ハーマイオニー コー フィールド。 タリサン・リントラ

ミッションインポッシブル最新作の美女2人:ハーミオーネ・コーフィールドと張静初

ハーマイオニー コー フィールド

Contents• Early life [ ] Corfield was born in London, the daughter of Richard Conyngham Corfield, of the Corfield family of , and shirt designer Emma Willis. She has two siblings. [ ] Corfield attended in , a village near. [ ] Corfield studied English literature at before taking a method acting course at the in New York. [ ] Career [ ] Corfield made her film debut in 2014 with Colton's Big Night, a segment in the movie 50 Kisses, directed by , where she plays a character named Anna. In 2015, she starred alongside and in , and appeared in opposite. She also worked with in an advertisement campaign for. In 2014, she was cast in as Gabrielle Givens. In 2016, she appeared in as Cassandra. In 2017, she appeared in the film alongside , the -directed , and in as Tallie Lintra, a Resistance A-Wing pilot and squadron leader. She also starred in the drama as Emma Garland. She stars in a 2018 British comedy film which stars , , , , and , and in. Corfield received acclaim from critics for her performance in , which was released in theatres on 4 January 2019. Company House UK. Burke's Landed Gentry 1952, ed. Pine, 'Corfield of Chatwall Hall' pedigree• [ ]• Knowles, James 12 February 2016. Drapers. 31 August 2016. 24 August 2014. 18 February 2015. starwarsnewsnet. Retrieved 14 October 2017. Radio Times. Retrieved 12 January 2017. Graham, Alison. Radio Times. External links [ ]•

次の

楽天ブックス: シー・フィーバー 深海の怪物

ハーマイオニー コー フィールド

明けましておめでとうございます。 今年も本ブログを宜しくお願い致します。 今回は、ちょっとストーリーの謎解きという内容から少し趣をかえて、 新三部作で登場したンスの女性ット(とその他)たちと私が良かったと思う彼女たちのベストシーンについてまとめてみました。 《!以後、『最後の』のネタバレ含む。 未鑑賞の方は読まないでくださいね》• ンスの女性ットたち 30年前と異なり『』世界でも女性の社会進出が進んだのか、『新たなる希望』の時とは変わって、映画に登場するのも女性ットが非常に多くなりました。 『新たなる希望』の銀河内乱時代、攻撃の時なんて 、レッド中隊、ゴールド中隊合わせても、イケメンットは、ルークとウェッジくらいであとは、あとは、まあオッサンばっかでしたからね(失礼!)。 ポーキンス氏なんかは、普通の空軍海軍の戦闘機乗りっていうのは、軽量化重視だから体重制限とかあるはずで、身体検査でよく落ちなかったな、というくらいの体形をしてたりしていたわけで(笑) それに比べると、新三部作の時代においては、性の活躍が目立つンス。 新三部作で登場活躍したンスの女性ットと士官、兵士たちを、いい機会とばかりにまとめてみました。 ちなみに、カノン映画に出演していない女性ットなどは沢山いますがが、ここでは取り上げてません。 あと、レイア、ホルドー、ローズは主要キャター枠ということで彼女らも除いています。 カ・パヴァ 『』で登場。 新三部作において初登場した女性ットだろう。 演じているのはイギリス出身でアジア系カ・ヘンウィックで、『』のナイメリア・サンド役で有名になった女優で役名と役者のが一緒。 『フォースの覚醒』でのニナ・ゴールド氏によって招集された『』組の一人。 ブルー中隊の三号機(ブルー・スリー)のットで、惑星タコダナ、スターキラー基地の攻撃で活躍し、無事生還していた。 優秀で頭の切れるエースットというイメージではないものの スターキラー基地攻撃では、圧倒的不利な状況で一生懸命戦う感、オドオドしながらも私頑張ります感が出てたキャターでした。 私が気に入ったベストシーンは、スターキラー基地の破壊に成功して、帰還する際に体を傾けながらほっと安堵の笑みを浮かべる時の彼女のワンカット。 彼女の戦闘の緊張感が一瞬ほどけた感じが伝わって、こっちも安心して一息つく感じにさせてくれる場面でした。 『最後の』での登場はなく、復活を望んでいたファンも多かったのですが、その後どうなったのか・・ンスの生存者の中にはいないのでディカーの戦いの中で戦死してしまったのだろうか・・ パミッチ・ネロ・グード 『』で登場したが、カ・パヴァと異なり、本作でも引き続き登場。 司令船ラダスから惑星クレイトへの撤退の際に、コヴァ・ネールとともにポー、レイアらを乗せたンスの輸送船を操縦していたット。 演じていたのはクリスタル・クラーク。 彼女も惑星クレイトでスキースピーダーで出撃した13機の一人。 本来なら輸送船のットである彼女が、戦闘機やスピーダーに乗り前線で戦うことはないはずだが、絶対絶命のンスの窮地に戦う姿と、使命感に心を打たれる。 スキースピーダーでの出撃の際の、顔を写したワンカットだけでそんな彼女の使命感が伝わってくる のがよく胸を熱くさせてくれてベストショットでした。 同じ輸送船ットのコヴァ・ネールと違うのは、彼女と違ってポーやデイシーとの台詞のやりとりがあった点。 惑星クレイトへ急ぐ輸送船の中で、ポーに「最大速力!」と言われて「やってます!」と答えたりと活躍していました。 コヴァ・ネール 『』で登場。 司令船ラダスから惑星クレイトへの撤退の際に、パミッチ・ネロ・グードとともにポー、レイアらを乗せたンスの輸送船を操縦していたット。 同じ輸送船ットでも、デイシー中佐やポーと台詞のやりとりのあった パミッチに比べて、台詞もなく、出番も少ないですが、撤退戦においてンス首脳陣を無事に輸送した功績は大きいです。 タリサン・リントラ 『』で登場。 映画冒頭の惑星ディカーからの撤退戦の際に、部隊を支援するブルー中隊の中隊長でA翼機を操縦していた女性ット。 残念ながらンスの撤退の際に、超空間を超えてきたファースト・オーダー艦隊と決戦のため出撃しようとしたところ、カイロ・レンのTIEによるミサイル攻撃を受けて戦死してしまう・・ 個人的にはカ・パヴァと並んでもっと活躍して欲しかった一人・・ ペイジが犠牲になって投下される爆弾を確認しながら「爆弾投下!」と言う彼女の姿と、ラダスの格納庫で彼女が出撃のサインをキャノピー越しに送って、左の口角を上げて笑うあたり、映画を通しても私が良かったと思うシーンの一つ。 これおもわず惚れちゃうだろ!というワンカットで、男女問わず人気が出そうな彼女だっただけに、直後の悲劇を思うと残念極まりない。 演じていたのは・コーフィールド。 イギリス出身の若手女優。 戦死してしまったので次作での復活はないですが、 スピンオフとかではぜひとも活躍を見たいと思うキャターの一人です。 スポンサーリンク 名称不明 惑星クレイトでスキースピーダーで出撃するットの一人。 出撃シーンで1秒程度顔が映るだけですが、ホラー映画シリーズ『ディセント』で有名な人女優シャウナ・ナルドが演じています。 たった13機のスキースピーダーでンス存亡をかけた戦いに命を投じる、という 悲運ながらも極めて実直かつ献身的な使命感を、彼女の表情に見ることができて胸を熱くさせます。 撃墜された様子はなく、ルーク登場後のシーンで一瞬だけポーの背後に写る場面があったので、おそらく最後まで生き残ったのだろうと思われます。 また、から指揮権を奪おうとした5人(ポー、コニックス、カイ・スレナリ、Nodin Chavdri、そして彼女)の一人だったり、結構地味に重要な局面に登場していましたが、キャター名が不明なので、情報お持ちの方がいたら教えて下さい・・・ ペイジ・ティコ ットではないですが、今回、の砲撃手として登場したのがペイジ・ティコ。 ローズの姉の設定。 知っていても気がする事実を言えば・・ローズと全く似てないだろ!演じていたのはベロニカ・グゥ(名:ゴー・タイン・バン)での歌手、女優である。 私は知らなかったのですが、映画や有名なところでは、監督の『』の続編である『』なんかにも出ていたようです。 登場する女性キャターでは均整が取れた綺麗な顔立ちをしていた彼女。 友軍機が撃墜していく激しい戦いの中、激しい息遣いと一緒にマスクを外し口元と顔がはっきりアップになる初登場シーンは、緊迫感も伴ってハッする瞬間で、印象に残ったシーンの一つ。 確かに死んだ英雄になってしまった彼女ですが、撃沈の勲功第一は彼女で、あやうくンスを全滅しかねない自滅作戦の窮地を救ったのだから、ある意味ポーの名誉も彼女のおかげで守られたわけで、やはり立派な見事な活躍でした。 この映画を通して一番の英雄は彼女でしょう。 ちなみに、やはりローズの姉というのはローズ登場時に台詞で説明されるだけなので、物語冒頭でいきなり登場した際は「誰?」となった人もいるはずで、うっかりしていると中には最後まで気がつかなかった人もいるのでは? ケイデル・コー・コニックス キャリー・フィシャーの娘、ビリー・ラードが演じるケイデル・コー・コニックス中尉。 『フォースの覚醒』で初登場した際は、出番は少なかったものの『最後の』で大幅に出番が増え、それどころか映画の最後にはンスの生き残りの貴重な生存者の一人となります。 司令船ラダスの艦橋でンス司令部付きの士官として登場。 惑星ディカーでは超空間から離脱してきた敵艦隊を発見したり、ディカーからの最後の輸送船の離陸を指示したり、物語後半ではポーの反乱にも協力するというかなり要所で重要な役どころでした。 私が選ぶ彼女のベストシーンは、 ポーと艦橋を制圧するものの、復活したレイアが艦橋に入ってきてスタンガンを向けられ、静かに両手を挙げる彼女のシーン。 この場面、 「ああ…ママに見つかっちゃった…」と母親レイアに叱られる年頃の娘さんにしか見えな い(笑)。 シリアスなんだけど、ちょっと微笑ましさが出ていた母娘の共演シーンで好きでした。 ラーマ・デイシー 司令部付で階級は中佐で登場。 演じたのはアマンダ・ローレンス。 レイア将軍、中将を補佐する参謀役の彼女。 信頼感があって参謀に徹するあたりの立ち位置と安定感がいいですね。 登場した女性士官のうちでは、レイア将軍、ホルドー中将に次いで、階級が高い彼女。 レイアが昏睡したことを伝達する場面も、 彼女のレイアへの絶対的な忠誠と同時に、それだけに抑えきれない悲しみが滲み出ていました。 背景として、レイア直々の誘いを受けてンスに身を投じたという設定があるので、レイアとの関係は深いものがあるようです。 さらに、 指揮官が中佐に変わっても、をあくまで信じているというのもなかなか良く参謀としての立ち位置をわきまえて徹しているあたり、階級が同じポーと比較すると非常に対象的な存在でなかなかでした。 まとめ 以上、ンスの女性ットのまとめでしたが、残念ながら『最後の』の終わりまでには戦死してしまった方も多く、次作で活躍がみれないのがなんとも残念であります。 魅力的な脇役が登場するのもの魅力。 新三部作完結編である次作『エピソード9』では、また新しい女性ットたちの活躍がみれることを願っています。 彼女たちの運命に、フォースのご加護あれ・・ StarWalker.

次の

『ホテル ハルシオン』貴族が集ったイギリス5つ星ホテルのおもてなしの裏側とは

ハーマイオニー コー フィールド

幼い頃、父親の農業機として使われていたで操縦を学んだリントラは、レジスタンスでタイプのに乗り込み、とのに参加した。 リントラはレジスタンスのの中で最も優秀なのひとりであり、からもその操縦技術を認められていた。 、の階級に就いていたリントラは、Aウイングの部隊を指揮しての海賊討伐任務に参加した。 彼女たちはでの基地を破壊することに成功し、海賊がファースト・オーダーと繋がりを持っていた証拠を手に入れた。 の後、レジスタンスはのにあるからを開始した。 リントラはのとして撤退活動に監視し、からの護衛を命じられた。 しかし彼女はダメロンの主導で行われた<>攻撃作戦に力を貸すために艦隊から離れ、およびのを敵艦までエスコートした。 全機という犠牲を払って<フルミナトリックス>を破壊したあと、リントラは<>に帰艦する。 その後レジスタンス艦隊はへ飛び込んだが、ファースト・オーダーはを駆使して攻撃を続行し、リントラたちは再出撃の準備を開始した。 しかしのから放たれたが<ラダス>のに直撃した際、リントラは爆発に巻き込まれて命を落とした。 「Aウイングに乗って育ったみたいなものよ。 のから長いが経過したこの頃、リントラはので父親とともに生活し、父親が農業機として使っていたを使ってを学んだ。 リントラは以前にレジスタンスに加わり、のとなった。 彼女はレジスタンスで最も優秀なのひとりであり、ですら彼女の操縦技術を称賛していた。 カサンダー宙域の戦い リントラのAウイング部隊の母艦<ニンカ> 34 ABY、レジスタンスはファースト・オーダーから武器の供給を受けたがので略奪行為を開始したことを知った。 カサンダーがファースト・オーダーの手に落ちるのを阻止すべく、レジスタンスはタリサン・リントラ率いるとおよびのをこの宙域に送り込んだ。 レジスタンスはにある支配下のを破壊することを第一の目標に掲げ、リントラ率いるAウイング部隊はに対して攻撃を行うの護衛を担当した。 マムコダの任務の3後、リントラとはでの救援任務に着手した。 ボマー部隊が救援物資を運んでいたとき、リントラはのが迎撃位置についていることをボマーに警告した。 ファースト・オーダーのとの戦闘は避けるよう命じられていたため任務はやむを得ず中止となり、彼女たちは母艦である <>へ帰艦した。 その後、彼らはに海賊団の基地があることを知り、攻撃を行った。 レジスタンスは基地を破壊して、海賊とファースト・オーダーの関係を示す確かな証拠を掴んだ。 ディカー撤退 「ボマー、密集隊形を維持せよ。 ファースト・オーダーの戦力が再集結していることが判明し、レイア・オーガナがディカーからの開始を命じた際、リントラは他のパイロットとともにレジスタンス基地の司令センターに居合わせた。 リントラはオーガナの発言に驚き、周りにいたたちと議論を始めたが、ポー・ダメロンの意見を聞くために口をつぐんだ。 ダメロンは<>単機で敵の注意をひきつけて撤退の時間を稼ぐという作戦を提案し、オーガナはこれを承認した。 リントラを含むAウイング部隊は、艦隊の主要防衛力に回されることになった。 しかしダメロンは単なる時間稼ぎでは満足せず、ファースト・オーダーの を破壊する計画まで立てていた。 レジスタンスはファースト・オーダー艦隊が出現する直前に、味方のからこの大型艦に関する情報を入手していたのである。 リントラも作戦の一環としてに乗り込み 、のとして、ドレッドノートに攻撃を仕掛けるボマー部隊のエスコートを任された。 がディカーの上空に出現すると、作戦通りダメロンがドレッドノート<>に単機で接近し、この大型の船体に設置されたをすべて破壊した。 ディカー撤退戦に参加するリントラ リントラはコバルトおよびクリムゾン中隊のレジスタンス・ボマーをエスコートしながらドレッドノートへの接近を開始し、ボマーには密集隊形の維持を、ファイターにはボマーの護衛を命じた。 またリントラは敵機との交戦を勝手に始めないよう、のに念を押した。 間もなくファースト・オーダーのがレジスタンスの戦闘機に襲いかかり、やらの機体が撃墜された。 のがの追撃を逃れるためやむをえず隊列を離れ、コバルト中隊の左舷が無防備になったとき、ターリーがその方向に向かうとスタークも彼女の意思に応え、ボマーに迫っていたTIEを撃退することに成功した。 間もなく<フルミナトリックス>がレジスタンスのである<>を砲撃するためにの再充填を開始したため、ダメロンはボマー部隊に攻撃を急がせるよう、リントラに指示を出した。 <フルミナトリックス>まで十分な距離に接近すると、リントラはたちに攻撃を開始するよう命じた。 しかし今まさに爆撃を行おうとしていた ボマー<> にTIEファイターのの残骸が激突し、起爆されたが周囲に飛び散ってボマーの大半が巻き添えになってしまった。 最後の1機となったボマー<>は爆撃手のが既に戦していたが 、代わりにのがプロトンの投下ボタンを押し、軌道機関砲が発射される直前に<フルミナトリックス>を破壊することに成功した。 リントラと戦闘機部隊の生存者たちはすぐに<ラダス>へ引き返し、へジャンプした。 ファースト・オーダーの追撃 「ほぼひと艦隊ってことよね」 「うち二艦は、ディカーでわれわれを追っていた船だ。 ありえない。 しかしファースト・オーダーは<>に搭載されたでジャンプ先を特定し、を続行した。 ファースト・オーダー艦隊が再出現した時、<ラダス>の戦闘機用メイン・のすぐ外にある待機室でをとっていたリントラは、警報の音で目を覚ました。 リントラとスタークはに表示された情報を見て、敵艦隊がディカーからハイパースペースを超えて追跡してきたことを知った。 リントラはやを身に着けてハンガーへ急ぎ、でダメロンを呼び出した。 たちが大急ぎで戦闘機の発進準備を進める中、リントラはハンガーで自分のAウイングに乗り込み、を始動させた。 パイロットたちの点呼が始まった時、遅れてきたダメロンと彼のがハンガーに駆け込み、Xウイング<ブラック・ワン>に乗り込もうとした。 この時、がするファースト・オーダーのが<ラダス>の船内に入り込み、スターファイター・ハンガーへ向かってを発射した。 Aウイングのが赤く光り、ミサイルに狙われていることを示す緊急警報を発したが、リントラはハンガーにいるのに警報が鳴るのは誤作動に違いないと思い込んだ。 しかし彼女が警報装置を止める暇もなく、ミサイルがハンガーに着弾して格納庫がに包まれた。 リントラはその場にいた大勢の仲間たちと一緒に命を落とし、まだ戦闘機に乗り込んでいなかったダメロンとBB-8は九死に一生を得た。 また、かつて戦場でリントラに命を救われたことがあるAウイング・パイロットのは、彼女に特に恩義を感じながらファースト・オーダーとの戦いを続けた。 リントラはレジスタンスの・パイロットであるポー・ダメロンに感銘を与えるほど優れた操縦技術を持ち、レジスタンスで最も優秀なパイロットのひとりだった。 幼い頃、彼女はであるピピップ3でRZ-1 Aウイングを飛ばし、操縦を学んだ。 RZ-1で経験を積んでいたリントラは、新型であるRZ-2モデルのAウイングの操縦も靴紐を結ぶようなものだと考えていた。 またリントラはレジスタンスの指導者たちからリーダーシップの才能も認められており、ブルー中隊の隊長を任されることになった。 リントラは仲間のパイロットたちの安全を気にかけ、戦いで彼らを失うことを恐れていた。 リントラは睡眠が浅く途切れがちで、守るべきパイロットの姿が計器には映らないのに、彼らの断末魔の悲鳴だけは聞こえるという悪に悩まされていた。 一方で、彼女は戦闘中であってもユーモアを忘れず、特にウイングメイトのストメローニ・スタークとは頻繁にジョークを交わしていた。 ディカーにおける戦闘のさなか、リントラはレジスタンスに襲いかかるファースト・オーダーのTIEファイターを見て、故郷のピピップ3でを狩るを連想した。 装備 「オールクリア!爆撃隊の出番だ!」 「喜んで。 またヘルメットの前面右側には黄色いレジスタンスの紋章が、左側の側頭部にはが刻印されていた。 リントラは青いマーキングが施されたRZ-2 Aウイング・インターセプターに搭乗した。 制作の舞台裏 「ボマー、密集隊形を維持せよ。 女優はイギリス人の。 タリサン・リントラというフルネームは映画公開と同日に発売された設定資料集『』や『』で明かされた。 コーフィールドのキャスティングは2017年にジョンソン監督の Twitter アカウントで初めて明かされた。 映画公開に先立ち、タリサン・リントラはアクティビティ・ブック『』で初めて言及され、ゲーム『』のダウンロード・コンテンツで初登場を果たした。 『バトルフロント II』にはリントラのRZ-2 Aウイングがプレイヤー操作可能なヒーロービークルの1機として登場している。 リントラのAウイングは映画公開日の2日前である2017年にゲームに追加された。 ゲーム『バトルフロント II』や設定資料集『』ではリントラの愛称である Tallie が タリーと表記されている。 『最後のジェダイ』のには、映画よりも多くリントラの台詞が収録されている。 レジスタンスの戦闘機がファースト・オーダーのドレッドノートと戦うオープニングのシーンで、リントラたちは映画より遠くからドレッドノートに向かって飛行していき、その間にストメローニ・スタークとの会話が差し挟まれている。 登場エピソード• (初登場) (DLC) (表記は タリー・リントラ)• (回想シーン) 参考資料 ターリー・リントラ• - 脚注.

次の