フキノトウ 花言葉。 【花言葉】狂気の意味を持つ花一覧を紹介!ヤンデレ、メンヘラ、復讐、嫉妬など

2月22日の誕生花 フキ(蕗)の花言葉「私を正しく認めてください」、「愛嬌」のあるフキノトウ(蕗の薹)

フキノトウ 花言葉

マツムシソウ(スカビオサ) 「失恋」「私はすべてを失った」「不幸な愛情」 マツムシソウは、淡い紫色の小花を咲かせる1年草または多年草です。 別名「スカビオサ」と呼ばれ、中央が盛り上がったように咲くなど、独特の花姿をしていることでも有名です。 日本では高貴な印象を与える紫色の花びらですが、ヨーロッパでは悲しみを表す色とされているんですよ。 花言葉自体がヨーロッパでつけられたものが多いので、悲しい意味がつけられました。 ハナニラ 「悲しい別れ」 花や茎からニラのような香りを放つことから名付けられたハナニラ。 星形のかわいらしい花を冬から春先に咲かせる球根植物です。 ほんのりと青みをおびた白い花が、どこか物悲しい印象を与えるので、「悲しい別れ」という花言葉がつけられました。 花言葉は少し寂しいですが、草丈も高くなく、多年草なので、花を楽しめるグランドカバーに人気です。 キンセンカ(金盞花) 「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」「失望」 キンセンカは、春から初夏にかけてオレンジや黄色の花を咲かせる植物です。 地中海が原産で、暖かい場所を好んでどんどん生長します。 「別れの悲しみ」や「失望」といった花言葉は、太陽を待ち焦がれて亡くなった妖精(話によっては少年)の神話に由来します。 その妖精をキンセンカに変えたため、キンセンカは太陽に向かって花を咲かせるようになったそうですよ。 シオン 「追憶」「遠方にある人を思う」「君を忘れない」「さよなら」 シオンは、草丈が1. 8mほどまでに伸びるキク科の植物です。 平安時代の説話集「今昔物語」に登場するように、シオンは安時代から人々とのつながりのあった古いお花でもあります。 今昔物語には、父の死を悼む兄弟の物語があり、この物語にちなんで「追悼」や「さようなら」など別れを連想させる花言葉が生まれました。 父の死後、「紫苑という草は、見た人の心にあるものを決して忘れさせないと聞く」といって、兄弟は、墓前にシオンの花を植えて毎日墓参りを続けました。 墓参りの姿に感心した鬼から「未来を予知する力」を授かったおかげで、兄弟は幸せに暮らしたといいます。 この話にちなんで「別れ」に関する花言葉がついています。 アリウム・ギガンチウム 「深い悲しみ」「無限の悲しみ」 アリウムは、春から初夏にかけて、紫色で大きなボール状の花を咲かせる球根植物です。 紫色が、ヨーロッパでは悲しみを表し、死者を悼む色として知られているため、「深い悲しみ」といった花言葉がつけられました。 すっきりと伸びた茎の上にボールのような丸い花を咲かせるアリウムの姿は、悲しみたたずむ人を連想させるので、「無限の悲しみ」という花言葉も生まれたようです。 ダリア 「移り気」「裏切り」 ダリアは、フランス皇帝ナポレオンの最初の妻ジョセフィーヌ皇后が愛した花です。 「移り気」「裏切り」という花言葉は、このジョセフィーヌの物語にちなんでいます。 独占的に栽培するくらいダリアを愛していたジョセフィーヌ。 しかし、とある貴族の女性にダリアの球根が盗まれてしまい、自分の家でダリアを育ててしまいました。 それを知ったジョセフィーヌは、ダリアに飽きてしまい、もう以前のようにダリアを愛でることはなくなりました。 このエピソードが由来となって「裏切り」「移り気」という花言葉がつけられたといいます。 エリカ 「孤独」「寂しさ」 エリカは、ヨーロッパの荒野に自生している植物です。 種類ごとに開花期が違うので、1年中見られることも。 イギリスでは「荒野」を意味する「ヒース(Heath)」という名で呼ばれています。 過酷な環境の荒野に自生するエリカの姿が「寂しさ」「孤独」に見えたことから花言葉がつけられたようです。 都忘れ(ミヤコワスレ) 「別れ」「別離の悲哀」 都忘れは、春から初夏にかけて紫や白、ピンク色の花を咲かせる多年草です。 1221年、承久の乱に敗れて佐渡に島流しにされた順徳上皇が、庭に咲いたミヤコワスレの花を見て、その可憐さに心が慰められ「恋しい都も忘れられる花」といったことが、「別れ」がという花言葉の由来になりました。 シロツメクサ(クローバー/四つ葉のクローバー) 『復讐』 シロツメクサは、別名クローバーと呼ばれて親しまれている葉っぱを持つ、春から初夏に花を咲かせる多年草です。 「復讐」という花言葉は、「約束」といった別の花言葉の願いがかなわなかったときに待っているのが「復讐」という意味を表しているといわれています。

次の

フキ

フキノトウ 花言葉

花言葉に怖いメッセージがあると、もちろん寒い気持ちにはなるものの、その 裏にあるストーリーや由来などが気になることも多いですよね。 もちろん、幸せな花言葉と可愛らしい花々も素敵なのですが、花言葉に怖いものがあると 惹きつけられるもの。 花言葉に怖いメッセージを持つ花々は、その多くが 毒を持っていたり、神話や逸話で悲恋や 悲しい物語を含んでいることも少なくありません。 さらにその 花姿が強烈なものも確かにあり、花には少ない黒や深い赤色なども…。 花言葉が怖いだけに、花束やフラワーギフトとしても選ばれないことが多く、日頃の暮らしからも離れがちですが、そんな花言葉が怖い花々…、 たまにはスポットを当てて詳しく知りたくなりますよね。 そこで今回は、 花言葉が怖い花々と、その恐ろしいメッセージが生まれた 理由や逸話、伝説などのストーリーをお伝えします。 イトスギ(サイプレス)のギリシャ神話 花言葉が怖い花々のなかでも、そのものズバリ 「死」の花言葉を持つのがイトスギ。 これはギリシャ神話から由来しています。 ・ 怒ったアルテミスは、 アクタリオンをシカに変えてしまいます。 シカの姿に変えられたアクタリオンは、自分が連れていた 50頭の猟犬に食い殺されてしまいました。 なんとも 恐ろしい話…。 このギリシャ神話を知れば、イトスギ(サイプレス)の花言葉が怖いことも頷けます。 トリカブトのギリシャ神話 そもそも 毒草としてとても有名な トリカブト。 それだけに、花言葉が怖いことも理解できるのですが、やはりイメージ通り、 トリカブトの花言葉は「死」と「復讐」、そして「あなたは私に死を与えた」。 ただ、この花言葉が怖い理由は毒が原因であるだけではなく、 ギリシャ神話にもあるストーリーが描かれているのです。 この番犬ケルベロスが、ヘラクレスに生け捕りにされ、 地上に連れ出されるギリシャ神話があります。 ・ 番犬ケルベロスが太陽の光に驚いて吠えた時、唾液が地面に飛び散り、その 唾液からトリカブトが生まれた、というものです。 トリカブトが根に毒を持つことから、このようなギリシャ神話が生まれたのですが、この内容を見ると 「復讐」の意味合いも理解できるのではないでしょうか。 ドクニンジンとソクラテス その名の通り 毒性の強いドクニンジンも、怖い花言葉 「死をも惜しまず」と言うメッセージを持っています。 ドクニンジンだけに怖い花言葉であることは、トリカブトと同じく納得できるのですが、ここにも ソクラテスの伝説があります。 そのため、茎にある赤い斑点は、 ソクラテスの血と呼ばれています。 ・ ソクラテスは死刑を言い渡された後も、 逃げることが可能な状態にありましたが、信念に基づいて死を受け入れました。 そのため、花言葉が怖いものであっても「死をも惜しまず」である事には、そんな ソクラテスの信念が表れているのです。 スイレンと精霊、ニンフ 水辺に咲く スイレンの花言葉も怖い「滅亡」と言うもの。 これは、スイレンがギリシャ神話で森林や水辺に宿る精霊、 ニンフの生まれ変わりとされているから…。 ・ ナイル川にたくさん咲いていることから、白いスイレンは 「ナイルの花嫁」と呼ばれています。 確かに「滅亡」と言う花言葉は怖い印象を受けますが、ニンフの物語を知ると、どこか 物悲しい言葉にも聞こえてくるのではないでしょうか。 ガマズミから感じる「怖い女性」 ガマズミの花言葉も怖いもの。 …特に男性には怖く感じるかもしれません。 それは 「無視したら私は死にます」。 彼氏を束縛したがる、怖い女性のようなイメージを受けます。 けれども実はこのメッセージ、 恋人に向けられたものではないのです。 そのため、 友人との繊細な感情を表現していて、男女の恋愛関係というよりは、 友達へ向けられたメッセージだったのです。 黒い花々が持つメッセージ 花言葉が怖い花々となれば、冒頭でもお伝えしましたが、 ギリシャ神話や逸話などに怖いものがある場合や、花そのものに毒があることが多いのですが、もうひとつ、 花姿そのものが由来している場合も…。 特に 花の色が不気味、と言う理由で花言葉が怖いケースはいくつかあります。 その最も有名な花々が、日本では映画にもなった クロユリ。 そして 黒バラです。 【 花言葉が怖い!クロユリと黒バラ 】 ・ 映画の題名になるなど、花言葉も怖い クロユリには「呪い」と言うメッセージが…。 ・ 真紅のバラと対照的な黒バラの花言葉も怖いもので 「憎しみ」や「恨み」があります。 真紅のバラとの三角関係で恋に破れた花のようではないでしょうか。 ただ、クロユリの花言葉は怖いだけではなく、 「恋」というものも…。 メッセージは恐ろしくても、決して花には罪はないので、もしも見かけたら「恋」の花言葉を思い出してみてください。 その他の花言葉が怖い花々 確かにクロユリや黒バラは、その強烈な色合いから、見た目でも花言葉が怖いのも頷けますが、日頃慣れ親しんでいる ガーデニングで人気の植物や、野原で見られる草花にも、実は花言葉が怖いものがいくつかあるのです。 【 花言葉が怖い!アイビーとフキノトウ 】 他にも様々ありますが、例えば… ・ アイビーの花言葉で怖いものでは、 「死んでも離れない」。 ・ フキノトウの「処罰は行わなければならない」の花言葉も怖いもの。 とは言え、一方で アイビーには「永遠の愛」という花言葉もついています。 こちらの花言葉を先に知っていると、「死んでも離れない」と言われても、それだけ 自分を愛してくれているのね、と嬉しく思えるような気もします。 花言葉が怖い花々…。 その 由来や伝説も含めてお伝えしました。 クロユリや黒バラのように、 花姿が黒い色目などの強烈なものは、ストーリーを知らなくても納得しますが、スイレンなどになると驚くかもしれません。 もっともっと華やかな花々にも、驚きの花言葉を持つものも多くあります。 例えば ダリアはその昔、フランスを中心にバラと並んで愛でられた華やかで美しい華ですが、 「裏切り」の花言葉を持ちます。 さらには子どもの頃、花冠を編んだりして遊んだ記憶が多い シロツメクサにも「復讐」と花言葉は怖いもの!食用ですが パセリに至っては「死の前兆」なのです。 ただし、花言葉が怖いもののなかには、本文でお伝えしたアイビーのように、 一方で幸せなメッセージを持つものも少なくありません。 そのために、前述したダリアも、 結婚式のブーケなどに人気なのです。 本記事でお伝えした 意味や由来が気になる伝説や花言葉、ちょっとした話題にしてください。 まとめ 花言葉が怖い花々 ・イトスギ(サイプレス)「死」 ・トリカブトの「あなたは私に死を与えた」 ・ドクニンジンは「死も惜しまず」 ・スイレンの「滅亡」 ・ガマズミ「無視したら私は死にます」 ・クロユリ「呪い」 ・黒バラ「憎しみ」と「恨み」 ・アイビーの「死んでも離れない」 ・フキノトウ「処罰は行わなければならない」.

次の

花言葉が怖い!友達に教えたくなる7つの花々

フキノトウ 花言葉

ひまわりは、夏の季語で夏に大輪のイエローの花を咲かせます。 キク科の一年草で、花期は7月から8月中旬です。 ひまわりが好む土壌は、弱酸性から中性です。 日本の土は、放っておくと酸性になりがちなので赤玉土や石灰などを巻いて中和しておきます。 成長すると、背丈が1. 8m~3mにもなりとても大きくなります。 見事な花を咲かせるには、夏の台風で折れないこと・乾燥させすぎないこと・栄養を補給することが大事になってきます。 そのため、基本的に地植えするのが一般的でした。 近年での品種改良によって、プランターでも育てられるような中型品種や小型品種のひまわりもあります。 基本的には、一度植えてしまえば手入れはさほどかかりません。 手軽に自分の庭で、ひまわりが見れるのはとってもうれしいですよね。 ひまわりには、このような園芸用のひまわりと「食用のひまわり」「ひまわりオイル用ひまわり」の3つに区分されています。 次はひまわりの種類についてみていきましょう! 園芸用のひまわりとしては、なかなかの知名度を持つ「皇帝ひまわり」です。 なんと高さは最大で5mにもなるんだとか! この皇帝ひまわりは、和名では新渡戸菊といいます。 キク科の非耐寒性多年草ですが、一般的に日本の気候では冬を越せず一年草扱いになっています。 花は夏ではなく、晩秋から開花して秋の終わりまで小ぶりなひまわりの花がたくさん咲きます。 葉はヤツデのようなで茎は太くて直立します。 よく枝分かれするので、いくつもの花が咲くのが人気のひまわり。 夏のひまわりと一緒に植えておけば、季節をまたいで入れ替わりでひまわりが咲き続けます。 小ぶりできれいな色味のひまわりなので、ブーケや花束にもよく使われています。 種は絞って搾油されヒマワリ油として利用される。 ヒマワリ油には不飽和脂肪酸が多く含まれる。 煎って食用とすることができる。 乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(こうじつきし)。 また、ペット(ハムスター、小鳥など)の餌に利用される。 ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められている 出典: 車の燃料にもなるなんて、驚きですね。 ところで、ひまわりの花言葉には「怖い」とうわさされることもしばしばあります。 「あなただけ見つめている」という花言葉には、ギリシャ神話の三角関係が由来になっている面もあります。 その昔、太陽の神だったアポロンと水の精だったクリュティエが結ばれていました。 アポロンはハンサムでとても女癖が悪かったんだそうです。 ある時、アポロンは美しいペルシャ国の女王エウコトレに出会います。 アポロンはすぐにエウコトレに夢中になってしまいました。 アポロンは姿を変え、エウコトレに近づきます。 それを知ったクリュティエは激怒しました。 クリュティエはエウコトレの父親にこのことを告げ口したんです。 エウコトレは国の王女として、父親が決めた人と結婚することが決まっていました。 父親はエウコトレを厳しく罰し、なんと土に埋めてしまったんです。 エウコトレが好きだったアポロンは、関係を邪魔したクリュティエを嫌悪するようになってしまいました。 そんな悲しみの中、クリュティエはひたすらにアポロンを思い続けて 1本のひまわりになった。 と言われています。 何とも悲しい恋の話でしたが、それほどまでに愛し、慕っていたんですね。 ずっと太陽(アポロン)を見つめているんです。 女性の美しさに欠かせないものは、ひまわりが持つ効能で解決してみませんか? ここではヒマワリのもたらす効果や効能を紹介します。 ・動脈硬化を予防する ・コレステロールを下げる ・髪の毛の健康を保つ ・ミネラル・ビタミンEが効率よく摂取できる ・アンチエイジング作用がある ・活性酸素を除去する などです。 血行が良くなり、むくみの改善になったり ひまわりオイルを使ったドレッシングなどで効率よく美肌を目指すことが出来そうですね。 ひまわりオイルを使ったシャンプーHIMAWARIも人気になりました。 ミネラルのおかげで髪も生き生きとしてくるんです。 ひまわりは、きっと女性の心強い味方になってくれますよ。

次の