゲンの 生成に欠かせないビタミン。 コラーゲンが細胞同士を がっちり固めていると、 風邪などのウイルスも簡単には 細胞の中に侵入できなくなるので、 「ビタミンCを摂ると風邪予防になる」 というワケです。 また血液中の白血球やリンパ球の中には ビタミンCがたくさん入っていて、 常に細菌と闘っています。 つまりビタミンCを摂ると 風邪の予防効果もあるし、 風邪をひいてしまっても、 治りやすい体になるんですね。 がんの予防にも効果が期待できる。 ビタミンCは がんの予防にも 効果が期待できます。 ビタミンCは発がん性物質 「ニトロソアミン」の合成を 食い止める働きがあるからです。 ニトロソアミンって? 肉や魚を食べると、 その中のタンパク質が 胃で消化されるときに アミンという物質ができます。 アミンはハム、ソーセージ、 ベーコンなどの 加工食品に 添加物として入っている 亜硝酸ナトリウムと反応すると ニトロソアミンという 発ガン性物質に 変化します。 亜硝酸ナトリウムとは ソーセージなどの袋の裏に書いてある 発色剤(亜硝酸Na)のこと。 保存料、発色剤として よく使われている 食品添加物です。 亜硝酸ナトリウムは あらゆる食品に入っているので 危ないんなら食べなきゃいい と思ったところで、 普通に生活していたら どうしても口に入ってしまいます。 亜硝酸ナトリウムを 完全にカットする ことは、 まず不可能なのです。 食品加工メーカーに なんで亜硝酸ナトリウムを入れるのか? と聞いたところで、大抵は 「保存料として必要だし、 毎日食べても安全な量しか 入れてませんので 安心してください」 とかいう、 ふざけた返事しか返ってこないので、 メーカーに期待しても無駄! すぐに腐って 食中毒を起こされても困る。 色がきれい(赤い)ハム ほどよく売れる、 亜硝酸ナトリウムは安い・・・。 どうせ本音はこんな感じでしょう。 それに 食品加工業者は ハムやソーセージは 食べないそうですよ! 安全って言ったよな!お前ら! メーカーに文句ってもしょうがないので 自衛のためにも、積極的にビタミンCを 摂って、ニトロソアミンから体を 守らないといけないんですよ。 美白効果がある ビタミンCには美白効果があります。 ダイエットはしたいけど、そのために 外でジョギングなんかしたら日焼けで 真っ黒になりそうでイヤだな・・・ そんな時にもビタミンCは大活躍! ビタミンCは活性酸素を分解して、 紫外線から皮膚の細胞を 守ってくれるんです。 また、シミやくすみの原因である メラニンの生成を抑え、 ニキビ跡などの色素沈着も 緩和してくれるので、 美白に効果があるワケ ビタミンCにダイエット効果あり! 最近の研究では ビタミンCにはダイエットにも 効果があるとわかってきました。 ビタミンCには細胞を活性化させる 働きがあるんですが、 脂肪細胞に対しては エネルギーの ブドウ糖を取り込ませないように 働くんだそうです。 つまり、 ビタミンCをいっぱい摂れば、 脂肪細胞はブドウ糖を取り込めず、 大きくなることができなくなります。 これが、ビタミンCにダイエット効果 がある理由なんですね。 ダイエット中、ビタミンCの摂り方はこうだ! ダイエット中、 ビタミンCはどんな 摂り方をすれば いいでしょうか? 運動やスポーツをすると 汗と共にビタミンCは奪われるので 積極的にビタミンCを 摂っていきたいところですが 注意するべき点について 説明します。 朝、昼、夜、1日3回に分けて摂る ビタミンCは 朝、昼、夜、1日3回に分けて摂る のが良いです。 ビタミンCは水溶性ビタミンなので、 一度にたくさん摂っても 2~3時間もすれば尿や汗と一緒に 体から出て行ってしまいます なので 1日の中で数回に分けて摂るのが ベストですね。 かと言って日中は 仕事もあるでしょうから、 2~3時間おきに摂るのは結構大変。 せめて食事時、 1日3回に分けて摂るのが現実的ですね 量は1日最低1000mg摂る ビタミンCは1日 最低1000㎎摂るのが 良いでしょう。 厚生労働省は、1日最低100㎎の ビタミンCを食事で摂りましょう、 などと言ってますが これは壊血病で死なないための ギリギリの最低ライン。 周りの人が「壊血病で死んだ!」 なんて話は聞いたことないので、 普通に食べていたら 100㎎のビタミンCなんて、 誰でもクリアしてるんですよ。 ビタミンCの いろんな効果を期待するなら 1日1000㎎は摂ってほしいですね。 新鮮な野菜や果実はもちろん、サプリメントも利用する 新鮮や野菜や果実はもちろん、 サプリメントも利用して、 毎日しっかりビタミンCを 摂ってほしいですね。 ほうれん草、ジャガイモ、キャベツ、 にがうり、ピーマンなどは ビタミンCがたくさん入っています。 朝、昼、夜、1日3回の食事で このような新鮮な野菜を 取り入れましょう。 とは言え、 「ほうれん草100gには約35㎎の ビタミンCが入っています。 」 とか言われても、 ホントにそれだけ 入っているかなんて、 分かりませんよね。 育てられた環境にもよるし、 収穫されてからどれだけ経過 しているのかも不明 また 調理で加熱してもビタミンCは壊れるし 野菜などを切った瞬間、 その切り口からビタミンCは どんどん酸化していきます。 ですから、 食事で気にしないといけないのは 野菜を多く使う、 調理したら早めに食べる くらいのことで、 あまり神経質になり過ぎなくていいと、 私は思います。 あんまり気にし過ぎたらそのストレスで ビタミンCを消費しそうで、 なにやってんだか・・・。 みかん、オレンジなどの 果実も良いですが、 食べ過ぎると糖分も一緒に 摂ってしまうので要注意です。 また、 果実に多く含まれる果糖は、 エネルギーゼロですが、 これはエネルギーとして燃えず 直接脂肪になるということなので、 食べ過ぎると太ります。 確実にビタミンCを摂るなら やはりサプリメントの活用も 必要になってきますね。 市販されているビタミンCの サプリメントはたくさんあります。 注意したいのは ビタミンCは水溶性なので 必ず水と一緒に飲むこと。 チュアブルタイプは水なしでもOK。 1日1000㎎を目安に試してみては いかがでしょうか? まれに1日1000mg以上、 ビタミンCを摂ったら、 腸内細菌が活発になり過ぎて 下痢になる人もいるようですので、 下痢になるようなら、 量を調節する必要はありますね。 まとめ 今回は ビタミンC最新情報! ビタミンCはダイエットに効果あり! というテーマでお送りしてきましたが いかがでしたか? ビタミンCは コラーゲンの生成に必要。 ストレスに強くなる。 抗酸化作用がある。 病気から体を守る。 ガンの予防にも効果が期待できる。 美白効果がある。 ダイエット効果が期待できる。 ビタミンCの摂り方は、 水溶性で2~3時間で排出されるので 1日数回に分けて摂るのが良い。 1日の目安は1000mg 食事で摂るのが基本ですが サプリメントの活用も効果的。 必ず水と一緒に摂ることを 忘れずに! (チュアブルは水なしでもOK) ダイエットにはげむなら、いつも以上に ビタミンCを摂っていただきたいですね。

次の

ビタミンCは美肌に効果的!健康とダイエットをサポートする3つの効能

ビタミンc ダイエット

ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる水溶性ビタミン ビタミンCは別名 アスコルビン酸と呼ばれる水溶性のビタミン。 アスコルビン酸っていう名前は食品の成分表示の中でよく見かけますね。 ビタミンCは抗酸化パワーが強いので 抗酸化物質として食品に使われることも多いのです。 もちろん、サプリメント(栄養補助食品)としても認知度No. 1というポピュラーなビタミン。 一般的である一方で、イメージ先行で誤解されている部分もあるようです。 あなたはどれくれいビタミンCについて知っていますか?今回はビタミンCの本当の姿に迫ってみましょう。 まず、ビタミンCの代表的な機能といえば、抗酸化という働き。 体の老化にもつながる酸化物質は、タバコや紫外線、ストレスなどによって発生した活性酸素によるダメージ。 ビタミンCは自分が身代わりに酸化されることで、私たちの体を酸化物質から守ってくれています。 この他には、コラーゲンの合成、腸で鉄分の吸収を高める、ガン予防など色々なものがあります。 コラーゲンの合成=健康な肌を作る事でもあるので、美肌にも欠かせないビタミンです。 ところで、ビタミンCの色や味について、「黄色くて酸っぱい」というイメージを持っていませんか?実はそれがビタミンCの誤解。 実際の色は 透明なのです。 高濃度になると若干の酸味がありますが、食品やサプリメント(栄養補助食品)に使われる程度の濃度では、ほぼ 味はありません。 ビタミンCを沢山含んでいる野菜のカリフラワーですが、白くて酸味もないですよね。 「ビタミンC=柑橘類」のイメージを持っている人が多いため、お菓子やジュースでは黄色くしたり酸っぱい味を付けることが多くなっています。 これは、「ビタミンCがたっぷり入っている」という気分にさせるための仕掛けだったのです。 ビタミンCの不足症状 歯茎から出血しやすいなら要注意 水溶性のビタミンであるビタミンCは体の中に貯めておけません。 極端にビタミンCの少ない生活を続けると2週間程度で不足症の症状が表れ始めます。 ただ、「ビタミンCが不足している!」とはっきり分かるような症状が表れることはほとんどありません。 ビタミンC不足によっておこる「壊血」は、ビタミンCが不足することでコラーゲン繊維の合成能力が低くなってしまった状態。 コラーゲンは皮膚の材料であるだけでなく、筋肉や内臓を維持するにも欠かせないもの。 そのコラーゲン繊維が弱くなってしまうと、毛細血管の出血や歯茎からの出血、幼児の場合は骨の発育不良がおきてしまいます。 他には、疲労感、食欲不振、不眠症などの症状もあります。 しかし、他の栄養素の不足や病気でも同じような症状が出てしまうので、症状だけで「ビタミンC不足」と断定することはできません。 ビタミンCの過剰摂取症状 通常の食品に含まれる量(1000mg以下)では、過剰症の症状は特には認められていません。 必要以上に摂取した場合も、尿中に排泄されます。 しかし、極端に大量のビタミンCを摂った場合、吐き気・下痢・腹痛などが報告されています。 これらの症状は、取り過ぎるのを止めれば収まります。 昔は、ビタミンCを摂り過ぎると結石になるという報告もありましたが、それは現在では否定されています。 次のページからは、!.

次の

ダイエットにビタミンは必要?意外な効果を調べた結果

ビタミンc ダイエット

もくじ• ダイエット中は、とにかくビタミンを摂るべし! ダイエットで痩せるには、とにかく食事を減らして、ひたすら運動!!なんて思っていませんか? 確かに食事改善や運動も大事!でも実は、ダイエットで重要なのは…ビタミンやミネラルをしっかり摂ることなんです!! ビタミン・ミネラルには、キレイに痩せるためのポイントがたくさん詰まっています。 ビタミン・ミネラルのチカラを知って、もっと効率的に体づくりをしましょう! ビタミンは、燃焼ボディをつくる ダイエット中、摂りたいビタミンは7種類! ダイエット中にビタミン・ミネラルを摂りたい理由は主に2つ!• 痩せやすいカラダをつくるため• 不足する栄養素を補い、健康的に痩せるため そのためには、もちろん全部のビタミン・ミネラルを摂るのが一番なのですが、特に意識して摂りたいのは、ビタミンB1、B2、B6、A、C、D、Eの7種類! 燃焼ボディを作るのにおすすめのビタミン 無理な食事制限など、つらいダイエットは続かないもの。 そこで大事なのがビタミンB1。 糖がエネルギーに変わるのをサポートするから、食べたご飯やパンなどの糖質をしっかり燃焼させてくれるんです! 逆にビタミンB1が足りないと、糖をうまくエネルギーに変えられず、脂肪として蓄積されてしまいます…!さらに、疲れやすくなるなど体の不調にもつながるので、意識して摂りましょう。 ビタミンB2 脂質を燃焼させるのに必要なのがビタミンB2!食事で摂った脂質をエネルギーに変えるサポートをしてくれます。 脂肪の燃焼にもつながるので、ダイエットしたい人に欠かせないビタミンです! ビタミンB6 ビタミンB6は、タンパク質の代謝を助けるビタミン。 タンパク質をアミノ酸に分解・合成するサポートをし、筋肉を作りやすくしてくれるんです。 それがなぜダイエットに良いかというと、筋肉は痩せやすい体質を作るのに欠かせない存在だから。 筋肉が増えることで基礎代謝がアップし、カロリーを消費しやすいカラダになるんです! また、筋肉がつくと、痩せやすくなるだけでなく、メリハリのある引き締まった体になり、見た目も美しくなれますよ。 ダイエットのために運動してる人は、タンパク質と合わせてしっかり摂るべし! ビタミンB群はバランスよく摂ることが大切 ここまでの3つのビタミンを含むビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチン)は、お互いに作用しあって働きます。 だからどれか1つだけを摂るのではなく、バランスよく摂ることが大切です! ビタミンD キレイに痩せるために欠かせないのが筋肉。 その筋肉を強くしてくれるのがビタミンD! 運動と合わせて、ビタミンD、ビタミンB6、タンパク質を一緒に摂ることで、筋肉を効率よく増やし、痩せやすいカラダを目指せます! POINT:鉄分も忘れずに摂取しよう! 実は鉄分もビタミンB群と同じようにエネルギーを作り出すことに大きく関係しています。 特に女性は鉄不足の人が多く、ダイエットのために食事制限をすることでさらに鉄不足になりやすいのです。 ビタミンと合わせて、しっかり摂るようにしましょう! ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラル ダイエットのために食事制限や運動をしている人は、栄養不足になりがちです。 それが原因で肌が荒れたり、髪がパサパサになったり、爪が割れやすくなったりなど、悪影響を及ぼすことも…。 健康的でハリのある肌、美しくつややかな髪、爪などを保つためには、ビタミンが必須! ダイエット中にも健康的な美しさを保つために、下の3つのビタミンを意識して摂ってみて! ビタミンC 美容に良いビタミンといえばビタミンC!皮膚にハリや弾力を与えるコラーゲンの生成をサポートしたり、シミの原因となるメラニンの生成を抑制してくれます。 ビタミンCが不足すると、肌荒れのほか、貧血、倦怠感、疲労感などさまざまな不調につながります。 また、ストレスを感じることで大量に消費されるビタミンなので、ダイエット中は特に不足しがち。 しっかり摂りましょう! ビタミンE ビタミンEは、カラダの細胞を攻撃する活性酸素から守ってくれる抗酸化作用の強いビタミン。 その活性酸素によるダメージから起こる肌のシワやたるみを防ぐと言われています。 また、血行を促す働きもあり、冷えや肩こりの改善作用もあるんです! ビタミンEをより効果的に摂るためには、ビタミンCと一緒に摂るのがおすすめ。 ビタミンEは摂取後すぐに働いてその効力を失ってしまいます。 でもビタミンCを一緒に摂ることで、もう一度ビタミンEを蘇らせてくれるんです!この相乗効果でお肌のハリをキープ! ビタミンA ビタミンAも肌に嬉しい働きがいっぱいのビタミン。 皮膚を健康に保つ働きがあり、お肌の潤いを保ったり、古い角質層を除去して肌のターンオーバーを促すなどの作用が期待できます。 不足すると肌が乾燥したり、ニキビや肌荒れが起きやすくなるなどのトラブルにつながるので、美肌のために摂りたい栄養素です。 POINT:さらに代謝をアップするには…「カルシウム」と「亜鉛」を摂ろう! カルシウムと亜鉛も現代人が不足しやすい栄養素です。 どちらも代謝アップにつながるので、意識して摂りましょう。 【カルシウム】 骨を丈夫にする栄養素、というイメージの強いカルシウムですが、実は筋肉の収縮にも関わっています。 筋肉を動かして代謝をアップさせるために大切な栄養素なのです。 【亜鉛】 亜鉛はタンパク質の合成等の 新陳代謝、エネルギーを作り出すために欠かせない成分。 また、髪の毛や肌の健康にも大きく関わるので、美髪&美肌を保つためにも摂りたい栄養素です! サプリなら必要なビタミン・ミネラルがすぐ摂れる! 食事でビタミン・ミネラルを摂るのももちろん大事ですが、食事だけで摂りきれなかった時や、すぐにビタミン・ミネラルを摂取したい時など、サプリを活用すると便利です! 「UHAグミサプリ」なら、グミだから水なしでいつでもどこでも食べられて、しかも美味しい! お菓子感覚で続けられるから、サプリ初心者や、錠剤や粉末が苦手な人にもおすすめですよ。 特に「マルチビタミン」は、11種類のビタミン配合で、ダイエット中に摂りたいビタミンが一度に摂れる! 摂りたいビタミンが多くて困る…なんて悩む必要もありません。 さらに「鉄」や「亜鉛」もあるので、必要に応じて摂ることができますよ。 ダイエット中におすすめなビタミンの摂り方 1日数回に分けて摂ろう さらにビタミンを無駄なく摂るポイントは…こまめに摂ること! ビタミンB群やビタミンCは、一度にたくさん摂っても全て吸収されるとは限りません。 吸収しきれなかった分は、尿として体外に排出されてしまうんです。 せっかく摂ったのにそれじゃあもったいない! だから朝昼夜の食事に合わせるなどして、回数を分けてこまめに摂ると効率的に吸収できますよ。 空腹時は注意! 特にビタミンCは酸性度が高いので、空腹時に摂ると胃に負担をかけてしまうかもしれません。 反対に、満腹時に摂るとゆっくり吸収されるため、持続して吸収されていき、無駄なく吸収 されやすいです。 また、ビタミンA、D、Eは、脂に溶ける「脂溶性ビタミン」なので、脂質と一緒に摂ることで吸収率がアップ。 空腹時に摂っても吸収率が低くなってしまいます。 ビタミンCは鉄分と一緒に摂ろう! ビタミン・ミネラルを摂る際、相性が良いのがビタミンCと鉄分です。 ビタミンCは鉄分の吸収をサポートする働きがあるので、一緒に摂るのがおすすめ! 鉄分の吸収率がアップしますよ。 食事から摂る場合は調理法に注意! もちろん、ビタミンは食事からでも摂ることができます。 食事で摂る場合のポイントは調理法! ビタミンB群とビタミンCは「水溶性ビタミン」と言って、水に溶けやすい特長があります。 だから鍋で茹でたりしてしまうと、せっかくのビタミンが溶けて逃げてしまうのです。 せっかくのビタミンを逃さないためには、ビタミンが溶け出した汁ごと食べられるようにスープにするか、蒸したり、電子レンジで加熱するのがおすすめ! ビタミンは、タンパク質とセットで摂ろう 「痩せ体質」を目指すなら、タンパク質もセットで! より痩せやすいカラダを作りたいなら、タンパク質もセットで摂ろう! タンパク質は、筋肉の材料になる栄養素。 筋肉が増えると、代謝がアップしてカロリーを消費しやすくなるんです! つまり、「痩せやすい体=筋肉量が多い体」ということ。 ビタミンの中でも特にビタミンB6は、タンパク質の分解・合成を助けるので、より効率的に筋肉を増やすことにつながります。 さらに亜鉛は、運動などで傷ついた筋肉の修復を助け、筋肉を強くする効果が期待できるんです! だから、痩せ体質を目指すなら、ビタミン・ミネラルとタンパク質をセットで摂るのが効率的!というわけ。 タンパク質を摂るなら、プロテインがおすすめ タンパク質はお肉やお魚、卵などから摂取できます。 でも、より手軽に効率的に摂るならプロテインが便利です! おすすめはコレ! 「SIXPACK プロテインバー」! 「キャラメルピーナッツ」「チョコレート」「クランベリー」とスイーツみたいなラインナップだから、ダイエット中のおやつにピッタリなんです! しかも脂質4g、糖質5g(クランベリー味)と、余計な脂質・糖質はカット。 なのにタンパク質量は他のプロテインバーの1. 5~2倍も多く摂れちゃう優れものなんです! 摂りにくいビタミン・ミネラルは、サプリで手軽にチャージ! 美しく健康的に痩せるのにたくさんの手助けをしてくれるビタミンやミネラル。 でも、摂りたいビタミン・ミネラルが多くて困る… 食事で全部摂ろうとすると、カロリーも気になる… と悩みはつきません。 そんなときはサプリを上手く使いましょう! おすすめはUHAグミサプリのマルチビタミン! UHAグミサプリのマルチビタミンなら、ビタミン11種類配合! 1日2粒でダイエットに摂りたいビタミンが一気に摂れちゃうんです。 しかもグミだから水なしでOK! 気づいたときにいつでも気軽に食べられる、おやつ感覚でキレイを目指せるサプリなんです! もちろん1種類ずつのビタミンもあるので、必要に応じて選んでみてくださいね。 ビタミンCはレモン味、ビタミンDはマスカット味などそれぞれ味が違うのも、美味しく続けやすいポイントです! ビタミンと一緒に摂りたい、鉄や亜鉛などもあります。 美味しく食べて、不足しがちな栄養素をしっかり補給しましょう! グミサプリを買うなら通販が便利 グミサプリ、試してみたい!どこで買えるの?? と興味を持ってくれたあなた! グミサプリを買うなら通販がおすすめです! 全国のドラッグストアや一部のコンビニでも買えますが、品揃えはお店次第。 せっかく買いに行ったのに、欲しいサプリが取り扱ってなかったり、売り切れていたりすることも…。 UHA味覚糖公式健康・美容通販サイトなら、メーカー公式だから品揃えは抜群! スマホやパソコンでいつでも注文できて、自宅まで届けてくれるからラクチンです! ビタミンを摂って、キレイにダイエットしよう! ビタミンはダイエット中にも欠かせない栄養素。 上手に摂ってキレイに痩せよう!.

次の