お シッコ 白く 濁る。 腎臓病の症状から診断へ:尿の外観の異常:大阪府立急性期総合医療センター腎臓高血圧内科

【白く濁る】蛇口のお湯や水道水が白い原因【給湯器との関連性】

お シッコ 白く 濁る

しかし 数日間全く治まらない、もしくは白濁がさらに悪化した場合は危険度は高い状態の場合が多いと思ってください。 ではこれらが起こりうる原因はどのようなものが存在するのでしょうか。。。 さっそく海水が白く濁る理由とその対策についてご紹介したいと思います! 原因その1:海水魚の入れすぎ 長期的な白濁の理由のひとつです。 水槽の立ち上げ当初はまだバクテリアがしっかりと繁殖しておらず、海水魚を入れすぎるとその海水魚が出す糞を分解しきれず、アンモニアや亜硝酸塩などの有害物質として蓄積します。 さらに人間と同様に海水魚が水槽内に入っているだけで汚れは出るため、海水にはどんどん有害物質が蓄積してしまいます。 それが白い濁りとなって海水に現れるわけですね。 対策 単純明快!飼育する海水魚の数を増やしすぎないようにしましょう。 基本的には海水魚は 海水10Lに対して1匹飼育できるイメージです。 なので例えば60cm規格水槽であれば、最大でも6匹の飼育数が限度となります。 その飼育数を超えてしまうとろ過不足に陥ってしまい、有害物質がたまってしまいます。 また水槽を立ち上げたばかりだとバクテリアが繁殖していないため、 一気に飼育限界数を水槽に入れてしまうのも原因になります。 現在飼育している海水魚の飼育数が少し多いなあ。。。 エサも海水魚同様に海水を汚す原因となります。 海水魚が与えたエサをすべて食べてくれれば問題ないのですが、粒状のエサや冷凍のエサをすべて食べるのは至難の技です。 その残りエサが海水内に残ると有害物質に変化し、海水を汚す原因になります。 数回程度なら問題ありませんが、毎回大量のエサが水槽内に残ってしまうとろ過不足になり白濁の原因になります。 対策 こちらも単純明快で、エサの量を調整すればいいだけです。 ただし個体や種類に応じて食べるエサの量は当然異なりますので、 計量スプーンや自動給餌器などを使用して、定量をあげるようにするようにしましょう。 水槽立ち上げ当初は要注意です。 バクテリアがしっかりと繁殖していませんので特にエサの量には気を配り、海水魚が食べきる量をあげましょう! 今まで適当にエサをあげていたかも。。。 別記事でもご紹介した通り、ライブロックは自然界で採取されるサンゴの骨格が基でできたものです。 そのため 採取した状態では様々な生物や汚れが付着しています。 通常ショップで販売されているライブロックは キュアリングと呼ばれる作業をしているため、綺麗な状態で販売されています。 しかし中にはキュアリングをせず販売されているものもあるため、そのまま水槽内に入れてしまうと付着している汚れなどが水槽内に蔓延してしまい、白濁の原因となってしまいます。 対策 基本的にはショップで販売されている キュアリング済みのライブロックを購入しましょう。 チャームさんや大型のアクアリウムショップであれば基本的にはキュアリングを行っていますので、購入しても問題ないと思います。 またライブロックを設置すると水槽内の流れが滞ってしまい、 水流の起こらない箇所では有害物質が蓄積しがちです。 水換えの時や水槽立ち上げ時の新しい底砂を使用した際などに発生します。 この場合の白濁であれば危険度はさほど高くなく、数時間もすればもとの綺麗な海水に戻ります。 しかし 注意しなければいけない点は、水換えの際に底砂が舞い上がってしまった場合です。 通常底砂の中には嫌気性バクテリアだけではなく、海水魚に害をなす病原菌が住み着いていることもあります。 この場合底砂を舞い上がらせるように勢いよく海水を入れてしまうと、水槽内にいる海水魚に害が及んでしまうこともあります。 対策 基本的には底砂を舞い上がらせないように、 水換えの際などはゆっくりと丁寧に海水を注いであげることです。 新しいろ材には細かい加工粉がついているため、そのままフィルターに設置してしまうとその加工粉が海水に混じって白く濁ってしまいます。 新しいろ材を設置する際は海水などで簡単にゆすいだあとに設置するようにしましょう。 また ろ材を洗う際も注意が必要です。 真水で洗ってしまうと付着しているバクテリアが死んでしまい、その 死骸が海水に混じって白濁することが良くあります。 基本的にはろ材はあまり洗わず、ある程度汚れている状態で使うと効果が増しますのでオススメです。 対策 ろ材を設置する前に必ず海水で簡単に洗ってから設置するようにしましょう。 この白濁の理由は底砂の舞い上がりの理由同様、危険度は高くありません。 水換えをすることで白濁する理由は3つあります。 ひとつは『 海水を入れることによる底砂の舞い上がり』、もうひとつは『 海水への酸素の溶け込けこみ』、最後が『 人工海水が溶けきっていない』ことが原因です。 上記の内容による白濁は基本的に時間が経てば治まります。 白濁することでの危険性も特にないので、時間が解決してくれるまで待機しましょう。 対策 今回の白濁の理由に関してはどうしてもある程度は出てしまうものになりますので、あまり気にしなくても大丈夫です。 どうしても海水魚に対する影響や水槽の見た目が気になる場合は、以下の内容を意識して水換えをするといいかもしれません!.

次の

尿が変だと感じたら|東邦大学医療センター大橋病院 腎臓内科

お シッコ 白く 濁る

A:何らかの理由で尿の粘稠度が高くなると尿が泡立つようになります。 病気の場合もありますが、病気でない場合もあるので、次のことを参考にしてみてください。 A 1 :腎臓や全身に病気無い場合にも次の様な時に尿の泡立ちを認めます。 例えば、夏場や運動後に発汗量が増えている時、あるいは冬場の乾燥している場合に皮膚から水分が蒸発している時に水分摂取量が不足すると尿が濃くなります。 尿が濃くなると粘稠度が高くなって尿の泡立ちが目立つようになります。 A 2 :腎臓に病気があって、尿の中に大量の蛋白が排泄されている時にも尿の泡立ちが目立つようになります。 この場合にも水分摂取量を増やすと、泡立ちの程度が軽くなります。 季節や運動とは無関係に尿の泡立ちを認める場合には医療機関を受診して、尿蛋白排泄量を測定してもらうことを勧めます。 A 3 :全身の病気によって尿の泡立ちを認めることがあります。 最も多いのは糖尿病です。 この尿糖が増加すると尿の粘稠度が高くなって尿の泡立ちが目立つようになります。 果物や糖を含む飲料水(ジュースを含む)摂取後、あるいは食後に尿の泡立ちを認める場合には医療機関を受診して、血糖値や尿糖の量を測定してもらうことを勧めます。 A 4 :血液中の蛋白が増加して、それが尿蛋白として排泄される場合があります。 白血病や多発性骨髄腫がこれに相当します。 体重減少や微熱が続く場合や、急に腎臓の働きが悪くなるような場合には医療機関を受診して、白血球数や血小板数の増減、ベンス・ジョーンズ蛋白の有無などを測定してもらうことを勧めます。 尿が褐色や赤くなるのはどんな時? 尿というのは通常、無色から黄色透明です。 黄色の濃い薄いが腎臓の異常を意味することはありません。 黄色以外の色の尿(たとえば赤色、橙色、緑色、紫色など)を自覚した時はただちに専門医に受診してください。 腎臓の病気あるいは他の臓器が障害されている可能性があります。 また尿が透明ではなく濁っている時も専門医に相談した方がいいでしょう。 A:尿に血液が混じっている場合(血尿)、ヘモグロビンやミオグロビンなどの色素が尿に混じっている場合に尿が褐色または赤色になります。 A 1 :尿が褐色または赤くなって、排尿時の痛み、頻尿、発熱を伴う場合には尿道炎、膀胱炎、あるいは腎盂腎炎が考えられます。 医療機関を受診して、尿と血液、時には腹部超音波検査で腎盂が拡張していないか検査してもらうことを勧めます。 1-2週間の抗生物質の服用で治りますが、性感性症の場合には特殊な薬物治療が必要となることもあります。 A 2 :扁桃腺炎を起こした後、あるいは過去に扁桃腺炎を繰り返した経験あって、健康診断で何度か尿潜血反応が陽性であると言われたことのある方、あるいは尿蛋白が陽性であると言われたことのある方は糸球体腎炎である可能性が高いので、腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 3 :四肢または全身打撲を経験した直後、あるいは中性脂肪を下げる薬剤、稀ですが悪玉コレステロールを下げる薬剤を服用して数日後に全身倦怠感や全身の筋肉痛を伴う場合にはミオグロビンと言う筋肉の中に含まれる色素が血液中に増加し、結果として尿の中に認められることがあります(ミオグロビン尿症)。 ミオグロビンは非常に強い腎障害物質ですので、数時間から数日で腎臓の働きが障害されます(急性腎不全)。 透析治療が必要な場合もありますので、この様な症状を認めた場合には、急いで腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 4 :下痢や血便と共に尿が褐色や赤くなる場合には、病原性大腸菌による溶血性尿毒症症候群の可能性があります。 透析治療が必要な場合もありますので、この様な症状を認めた場合には、急いで腎臓内科専門医療機関を受診して、精密検査を受けることを勧めます。 A 5 :肩甲骨の下、あるいは背部に激痛を伴って尿が褐色や赤くなる場合には、尿管結石や腎結石の可能性あります。 放置すると尿が腎盂や腎杯に貯留して、水腎症と言われる状態になります。 なるべく早期に泌尿器科または腎臓内科を受診して、精密検査を行うことを勧めます。 A 6 :特徴的な症状が無いにも関わらず、常に尿が褐色や赤くなる場合には腎臓癌の可能性があります。 癌が進行すれば背部痛や骨の痛みなどを伴うことがあります。 なるべく早期に泌尿器科を受診して精密検査を行うことを勧めます。 尿量が減っているのは腎臓がおかしい証拠でしょうか? 学校や会社の健康診断で尿検査の異常を指摘されることがあります。 しかし尿の異常所見がすべて腎臓の病気を反映しているわけではありません。 したがって、体調のよい時を選んで必ず再検査をしてください。 また起立性蛋白尿あるいは血尿といって、単に歩行することだけで尿の中に蛋白や血が混じってしまう体質の方もいらっしゃいます。 この体質の方は、朝一番の起床時直後の尿には全く異常を認めません。 早朝尿を用いて確認する必要があります。 持続的な血尿:尿のなかに血液が混じることを血尿といいます。 通常は尿の中に血液が混じることはありません。 その程度は様々で、見た目に尿の色が赤くなるものから、検査をしては始めて血が混じっていることが分かるものまで様々です。 慢性腎臓病、尿路感染症、尿管結石、悪性腫瘍が否定できません。 血液検査、詳しい尿検査、超音波検査などの追加検査が必要になります。 持続的な蛋白尿:慢性腎臓病が強く疑われます。 特に血尿もあわせて認められる時は難治性の腎臓病も疑われます。 血液検査、詳しい尿検査、超音波検査などの追加検査が必要になります。 最終的には、腎臓の細胞を採るような入院が必要な検査をしなければならないこともあります。

次の

【プラスチックに除光液を塗ったら白くなった!】原因は!?落とす方法はある?徹底解説!

お シッコ 白く 濁る

しかし 数日間全く治まらない、もしくは白濁がさらに悪化した場合は危険度は高い状態の場合が多いと思ってください。 ではこれらが起こりうる原因はどのようなものが存在するのでしょうか。。。 さっそく海水が白く濁る理由とその対策についてご紹介したいと思います! 原因その1:海水魚の入れすぎ 長期的な白濁の理由のひとつです。 水槽の立ち上げ当初はまだバクテリアがしっかりと繁殖しておらず、海水魚を入れすぎるとその海水魚が出す糞を分解しきれず、アンモニアや亜硝酸塩などの有害物質として蓄積します。 さらに人間と同様に海水魚が水槽内に入っているだけで汚れは出るため、海水にはどんどん有害物質が蓄積してしまいます。 それが白い濁りとなって海水に現れるわけですね。 対策 単純明快!飼育する海水魚の数を増やしすぎないようにしましょう。 基本的には海水魚は 海水10Lに対して1匹飼育できるイメージです。 なので例えば60cm規格水槽であれば、最大でも6匹の飼育数が限度となります。 その飼育数を超えてしまうとろ過不足に陥ってしまい、有害物質がたまってしまいます。 また水槽を立ち上げたばかりだとバクテリアが繁殖していないため、 一気に飼育限界数を水槽に入れてしまうのも原因になります。 現在飼育している海水魚の飼育数が少し多いなあ。。。 エサも海水魚同様に海水を汚す原因となります。 海水魚が与えたエサをすべて食べてくれれば問題ないのですが、粒状のエサや冷凍のエサをすべて食べるのは至難の技です。 その残りエサが海水内に残ると有害物質に変化し、海水を汚す原因になります。 数回程度なら問題ありませんが、毎回大量のエサが水槽内に残ってしまうとろ過不足になり白濁の原因になります。 対策 こちらも単純明快で、エサの量を調整すればいいだけです。 ただし個体や種類に応じて食べるエサの量は当然異なりますので、 計量スプーンや自動給餌器などを使用して、定量をあげるようにするようにしましょう。 水槽立ち上げ当初は要注意です。 バクテリアがしっかりと繁殖していませんので特にエサの量には気を配り、海水魚が食べきる量をあげましょう! 今まで適当にエサをあげていたかも。。。 別記事でもご紹介した通り、ライブロックは自然界で採取されるサンゴの骨格が基でできたものです。 そのため 採取した状態では様々な生物や汚れが付着しています。 通常ショップで販売されているライブロックは キュアリングと呼ばれる作業をしているため、綺麗な状態で販売されています。 しかし中にはキュアリングをせず販売されているものもあるため、そのまま水槽内に入れてしまうと付着している汚れなどが水槽内に蔓延してしまい、白濁の原因となってしまいます。 対策 基本的にはショップで販売されている キュアリング済みのライブロックを購入しましょう。 チャームさんや大型のアクアリウムショップであれば基本的にはキュアリングを行っていますので、購入しても問題ないと思います。 またライブロックを設置すると水槽内の流れが滞ってしまい、 水流の起こらない箇所では有害物質が蓄積しがちです。 水換えの時や水槽立ち上げ時の新しい底砂を使用した際などに発生します。 この場合の白濁であれば危険度はさほど高くなく、数時間もすればもとの綺麗な海水に戻ります。 しかし 注意しなければいけない点は、水換えの際に底砂が舞い上がってしまった場合です。 通常底砂の中には嫌気性バクテリアだけではなく、海水魚に害をなす病原菌が住み着いていることもあります。 この場合底砂を舞い上がらせるように勢いよく海水を入れてしまうと、水槽内にいる海水魚に害が及んでしまうこともあります。 対策 基本的には底砂を舞い上がらせないように、 水換えの際などはゆっくりと丁寧に海水を注いであげることです。 新しいろ材には細かい加工粉がついているため、そのままフィルターに設置してしまうとその加工粉が海水に混じって白く濁ってしまいます。 新しいろ材を設置する際は海水などで簡単にゆすいだあとに設置するようにしましょう。 また ろ材を洗う際も注意が必要です。 真水で洗ってしまうと付着しているバクテリアが死んでしまい、その 死骸が海水に混じって白濁することが良くあります。 基本的にはろ材はあまり洗わず、ある程度汚れている状態で使うと効果が増しますのでオススメです。 対策 ろ材を設置する前に必ず海水で簡単に洗ってから設置するようにしましょう。 この白濁の理由は底砂の舞い上がりの理由同様、危険度は高くありません。 水換えをすることで白濁する理由は3つあります。 ひとつは『 海水を入れることによる底砂の舞い上がり』、もうひとつは『 海水への酸素の溶け込けこみ』、最後が『 人工海水が溶けきっていない』ことが原因です。 上記の内容による白濁は基本的に時間が経てば治まります。 白濁することでの危険性も特にないので、時間が解決してくれるまで待機しましょう。 対策 今回の白濁の理由に関してはどうしてもある程度は出てしまうものになりますので、あまり気にしなくても大丈夫です。 どうしても海水魚に対する影響や水槽の見た目が気になる場合は、以下の内容を意識して水換えをするといいかもしれません!.

次の