しのぶ 名言。 「鬼滅の刃」の名言まとめました

『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)の名言・セリフ集~心に残る言葉の力~

しのぶ 名言

大竹しのぶの「大切な」言葉たち 毎年、父は自分の誕生日になると、『満〇歳の父より』って署名を添えた本を贈ってくれたんです。 最初は『泣いた赤鬼』。 次は『アルプスの少女ハイジ』。 少し大きくなると『銀の匙』、中学生になると山本周五郎。 その年齢にあわせて読んでほしい本を選んでいたんでしょうね。 若くして求むれば老いて豊かなり、とか、その時々で父が感銘をうけた言葉も書かれていました。 言葉を知るというのは、感情を育てること。 そして知識を得ることで、知性も育つ。 本を読む大切さを父は教えてくれました。 私、だいぶ父親っ子だったんです。 正義感が強いのも、曲がったことの大嫌いな父譲りの性格ですね。 さんまさんも野田さんも、今している仕事をお互いに尊敬しているのが大きいかもしれないですね。 でも仕事とか関係なく、誰でも普通に会えます(笑)。 会えないということは、過去の自分さえも否定しちゃうことですし。 きっと向こうも、嫌な部分を忘れてくれているんだと思うんです。 傷付いたり、傷付けたりっていうのがあったから別れたわけだけど、いいことも絶対にあって。 そのいいことだけが残っているから、会ってくれるんでしょうね。 いまの高齢社会のなかで、幸せに年を取って死んでいける人って、一体どれくらいいるんだろうか? って。 経済的な事情で特養に入れても、実はやりたくないかもしれないお遊戯とか折り紙とかして。 本当に大きな問題だと思います。 お芝居と違って歌は一人なので、相手役が『楽器』という感じ。 もっと密着感があるというか、愛し合っちゃう感じがします。 『もっと来てよ!』『ドラムス!』みたいな(笑)。 お芝居はやはり演出家がいるし、ルールがありますけど、音楽の人(演奏者)とは『こういう感じ、どう?』『ああ、いいね』って、言葉が単純になります。 シンプル。 それが楽しいです。 仕事はしなければいけないこと、生きるためにも。 より良い仕事をしていこうと、努力するのは当たり前のこと。 例えば台詞を覚えるというのは最低限のことで、より良くするのが稽古場です。 そして、稽古場から帰ったらご飯を作る、洗濯をする、お風呂に入る、掃除もする。 これも当たり前のこと。 体力があるのも、才能のひとつだと思う。 でもけっきょく、自分自身ってそんなに変わらないものかもしれなくて。 あのとき足りなかったものは、今も足りないままだと思う。 そのとき一生懸命やって、完璧だと思ったものも、あとから振り返れば全然だめだったりするし、きっと、そのときそのときで必死に頑張るだけなんでしょうね。 70歳になっても80歳になっても、もしかしたら同じなんじゃないかな。 でもよくよく考えたら、これは私とさんまさんの「別れさえをも笑いにして生きていく」という関係性をポジティブに許してもらえた曲のように思えてきたんです。 だから優さんには改めて「ありがとう」とお礼を伝えました。 ただ娘(IMALU)に聴かせたら「えー、ちょっとうるさーい。 優さんの歌で聴きたい」って言ってましたけど(笑)。 人間は優雅にゆったりと年を重ねていくものだと単純に思っていたけれど、全然違いますね。 年を重ねたら重ねたで、問題は起き続けるんだっていうことがわかりました。 問題が起きて、その都度悩んで。 だから『楽になる』ってことは、もしかしたらないのかもしれない。 『何もない時間』とか、そういうのはない人生を選んでるのかなと思います。 母親として100点は取れていないし、仕事でも100点はもちろん取れていない。 それはそうですよね。 でも、100点を目指して頑張るしかないわけで。 本当に頑張らなくちゃいけない時って、人生に何回かある感じがして。 頑張らなくていい時には頑張らなくていい。 きっとここが頑張り時って、自分でわかるはずだと思うから。 そうやって生きてきたかなあと思いますね。 大変なことが起こった時、『ここはちょっと、やってやるか〜』っていう感じで乗り越える。 それが人生かなって思うんですよね。 そうして頑張ると、楽しいことは見えてきますよね。 大竹しのぶとは?(人生・生き方・プロフィール・略歴など) 大竹しのぶ。 東京都出身。 東京都立小岩高等学校卒業、桐朋学園大学短期大学部演劇専攻科中退。 IMALUは明石家さんまとの娘。 東京都西大井に一男四女の三女として生まれる。 中学2年のとき、東京に戻り江戸川区区立葛西第二中学校に編入。 以降は江戸川区で育つ。 1973年、フォーリーブスの北公次主演のテレビドラマ『ボクは女学生』にて、北公次の相手役に合格し、芸能界デビュー。 1982年にTBSのドラマディレクターの服部晴治と結婚し1985年に長男を生む。 1987年に服部はガンにより死去。 1987年に『ひらけ! ポンキッキ』の挿入歌として歌った「かまっておんど」は、主婦やサラリーマン層にも受けて幼児向けの歌にとどまらないヒットとなった。 1988年に明石家さんまと再婚、1989年に長女IMALUを生んだが、1992年に長男とIMALUの親権を大竹が持つかたちで離婚。 1993年に篠山紀信撮影のヘアヌード写真集『闇の光』を発売。 2011年秋の褒章において、紫綬褒章を受章。 2016年、第67回NHK紅白歌合戦に初出場。 大竹しのぶをもっと知りたい人はこちら!.

次の

漫画『ちはやふる』の名言&名シーン54選

しのぶ 名言

前夫と恋愛関係だった時代や、その後の闘病生活、 明石家さんまさんと離婚した後の 大竹しのぶさんの様子では 大変感受性の高い情熱的な女性であることが視聴者にも伝わってきます。 唯一の例外的な人生の恋が 「明石家さんまさん」とのものだったのではないかと感じたりもしました。 その、元夫の 明石家さんまさんとの別れの際に、二人で決めたその後の関係性や生き方に関わる言葉が、何しろとても感慨深い素敵な言葉となっています。 画像:『ザ・テレビジョン』2019年11月19日 それをあえて 「笑いにしていく」という所には、苦境に負けないポジティブな精神としても捉えられますが、たとえ言葉の中に笑いという単語はあっても、喜怒哀楽で言うと 圧倒的に 「哀」の感情で満ちているわけです。 絶望的な状況に対して 「笑いにしていくんだ」という気持ちを持つことで、笑顔で乗り越えようという 「強さ」、すべてがマイナスではなく別れすら 「笑いのネタ」になるという 「価値があるということ」「無駄なことなどひとつもないのだ」という、どんどん扉が奥へ奥へと開いていくような言葉でもあります。 実際に離婚を経験した身で言うと、離婚後の 自分の気持ちや 人生を立て直していく作業というのは、物理的にも精神的にも、とてつもなく 大きな時間と苦しい滝行が続くものです。 その果てしない道のりに対し、絶望感を覚えることもたびたびあったと思います。 これは私の場合は、離婚前に想像していたものより、ずっと大きいものとなりました。 けれども、自分がそこから 何としても幸せにならなければ、 「離婚という事実」も夫婦として過ごしたかけがえのない 「結婚生活」も、全てを後悔したり恨んだりするものにしてしまいます。 無価値にするか 宝にするかは 自分の生き方次第。 自分が自分の足でしっかり立って、 幸せを自分の力で再生していくことで、ようやく自分をここまで 強くしてくれた 元妻や 元夫、その人と過ごした二度と戻ることの出来ない 結婚生活に対して、深い感謝を覚える自分になれるものだと思います。 ですから、世間では 「感謝をしましょう」なんていう言葉が標語みたいに日常ありふれていますが、 本来、幸せを自分の力でつかみ取っていくという滝行を乗り越えた人には、わざわざ感謝しようなどと思わなくても 「きっかけをくれた」「自分をたくましくしてくれた」「その先で自分の手でしあわせをつかみ取る経験をさせてくれた」あらゆるものに対して、自然と感謝する気持ちになるものだと思います。 苦しさしかなかった、離婚後の会社生活にも、今となると 神さまが私に与えてくれた道場だったような気もしてきます。 そういう、せめて縁があって出会ったとか、愛し合って結婚したふたりの「結婚生活」を感謝できるものにしよう、その為にこの先、笑って歯を食いしばってお互い乗り越えていこう、 そんな元夫婦の約束と、お互いに対する敬意、愛情というものが、今回の 大竹しのぶさんと さんまさん元ご夫妻の別れに対する言葉にはたくさん詰まっている気がしました。 別れさえも 笑にして生きて行く。 そのために、 立ち上がり続けることを 諦めない。 私たちの思い出に 泥を塗らないため。 誇れる自分でまた会えるように。

次の

【ワンピース】 しのぶちゃんの名言・名シーン3選 「誰がバカ殿だ!?言ってみろ!!!」

しのぶ 名言

前夫と恋愛関係だった時代や、その後の闘病生活、 明石家さんまさんと離婚した後の 大竹しのぶさんの様子では 大変感受性の高い情熱的な女性であることが視聴者にも伝わってきます。 唯一の例外的な人生の恋が 「明石家さんまさん」とのものだったのではないかと感じたりもしました。 その、元夫の 明石家さんまさんとの別れの際に、二人で決めたその後の関係性や生き方に関わる言葉が、何しろとても感慨深い素敵な言葉となっています。 画像:『ザ・テレビジョン』2019年11月19日 それをあえて 「笑いにしていく」という所には、苦境に負けないポジティブな精神としても捉えられますが、たとえ言葉の中に笑いという単語はあっても、喜怒哀楽で言うと 圧倒的に 「哀」の感情で満ちているわけです。 絶望的な状況に対して 「笑いにしていくんだ」という気持ちを持つことで、笑顔で乗り越えようという 「強さ」、すべてがマイナスではなく別れすら 「笑いのネタ」になるという 「価値があるということ」「無駄なことなどひとつもないのだ」という、どんどん扉が奥へ奥へと開いていくような言葉でもあります。 実際に離婚を経験した身で言うと、離婚後の 自分の気持ちや 人生を立て直していく作業というのは、物理的にも精神的にも、とてつもなく 大きな時間と苦しい滝行が続くものです。 その果てしない道のりに対し、絶望感を覚えることもたびたびあったと思います。 これは私の場合は、離婚前に想像していたものより、ずっと大きいものとなりました。 けれども、自分がそこから 何としても幸せにならなければ、 「離婚という事実」も夫婦として過ごしたかけがえのない 「結婚生活」も、全てを後悔したり恨んだりするものにしてしまいます。 無価値にするか 宝にするかは 自分の生き方次第。 自分が自分の足でしっかり立って、 幸せを自分の力で再生していくことで、ようやく自分をここまで 強くしてくれた 元妻や 元夫、その人と過ごした二度と戻ることの出来ない 結婚生活に対して、深い感謝を覚える自分になれるものだと思います。 ですから、世間では 「感謝をしましょう」なんていう言葉が標語みたいに日常ありふれていますが、 本来、幸せを自分の力でつかみ取っていくという滝行を乗り越えた人には、わざわざ感謝しようなどと思わなくても 「きっかけをくれた」「自分をたくましくしてくれた」「その先で自分の手でしあわせをつかみ取る経験をさせてくれた」あらゆるものに対して、自然と感謝する気持ちになるものだと思います。 苦しさしかなかった、離婚後の会社生活にも、今となると 神さまが私に与えてくれた道場だったような気もしてきます。 そういう、せめて縁があって出会ったとか、愛し合って結婚したふたりの「結婚生活」を感謝できるものにしよう、その為にこの先、笑って歯を食いしばってお互い乗り越えていこう、 そんな元夫婦の約束と、お互いに対する敬意、愛情というものが、今回の 大竹しのぶさんと さんまさん元ご夫妻の別れに対する言葉にはたくさん詰まっている気がしました。 別れさえも 笑にして生きて行く。 そのために、 立ち上がり続けることを 諦めない。 私たちの思い出に 泥を塗らないため。 誇れる自分でまた会えるように。

次の