日向 声優 ハイキュー。 最新ネタバレ『ハイキュー!!』376

「ハイキュー!!」試合中に声を荒げる影山に日向は…第7話先行カット

日向 声優 ハイキュー

帰国し現在は「MSBYブラックジャッカル」という実業団に所属し、高校時代は敵チームとして対決していた梟谷の・稲荷崎の・井闥山のなどと共にプレーしています。 日向がMSBYを選んだ理由はトライアウトを行っているチームでMSBYが一番強かったからだそうです。 確かに高校No. 1セッターの宮や全国三大エースの佐久早、全国五大エースの木兎などがいるチームですから日向がMSBYを選んだことにも納得がいきますね。 現在最終章に突入しているハイキューは、日向が所属するMSBYびらっくジャッカルvs影山が所属するシュヴァイデンアドラーズの大接戦で盛り上がっています。 日向翔陽の声優 日向翔陽の声を担当しているのは大人気声優の村瀬歩さんです。 ハイキューのほかにも「あんさんぶるスターズ!」の姫宮桃李や「魔入りました!入間くん」の鈴木入間などの声も担当されています。 アメリカ生まれの帰国子女ということもあり英語を話すキャラクターも多く担当しているようです。 そして2016年には声優アワードで新人男優賞も受賞されていて、人気と実力を兼ね備えている日本を代表する声優さんです。 日向翔陽の名シーン・名セリフ.

次の

「ハイキュー!!」試合中に声を荒げる影山に日向は…第7話先行カット

日向 声優 ハイキュー

「おれはどこにだってとぶ!! どんな球だって打つ!! 」 「おれにトス、持ってこい!! 」 プロフィール クラス 高校1年1組 ポジション ミドルブロッカー(MB) 誕生日 身長 162. 2cm 体重 51. 2cm 体重 70. 1kg 最近の悩み リオで使う為に買った大量の日焼け止めまだいっぱいあるけど使用期限どんくらいだろ?? ステータス 高校時 パワー 1 バネ 5 スタミナ 5 頭脳 1 テクニック 1 スピード 5 22歳時 パワー 3 バネ 5 スタミナ 5 頭脳 4 テクニック 5 スピード 5 履歴 のスポーツ漫画「」の。 性格は単純だが明朗素直で一生懸命。 負けず嫌いであり、ライバル的存在のとよく張り合う。 中学時代は環境に恵まれず、まともに練習や試合をこなすことができなかった。 それでも諦めることなく友人達の力を借り練習を続け、3年生になったときに入部した1年生たちと助っ人の友人2人と共に初の大会に出場。 しかし、1回戦で影山率いると当たり惨敗。 その悔しさを胸に、影山に「 おまえを倒すのはおれ」といった主旨の言葉で宣戦布告し、憧れである"小さな巨人"のいた高校へ入学した。 しかしそこでまさかの影山と再会。 結果倒そうと思った相手がチームメイトとなってしまった。 初めはケンカが絶えなかったものの、現在は2人でコンビとしてチームの要になり、「相棒」であると認め合うようになる。 影山の実力を絶対的に信頼しているため、影山が立ち止まりそうになると怒ることがある。 また、故意か天然なのかは定かではないが、影山が弱っているとすかさずフォローに入る。 (例:「でもソレ中学のハナシでしょ?」「おいまさかビビってんのかダッセー!」等) 身長はバレー選手としては低く、現在判明している選手の中では4番目に小さい(最小は)。 また日向より小さい3名は全員リベロであるため、攻撃参加するプレーヤーとしては最小。 そのためやから「 チビちゃん」と呼ばれている。 しかし驚異的な運動能力と反射神経の持ち主で、小柄な体躯からは信じられないほどの跳躍力を誇る。 なお中学時代まともに練習が出来なかったために、バレーの技術はほぼ素人に毛が生えた程度。 また高校生初の練習試合では前日ろくに眠れず、緊張のあまりバスの中で吐いてしまうなどプレッシャーには弱い。 最近では慣れてきたのもあり、試合が始まるのをわくわくうずうずと落ち着かない様子で心待ちにしている。 調子がいいときには舌なめずりする癖がある。 ちなみにコミュニケーション能力が高く、出会って間もない相手とも仲良くなれる。 一方で怖そうな人間や美女相手だとガチガチに緊張してしまい、とのコラボ漫画、では、と話した際に固まってしまい、上手く話せなかった。 エースに憧れを持ち、作品初期はウイングスパイカーとして扱われていた。 との練習試合に際してミドルブロッカーのポジションにつく。 当初はその役目に不満を持つが、相手の目をくらます事に成功してからは、自信を持つようになった。 背番号は10。 かつての"小さな巨人"と同じ背番号と知って感激していた。 3年生の時は5 感激すぎて影山に「妬むなよ!」と言ってしまうほど。 感覚派でジッとしているのが苦手なため学業成績はよろしくない。 という小学生のがいる。 小説版で合宿に行く兄の背中にくっついたり、テスト勉強中に「なわとびしよう」と誘われるなど、兄妹仲は良いらしい。 誕生日は夏至の日。 73話でのとのメールのやりとりのシーンから、携帯の着信音は でおなじみ映画『』のテーマと思われる。 能力 身長こそ低いもののそれ以外の身体能力は作中でもトップクラス。 スピードはまさに目にもとまらぬというものであり、コートの端から端まで縦横無尽に駆け巡る。 加えてスタミナも異常なレベルであり、チーム1激しく動き回っているにも拘らず最後までスタミナ切れをしない。 皮肉にも魔の三日目最初の犠牲者となってしまった。 さらに最大の長所が「バレーに対する愛」である。 中学時代から部員が自分ただ一人という状況にもめげず、練習を続けていた。 烏野に入ってもそれは変わらず。 極めて厳しい勝負の場面でも「バレーが楽しい」と思える強い精神力を持っている。 その様はから「飯食うみたいにバレーしよる」と評されている。 一方で、中学時代に練習相手がいなかったせいで技術的には全くの未熟。 身体能力も宝の持ち腐れであった。 が、翔陽が好き勝手に飛び回った先に影山がピンポイントにトスを合わせるという「 変人速攻」を編み出したことで「 最強の囮」として活躍を始める。 変人速攻は当初は大きな力を発揮したものの相手に研究されたことで次第に対処され始め、との試合の最後の最後で完全なシャットアウトを食らって終わってしまう。 これを機に影山に完全に頼りきりだった変人速攻を捨て、翔陽もブロックアウト・フェイントなどの技術を身に着けることで変人速攻を新たな段階へ進めた。 さらに全国出場が決まった後での宮城県1年選抜合宿への参加を機に、それまではどうしようもなく下手糞だったレシーブ技術を大幅に改善する。 1年選抜合宿では合宿への参加を許されず 球拾いとしての参加であったが、プレイに参加しないことで逆に「大局的な視点」を身に着けることが出来た。 それまでは身体能力に任せた「野生の勘」的プレイが多かったのが、全国大会の稲荷崎戦で味方と相手の選手の状態を総合的に判断し、勘ではなく知性と理性を働かせた 読みでレシーブできるようになった。 その末にそれまで翔陽を散々下手糞とののしっていた影山をして ナイスレシーブと言わしめている。 烏野高校卒業後は、自身の技術向上や出来るプレーの幅を広げるのを目的に一年の準備期間を得て、研磨がブラジル修行のスポンサーとなって・に選手として2年間の修行に出る。 高校の卒業時には影山のサーブをしっかりとレシーブ出来る用になっていた。 ブラジルへ来た当初は慣れない生活ということもあり、ホームシックになりかけた時に、ブラジルへ遠征に来ていた及川に再会。 一緒にビーチバレーをし、本来の調子を取り戻した。 身長は残念ながらあまり伸びなかったものの高校三年間プラスリオでの2年間の生活で技術的・精神的・経験的に長足の進歩を遂げており、ジャンプサーブやトスなども難なく出来る様になっただけでなく、左手でのスパイクも出来るようになっていた。 ブラジルでは「Japanese ninja」「ninja shoyo」「ニンジャ・ショーヨー」としてブラジル代表エースが知っているほどブラジルのバレー界に名を轟かせた。 ブラジル修行後はトライアウトをしているチームの中で1番の強豪であるのトライアウトに参加し同チームに加入した。 外部出演 『』では、アニメ化に先駆けて声付きで出演する形になった。 「」で相手に向かって地面が割れる程の強烈なスパイクを放つ。 コンビネーション攻撃を当てて浮いている相手にも対応してボールごと叩き落とす為、他のプレイヤーキャラがいないチーム構成の時も便利。 対戦前の絡みでは室内球技繋がりでや小柄繋がりで、意外な所ではとの物も確認されている。 関連イラスト.

次の

ハイキュー402話最終回ネタバレと続編予想!オリンピック日本代表メンバーと日向影山の変人コンビ!

日向 声優 ハイキュー

スポンサーリンク サンタナとペアを組みビーチで着実に勝利を重ねていく日向。 次の試合に勝利した暁にはニースにプロポーズするサンタナは、バレーとは自分にとっては生活だが、日向にとっては毎日トレーニングをするような「生活」の一部、当たり前のように飯を食べるような感覚だと思います。 サンタナの結婚がかかるソルカードカップ決勝戦。 スポンサーリンク 神出鬼没のニンジャ 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 日向たちの対戦相手のペア。 19歳のカルバリョは192cmでサーブとブロックが得意な選手です。 パートナーのサントスは181cmの37歳で得意なプレーはレシーブとショット。 最終セットは10-9で日向たちのリードですが、お互いのペアが取った取られたの接戦のようです。 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 遅れて観戦に来たルシオにペドロは、得点を決めた日向のプレーは「ポーキーショット」か確認をします。 ビーチでは指の腹に触る「フェイント」は認められないため、強打以外は指先や指の背を使うのです。 最終セットは15点マッチで両ペアの合計得点が5の倍数でコートチェンジが行われます。 一進一退の攻防が続く中、相手のスパイクを拾うためインドアでのクロスに当たるカット側に回る日向。 案の定、ストレート側のラインにスパイクを打たれますが、それは日向の見せかけでした。 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 敵にカット側を守るとふりをしながら、ワザとライン側に打つように罠を仕掛けていたのでした。 ペアのビーチバレーでは一人がブロックに飛んでしまうと、フロアディフェンスは残る一人が全て守らなければなりません。 日向は「アッチに居たのにコッチに居る」と相手が思うほど駆け引きが上手く、動きも素早いです。 なるほど「ニンジャ」と言われる所以です。 スポンサーリンク 風に従うベテラン 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 サントスを襲うサーブ。 しかしレシーブしたサントスは手首を強めに返すと、1回のプレーで日向たちのコートの後ろにボールを飛ばします。 前衛にいた日向たち二人は反応出来ずに1点を失います。 これで13-12と合計が5の倍数になり、再びコートチェンジをします。 日向たちは風上のバッドサイドに移動。 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 カルバリョのジャンプサーブはアウト、と思いましたが、風によりボールの勢いが殺されてコートイン。 サービスエースとなり、ついに同点に追いつかれました。 続くカルバリョのサーブも決まり、13-14と日向たちはマッチポイントを先に取られてしまいました。 スポンサーリンク 繋ぐことの大切さ 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 日向はサンタナに最終セットは相手が先にバッドサイドを選択したことを確認すると、サントスが今までの試合の流れを見ながら、最終的な局面で自分たちが風に有利なグッドサイドとなるように仕向けていたことに気づきました。 ビーチバレーは二人という数や自然を相手にする競技から、場数をこなしたベテランが本当に強いと感じる日向。 風は思いどおりにはならないから従うだけだと37歳のサントス。 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 ビーチバレーの奥深さを知り「やばい」とワクワクが止まらない日向。 それを聞いて日向の方がやばい奴だと直感するサントスは高笑いしながら吹っ切れたような表情をします。 不安定な砂にボールを掠める風。 しかし、どんな状況でもボールを繋ぐだけだと日向はカルバリョのスパイクをジャンピングレシーブします。 日向のプレーに感化されたサンタナ。 もう少し一緒にプレーしたいと上がったボールを必死にワンハンドでボールを繋ぐのでした。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ376-377話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」376話より引用 日向がニンジャと呼ばれるまでのプレーには、及川と一緒にペアを組んだ際の「相手からどう見られているか」がヒントにあったようでした。 屋外競技ならではのアクシデントを肌で感じながら好奇心旺盛な日向。 ベテラン選手が活躍できる球技というのも、そう多くはないですしね。 それにしても日向のやる気。 まるで梟谷の木兎のように一緒にプレーするサンタナに良い影響を与えていました。 果たしてニースはサンタナの気持ちに気付いているのでしょうか。 サンタナのプロポーズと日向の日本凱旋がかかった勝負の結末は、次回のお楽しみということで。

次の