サンルーフ 事故。 サンルーフ付きの車のメリットとデメリットとは?

サンルーフからの顔を出したまま運転するのは厳禁!

サンルーフ 事故

概要 [ ] サンルーフは多様な構造と形態が考案されており、メーカーにより様々な呼称が用いられている。 に装着されることが多いが、に装着される例もある。 の高級車市場では、本シートと並ぶ必須の装備であり、セダン・ワゴン・クーペ・SUV問わず全てのグレードでサンルーフが標準装備となる。 冬季のが少ないでは、予防の目的もあり、早くからにも広く普及している。 中国市場でも装着車が多い。 一方日本国内では、そもそもの気象条件 高温多雨かつ強い日光の傾向 に加え重量増による燃費の悪化や室内高の減少、車両価格の上昇や雨漏りなどのトラブルによる出費の増加を嫌って敬遠する向きもあり、日本ではサンルーフのオプション設定車種も少なめ。 日本では(47年)に、マルエヌがのDASと共同開発した後着けタイプのサンルーフである製の「オープントップ」を発表 し、一般化した。 で初めてメーカー装着のサンルーフを装備した車種は、手動スライド式が(昭和43年)6月の(追加車種)、電動スライド式は(昭和53年)発表の初代である。 グラストップなみの大型ガラスサンルーフ サンルーフの装着のデメリットとしては重量の増加、 剛性の低下、室内高の減少、雨漏りなどがあるが、走行中にサンルーフから身体を出すことで、狭隘な道路においては障害物に身体が衝突する恐れがある。 実際にには、にてサンルーフ付きの車両が高さ2. 7m・通行高さ制限1. 9mのを通過した際に、サンルーフから顔を出して遊んでいた幼児2人が高架手前の高さ制限を示す鉄製防護工に頭部を激突させ死亡する事故が発生。 には、椿東の市道で大型が高さ制限1. 8mのJR西日本の下を通過した際に、後部座席のサンルーフから顔を出していた6歳女児が、高架橋の下に設置された高さ制限を表示した鉄製防護工に頭を強く打ち、救急車で病院に運ばれたがで死亡するという、24年前の前例とほぼ同じ状況の事故も発生している。 もっとも日本を含む世界の主要国の法律では、走行時の全席及び着用が義務付けられており、そもそも乗員がサンルーフから顔を出した状態で走行すること自体、違法状態にあると考えられる。 加えてマニュアルなどでも、走行中に身体を出すなと明記されていることが多く 、この手の事故は名目上では屋根から頭を出した本人の自己責任といえるが、実際には運転者が全責任を負わされており、運転者が本人に注意したことが立証されない限り刑事罰を科せられるケースも多い。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

車のサンルーフの種類とメリットとデメリットを5分で解説。│車の綺麗を求めて

サンルーフ 事故

愛知県刈谷市に本社・刈谷工場を構えるアイシン精機は自動車部品の生産と開発を手掛けている サンルーフについて書く前に、それ自体は自動車メーカーが作っているのではなく、部品メーカーが生産・供給しているのはご存じだろうか。 そのサンルーフの国内シェアトップメーカーが愛知県刈谷市に本社を置くアイシン精機だ。 トヨタやレクサス、それに三菱やスバル、スズキにも供給しており、国内のシェアは61%、トヨタ向けだと96%という高いシェアを誇っている。 ちなみに日本初のサンルーフを送り出したのも同社で、1977年にトヨタから発売されたセリカの手動式サンルーフが国内初となっている。 今ではガラス1枚だけの標準的なサンルーフから、ルーフに2枚サンルーフを設定した車両にルーフの半分ほどの面積を占める大型のタイプまであり、多種多様なラインアップとなっている。 まずは現在、同社で展開しているサンルーフを紹介しよう。 ちなみにトヨタではサンルーフのことをムーンルーフと呼んでいるが、ほかの自動車メーカーのサンルーフと比べて機能やタイプが異なるというのではなく、名称でそう呼ばれている。 ドレンホースに注目。 サンルーフの機構内に入った水はピラーに内蔵されたホースを通して排出されるようになっている。 平田さんは四半世紀以上、サンルーフを設計・開発しており、これまで開発した思い入れのあるサンルーフは2003年に発売された2代目ハリアーの電動マルチパネルムーンルーフだという。 「当時、設計のリーダーとしてまとめていただけに開発の方も苦労をしました。 いろんなことに初めてチャレンジした商品だったこともあり、発売後には販売店からも好評という声をいただきかなり思い入れがある」とのこと。 水野さんは直近に内装全般を扱う部署から異動してきたそうで「これからはクルマをその都度借りるシェアカーといった、従来とは違うクルマを所有するカタチが出てきています。 そうしたクルマの天井で何ができるのか、どんなことができるのか、それらにフューチャーした新しい時代のクルマのルーフの機能部品を開発していきたい」とコメント。 車体商品本部・第二車体技術部・ルーフグループ・グループマネージャーの水野量介さん(左)と同技術部ルーフグループ主担当の平田哲也さん(右) さて、サンルーフがどのようにして製品化されるのか聞いてみた。 「自動車メーカーが車両を製作する前の企画・開発段階から参加しています。 今はCAE(コンピューターによるシミュレーションや数値解析)の技術が発達しており、車体剛性の確保や細部への細かい寸法は設計段階でかなり詰めています」(水野さん)。 そして生産を行い、実際に試作車へサンルーフを装着するときは「ほぼ確認だけ」(同)の作業になり、それから量産が始まるという。 ちなみに車体自体もサンルーフ装着の有無でボディの剛性が大きく変わることがないように設計されているのだ。 サンルーフはガラスの箇所以外は樹脂製が多く使われているが、同じ樹脂パーツであるクルマのバンパーとは精度も品質も要求水準がかなり高い。 もっというと、バンパーよりもはるかに頑丈に作っているという。 ちなみにガラス部分についてはガラスメーカーからの供給となる 次にサンルーフを構成する部材について聞いてみた。 サンルーフといえば、大きなガラスのパネルにそれを可動させる補記類がルーフに装着される。 サンルーフの被装着車と装着車を比べると重量が重くなることは容易に想像できるだろう……。 しかし、軽量化にはかなり前から取り組んでいるそうだ。 「以前よりも部品点数は200点から100点に減りました。 重さも金属やアルミから樹脂を多用したことで、コンベンショナルと呼ばれる、標準タイプのサンルーフで比較すると10. 5kgから7. 8kgと軽量化しています」と平田さん。 その一方で生産技術の進化もあるという。 水野さんは「以前だと2個で構成していた部品を1個で補えるようにしています。 また、以前はワイヤーで可動させていたのをベルト駆動に変更したのもトピックです」。 ちなみに経年による劣化も考慮しており、「チルトやスライドといった各可動部分も経年によって、動き方が遅くならないように設計している」(平田さん)とのこと。 生産ラインは+-0. 3mmの高い精度で品質も全点数をチェック! ここからはサンルーフを生産する現場を取材した。 ここは愛知県碧南市にあるアイシン精機の衣浦工場は月間で7万台ものサンルーフを生産している中核工場でもあるのだ。 なかなか普段見ることができないサンルーフの生産現場を、写真と説明文によるダイジェストでお届けしよう。 3mmの誤差に収めている 生産ラインでカイゼンに取り組む現場のみなさん。 前列右から時計回りで車体商品本部・衣浦工場・工場長の加藤鋭哉さん。 サンルーフ組付職場・班長の上山貴史さん。 同組付職場・工長の石川博章さん。 工場管理Gグループマネージャーの國武英樹さん。 サンルーフ製造・課長の森下博之さん。 車体生技部・チームリーダーの川島努さん。 品質課・課長の原 茂さん。 車体生技部・グループマネージャーの関根智宏さん。 検査課・課長の菊池修さん 生産ラインで品質を管理するみなさんに話を聞いた。 サンルーフの車体生技部チームリーダーである川島努さんは、 「まず見た目が大事、そしてちゃんと動くことが大事、その一方で動作しているときの音も大事です。 当然、走行中に外れてもいけないので安全性も確保しなければなりません。 もちろん、耐久性も併せ持っています。 サンルーフは他の自動車部品とは異なり、全てを求められる製品なのです」とコメント。 また、現場での改善にも力を入れており、「生産現場で『こういう所で苦労している』といった声が出れば即、カイゼンします。 生産時に苦労が少なくなればなるほど品質が向上します」といった具合で、生産現場では日々改善が行なわれているという。 また、部品についても誤って表裏・左右を間違って組めてしまうことはないか、類似部品を共通化して誤組み付けを防止できないかなど、製造現場では製品の向上へ向けて日夜終わりのない取り組みがされているのだ。 まとめ/ 動きや音に見た目も大事。 そして安全性も確保と要求水準は高い! RAV4のパノラマムーンルーフ、チルト&電動スライドムーンルーフ。 ルーフに大型のサンルーフを設定したRAV4。 2枚のサンルーフの構成で、フロント側はチルト&電動スライド機構を備え、リア側は固定式となる。 世界戦略車ということもあり、日本や北米、それに中国まで販売されているRAV4の人気は衰え知らず ここまでサンルーフについて紹介してきたが、見た目はもちろん、動き方や作動音といった細かい箇所まで高い水準で要求されて、しかもその水準を維持して生産しなければならないという、困難な要求をクリアしたものすごい製品であることが分かっていただけただろうか。 しかし、そんなサンルーフも最近ではオプションでは選ばれることが少ない。 実際、アイシン精機では「装着台数は前年割れが続いている」ことは認識しているという。 かつては人気装備のひとつであったのに寂しいかぎり……。 だが、それは国内に限ってのことだという。 海外では圧倒的な人気を誇っているのだ。 北米でもサンルーフ装着車の販売は好調だが、それよりも一番の筆頭株が中国。 トヨタRAV4が好調ということで、同モデル向けの製品ラインを増設したというから驚きだ。 中国市場はサンルーフが装着された車両が断然人気! サンルーフの市場データはアイシン精機資料から独自に作成。 コンベンションナルなタイプやパノラマサンルーフなど各ラインアップを全て含まれる。 北米市場は右肩上がりが予想されているが、中国市場はその2倍の規模で予想されているのが分かるはず! 北米市場の勢いも目を見張るが中国市場の勢いにビックリ! 中国市場の勢いについて、過去に中国に滞在した経歴を持つ開発・設計の平田さんは個人的な意見と前置きしつつ、 「中国ではサンルーフが上級グレードに標準装備されていることもあり、富裕層はそちらを選ぶケースが多いようです。 あと、富裕層の数も圧倒的に多く、持っている資産も日本のそれとは比較にならないくらいお金があるみたいですから(笑)」とも。 というわけで、ここまでサンルーフの今について取材してきたが、取材のなかでポロッと「今、新しく開発中のサンルーフがある」という話を聞いた。 さすがにそれ以上のことは詳しくは聞けなかったが、もしかしたら近いうちに業界が震撼するほどの革新的なサンルーフが登場するかも!? サンルーフの今後に期待したい!.

次の

サンルーフバイザーの効果は?取り付け・外し方やメリットデメリットまとめ

サンルーフ 事故

概要 [ ] サンルーフは多様な構造と形態が考案されており、メーカーにより様々な呼称が用いられている。 に装着されることが多いが、に装着される例もある。 の高級車市場では、本シートと並ぶ必須の装備であり、セダン・ワゴン・クーペ・SUV問わず全てのグレードでサンルーフが標準装備となる。 冬季のが少ないでは、予防の目的もあり、早くからにも広く普及している。 中国市場でも装着車が多い。 一方日本国内では、そもそもの気象条件 高温多雨かつ強い日光の傾向 に加え重量増による燃費の悪化や室内高の減少、車両価格の上昇や雨漏りなどのトラブルによる出費の増加を嫌って敬遠する向きもあり、日本ではサンルーフのオプション設定車種も少なめ。 日本では(47年)に、マルエヌがのDASと共同開発した後着けタイプのサンルーフである製の「オープントップ」を発表 し、一般化した。 で初めてメーカー装着のサンルーフを装備した車種は、手動スライド式が(昭和43年)6月の(追加車種)、電動スライド式は(昭和53年)発表の初代である。 グラストップなみの大型ガラスサンルーフ サンルーフの装着のデメリットとしては重量の増加、 剛性の低下、室内高の減少、雨漏りなどがあるが、走行中にサンルーフから身体を出すことで、狭隘な道路においては障害物に身体が衝突する恐れがある。 実際にには、にてサンルーフ付きの車両が高さ2. 7m・通行高さ制限1. 9mのを通過した際に、サンルーフから顔を出して遊んでいた幼児2人が高架手前の高さ制限を示す鉄製防護工に頭部を激突させ死亡する事故が発生。 には、椿東の市道で大型が高さ制限1. 8mのJR西日本の下を通過した際に、後部座席のサンルーフから顔を出していた6歳女児が、高架橋の下に設置された高さ制限を表示した鉄製防護工に頭を強く打ち、救急車で病院に運ばれたがで死亡するという、24年前の前例とほぼ同じ状況の事故も発生している。 もっとも日本を含む世界の主要国の法律では、走行時の全席及び着用が義務付けられており、そもそも乗員がサンルーフから顔を出した状態で走行すること自体、違法状態にあると考えられる。 加えてマニュアルなどでも、走行中に身体を出すなと明記されていることが多く 、この手の事故は名目上では屋根から頭を出した本人の自己責任といえるが、実際には運転者が全責任を負わされており、運転者が本人に注意したことが立証されない限り刑事罰を科せられるケースも多い。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の