モチベーション 類語。 「テンション」と「モチベーション」の意味の違いと使い分け

モチベーション(もちべーしょん)とは

モチベーション 類語

「モチベーション」は• 物事を行うための動機を与えること、動機づけ• 動機、やる気、意欲 「1」は外部から動機を与えることです。 一方 「2」はその人の内部から生まれる動機や意欲です。 語源はラテン語で動くを意味する「movere」で「モチベーション(motivation)」に含まれる「mot-」が使われる英単語は「motor(モーター)」、「motorcycle(オートバイ)」、「motison(動作)」、「promotion(プロモーション、促進)」、「emotion(感情=心が動く)」など「動く」ことに関わる言葉が多数あります。 ラテン語「movere」の英語版にあたる「move」はまさに動くという意味、「movie」は映画、動画という意味です。 なお、日本語では略して「モチベ」といわれることもあります。 「モチベーション」は心の動きに関することのため物理法則のように明確ではありませんが、以下のような考え方がされています。 1つは人間の 本来的な欲求が元になっているという考え方です。 これは「マズローの五段階欲求説」と呼ばれます。 2つめは 「満足」と、「モチベーション」を下げる「不満足」は別のものという考え方です。 給与を高くして「モチベーション」を上げても、人間関係が悪くて退職する、といった例が挙げられます。 「アンダーマイニング現象」「エンハンシング現象」という現象も知られています。 「アンダーマイニング現象」とは自主的に勉強していたところへ、良い成績を取ることに対して 金銭的報酬を与えると逆に「モチベーション」が下がることです。 「エンハンシング現象」は金銭的報酬ではく「褒める」といった無形の報酬を与えると「モチベーション」が上がることです。 「叱られるから宿題をする」といったいわゆる「アメとムチ」の「ムチによるモチベーション(動機付け)」は典型的です。 一方、「周りが勉強しているから自分も勉強する」「周りが就職先が決まっていく中で自分だけ決まらないのは嫌だから就職活動をする」という 「流されるモチベーション」もあります。 このような「外部からの動機付け」は必ずしも意図的に行われているとは限らず、環境要因によるものもあります。

次の

「モチベーション」の意味・類語【使い方や例文】

モチベーション 類語

「モチベーション」は• 物事を行うための動機を与えること、動機づけ• 動機、やる気、意欲 「1」は外部から動機を与えることです。 一方 「2」はその人の内部から生まれる動機や意欲です。 語源はラテン語で動くを意味する「movere」で「モチベーション(motivation)」に含まれる「mot-」が使われる英単語は「motor(モーター)」、「motorcycle(オートバイ)」、「motison(動作)」、「promotion(プロモーション、促進)」、「emotion(感情=心が動く)」など「動く」ことに関わる言葉が多数あります。 ラテン語「movere」の英語版にあたる「move」はまさに動くという意味、「movie」は映画、動画という意味です。 なお、日本語では略して「モチベ」といわれることもあります。 「モチベーション」は心の動きに関することのため物理法則のように明確ではありませんが、以下のような考え方がされています。 1つは人間の 本来的な欲求が元になっているという考え方です。 これは「マズローの五段階欲求説」と呼ばれます。 2つめは 「満足」と、「モチベーション」を下げる「不満足」は別のものという考え方です。 給与を高くして「モチベーション」を上げても、人間関係が悪くて退職する、といった例が挙げられます。 「アンダーマイニング現象」「エンハンシング現象」という現象も知られています。 「アンダーマイニング現象」とは自主的に勉強していたところへ、良い成績を取ることに対して 金銭的報酬を与えると逆に「モチベーション」が下がることです。 「エンハンシング現象」は金銭的報酬ではく「褒める」といった無形の報酬を与えると「モチベーション」が上がることです。 「叱られるから宿題をする」といったいわゆる「アメとムチ」の「ムチによるモチベーション(動機付け)」は典型的です。 一方、「周りが勉強しているから自分も勉強する」「周りが就職先が決まっていく中で自分だけ決まらないのは嫌だから就職活動をする」という 「流されるモチベーション」もあります。 このような「外部からの動機付け」は必ずしも意図的に行われているとは限らず、環境要因によるものもあります。

次の

「モチベーション」の意味・類語【使い方や例文】

モチベーション 類語

「士気」という言葉はその他の品詞と結びつけて使われることが多くあります。 品詞ごとに分けていくつか例文を紹介していきます。 高める ・野球部の主将になったからにはチームの士気を高めることが求められるだろう。 そのためにも日々の練習は一切手を抜かず、より一層大きい声を出してチーム全体を盛り上げていこうと思う。 ・君は無口であんまり笑わないから今までは正直良どっちかって言うと苦手で良いイメージなんてなかったんだけど、文化祭での君の作業スピードには驚かされてすっかり魅了されてしまったよ。 しかも話してみると案外面白いやつだったんだな。 みんな文化祭はそれなりにやって終わらせようってスタンスだったけど君のおかげで僕も頑張ろうって思った。 そして僕だけじゃない。 間違いなくクラス全体の士気が高まったよ。 このように「士気を高める」という言葉は、集団の中の人がその集団の士気に良い影響を与える際に使われます。 上がる下がる ・さらに点差が開いてしまい諦めムードが漂っているけれど、ここで塁に出て攻撃の起点となることができればきっとチームの士気が上がるだろう。 ・彼女が発した言葉は何も間違っていなかった。 ぐうの音も出ないほどの図星だった。 しかし何も間違っていなかったからこそ現実を受け止めざるを得なくなりみんな意気消沈してしまい結果として現場の士気が下がってしまった。 このように「士気が上がる」または「士気が下がる」という言葉は、士気を数値として捉え現在のバロメーターに対して上がるか下がるかの変化が生じる際に使われます。 高揚 ・俺、明日の試合が楽しみで仕方ないや。 みんなも早く試合したいってうずうずしてるよ。 士気高揚ってやつだ。 ・今回のプロジェクトはより一層結束力が求められるだろう。 残り少ない準備期間、士気高揚して取り組んで行きましょう。 このように「士気高揚」という言葉は四字熟語であるため実際に日常会話で耳にする機会はあまりありません。 「士気」は集団の物事に対する意気込み「高揚」は気分を高める、または高まることをさします。 従って日常会話においては同じ意味合いの「士気が高まる」や「士気が上がる」を用いることが多いです。 鼓舞する ・人事異動の季節から数週間が経ち、ここ最近は馴れ合いが過ぎてどうもダレているようだから、あまり気は進まないが士気を鼓舞するんだとおもって軽く窘めることにしよう。 ・高校生活最後の試合が終わり部活は引退したんだけど後輩たちがちゃんとやっていけるか心配で後輩たちの士気を鼓舞するつもりで週に一度くらいは顔を出そう。 このように「鼓舞」という言葉は励まし奮い立たせるという意味です。 俯瞰的立ち位置の人であったり第三者であったり外部から施す際に使われます。 関わる ・この間のミスに責任を感じていて同じミスを繰り返さないための練習をしたいのはわかるけれど、そういう自分勝手な行動をとられると全体の士気に関わるから今はやめてくれないか。 全体練習が終わった後に居残りで練習すればいいだろう。 ・わたしは今しがたこのプロジェクトチームが犯してしまっていた重大なミスに気づいた。 直ぐにでもみんなに伝えないといけないのだがそのミスがあまりにも大きくプロジェクトチームの今後の士気に関わることなのでなかなか言い出せない。 一体全体どこから伝えればいいのだろうか。 このように「士気に関わる」という言葉は意気込みを左右するときなど主にマイナスな影響が懸念される際に使われます。 やりがいのある仕事か否か 職場の士気に大きく関わってくるのが仕事のやりがいです。 やりがいの有無が士気が下がる一番大きい原因とも言っていいでしょう。 自分の今やっている仕事が社会にどういう影響を与えてどんな人たちの役に立っているのか、ということを明確に想像しながら仕事ができなければ、個々のモチベーションが低下し職場の士気が下がってしまいます。 格差の大きさ 同じ仕事量なのに正規雇用か非正規雇用かでまた男女で全く待遇が違うと、当然待遇の悪い方は不満が溜まっていって士気の低下に繋がります。 後者の男女差は少しずつなくなってきていますが、正規雇用と非正規雇用の格差は全く埋まりそうにありません。 もちろん正規雇用か非正規雇用かで給与などの待遇は差があることが当然ですが、最近ではアルバイトの人に正社員と同じ仕事をさせている職場もあります。 こういった賃金に見合わないことをさせていると反発が起こり待遇のいい方と悪い方に分かれて険悪なムードが漂いはじめ士気が下がってしまいます。 管理職 管理職とは指導や仕事の割り振りを決める役職ですが、この管理職がしっかりしていないと職場の士気が下がってしまいます。 例えばコンビニの店長が一切新人アルバイトの教育をせず叱りもせず放置していると、仕事を真摯に取り組む人たちは店長なんだからしっかりしてよ、と不満を抱いてしまいます。 頑張っている方がバカを見る、という考えに至り全体の士気が下がってしまいます。 叱り方 また、叱り方も大切です。 まず「怒る」と「叱る」は全く違います。 怒るというのは腹をたてることです。 叱るというのはより良い方向へ導くということです。 叱り方として恫喝や怒鳴ったりすることは絶対にやってはいけません。 昔はみんな怒鳴られながら育ってきたんだと言う人もいるでしょうが時代が違います。 上司が嫌だからと退職してしまう人もたくさんいます。 叱り方には細心の注意を払いましょう。 和を乱す人がいる 違う立場の人からの励ましよりも同じ立場の人からの励ましの方が、より効果が見込めます。 例えば上司から何かを言われると注意されているように感じて萎縮してしまう人もいます。 そうなればかえって逆効果となってしまいます。 そんな時は、同期だったり同い年であったりとできるだけ近い立場の人同士で励ましあえると効果的でより一層士気を高められるでしょう。 また違う立場同士でも励まし合える関係を築けるように普段からしっかりとコミュニケーションをとることが大切です。 士気の底上げを図る 一番立場の弱い人たちの士気から上げていくと相乗効果が生まれてくるでしょう。 自分より立場が上の人たちが頑張っているよりも自分より立場の下の人たちが頑張っていると自分も負けていられないと奮い立ち、士気を高める波のようなものが起こりどんどん上の立場の人たちへと伝わっていきます。 従ってどこから手をつければ良いかわからないときは士気の底上げを図ることをおすすめします。 それが一番手っ取り早いでしょう。 「士気」の類語 1980年代までは「モチベーション」という言葉は日本であまり使われることがなく「モラール」という言葉がよく使われていました。 「モラール」とは日本語に訳すと「士気」です。 「モチベーション」と「士気」の違いは一言で言えば個人か集団かの違いです。 集団での物事に対する意気込みである「士気」に対し「モチベーション」は個人のやる気となります。 モラールからモチベーションへの変化 そもそもモラールという言葉を聞いたことすらない人もいるのではないでしょうか。 時代の流れの中でモラールという言葉はすっかり死語になってしまいました。 その原因には企業の士気の高め方の変化が大きく関わっています。 1980年代までは全体の士気が上がれば必ず成果に繋がると考えられていて企業側は社員たち全体のモラールアップのために尽力していました。 全体ではなく個に焦点が向けられた しかし1990年ごろから経済成長のスピードが著しく低下してきてそれまでどおり全体の士気の向上がなかなか成果に繋がらなくなってきました。 そこで企業側は個人のアイデアや個人のパフォーマンス力に頼らざるを得なくなってきてその結果個人のやる気、モチベーションに焦点が当てられるようになりました。 従ってモラールという言葉を耳にする機会が減りモチベーションという言葉を耳にする機会が増えました。 お互いに良い影響を与え合いましょう 「人は一人では生きていけない」とあらゆる場面で言われます。 企業や組織に属することなくフリーランスとして仕事をしている人でもやはり誰かから仕事を貰わないことには始まりません。 思えば私たちは社内の同期の人間などのライバル的存在に負けたくない一心で、時には蹴落とし蹴落とされというせめぎ合いに発展することもあります。 個人のパフォーマンスや自身のモチベーションといった自分のことばかりに集中していて、周りに意識を向けられなくなりつつあるのではないでしょうか。 大企業の海外買収の話などその他の企業の士気にも関わるような動きが立て続けに起きていますが、その一方で海外で活躍するスポーツ選手な音楽家の近況をニュースなどで目にすると、全く関係のない分野なのに「私も頑張ろう」と奮い立たされます。 企業や学校といった組織の士気を高めていけば日本全体の士気も高められ今以上に活気に満ちた国になるのではないでしょうか。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の