保険 相談 埼玉。 埼玉県の保険相談ができるお店 店舗一覧|アフラック

地震保険は店舗でも加入できますか?

保険 相談 埼玉

お子さまの教育資金を計画的に準備できる貯蓄型の保険です。 生命保険に関するご注意事項• 保険商品は、埼玉りそな銀行が募集代理店としてお取扱いする商品です。 保険契約の引受や保険金等の支払は、引受保険会社が行います。 預金ではありませんので、預金保険制度の対象とはなりません。 また、埼玉りそな銀行による元本および利回りの保証はありません。 生命保険募集人の役割は、お客さまと生命保険会社の保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権はありません。 生命保険契約はお客さまからのお申込みに対して生命保険会社が承諾したときに有効に成立いたします。 引受保険会社の業務または財産の状況の変化により、ご契約時にお約束した保険金額・給付金額・年金額・解約返戻金額等が削減されることがあります。 引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時にお約束した給付金額・年金額等が削減されることがあります。 保険商品をご契約いただくか否かが、当社との他のお取引きに影響を及ぼすことは一切ありません。 法令上の規制により、お客さまのお勤め先や当社への融資のお申込状況等により、保険商品をお申込みいただけない場合があります。 取扱保険商品はクーリング・オフの対象です。 保険商品のリスク・費用等は、「商品パンフレット」や「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」で必ずご確認ください。 また、ご契約の際は、「ご契約のしおり・約款」を必ずご確認ください。 詳しくは、販売資格を持った担当者(生命保険募集人)にご相談ください。 変額個人年金保険・変額終身保険は、特別勘定において主に国内外の株式・債券等で運用しているため、株価や債券価格の下落、為替の変動等により、積立金額・解約返戻金額等の受取総額は払込保険料を下回る場合があります。 定額個人年金保険、一時払終身保険は、商品によっては市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約返戻金が払込保険料を下回る場合があります。 外貨建の保険商品は、外国為替相場の変動により、受取時に円で換算した年金額・死亡保険金・解約返戻金等の受取額が、契約時に円で換算した受取額を下回る場合や、払込保険料を下回る場合があります。 また、外国為替相場の変動がない場合であっても、保険料の払込時および年金額・死亡保険金・解約返戻金等の受取時に適用される為替レートの差により、受取時に円で換算した受取額が、契約時に円で換算した受取額を下回る場合や、払込保険料を下回る場合があります。 運用期間中および年金受取期間中には「契約時初期費用」「保険関係費用」「運用関係費用」「年金管理費」等の合計をご負担いただきます。 また、解約(減額)時には「解約控除」がかかる場合があります。 外貨建でご契約された場合は、上記に加えて外国通貨のお取扱いにかかる費用など、商品により上記以外の費用をご負担いただく場合があります。 なお、費用の名称、ご負担いただく費用およびその合計については、商品ごとに異なりますので、詳細は各商品の「商品パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)」等でご確認ください。

次の

介護サービスの利用に関する相談窓口

保険 相談 埼玉

2015年01月23日 【ご相談事例】 現在、店舗を建設中です。 新たに建てた店舗で、地震保険の加入を検討していますが、加入することはできますか。 【ご回答】 地震保険の目的は「被災者の生活の安定に寄与すること」です。 そのため、 保険の対象にできるのは、居住用建物(住居のみに使用される建物および併用住宅)とその家財(生活用動産)に限られています。 そのため、質問いただいた建物が「店舗」や「事務所」のみに使用される建物の場合には、地震保険の対象となりません。 (建築中の店舗が併用住宅の場合には、地震保険に加入できます。 ) ちなみに、 ビルや事務所、店舗、病院、工場等などは、「地震危険補償特約」などに加入することで、地震による損害をカバーできます。 具体的には、 ・地震または噴火による火災、破裂または爆発によって生じた損害 ・地震または噴火による津波、洪水その他の水災によって生じた損害 ・地震または噴火によって生じた損壊、埋没または流失の損害 などが補償の対象となります。 「地震危険補償特約」は、保険会社によって引き受けの条件が異なります。 また、保険の対象の所在地により、特約の契約ができないケースもあるようです。 引受の可否・条件については、一度お問い合わせください。

次の

【さいたま市】無料保険相談・見直しのおすすめ店舗を口コミから比較

保険 相談 埼玉

2015年01月23日 【ご相談事例】 現在、店舗を建設中です。 新たに建てた店舗で、地震保険の加入を検討していますが、加入することはできますか。 【ご回答】 地震保険の目的は「被災者の生活の安定に寄与すること」です。 そのため、 保険の対象にできるのは、居住用建物(住居のみに使用される建物および併用住宅)とその家財(生活用動産)に限られています。 そのため、質問いただいた建物が「店舗」や「事務所」のみに使用される建物の場合には、地震保険の対象となりません。 (建築中の店舗が併用住宅の場合には、地震保険に加入できます。 ) ちなみに、 ビルや事務所、店舗、病院、工場等などは、「地震危険補償特約」などに加入することで、地震による損害をカバーできます。 具体的には、 ・地震または噴火による火災、破裂または爆発によって生じた損害 ・地震または噴火による津波、洪水その他の水災によって生じた損害 ・地震または噴火によって生じた損壊、埋没または流失の損害 などが補償の対象となります。 「地震危険補償特約」は、保険会社によって引き受けの条件が異なります。 また、保険の対象の所在地により、特約の契約ができないケースもあるようです。 引受の可否・条件については、一度お問い合わせください。

次の