7 月末 時候 の 挨拶。 時候のあいさつ文7月・季節の挨拶文7月・夏の季語(上旬・中旬・下旬)

7月の季語と時候の挨拶文<手紙の書き出しと結び>

7 月末 時候 の 挨拶

7月の時候の挨拶を入れるメリット ビジネスメールや手紙は、用件を分かりやすくまとめ、読む側の負担にならないように配慮するのが基本です。 そのために、決まった書式や、テンプレートなどが用意されていることが多いようです。 ですが、例えば皆さんが、大切な取引先へ書く場合を想像してみてください。 宛先とタイトルを入れ、用件を書き、署名を入れて送信するだけでは、事務的で物足りない印象がありませんか?そこで、ぜひ、時候の挨拶をビジネスメールの中に取り入れてみましょう。 普段は事務的な印象になりがちなビジネスメールに、時候の挨拶を入れる事により、読み手側を気づかうような、柔らかな印象を与える事が出来ます。 その意味で ビジネスシーンで大切とされるクッション言葉と同じような役割を果たします。 ぜひ実践して、他の手紙やビジネスメールと差を付けましょう。 そもそも時候の挨拶ってなに? 本来、時候の挨拶とは日本の文化独特のものであり、手紙やはがきを書く時の文章の冒頭に、現在の季節に合った挨拶を入れる礼儀文のことを指します。 また、時候の挨拶には、その季節に合った季語を入れる事が決まりになっています。 決まりとして、時候の挨拶は、文章の冒頭の頭語の後に入れ、それとセットで、文章の末尾に結びの文章を入れます。 それでは、実際に7月での例を見ながら実際に解説して行きます。 7月の時候の挨拶を入れた手紙やメールの構成 手紙やメールは以下のような構成にすると素敵な文章になります。 時候の挨拶• 時候の挨拶の結び• 結語 1.頭語という「こんにちは」の意味の言葉を入れる 頭語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「拝啓」• 「拝呈」• 「啓上」 2.7月の時候の挨拶を入れる 7月の時候の挨拶は• 「梅雨明けの候」• 「向暑の候」• 「仲夏の候」• 「盛夏の候」• 「大暑の候」• 「炎暑の候」• 「酷暑の候」• 「猛暑の候」 などの季語が一般的です。 この季語の後に、挨拶文を続けます。 ここで使う挨拶文は、以下のような普段使っているビジネス用の挨拶文で構いません。 「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 「〇〇様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「平素は格別なご高配を賜りまして厚く御礼申し上げます。 」 3.用件を書く ビジネスでもプライベートな相手でも日頃の感謝の気持ちを丁寧に書いていきます。 相手を思いやる気持ちは文章でもしっかり伝わるので気持ちを込めてしたためましょう。 4.7月の時候の挨拶の結びの文章を入れる• 「暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 「時節柄、くれぐれもお身体ご自愛下さい。 」 5.最後に結語という「さようなら」の意味の言葉を入れる 結語で一般的に使われるのは、以下のような言葉です。 「敬具」• 「敬白」• 「拝具」 実は、季語にはもっと細かな分類があります。 7月だけでも初旬、中旬、下旬それぞれに合った様々な季語があります。 また、挨拶文に関しても、もっと丁寧で個性的な表現が強くなるものもたくさんあります。 ですが冒頭でも書きましたが、あくまでも、時候の挨拶の入った手紙やビジネスメールであることは忘れないようにしましょう。 仕事で忙しい相手先のことを考え、 端的に用件を伝える内容に時候の挨拶はちょっとした心づかいを添えるものです。 なので、余り細かくは考え過ぎずに、シンプルにまとめる方が、より親切なものとなります。 ですが、季語の使用にはくれぐれも、気を付けましょう。 季節にそぐわない間違った季語を使ってしまうと、せっかくの時候の挨拶が台無しになってしまいます。 下記に7月の初旬、中旬、下旬に合った季語を使った、時候の挨拶を紹介します。 7月初旬の時候の挨拶• 梅雨明けの候、〇〇様にはますますご壮健のこととお慶び申し上げます。 向暑の候、皆々様お健やかにお過ごしのご様子、なによりと存じます。 「梅雨明けの候」と「向暑の候」は、7月初旬に合った時候の挨拶です。 また 「小夏」という言葉も、この時期にあった季語になります。 7月中旬の時候の挨拶• 仲夏の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。 盛夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 「仲夏の候」は、まさに夏の暑さの半ばに合った季語を使った、7月中旬に使える時候の挨拶です。 また 「盛夏の候」は、同じく7月中旬に合った時候の挨拶ですが、7月中を通して使う事が出来ます。 7月下旬の時候の挨拶• 大暑の候、貴社いよいよご隆盛のことと存じます。 猛暑の候、皆様にはいよいよご清栄のこととお慶び申し上げます。 「大暑の候」「猛暑の候」は、日本の季節を表す二十四節気の「大暑」が7月23日頃にあたる事から、その時期やそれ以降の7月下旬に合った時候の挨拶になります。 年によっては、気温が上がらない涼しい夏であったり、逆に猛暑の夏であったり、その時々で体感する暑さも変わって来ますよね。 また、地域によっても7月の暑さの体感も変わって来ます。 そんな時は、ぜひ 「冷夏」や「炎暑」などの、暑さを表現する季語を使い分けてみましょう。 時候の挨拶の結び文も同様です。 季節にそぐわない季語を使わないように気を付けましょう。 7月の時候の挨拶の結び文も、いくつか例を紹介します。 7月の時候の挨拶の結び文の例• 梅雨明けの暑さひとしおでございますが、くれぐれもご自愛下さい。 暑さ厳しき折り、くれぐれもお身体をご自愛下さい。 本格的な夏を迎えました。 皆様のご健康をお祈りいたします。 暑さ厳しき折柄、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 通常のメールと7月の時候の挨拶が入ったメールを比べてみる それでは、実際に同じ用件で作成した、通常のメールと7月の時候の挨拶を入れたメールを比べてみましょう。 以下の例は、見積もりの依頼をするメールの内容です。 (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (2.時候の挨拶) (株)〇〇〇 営業部の〇〇でございます。 早速ではございますが、先日ご提案いただきました案件につきまして ぜひ一度、弊社から費用についてのお見積りをいただきたきたくお願い申し上げます。 ご多忙中恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。 (3.用件) 暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。 (4.時候の挨拶の結び) 敬具(5.結語) いかがでしょうか。 同じ内容の文章の冒頭と末尾に、時候の挨拶を入れただけで、事務的な印象のビジネスメールから、ちょっとした心づかいや配慮が感じられませんか? 時候の挨拶は事務的な印象を和らげる、クッションのような役割も感じられますよね。 また、これらは元々、電子メールが普及する前から、書面でのビジネス書簡のやり取りでも使われていましたので、ビジネスマナーの一つとしても重視される大切なものです。 また、 ビジネスメールだけでなくもちろんビジネス書簡や手紙へも応用が出来ますので、ビジネススキルの一つとして、マスターしておくのが良いでしょう。 忙しい7月のビジネスシーンにこそ時候の挨拶を使ってみましょう 毎日が忙しい、ビジネスメールの送受信。 数ある電子メールの中で、形式ばかりの文章のやり取りだけでは、読み手の気持ちを惹きつけることは難しいでしょう。 きっと、似たような大量のメールの中に、埋もれてしまう事もあるかも知れません。 そこでぜひ、この7月の時候の挨拶を取り入れた手紙やビジネスメールを使ってみてください。 ちょっとした心づかいひとつで皆さんのメールが読み手に取ってより印象深いものになりますよ!.

次の

時候の挨拶・季節の挨拶

7 月末 時候 の 挨拶

盛夏の候/仲夏の候/真夏の候/酷暑の候/極暑の候/甚暑の候/猛暑の候/炎暑の候/大暑の候/烈暑の候/三伏の候/小暑の候/ 7月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 盛夏の候は「せいかのこう」。 以下、仲夏(ちゅうか)真夏(まなつ)酷暑(こくしょ)極暑(ごくしょ)甚暑(じんしょ)猛暑(もうしょ)炎暑(えんしょ)大暑(たいしょ)烈暑(れっしょ)三伏(さんぷく)小暑(しょうしょ) 季語を使った七月の時候の挨拶は、私的文書では「盛夏の候、いかがおしのぎですか」「酷暑の候、ますますご清勝のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「猛暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」などと書き出します。 ・ 盛夏の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 昨今の炎暑、いかがおしのぎですか。 ・ 夏空に雲の峰がひときわ高く立つころとなりました。 ・ 梅雨も明け、暑さも一段と増してまいりました。 ・ 海山の恋しい季節を迎えました。 ・ 連日の暑さにすっかり閉口しております。 ・ 寝苦しい毎夜を迎えています。 ・ いよいよ酷暑を迎える季節となりました。 ・ 暑さも耐えがたい毎日が続いています。 七月の手紙の書き出しは、季節を伝える時候の挨拶文を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「連日しのぎがたい暑さが続いていますが、いかがお過ごしですか」「梅雨も明け、いよいよ夏到来。 ごきげんいかがですか」など。 ビジネス文書の場合は、冒頭部分には季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、すぐに用件(本文)に入ります。 「酷暑の候、貴社ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます。 さて、このたび~」など。 時候の挨拶も省略して「時下ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとしてもかまいません。 結びの挨拶文例(7月) ・ 酷暑の候、お元気でお過ごしください。 ・ 暑さの折からくれぐれもお体をお大事に。 ・ 厳しい暑さが続きますが、楽しい夏をお過ごしください。 ・ 寝苦しい夜が続いています。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ きびしい暑さにもめげず、つつがなくお過ごしください。 ・ 草木も生気を失う日が続いております。 ご自愛専一に。 七月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「くれぐれもお体をお大事に」「元気でお過ごしください」などの挨拶文を添えます。 「炎暑しのぎがたい日が続いております。 ご自愛専一に。 」「海山の恋しい季節、お元気でお過ごしください。 」といった感じでまとめます。 ビジネス文書の場合は文末には季節の挨拶は入れません。 用件を述べたたあと「まずはご連絡まで」「とり急ぎご照会申しあげます」「以上よろしくお願いいたします」などの言葉で結びます。 7月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 時候の挨拶は、月の前半・月の後半とか、初旬・中旬・下旬などと、使い分けなくても大丈夫です。 7月なら「猛暑の候ますますご清祥のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、7月の季語を使った「の候」を入れておけば問題ありません。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、7月の季節感を出したい場合は、7月に行なわれる行事や雑節などを織り込んで、次のような書き出しにします。 7月の別名や昔の呼び名(和風月名) 7月の昔の呼び名(和風月名=わふうげつめい)を季語に使って手紙の書き出しに入れると、ひと味違った季節感のある挨拶文になります。 7月の代表的な和風月名は「文月」。 読み方は「ふみづき」。 意味は、書物(文=ふみ)を夜風にさらす月(つき)という風習が転じたもの。 このほかにも諸説あります。 7月の別名には次のような呼び名があります。 愛逢月(あいおうづき)秋初月(あきはづき)女郎花月(おみなえしづき)首秋(しゅしゅう)上秋(じょうしゅう)七夕月(たなばたつき)棚機月(たなばたづき)桐月(とうげつ)桐秋(とうしゅう)七夜月(たなよつき)否月(ひづき)親月(ふづき・ふみづき)相月(ふみづき)文被月(ふみひろげつき)書被月(ふみひろげつき)迎鐘(むかいつき)愛合月(めであいつき)孟秋(もうしゅう)蘭月(らんげつ)蘭月(らんしゅう)流火(りゅうか)涼月(りょうげつ) 7月:外国語の呼び方 7月は英語では「July」(ジュライ)と言いますが、語源は、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定した古代ローマの政治家・ジュリアス・シーザーの生まれた月にちなんでつけられたものと言われています。 今日はソフトクリームの日。 小学生のとき上野科学博物館の地下食堂で食べたソフトクリームの味が忘れられない今日この頃。 いかがお過ごしですか。 今日はかき氷の日。 連日の猛暑日でこちらは毎日がかき氷の日となっています(笑)夏バテなどしていませんか。 今年も娘と入谷朝顔市に行ってきました。 今日と明日は浅草寺のほおずき市ですね。 五年前に家族で行きましたが、あまりの人の多さに、早々と帰ってきました。 お中元のお礼はがき文例<7月> 7月に、お中元をいただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので前文は省略。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れました。 礼状の書き出しに時候の挨拶を入れないのは、うれしさのあまりに時候の挨拶をを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、最初にお礼の言葉を述べたあと、いただいた品物の具体的な感想を書いて、季節の挨拶を添えて(7月の場合は「厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください」など)、最後に「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際は縦書きで印刷しました。

次の

【時候の挨拶】7月上旬の季節の言葉とは?お中元に添える例文も!

7 月末 時候 の 挨拶

スポンサーリンク 親しい人への7月の挨拶 親しい人への挨拶は、「時候の言葉」と「相手の安否を気遣う言葉」をセットで表すことが多いです。 皆様お変わりありませんか。 皆様お元気でしょうか。 いかがお過ごしでしょうか。 お元気ですか。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 お元気ですか。 個性的な表現 かなり親しい人へのくだけた表現です。 自分の近況や気づいたことなどを、自由に表しています。 今年はどのような願い事をされたでしょうか。 お待ちしております。 体にはくれぐれもお気をつけください。 【関連記事】.

次の