イラスト 副業。 【在宅副業】イラストで稼ぐ方法やサイト集!ネットで絵を売って収入を!

【イラストの副業】初心者でも稼げる!絵・イラストの副業11選

イラスト 副業

イラストの 副業でお金を 稼ぐ場合、シンプルに「 絵やイラストを描いて売る」という方法がまっさきに思い浮かぶと思います。 しかし、その場合、 社会人になってからイラストを描き始めた人、もしくは専門的に絵を習ったことがない 初心者の方には少し不利です。 なぜなら、 イラスト・デザイン関係の学校で専門的に絵を習った人と同じ土俵で戦うことになるからです。 もちろん、独学で長く絵を描いてきた人であれば、専門的に絵を習ってきた人達と遜色ないクオリティの絵が描けると思います。 そういった方は、絵・イラストの作品を売って稼ぐという方法でも稼げると思います。 しかし、そうでない人の場合は、なかなか難しいのが現実です。 ただ、 売り方を工夫したり、少し土俵をズラして、絵のクオリティが唯一の価値判断基準にならないようにすれば、これから絵を描き始める未経験の方であっても絵・イラストに関係する副業で稼ぐことは十分可能です。 たとえば…• 「絵の描き方」を売る(人に教えるのが上手い人におすすめ)• 「絵を描くソフトウェアの使い方」を売る(ノウハウコレクターの人におすすめ) というような方法がそれにあたります。 本記事では、作品販売でお金を稼ぐ方法を含め、ソフトウェアのテクニックの販売、チューター(先生)になって稼ぐ方法など、様々な絵・イラストを副業にして稼ぐ方法を紹介しています。 ぜひ、ご自身に合った方法を選んで、無理せず楽しくお金を稼いでください。 もくじ• イラスト作品を売って稼ぐ BASE BASEは、物販からデジタル作品(データ)まで、 あらゆるモノを販売できるネットショップです。 デジタルイラストを販売できるのは当然のこと、 手描きのアナログイラストも販売できるので、パソコンを使ってデジタルイラストを描くのが苦手な方でも大丈夫。 また、BASEは 初心者でも簡単にネットショップ開設ができる親切設計なのも魅力です。 メールアドレスさえあれば、2〜3分で自分のお店を作って作品販売することができます。 ネットショップの運営費はかかりません。 決済システム利用料も 無料です。 公式: STORES. jp STORES. jpも、BASEとほぼ同じサービスです。 誰でも簡単にネットショップが作れるWEBサービスです。 手書きイラストの販売も、デジタルイラストの販売も可能です。 ただ、BASEの場合、ネットショップで売ることが出来る商品数が無制限なのに対して、 STORES. jpは5点が上限です。 有料プランに加入すると、商品販売点数は無制限になります。 公式: イラストAC イラストACは、作品をアップロードしておくだけで、 作品がダウンロードされる毎にお金が稼げるイラスト素材サイトです。 いまは、ブログでキャラクターの絵が多用されていますので、こういったイラスト素材サイトには需要があります。 イラストACは、BASEやSTORES. jpと違って、 自分で作品の値段をつける必要がありません。 1ダウンロードごとに〇〇円というように単価が決まってます。 (ダウンロード数が多くなるほど、単価は上がっていきます) ですので、イラストACは、 自分で作品の値段を付けるのが苦手な方におすすめです。 公式: イラストのスキルを売って稼ぐ Gumroad Gumroadは、 海外版のBASEの様なサービスです。 (一応、日本語化されていますが、完璧ではありません) Gumroadでも、デジタルイラストやアナログイラストを販売することができます。 ただ、Gumroadではイラスト作品を販売するよりも、イラスト作品を描く方法(ノウハウ・チュートリアル)や、イラスト作品を描き上げる制作プロセスの動画を販売されている方が多いです。 ユーザーも、ノウハウやチュートリアルの購入を目的にGumroadを使っていますので、Gumroadは ノウハウ・チュートリアル販売に適しています。 「イラストを描くのが苦手だけど、イラストソフトの使い方には詳しい」という人におすすめです。 公式: note. mu noteは、 ツイッターに有料販売の仕組みが付いたようなSNSです。 テキスト文章に画像や動画を載せて、その記事を有料で販売することができます。 noteでイラスト作品単体を販売している人は稀です。 もちろん、そういう使い方もできますが、noteは純粋なネットショップではないので、あまり見栄えは良くなりません。 (有料メールマガジン的なものといえば伝わるでしょうか?) ですので、noteもGumroadと同じく ノウハウやチュートリアルの販売に向いています。 公式: イラストの仕事を受注して稼ぐ クラウドワークス クラウドワークスでは、 個人や企業が募集しているイラストの仕事を受注してお金を稼ぐことができます。 相手先の募集要件に合致したイラストが描ける、もしくは募集要件にあったスキルがあれば、イラストの仕事を請け負ってお金を稼ぐことができます。 イラスト作品やノウハウを販売する場合と違い、相手先とやりとりが必要になりますので… クラウドワークスでお金を稼ぐ場合は、どちらかというと イラストのクオリティどうこうより、コミュニケーション力が重要視されます。 公式: ランサーズ ランサーズでも、クラウドワークスと同じく、 個人や企業が募集しているイラストの仕事を請け負ってお金お稼ぐことが出来ます。 クラウドワークスとランサーズとの違いは、案件数(募集されてる仕事の数)、クライアント数(提携企業)の多さです。 案件数もクライアント数も圧倒的にランサーズの方が多いです。 クラウドワークスでイラストの仕事が受注できなかった方も、ランサーズなら受注できる可能性があります。 フリーで働いている人は、 クラウドワークスかランサーズか、どちらか一方だけ使うというより、両方利用している方が多いです。 公式: SKIMA SKIMA(スキマ)では、 個人からのイラストのオーダーを請け負ってお金を稼ぐことが出来ます。 クラウドワークスとランサーズでは、相手先が募集している仕事に対して、イラストレーター側が仕事を受注しに行くスタイルですが、スキマの場合は逆です。 イラストレーター側が「こういうイラストを描きますよ」と仕事を募集し、お客様がその募集に集まってくる形になります。 スキマは、公式サイトを見てわかる通り、アニメ・漫画・イラストコミュニティにターゲットを絞っています。 ですので、クラウドワークスやランサーズとは違い、ビジネス色が薄く、まるで同人誌を販売するかのような感覚でイラストの仕事を募集することができます。 いい意味で、 ゆるくイラストの副業をしたいなら、クラウドワークスやランサーズよりもスキマの方が目的に合っています。 公式: イラストの描き方を教えて稼ぐ Udemy Udemyは、誰でも 先生になって教えることが出来るオンライン教育プラットフォームです。 あなたがアップロードした動画(イラストの描き方やノウハウ)を見たいと思った人が、動画を視聴する権利を購入すると、あなたにお金が振り込まれます。 「人に教えるのが上手い」「動画編集できる」という、絵を描くのとは別のスキルが必要になりますが、 現時点で参入者が少ないので、目立ちやすく売りやすい市場だといえます。 海外発祥のサービスですが、日本の教育企業ベネッセと提携し、 完全日本語化されています。 ですので、英語が使えなくても大丈夫です。 すべてのサービスを日本語で利用することができます。 公式: イラストのファンにサポートしてもらう Patreon Patreonとは、 クリエイターやアーティストを支援するためのプラットフォームです。 クリエイターの活動に対して、毎月〇〇円というような形で、ファンがクリエイターにお金を支払うことができます。 要するに 「ファンクラブ」を自分で作れるのがPatreonです。 Patreonでお金を稼ぐ場合、絵のクオリティも重要ですが、ファンとのコミュニケーションも重要です。 なぜなら Patreonは「ファンにサポートしてもらってお金を稼ぐ」というシステムなので、作品よりもあなたの人柄、サービス精神が重要になるからです。 ファンのケアや、作家活動の一貫性を維持できるならば、Patreonはおすすめです。 Patreonは月額課金がメインの支払い方法なので、安定した収入を維持できます。 ただ、 現在時点では日本語化されていませんので、英語が読み書きできる人向けです。 公式: Enty Entyは、 Patreonの日本語版的なサービスです。 Entyでも、Patreonと同じくファンクラブを運営し、 ファンに支援してもらうという形でお金を稼ぐことができます。 ただ、Entyを利用されている方は、 ほぼアダルト作家です。 18禁のイラストが大量にアップされています。 アダルトイラストが描きたい方、もしくはそういったものに抵抗がない方にはおすすめです。 一般的にいって、アダルトに寛容なサービスというのは少ないですから、アダルト作家にとってEntyは非常に活動しやすいプラットフォームです。 公式: 社会人がイラストの副業をするのに一番おすすめの方法は? 英語が苦手ということを前提とすると、GumroadとPatreonは選択肢から外れます。 GumroadとPatreonをのぞいた選択肢の中では 「BASE」が一番おすすめです。 公式: 作品に値段をつけて置いておくだけなので。 時間のない社会人の副業として最適です。 STORES. jpもBASEと同じようなサービスですが、BASEの方がユーザー数(つまりお客さんの数)が多いので、BASEを使うほうが良いと思います。 あえてお客さんの少ない場所に店を出す必要はないでしょう。 クラウドワークスやランサーズ、SKIMAなどでイラストの仕事を請け負う場合、相手とのやり取りが必要になるので少し面倒です。 また、絵もオーダーに沿ったものを描く必要があります。 つまり、いろんな絵柄を描きわけられるスキルがないとお金を稼ぐことは難しいです。 Entyでファンにサポートして貰う場合は、ファンを上手く増やすための戦略が必要になります。 また、ほぼアダルトイラストがメインなので、 18禁の絵に耐性のある人でないと厳しいという面があります。 Udemyで先生として絵を教える場合は、 絵がある程度描けることに加えて「教える」というスキルが必要です。 教えるのが上手い人の場合はUdemyが最適な副業になるとは思いますが、それ以外の人の場合はなかなか難しいでしょう。 noteは有料販売システムがついたSNSなので、 純粋なネットショップではありません。 noteを使ったことがある人であれば分かるとは思いますが、単に作品を置いておくだけでは、きちんとした店構えにはなりません。 中途半端な状態です。 中途半端なお店で作品を買いたいという人は少ないでしょう。 ということで、一番簡単に始められる絵・イラストの副業は… 「BASEで作品を売る」ということになります。 もちろん、本記事の冒頭で書いた通り、作品のクオリティでの勝負になるので、社会人から絵を描き始めた人にとっては少し不利です。 ただ、 売り方を工夫すれば稼ぐことは可能です。 例えば、芸能人のベッキーさんは「1点もの」という売り出し方で、手書きのアート作品を高単価で売ってらっしゃいます。 この売り方だと、たとえ売れる数が少なくても十分にお金を稼ぐことは可能です。 作品の売り方の1つの方法として参考になります。 参考: もし、 BASEでデジタル作品を売れば、何もしなくても作品が売れるごとに収入が入ってくるので、一種の不労所得になります。 (アナログ作品の場合は、売れるごとに新たに描く必要があります) イラストの副業としては、 手間が少ない上に安定的に稼げるので効率がいいです。 ちなみに、イラストACも作品をおいておくだけで稼げるので、不労収入型の副業にはなりますが、単価が低いので、たとえ売れても微々たる収入にしかなりません。 BASEの場合、誰が何を言おうと自由に値段が付けられます。 売れなければ、売れるまで値段を下げればいいだけなので問題ありません。 値段の付け方がわからない人は、BASEで同じく絵を売っている人の値段を見たり、SKIMAで絵を売っている人の値段を見たりして妥当なラインを探ればいいでしょう。 作品の値段は後でいくらでも変更できるので大丈夫です。 まずはやってみて、「イラストの副業で稼ぐ」感覚をつかむのが大切! BASEで1枚でも絵をアップすれば、絵・イラストの副業でお金を稼ぐ準備は整ったことになります。 「イラストの副業で稼ぐ」なんていうと難しく聞こえますが、BASEは初心者向きのネットショップですので、やってみると意外と簡単です。 作品をアップロードするだけですので。 BASEは決済機能も運営費用も無料で使えるので、たとえ今売る作品がなくても、アカウントを作っておいて損はありません。 たとえば、 自分の作家名がもう決まっている人は、誰かに取られないように取り急ぎアカウントだけとっておくと安心です。 「副業ではなく、イラストレーターとして働きたい!」という人は参考にしてみてください。

次の

副業イラストレーターの仕事のやりがいと大変さを現役の僕が答えましょう

イラスト 副業

イラストを使った副業の種類 イラストを使った副業にはさまざまな種類があります。 ここでは、代表的な3つの種類を紹介します。 キャラクター作成 キャラクター作成は、 マスコットキャラクターなどオリジナルキャラクターのイラストを作成をする仕事です。 動物や人物など、依頼者によって求めるキャラクターは異なるので、 さまざまなキャラクターを作成できるスキルを持っていると、大きく稼ぐことができます。 ロゴ作成 ロゴ作成は、 ホームページなどのメディアに利用するロゴや、ブランドのロゴを作成する仕事です。 イラスト作成のスキルだけでなく、スタイリッシュなロゴのデザインを作成するスキルも必要になります。 広告バナー作成 広告バナー作成は、ウェブ広告などののバナーを作成する仕事です。 イラストをうまく描くことよりも、消費者の心を掴みやすいデザイン作成を心がける必要があります。 消費者が広告バナーをクリックしてくれるようなアイディア力も求められます。 の記事でも紹介していますので、ご参考ください。 イラストを使った副業【9選】 イラストを使った副業に興味がある方にオススメのサービスを9つピックアップしてみました。 LINEスタンプ LINEスタンプは、初心者でも手軽に始められるおすすめの副業です。 自分が作成したスタンプを売るには、まず最初に審査に通過する必要がありますが、 以前に比べて審査期間や制作数が減っているため、初めての方でも手軽に挑戦することができます。 ただし、LINEスタンプを作っているクリエイターは数多いため、 スタンプそのものに魅力がないと、大きく稼ぐことはできません。 人と同じようなスタンプばかり作成していては、数多くのスタンプの中に埋もれてしまいます。 LINEスタンプで大きく稼ぎたいなら、家族や友人など内輪受けのスタンプを作成するのではなく、 多くの人が興味を持ちそうなスタンプを作成しましょう。 LINEスタンプは ライバルが多いのが難点ですが、面白いアイディアがあれば、人気に火がついてバカ売れすることもあり得ます。 noteでコンテンツ販売 noteは漫画、文章、写真、イラスト、音楽などのさまざまなコンテンツを販売することができるサービスです。 イラストをギャラリー化して、無料で閲覧できるものと有料で閲覧できるものの設定を自分で行うことも可能です。 イラストだけでなく、イラストを作成するノウハウを解説したものを有料化して販売したり、連載作品を発表したりして月額販売することもできます。 アイディア次第でさまざまな稼ぎ方ができるのが、noteの大きな魅力です。 うまくいけば出版社から声がかかることもあります。 クラウドワークス クラウドワークスは、イラスト制作やロゴ制作、ウェブデザインなどの仕事を受注できるサービスです。 あらゆる案件が掲載されているので、気に入った案件に応募して採用されれば、報酬を得られます。 事前にクリエイター登録をしておくだけで、すぐに仕事を始められるのもクラウドワークスの魅力の一つです。 登録は無料なので、初期費用一切不要で仕事を開始できます。 クラウドソーシングサイトは他にもありますが、 クラウドワークスは案件数が豊富なので、たくさんの仕事を受注することができれば、一気に稼ぐこともできます。 一度依頼をもらえば、長期継続できる場合もあるので、安定した収入を得たい人にもおすすめです。 案件ごとに報酬が異なるので、大きく稼ぎたい人は、単価の高い案件にチャレンジしてみましょう。 \手軽にイラストの仕事を受ける!/ イラストACにイラストを登録 イラストACとは、無料でイラストをダウンロードできるサイトのことです。 このサイトにクリエイター登録することによって、自分が作成したイラストを販売することができます。 イラストACの場合、 自分のイラストがダウンロードされた時点で報酬が発生する仕組みとなっています。 自分の描いたイラストをサイト上にアップするだけでいいので、難しい技術は必要ありません。 利用者はイラストを無料でダウンロードできるため、自分の作成したイラストで稼げる確率はかなり高いといえます。 ただし、 他のサービスと比べて報酬が低いため、大きく稼ぐには登録イラスト数を増やす必要があります。 今まで描きためておいたイラストがたくさんあるなら、早い段階で収入を得ることができるでしょう。 自分のイラストを気に入ってくれた人から直接依頼を受ければ、絵で稼ぐ可能性もさらに広がります。 ココナラ ココナラは、自分の得意なスキルを販売できるサービスです。 ココナラは自分から売り込んでいくサービスなので、 報酬なども自分で好きなように決めることができます。 ただし、あまりにも高い報酬に設定してしまうと、買ってくれる人がいなくなるので、相場を意識した金額に設定しましょう。 自分のイラストを好むファンを獲得することができれば、安定した収入を得られるようになります。 \スキルを活用して稼ぐなら!/ ブログ運営 自分が運営するブログにイラストを掲載し、個性を出すことで、アクセス数を集めて広告費を稼ぐことができます。 自分のイラストを販売する他のサービスとは異なった稼ぎ方になりますが、自分のイラストを掲載することで、唯一無二のブログを作り上げることができます。 ブログで稼ぐには定期的に更新することが大事です。 無名の人でもブログをコツコツ更新していけば、月に数万円は稼げるようになります。 ブログに書く内容が面白かったり、人の役に立つ情報がたくさん掲載されていたりすると、アクセス数もアップして収入増を見込めます。 本でもハウツー本が売れやすいように、ブログでもハウツー記事の需要が高いので、イラストの描き方やツールの使い方などをまとめてみるのもいいでしょう。 ストックフォト ストックフォトは、自分のイラストを登録し、利用者に購入してもらった時点で報酬が発生する仕組みとなっています。 審査なしで無料でダウンロードできるイラストACに比べるとハードルが高い方法ですが、 報酬はストックフォトのほうが高めです。 一度登録してしまえば、半永久的に稼ぎ続けることができるため、本業が忙しい人の副業としても適しています。 世界中の利用者に向けて販売できるため、販売数も伸びやすく、収益アップにつなげることができます。 無料素材サイトを運営する 既存の無料素材サイトに登録せずに、自ら無料素材サイトを運営して稼ぐこともできます。 サイト上にグーグルアドセンスなどの広告を貼っておき、アクセス数を増やせば、その広告だけでもある程度稼ぐことができます。 無料素材サイトといっても、高画質版だけ有料販売にしたり、直接オーダーを受けたりするなどして稼ぐことができるので、 うまく運営すれば、絵を描くだけで商売を成り立たせることもできてしまいます。 ただし、最初のうちはサイトにアクセスが集まりにくいため、SNSなどの宣伝作業が必要です。 初心者には少しハードルの高い方法になりますが、 すでにサイトを運営した経験のある人なら、スムーズに始められるでしょう。 公募にチャレンジする イラストのコンテストや公募は全国各地で開催されています。 うまく採用されれば賞金がもらえるだけでなく、自身の経歴に箔を付けることができるため、イラストレーターや絵描きとして本格的に活動していきたいと考えている方におすすめです。 誰でも気軽に挑戦できる方法ですが、 公募にチャレンジしたからといって、必ず賞金がもらえる保証はありません。 そのため、安定した収入を得たい人には不向きです。 別の方法と併用しながらチャレンジするのがおすすめです。 「 」の記事も合わせてご参考ください。 イラストを使った副業に本当に稼ぐのに必要なこと イラストを使った副業を始めるにあたって、必要なスキルや能力をまとめてみました。 コンテンツ しっかりしたコンテンツを作ることができなければ、イラストで稼ぐことは難しいといえます。 絵を描く才能がない人には、不向きだといえるでしょう。 万人受けするデザインよりも、 オリジナリティ溢れるイラストを描けるほうがコアなファンがつきやすく、稼ぎやすくなります。 イラストを作成するツールを使いこなす能力も必要です。 見た目がきれいなイラストを作成するには、ウェブツールが欠かせません。 最新のツールを使えば、短時間で効率よくイラストを作成することができます。 コミュニケーション能力 企業から依頼を受けてイラストを作成するときは、コミュニケーション能力が問われます。 簡単な挨拶ができなったり、レスポンスが遅かったりすると、たちまち評価が下がってしまい、誰からも依頼してもらうことができなくなってしまいます。 顔を合わせずにネット上でやり取りするだけの仕事でも、基本的なビジネスマナーや挨拶は必要です。 コンテンツを作成する能力があっても、基本的なコミュニケーションができないと、安定した収入を得るのは難しくなります。 需要を把握するセンス いくら絵を描く才能があっても、需要のないところでアピールし続けていては、いつまで経っても稼ぐことができません。 イラストで稼ぎたいなら、需要の高いところで活動をする必要があります。 今の時代は需要の移り変わりが早いため、最初は稼げていても、途中から稼げなくなることがあります。 時代のニーズに素早く対応できるように、日頃から情報収集をこまめに行いましょう。 ニュースなどで現在はやっている副業や、需要がありそうな副業をチェックすることも大切です。 イラストを作れる人におすすめの副業【3選】 イラストを作れるスキルがある人におすすめの稼ぎ方を3つ紹介します。 どれもスマホだけでできる仕事なので、本業のスキマ時間にコツコツ稼いでいくことができます。 はこちらの記事でもたくさん紹介しているので合わせてご一読ください。 無料のアプリをダウンロードして作業をするだけでお金を稼げるため、特別なスキルは必要ありません。 スマホを持っている人であれば、すぐにチャレンジすることができます。 毎日数分作業するだけでも、お小遣い程度の収入を得られるため、忙しい人も本業と両立することは可能です。 複数のアプリをダウンロードすれば、さらに稼ぎやすくなります。 ギャンブル要素はまったくなく、毎月安定した収入を確保することができます。 スマホとLINEアカウントを持っていて、簡単な足し算・引き算ができる人であれば、誰でもお金を稼ぐことができます。 稼いでいくための情報を提供し、最後までしっかりサポートしてくれるので、初心者も安心して稼いでいくことができます。 困ったことがあっても、質問すればプロフェッショナルなスタッフがアドバイスしてくれるので安心です。 物販ビジネスといっても、 稼げるようになるまで無料でサポートしてくるので、初心者でも安心してチャレンジできます。 利益が出れば、最短翌日に入金されるので、長期間待たされる心配がありません。 特別なスキルは必要ありませんが、基本的に地道な作業となるので、根気よく続けることが大事です。 コツコツ作業することで収入が安定してくるので、毎日のスキマ時間をうまく活用してみましょう。 地道な作業が得意な人はぜひここから金活プロジェクトに登録して着実に稼いでみてはいかがでしょうか?.

次の

イラスト・デザインで稼ぐ!在宅副業12の方法【2020年】

イラスト 副業

個人がネットを使って販売活動を行う王道の手法ですね。 今では無料でネットショップを運営できるサービスなどが多くありますので以前と比べ敷居はとても低いです。 しかし、現実的にこの方法で稼げる人はある程度実績があったり、名のあるイラストレーターさん達です。 活動し始めたばかりのイラストレーターさんでは、なかなか思うようにイラストが売れず挫折しまう方がとても多いです。 挫折してしまう理由は、自分自身でユーザーの獲得(ショップのアクセスアップ)から、支払い、配送作業など全てを行わなければいないためです。 すでに人が集まっている場所である、楽天やヤフーショッピング・Amazonなどに出店する方法とは異なり、 『集客』は自分自身で行わなければいけません。 始めるのは簡単でお金も掛からないのですが、イラスト制作以外の業務があまりにも多すぎるんですね。 また、最近ではFacebookやTwiterなどのSNSだけに特化して販売活用して活動している方もいらっしゃいますが、本当に上手く行っている方はごく少数です。 これらのことから、イラストをネットで売る王道の手法ではあるんですけどね。 最近では無料で簡単に自分のネットショップが持てるサービスがあるので、チャレンジしてみるのもアリですよ! 『販売もできる自分のポートフォリオ的なネットショップ』というイメージで活用できます。 「チャレンジしてみたい!」という方は、出来る限りリスクを少なくして自分のネットショップが持てる『』がオススメです。 詳しいレビュー記事 2)「スマホのアプリ」でイラストを売る方法 この方法がこれからイラスト販売を行う方へ一番簡単な方法となります。 今もっともお手軽にイラストを販売する方法は、『スマートフォンのアプリを使った方法』です! オススメ出来る大きな理由は3つ!• お金が掛からない!(出品物が売れた時にだけ手数料がかかる仕組み)• 売買がとにかく手軽。 お客様候補がすでに集まっている!(ネットでお買い物するユーザーのおよそ8割がスマホから)• 支払い関係はアプリ運営会社側が行ってくれる!(支払い関係のトラブルがない、制作に集中できる) それでは、利用するお薦めのアプリをご紹介しますね! iPhone、Android両方に対応しているアプリです。 またもちろん無料アプリですのでお金は掛かりませんのでご安心を! SKIMA(スキマ) アプリでイラストを売ったり、お仕事を受けるなら、今はこのアプリで決まりです! イラストやデザイン作成に特化していて、 利用者はすでに10万人を突破しています。 安心して利用できる「取引システム」が備わっていて、購入者・クリエイターが料金や作品を持ち逃げなどをされてしまうリスクがありません。 運営企業も、アプリ自体の評価も高く、オススメできるアプリです! Creema(クリーマ) ハンドメイド・手作り作品を気軽に売買できる人気アプリです。 結婚式や出産祝いなどのプレゼントとしてニーズが高まっています。 3)「クラウドソーシングサービスサイト」でイラスト受注する方法 『仕事を依頼したい人と、仕事を請けたい人とをマッチングしてくれるサービス』である、「クラウドソーシングサービス」を利用する方法です。 本サイトでも度々登場する「クラウドソーシングサイト」。 今ではクラウドソーシングサービスを提供するサイトはいくつかありますが、 これらのサイトを利用してイラスト描いて稼ぐという方法が一番現実的に稼げる方法となります。 お薦めは、手数料が最安値の『』というサイトです。 国内には、Lancers・Crowdworks・ココナラなどのサービスサイトがありますが、やっぱり受注側にとっては手数料が安いって大事ですよね! クラウドソーシングサービスサイトには、イラスト製作の依頼案件が沢山あります! とにかく案件数が多いので、すぐにお仕事に結びつきやすいのが特徴です。 案件内容は、「チラシやパンフレット、ホームページなどに利用するイラスト製作」などが主で、最近ではスマホゲームのキャラクターイラストやアプリのアイコン作成の案件も増えてきました。 特に『LINEスタンプ作成』の案件は急増中のようです。 クラウドソーシングサービスサイトを利用すると、発注者側と直接的なお金のやり取りなどを行わなくて良いので、 イラスト製作以外の労力を使わずに済みます。 今では作業のほとんどをクラウドソーシングサービスサイト上で行う事が出来るようになっています。 報酬金額は数千円〜数十万円と、案件の規模によって異なってきます。 これだけで生計を立てているイラストレーターさんもかなりの数いらっしゃるでしょう。 当たり前の事ではありますが、クラウドソーシングサービスサイトでのお仕事は、発注者側の要望・納期などにしっかりと合わせてイラストを製作する必要がありますので、自分の描きたいイラストだけを描くのとは違います。 いかに自分の得意分野で、良い案件(内容・報酬額)を受注出来るかがポイントとなってきます。 プチ稼ぎとしても一番気軽に行える方法でお薦めです。 これからこの方法を詳しく解説していきたいと思います。 利用するサイトは、 『Illust AC(イラストAC)』というサイトさんです。 「イラストAC」は、多くのイラストレイターさんのイラスト・絵・アイコンなどを、無料で提供している無料素材サイトさんとなります。 利用者は月間で80万人、登録されているイラストは上場企業や教育機関、TV局や行政機関などでも利用されています。 無料イラスト素材サイトとしては、ユーザー数・アクセス数・素材数ともにNO,1です。 ちなみに、当サイトでもイラストACさんに登録しているイラストレイターさんのイラストやアイコンなどを使わせて頂いています!(ありがとうございます!! ) 利用するメリット• 自分の好きなイラストや絵を描けば良い• 納期、締切がない• イラスト自体が無料提供の為、自分の作品が使われる可能性が高い• オープンな場で自分自身を売り込みできる デメリットも大きなものは思い浮かびませんが、登録しているイラストレーターさんも多いために、始めたばかりの頃は自分の投稿したイラストが埋もれてしまうことはあるかもしれませんね。 しかし皆さん同じ条件で活動されているので、切磋琢磨できる環境だ!と考え、 ひとつでも多く自分のイラストを投稿していく事が成功のポイントではないでしょうか。 どのくらい稼げるの? 「イラストAC」で自分のイラストがダウンロードされると「2. 5円」のお金がイラストレーターに報酬として貯まっていきます。 人気のイラストレーターさんは、月に10万円以上稼いでいるそうです。 イラストACさんでは、今後報酬アップを行う予定で、月30万円稼ぐ作家さん、イラストレイターさんが出るように目指されているそうですよ。 (2016年は、4月と9月の2回に渡り報酬アップ) また、「イラストAC」では企業や個人から直接お仕事の話がもらえるチャンスがあります。 イラストレーター登録をすると自分のプロフィールページを持つ事が出来て、このページに『オリジナルイラスト作成の見積』を依頼できるメールフォームが用意されているんですね。 嬉しいのは、「イラストAC」が仲介手数料などを取らずに直接クライアントさんとやり取りできる点です。 こういったところに、イラストACさんがイラストレーターさんを大切にしている姿勢が伺えますよね。 ダウンロード数アップ、報酬額アップの4つのヒント! 自分の得意なイラストを描くことが出来るのが「イラストAC」のメリットではありますが、よくダウンロードされる(稼げる)イラストにはいくつかの特徴があります。 その1「利用される場、シーンを考える(業種を絞る)」 何かの業種に特化したイラストを描くことです。 例えば、『学校』とした場合、学校の外観や授業風景、先生や生徒、勉強道具やスポーツ用品などのイラストをまとまりを持って描きます。 『学校のイラストシリーズ』といったように、何かの業種をシリーズ化するのです。 実際にそのイラストがどのように学校で利用されるかと言うと、『学校の張り紙やポスター』『ホームページやブログ』などですね。 テレビ番組で学校の特集が行われる場合にも利用されるかもしれません。 学校をひとつの例に挙げましたが、どの業種でも同じ考えでイラスト作成を行います。 また、『学校』をもっと細かく分類することも出来ますよね。 例えば、塾・英会話・ピアノ教室などの習い事などたくさんあります。 その2「イラストのタッチ、風合いを統一する」 イラストを利用する側の人間(ダウンロードする人)の事を考えると、出来る限り シリーズ化するイラストのタッチや風合いは同じにすることをお薦めします。 なぜならば、先ほどの「ポイントその1」の例で出した『学校のイラスト』のタッチや風合いがバラバラですと、使う側としてはとても使いづらいのです。 イラストを利用する側の人にとって、例えばチラシを作成する際、デザインを出来る限り統一したい気持ちがあります。 デザイン(イラストのタッチ)を統一することによって、見栄えが良くなるからです。 その3「季節のイベントに特化する」 季節のイベント事はとてもニーズのあるものです。 『お正月』『バレンタイン』『節分、ひな祭り』『ハロウィン』『クリスマス』などなど。 考え方は「ポイントその1」と同じです。 こちらも、イラストのタッチは統一することで利用(ダウンロード)されやすくなります。 その4「人気のイラスト、人気のイラストレイターさんを参考にする」 「イラストAC」のサイトには、『人気のイラストランキング』や『人気のイラストレーター』というページがあります。 今、どんなイラストが多くダウンロードされているのか?をチェックする事が出来ますので、ご自身の製作活動の参考に出来ますよ。 利用者のニーズを掴むことはとても大切なポイントです。 イラストレーター登録方法 「イラストAC」公式サイト、【イラスト投稿(新規登録)】リンクから、イラストレーター無料新規登録ページへ移動しましょう。 イラストレーター登録手順• メールフォーム項目に入力して送信する• 折り返しメールが届くのでURLをクリックして認証を完了する• 登録したユーザーIDとパスワードでログインする• イラストの投稿を行う 登録フォームの入力項目に、氏名・電話番号・住所がありますが、「イラストAC」には公開されないので安心ですね。 Illustrator、PhotoshopデータでなくてもOK! 多くのイラストレーターさんは、IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使ってイラストを作成して投稿していますが、中には水彩画やパステル画、水墨画などを投稿している方もいらっしゃいます。 実際に紙やキャンバスに描いたイラスト(アナログデータ)を、スキャナー等でパソコンに取り込み、JPGE形式などでデジタルデータとして投稿する方法です。 「著作権」について良く考えておく 作品をアップロード及び納品した際には 著作 権が譲渡される規約となっています。 自分なりにメリットとデメリットを考えた上で活動を行うと良いでしょう。 「 著作 権に関しては割り切り、 自身の作品や世界観を世間に広める為・露出を多くする為に使う」• 「実績を作る為に使う」• 「誰かに使ってもらえるだけで嬉しい」など 運営会社さんは? イラストACを運営しているのは【ACワークス株式会社】さんです。 2011年11月17日に設立された会社さんで、イラストACの他にも沢山の素材提供サイトを運営されています。 「写真AC」「年賀状AC」「シルエットAC」「地図AC」「フォントAC」など。 ACワークスさんで提供している無料素材がダウンロードされると、0. 1円を日本赤十字社へ寄付されています。 各サイトさんには累計・先月・昨日別の寄付送金額が明記されています。 自分の描いたイラストが社会貢献にも繋がるなんて素晴らしい仕組みですよね。 おわりに イラストを描くあなたのスキルは、気軽なプチ稼ぎが出来るだけでなく、本格的な副業にもなり得る素晴らしいものです。 もしあなたが【まだ自分のイラストをネットで発表していない、販売したことがない方】であれば、ぜひチャレンジしてみて下さいね。

次の