水没 車 買取。 リスクが高い水没車を避けるための「見分け方」のポイントを解説!

水没車や冠水車も高価買取でした※保険請求や廃車より買取がお得!

水没 車 買取

近年、国内では台風や集中豪雨、地震による津波などの大規模な自然災害が多くなっています。 2019年も台風による水害で道路が冠水し、車が水没したというニュースが何度も取り上げられました。 今回の台風で水没の被害に遭った車は、推定で10万台と言われています(株式会社タウの独自の調査による算出)。 水没の程度によっては修理費が100万円を超える場合もあり、修理に出すのか廃車にするのか悩む方も多いと思いますが、廃車にしなくても売却するという選択肢があることをご存知でしょうか? 少しでも高く売りたいなら、一般的な中古車買取店ではなく、水没車や事故車などを専門に買取している業者に買取ってもらうようにしましょう。 こちらでは、水没車や事故車を専門に扱う業者の買取の査定基準、買取価格の相場、買取実績のある業者の選び方についてご紹介します。 水没車 には一定の査定基準がある 水没車といっても、タイヤだけが冠水した場合や屋根近くまで水没した場合など、被害の程度はさまざまです。 タイヤだけでも水没車扱いになるのか、それとも車のドアが開かなくなるほど水没してしまうと水没車扱いとなるのか。 知識がなければ正しい判断はできません。 水没車と認められる基準について知らない方も多いでしょう。 そうした疑問を解決すべく、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)によって、水没車の定義が示されています。 【水没車とは】 「集中豪雨や洪水などにより、室内フロア以上に浸水したもの、または、その痕跡により商品価値の下落が見込まれるもの」 1. 通常の使用では発生しない箇所にさび・腐食がある。 通常の使用では付着しない汚れ・シミがある。 ドロ又はカビの臭いがある。 こうした定義が示されていると買取業者、車の所有者ともに共通の認識を得て、査定額の理解もしやすくなります。 レベル(程度)別に見る買取価格の相場 水没車の定義と同じように、JAAIでは商品価値加減点の基準を定めています。 また、商品性に影響のある特別な理由や欠点などがあり、適正な価格を算定するための正当な理由がある場合は、次の減点率を目安に特別な減点をすることができると記されています。 減点率は3つに分かれています。 冠水車(フロアまで)……減点率30% 2. 冠水車(クッション上部まで)……減点率40% 3. 冠水車(ダッシュパネル上部まで)……減点率50% ここで注意しなければいけないのは、この減点率だけで明確な価格がわかるわけではないということです。 冠水状況について、より詳しく見ていきましょう。 フロア上まで水没した場合 水没の程度がフロアパネル上まで水没している場合(車の床のパネルまでしか冠水していない場合)は、一度地域の中古車買取業者やディーラーで査定してもらうことも検討してみましょう。 車の状態によってですが、ある程度まとまった金額になる可能性が高いと思われます。 ただし、エンジンが床下にある車の場合は、フロアが水没した時点でエンジンは水浸しになっているため、買取は難しくなります。 シート上部まで水没した場合 シート上部まで水没した場合、エンジンや電気系統の故障の恐れがあります。 また、車の機能的な問題だけではなく、カビ、サビ、異臭の問題が出てきます。 道路が冠水した際、河川の氾濫や下水道から汚れた水があふれ出るため、車は不衛生な環境下で水没したことになります。 衛生面から判断しても、一般的な中古車買取業者やディーラーでの売却は難しいため、水没車や事故車専門買取業者へ売却を検討したほうが良いでしょう。 ハンドル上(ダッシュボード)まで水没した場合 ハンドルの上まで水没した場合は、エンジンが完全に浸水し、大きなダメージを受けています。 万が一エンジンがかかって動いたとしても、エンジン内に異物が混入している可能性が否定できません。 また、時間が経過してからエンジンが大きなトラブルを引き起こすリスクがあり、大変危険です。 エンジンの内部は外から見て確認することができないため、どのような状態になっているのかもわかりません。 エンジンが水没した場合は、危険を伴うため運転は控えてください。 そして、水没車や事故車の専門買取業者へ相談してみましょう。 水没車 買取の実績がある業者を探す 「中古買取業者やディーラーに査定してもらったが、自分が望んだ査定額ではなかった」という場合や水没の程度がかなり深刻な場合は、水没車・事故車専門買取業者を探す必要があります。 国内には多くの水没車・事故車専門買取業者がありますが、業者によって買取価格は異なります。 実績がある業者なら信頼度も高く、安心して相談をすることができるでしょう。 実績もあり、水没車の買取に力を入れている業者に株式会社タウがあります。 タウは事故車買取の専門店です。 2015年から災害による被災者支援などを積極的に行っており、2018年には被災地での車の買取活動も行っています。 被災地では、毎日の生活を送ることで精一杯という状況であるため、こうして業者が現地入りして水没した車に関する扱いの相談や買取対応をするというのは、災害支援のひとつの形といえるのではないでしょうか。 また、おおよその査定額の目安や水害車の買取相場を事前に知りたいという方のために、タウの公式サイトでは「」を用意しています。 中古車のシミュレーターは目にすることはありますが 水害車の売却シミュレーターはめずらしく、店頭に相談する前におおよその査定ができるため便利です。 タウの水害車売却シミュレーターは使いやすい タウの水害車に特化した「水害車売却シミュレーター」はとても使いやすく、入力の際に迷うことはほとんどありません。 メーカー、車種、年式、型式、グレード、走行距離という車両情報を入力するだけです。 車両の基本的な情報を入力するのは他の売却シミュレーターと同じですが、タウの場合は判断が難しい水没のレベルをわかりやすく6段階に分類しており、実際に水没している状況の車の写真が例として掲載されているので、自分の車の水没状況と照らし合わせながら判断できます。 こうした査定シミュレーターの場合、被害状況を判断することが最も難しいと思われますが、判断に迷うストレスを感じることなく査定を行えます。 ただし、海水による水没の場合は、この水害車シミュレーターの査定価格と異なるので注意しましょう。 車を動かせない場合のレッカー代は高い? 水没して車を動かせない場合、レッカーで車体を買取業者まで移動させなければなりません。 しかし、車を新たに購入しなければならない可能性も考えられることから、使えなくなった車の処理には少しでも出費を抑えたいと思うことでしょう。 レッカー代をすべて自分で支払うとなると、かなり高額になります。 タウでは、指定した場所まで車両運送トラックで来てくれるためレッカー代は無料です。 「査定してもらいたいけど、車を動かせない」というときでも、安心して相談や依頼をすることができます。 水没車を売却する場合は、買取価格だけではなく、こうした顧客視点のサービスにも目を向けて売却先を検討することをおすすめします。 この水没車、事故車買取業者で本当に買取ってもらえるの? 水没車に車としての価値がほとんどないとしても、車体を解体することで得られるパーツには価値があります。 パーツがすべて水没してしまって査定ができない場合でも、車体の材料となっているアルミや鉄などの資源に価値があるため、売却が可能です。 国内だと「水没車」はイメージで敬遠されることも多く、買い手を見つけることが難しいという状況があります。 しかし、海外なら水没車の需要があるという事実は見逃せません。 実績のある買取業者であれば、 国内はもちろん海外にも独自の販売ルートを持っていることが多いため、水没車でも買取可能なことが多いようです。 まとめ 「水没車」とひとくくりにしても、状況はさまざまです。 水没の程度やエンジンの状態、異臭の発生具合など、細かな部分の違いによって買取価格が大きく異なります。 また水没の程度だけではなく、買取業者によっても買取価格は異なるため、事前に相場を知っておくと良いでしょう。 1社ずつ業者に査定してもらうのではなく、複数の業者の査定価格がわかる一括査定を利用することで、より効率的に適正な買取価格を知ることができます。 愛車を手放すのはとても寂しいですが、信頼できる専門業者に出会えるよう、業者探しは慎重に行いましょう。

次の

リスクが高い水没車を避けるための「見分け方」のポイントを解説!

水没 車 買取

洪水や豪雨などが原因で 水につかってしまった車のことを 一般的に 水没車と言いますが、 車が水につかってしまい 修理に多額の費用がかかる場合、 その水没車は買い取ってもらうことは 可能なのでしょうか? 気になりますよね! そんな、 「水没車は買い取ってもらうことが 可能なのか知りたい!」 という方のために、ここでは• 水没車の 買取は可能なのか• 水没車の買取相場の目安とは• 水没車を少しでも 高値で買い取ってもらう方法 について検証させて頂きたいと思います。 水につかり修復に多額の費用がかかりそうな 水没車をできるだけ高く買い取ってもらうには どうしたらよいのか気になる方は、 ぜひ、以下の記事をチェックしてみてくださいね。 水没車も買取は可能なの? マフラーはもちろん、 電子部品も水につかってしまった水没車って、 実際のところ買取業者に 買い取ってもらえるかどうか ちょっと不安になりますよね。 そんな心配をされていらっしゃる方のために、 以下に 水没車の定義や、水没車は本当に 買い取ってもらえるのかどうかについて 詳しく解説させて頂きますね! 「水没車」ってどんな状態?その定義とは? 「ちょっとでも水につかってしまったら 水没車になってしまうの?」 と疑問に思っていらっしゃる方は 多いと思います。 実は、 水につかってしまった車は 全て水没車と呼ばれます。 ただし、 保険会社では エンジンがすべて 水につかってしまった状態の車と 車内のダッシュボードの上まで 水につかってしまった車のことを 水没車と定義づけているようです。 オートオークションでは、一般的に 車体の三分の一が冠水してしまった車や、 水が侵入した位置が跡となって ハッキリわかる車のことを 水没車と定義づけているようです。 youtubeにて水没時、 車のドアや窓が開くのか 実際に検証している動画を見つけました。 水没時、車はどういう状況になるのか お知りになりたい方は、 ぜひ、以下の動画をご覧になってくださいね。 水没車の買取は可能!意外と売れるその理由とは? 修理しても高額な費用がかかりとても 乗れるような状態でない 水没車であっても 中国などの外国では鉄としての 需要がありますので、 費用を支払って廃車にするよりも 買い取ってもらい、その売却資金を 新しい車の購入費用に充てたほうが お得な場合があります。 さらに、 浸水した部分が フロアよりも下の部分、もしくは、 マフラーの上ぐらいまでの場合は、 より高額で買い取ってもらえる 可能性があります。 水没車の買取相場の目安とは? 保険会社で定義される 水没で全損と認定された場合、 車両保険に加入していれば、 免責金額は引かれることなく 設定した保険金額が支払われます。 さらに、 保険金額のほかにも 車両全損時臨時費用として 保険金額の1割(上限は20万円) 支払われることもあります。 ただし、台風や洪水、高潮による 水没は補償の対象になるのですが、 地震による津波による水没は 補償の対象外になる場合があります。 さらに、水没車を修理するとしても マフラーが浸水したのを修理するだけでも 50万円以上費用がかかり、 電子機器が浸水した場合は 百万円ぐらい修理費用が かかる場合もありますので、 修理するよりも買い取ってもらい その費用を車の買い替え費用に 充てたほうがお得な場合があります。 一般的な 水没車の買取費用の相場は、 車の状態にもよるのですが、 数万円から五十万円ぐらいと 言われているようです。 エンジンが全部水につかってしまった車• 車内のダッシュボードの上まで 水につかってしまった車 となっており、 オートオークションでの 水没車の一般的な定義は、• 車体の三分の一が冠水してしまった車• 水が侵入した位置が 跡となってハッキリわかる車 となっているようです。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには ネットの車査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバット車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 \ SNSでシェアしよう! / ドライブファクトリーの 注目記事を受け取ろう•

次の

冠水車・水没車の買取額はどのくらい下がる?

水没 車 買取

冠水車・水没車の買取額はどのくらい下がる? 突発的な豪雨を指す「ゲリラ豪雨」という言葉を耳にする昨今、低い土地などで排水処理が追い付かない場合道路に水が溢れ、そこに車で入ってしまい動かなくなった車を「冠水車・水没車」と呼び、買取査定において大きなマイナスになります。 そういった車はよくニュースなどで映し出されることはあるものの、自分には関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。 しかしゲリラ豪雨はどこで起こるか分かりませんし、堤防の決壊や震災による津波など大規模災害による冠水の可能性も無いとは言い切れず、自分が当事者になってしまうことも。 水に浸かって動かなくなってしまった車は買い取ってもらえるのか? また買い取ってもらえるとして査定はどのくらい下がってしまうのか? 気になる疑問に答えていきます。 冠水車・水没車の定義 車のどこまで水に浸かってしまうと冠水車・水没車と呼ばれるのかというと、 車内に水が入ったかどうかが基準になります。 車内の一番低い部分というのは足元…つまりフロアになりますので、フロアに水が入ってしまった場合は水没車となってしまいます。 冠水車・水没車というとマフラーやエンジンに水が入ったりCPUが故障したりして動かなくなってしまった車というイメージがありますが、マフラーなどの機関よりフロアの低い車も存在します。 ゆえに水没車だからといって動かないとは限りません。 とはいえ車内に水が入れば錆や臭いの問題が発生するため、フロアに水が入った時点で水没車と定義。 一般的な車なら20cmくらいの水深であればゆっくり走ることで冠水することもエンジンが止まることもなく走り抜けることができますが、もしその中で止まってしまうと車高によってはマフラーの中や車内に水が入ってくる恐れも。 車内に水が入ってしまうと独特の嫌な臭いやサビなどが発生し、それを完全に取り除くのは困難を極めますので、水深の分からない水たまりにはとにかく入らないことが重要です。 水没車の買取査定はどのくらい下がるのか 冠水車・水没車というのはそうでない車に比べ査定額はかなり下がってしまいますが、具体的にどの程度下がってしまうのでしょうか? これは日本自動車査定協会(JAAI)によって基準が定められており、それが下記のような査定基準になっています。 冠水した水位 減額率 フロア~シート下 30% シート上部まで 40% ダッシュパネルまで 50% これは走りはもちろん機能的に問題がないことが前提になります。 フロアが若干冠水した程度であれば数日放置してマフラーなどを乾かせば機能的に問題なく動くことが多いものの、シートの上部まで冠水するレベルだと室内にあるCPUや電気系統はもちろんエンジンルームにもかなりの水が入ることに。 エアクリーナーから水を吸いエンジンの中に水が入ることによってウォーターハンマーが起きるとエンジンは使い物にならず修理費は膨大になります。 よほどの高級車でない限りこの時点で修理は現実的ではなく、保険を使っても時価額より修理費の方が高くつくことも多く、基本的には廃車扱いになるはず。 もし修理したとしても正規の買取価格の50~60%でしか買い取ってもらえないことを考えると、現実的に売却できるのはフロアに水が入る程度までとなるでしょう。 カビや泥などによる車内の臭い• 車内やエンジンルームの泥汚れ• 金属部分のサビ• シートベルトの汚れや色違い• セルモーターの作動不調• パワーウィンドウの不調• エンジンの不具合• ラジエーターコアの目詰まり フロアにうっすら水が入った程度ではエンジンやパワーウィンドウ、シートベルトなど機関的な部分に関して不具合が出ることはほぼないので、査定士は臭いや車内で泥が乾いた跡、フロアなどのサビで判断することになります。 泥が乾いた後の砂やサビに関しては掃除や簡単なサビ取りをすることで査定士の目を逃れることができるかもしれませんが、一番問題になるのは「臭い」です。 一般的にな乗用車にはフロアにカーペットが敷き詰められており、足が乗る部分には別途フロアマットが置かれている状態。 簡単に取り外しができるフロアマットの臭いはきっちり洗うことで取り除けるものの、フロアのカーペットを外すのは現実的ではなく臭いが残ってしまいがち。 それでもできる限りしっかりと洗った上で、芳香剤や消臭剤を入れるなどしつつ数ヶ月も乗っていれば気にならないレベルになることは十分に可能で、この段階で買取をお願いすればバレずに買い取ってもらうことも可能かもしれません。 ただし、 売主は水没や冠水の事実を告知する必要があり、後からこればバレてしまうと損賠賠償や差額を請求される恐れがあります。 また、これはあくまでもフロアが少し冠水した程度の話であり、シートまで水に浸かってしまうと臭いを取り除くのは総取り換えでもしない限りほぼ不可能。 もしそういった車を修理して売却する場合、査定の段階でどうせばれてしまいますので、正直に申告したほうが査定士の心象も良くなるでしょう。 昔と違いこういった車でも「買取どころか引き取ってもらうのに処分代がかかる」というったことはなく、最低でも0円、多くの場合はスクラップ資材として1万円程度で買い取ってもらえますし、車検などがまだ残っている場合は自動車税や重量税、自賠責保険の還付も考慮しもう少し高く買い取ってもらえるでしょう。 高級車やハイエースといった部品の価値が高く、また海外で人気が高い車種になると水没によって動かなくなってしまった場合でも思わぬ高額査定が付くこともあります。 水没や冠水などによって車が動かなくなってしまった場合は、自動車税や車検が残っているうちに買取してもらうことが高額査定を引き出すコツになりますので、カーネクストなど廃車専門の買取業者に相談してみて下さい。 保険を使って直すか、廃車・売却にするか 機関に問題がない程度の冠水であれば自分でできる限り掃除をして乗り続けることや買取してもらうことも可能ですが、自走できないほどの冠水になると修理するか廃車にするかの選択に迫られると思います。 車が新しくある程度市場価値があるものであれば車両保険で直すことも可能になりますが、臭いを完全に除去することは難しく、その後の故障リスクや買取額の減額を考えると、廃車や事故現状のまま売却して保険から損害額を受け取り新たな車を買うための資金に当てたほうが良いという考え方もできます。 ただ、このあたりは車の現在の価値や保険の等級、愛着などから損得の価値観は変わってきますので判断が難しいところです。 車両保険に入っているのであればまずは保険会社と相談し、修理費や損害額を総合的に判断し決めることになるでしょう。 一方、車両保険に入っていない状態では修理費などはすべて実費になってしまいますので、冠水し自走できないほどのダメージを受けた場合は廃車が現実的になります。 水没車・冠水車の売却をお考えの方は 車が水没してしまったが機関に問題がないため買取を考えている、もしくは動かなくなって売却を考えている人は一度「ナビクル車査定」での一括査定を検討してみて下さい。 ナビクル車査定での一括査定はガリバーやアップル、カーチスなど多くの有名買取業者が参加しており、その中から最大10社の査定を受けられ、私自身2度ほど査定をお願いしましたが、査定会社によってホンダフィットで約11万円、トヨタノアで約35万円の差が生まれました。 また一括査定では珍しく査定申し込みの時点で画面に売りたい車の概算価格も分かるという特徴があるため、その場である程度の査定額が想像できるというのも大きなメリットです。

次の