さよなら を 教え て ネタバレ 結末。 「サヨナライツカ」のネタバレ&あらすじと結末を徹底解説|辻仁成

アニメ【スクールデイズ/School Days】あらすじネタバレ感想!込められた意味や評価、ラスト結末を解説

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

作品情報とキャストの紹介 小松菜奈と 門脇麦の共演で「黄泉がえり」などを手掛けた 塩田昭彦監督が自身のオリジナル脚本を映画化。 女性デュオ「ハルレオ」のハルとレオは付き人のシマと一緒に全国を回る解散ツアーに出ます。 初日からレオがライブに遅刻し険悪なムードになるものの2人は何事もなかったようにステージに立ちました。 その日はハルがレオにはじめて声をかけた日でもあった。 クリーニング工場で働き上司に怒られてふて腐れていたレオに一緒に音楽をやらないかと声をかけたのだ。 夢を持った2人は少しずつ人気が広がっていくが「恋心」が芽生えてから関係性がこじれていき解散に至ったのです。 2人の間に会話はほとんどなくなってしまったがステージでは息がピタリとあう。 そしてラストライブへ・・・。 ハルレオが歌う「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」は女性シンガー、 あいみょん、「さよならくちびる」は 秦基博が提供した。 「今のうちに確認しときたい、本当に解散でいいんだな」 レオは「イエース」と投げやりに返事しハルはちょっとふて腐れながら頷きます。 今回のツアーだけは最後までやり遂げると署名してくれと言われたハルは「約束は守るから」と契約書を後部座席に放り投げました。 全国7都市をまわるツアーに出発!!! ガソリンスタンドに到着し休憩するがレオは出会った男の車に乗り込み去ってしまいます。 シマの携帯には「ライブまでには戻る」とメールが入っていました。 ハルはタバコを吸いながら待っていたがレオが来ないので会場ではヤジが飛び交います。 レオが悪びれる様子もなくイライラしながらやってきたのでハルは声をかけると「何の日かぐらい覚えている」と封筒を渡されました。 二人にはほとんど会話はないがステージ上では息をピタリと合わせました。 ハルは中に入っていたブレスレットを手にし「レオに初めて声をかけた日だよ」と言いました。 クリーニング工場で働いていたハルは上司にこっぴどく怒られふて腐れているレオに「音楽やらない」と声をかけました。 レオはギターも弾けなかったので家に招いて基礎からしっかり教えました。 無口でいつも反抗するような態度をとっていたレオはギターを覚えると笑顔を見せるようになっていきました。 カレーを作ってあげるとレオは泣きながら食べ寄りかかってきたので頭を優しく撫でてあげました。 作詞作曲すると「いい歌だね」とレオが褒めてくれたので大切な居場所を作るために「ハルレオ」を結成したのです。 ローディを探していると元ホストでバンドの夢を諦めた過去があるシマがハルの歌に惚れ込み接触してきました。 ローディ兼マネージャーとしてハルは受け入れるが「恋愛は禁止だから」と忠告しました。 シマは売れたバンドが使っていた車を用意し「行けるところまで突っ走るぜ」と煽り、ハルとレオも拳を振り上げました。 作詞作曲をするハルが褒められるだけで歌ってるだけのレオはつまらないのでその場からいなくなります。 (ハルの良さをお前は知って話しているのかという怒りもある。 ) そうゆう時は必ず男にナンパされ微笑んでいました。 しょうもない男にばかり釣られるレオを見てハルはふて腐れ何も言わずに通り過ぎます。 シマがハルの事好きなんだと気付くレオは「勇気がないな、告白すればいいだろ」と告げます。 ハルに憧れているレオは自分は隣にいる置物にすぎないと思っており、「お前も負けてないぞ」と言われ「だったらくどけよ、車内禁煙だって初日から破られてるんだから恋愛も大丈夫だろ」と怒ります。 その頃、ハルは路上で歌っていた時のことを思い出していました。 ホームレスが頑張って生きようと「マッサージします」と段ボールに書いて突っ立ってた事がありました。 すごいと思うと同事に汚いし誰も座らないから無理だろうと思っていたが一人の女性が座ったのです。 こんな人になりたいと思ったのです(今ではなれなかった悔しさを抱える) シマはハルの父親の三回忌に来てくれと頼まれスーツを着て同行しました。 ハルは素晴らしい家庭で生まれ育ったのだと分かるが誰にも言えず苦労してきたのだと分かります。 母親からハルの幼馴染みの綺麗な女性の写真を見せられたんだと話すとレオは「それ、ハルの初恋の人だね」と言いました。 レオはハルの願いを叶えたんだから私の願いも聞いてと言い強引にキスします。 「ホテル行こう、寝てからの恋もある」と言われるシマだが自分がやっていたバンドは対バンのボーカルの女に手を付けてもめた事がきっかけでした。 その女性のことは特に何も思っていなかったので「寝てからの恋はない」と言い、ここで関係を持ってしまったら終わりだと説得します。 ハルの事が好きなシマを愛してしまったレオ、ハルが好きだがレズでレオの事が好きなんだと分かるシマ、レオが大好きだが想いを伝えられず苦しむハル。 レオはアルコールばかり摂取するようになって男遊びが激しくなりボロボロになっていきます。 ハルは心配して止めようとするが聞く耳を持ってくれません。 シマは家に乗り込みレオを助けるが男と喧嘩となり二階から転落して怪我を負ってしまいました。 「二人は付き合うと予想してたから付き合えばいいじゃん」 「出来るならとっくにしてる、シマはハルを助けるために私を命懸けで救ったんだろ」 自分が音楽をやっている意味は何なのかと聞かれたハルは「それが分からないなら辞めちまえ」と叫びました。 「お願いだから解散しないで、やめないで」と悲鳴が上がるようになり解散するなんて発表していなかったハルは怒ります。 「最初に言ったよな、解散するんだろ、だったらチケット売れるしいいじゃねーか」とシマは怒ります。 ハルから「解散して二人でやりなよ」と言われていたこともあり「レオのことじゃなくて自分の人生かんがえろよ、俺はお前の笑顔がみれないのが苦しい」と胸の内を話しキスしました。 あとは函館ライブで最後 シマはどうせもうすぐ他人になるんだからご飯一緒に食べようと誘うが親友が亡くなり葬儀のため田舎に帰る事になります。 ハルが運転し二人は無言のまま函館に向けて走らせます。 「ハルのためならなんでもするよ」とレオにキスされた事をハルは思い出します。 その時「無理しないで、わたしはハルレオが続けられればそれで大丈夫だから」と言いました。 ライブハウスに到着するとファンが並んでいました。 「最後なんだからサインしてきたら」とハルに言われレオはファンのもとに向かいます。 ライブ会場はファンで埋め尽くされ手拍子がはじめるがハルとレオは動きません。 そこに待っていたシマがやってきます。 「俺の親友は音楽だけは人生を見失うからやめろと言われていたそうだが俺はそうは思わない。 音楽やって後悔したことがない、そうだろ」 3人はステージに上がり今までのすべてに感謝して別れを告げ、そして明日に、未来への希望を信じて歌いきりました。 シマは車で送り届け「俺はもう関係ない、自分の荷物は自分でもって帰れ」と言います。 二人は荷物を持って無言で出て行きます。 シマは「やっぱり解散か」と車を走らせようとするが二人は「飯でも食いに行こう」と戻ってきました。 あれだけ感動した解散ライブのあとに復活なんてありえないと思いながらもシマは車を走らせました。

次の

王様ランキング(漫画)最終回のネタバレと感想!結末が気になる!|漫画ウォッチ

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

別れるかどうかを決断する日に、にこにことはできないよね。 ユウくんはいい雰囲気だったからいける!って安心しきってるのかな? カフェを見つけて、その店に入ります。 注文したシャーベットが運ばれてきますが、どうやって食べるか分からず少々困惑する2人。 パイナップルの上部が蓋になっていますが、シャーベット部分とくっついていて取れません・・・ 困っているところに、店員さんがやってきて、食べられるようにパイナップルの蓋部分切り離してくれました。 少ししてから、今どういう心境なのかをユウさんがミドリさんに聞きます。 何も答えないミドリさん。 教えてというユウさんの言葉に、 「どういう心境でもない」とだけミドリさん。 海に行った時には元気だったミドリさんが不機嫌そうなので、ユウさんはそれが気になるようです。 「数時間後に決まるのに、なんでそんなヘラっとしてるのか分からない」とミドリさんは言います。 「内心はヘラッとしてない」とユウさんは答えます。 「今日は深い話はしたくない」とユウさんは続けます。 その言葉に、 「それなら楽しくしよう!」と無理やり笑顔を作ったようにミドリさんは見えました。 ミドリさんが黙っていれば、会話を自分からはしないユウさん。 それにミドリさんはイライラしていました。 それは今だけでなく、 これまでもずっとそうだったことから「最後の最後までこうなの?」と怒りが沸いてきています。 ユウさんにそのことを言うと、「だって、でも」と言い訳から始まるユウさんの発言に、ミドリさんのイライラはさらに募ります。 早めに別行動をしようと提案するミドリさんに、ユウさんは別れに怯えて首を横に振ることしかできません・・・ シャーベットを食べ終わったら行くとミドリさんは一方的に話を終わらせようとします。 最終決断を前に、 「最初から決断は変わってない」と口にするミドリさん。 その後はカフェを出て強制的に別行動をとろうとします。 公園で話そうというユウさんに、もういいと逃げるミドリさん。 3年分の不満が爆発して、逃走を図ります・・・ そのまま2人で車内へ。 ユウさんがいろいろと質問することで、ミドリさんはキレてしまいます。 7日間、一緒にいてくれてありがとう。 めちゃくちゃ楽しかった。 この旅で、いろいろな人と話してミドリともたくさん話して泣かせちゃったり泣いたり。 自分の弱いところもダメなところも本当に理解できた。 それを全力で変えていきたい。 旅が進むにつれて、どうしてもミドリと別れたくない気持ちと本当に大好きで大好きでしかたない気持ちでいっぱいだった。 ミドリは決まってるかもしれないけど、ちゃんとこの言葉を聞いて決断してほしい。 僕は、自分のためじゃなくて、これから全力でミドリのために生きていきたい。 本当に、本当にどうしようもないくらい愛しています。 だから、僕と結婚してください。 ユウさんのプロポーズに対してミドリさんは・・・ いっぱい考えたけど、2年10か月いっぱい我慢して本当に辛かったけど、楽しいことの方が多かった。 もうちょっと一緒にいてみたいと思った。 すぐ怒るし、わがままだけど一緒にいたい。 そう言って、ユウさんが差し出していたバラの花束を受け取りました。 ユウさんを失うことの方が怖かった?というスタッフからの質問に、 「ユウくんを悲しませたくなかった」とミドリさんは答えました。 決断までに残された45分の間に、ユウさんはバラを買いに奔走していました。 集めたバラは21本。 その数の意味は、 「真実の愛」 帰国後のインタビューでミドリさんは・・・ 「私の決断は結婚ということで大丈夫です!」と笑顔でした^^ 気持ちが変わったのは、目の前でバラを差し出されたその瞬間。 直前にブチギレていたにも関わらず、好きだと言ってくれて結婚したいと言ってくれる人はいない、この人しかいないと思ったことが決め手だったようです! これからも仕事を頑張って、家事も少しは手伝うととても晴れやかな笑顔のミドリさんでした。 あれは、2人でどうしようって困るんじゃなくて。 ユウくんにすぐさま店員さんを呼ぶとか行動してほしかったんじゃないかな~? いろいろと頼りたい、しっかりしてほしいというミドリさんの気持ちも分かりますが、ユウさんが意識して直せる部分とどうにも直せない部分もあるだろうなと思いました。 すぐ聞かないというのも、自分でどうにかしようとまずは思うタイプなのかもしれません。 困ったね!っていうことも2人でどうすればいのかな?って考えることを楽しんでいるのかもしれませんしね! いいように考えたらの話ですが^^; ミドリさんの理想の男になると言っていたので、ユウさんが結婚に向けてさらに素敵な男性に変化するのは楽しみなことですね! 今後の2人も見てみたい!! と思ったら、 最後にミドリさんのみ帰国後のインタビューが! ミドリさんの帰国後のインタビューは、とても晴れやかな笑顔が印象的でした^^ いろいろと言えなかったことや我慢していたことも、この旅を通してユウさんに伝えることができたので結果的には参加してよかったのかもしれませんね!.

次の

アニメ 銀河鉄道999の結末を教えてください。

さよなら を 教え て ネタバレ 結末

『殺し屋1』『ホムンクルス』『HIKARI-MAN』の鬼才・山本英夫が描く異形のラブストーリー。 死ぬって、どんな感じだろう? 好奇心の極北へ--男と女。 これは…愛の物語だ。 本編あらすじ 海を目前にした丘で車椅子に乗っているカズキとマユミ。 あたりには様々な動物たちが沢山いる。 カズキの「最後だろうから目に焼きつけておくよ」というセリフから、なんらかの病気で長くないことが分かる。 カズキは、マユミをろくに触ることさえできないほど俺の身体は弱ったと嘆き、「俺が操縦するにはこの身体は大きすぎる」と目の前にいる犬に倒れ込むと、カズキは泡になり犬に吸い込まれてしまった。 カズキが消えたことにマユミが驚いていると、犬がキスをしてきた。 そのベロ使いから犬の身体にカズキの魂が入ったことを理解する。 犬にお弁当をあげて、一緒に走る。 しばらくすると犬の呼吸が粗くなり苦しそうにしている。 ヨロヨロと歩き出すと今度はアライグマの前で泡となり、泡はアライグマに吸い込まれる。 アライグマがマユミの胸を触ってくる仕草からカズキの魂がまた移動したと気づく。 一緒に歩いていると、また苦しそうになり今度はスズメに移動する。 スズメになって自由に空を飛ぶカズキ。 そして突然落下したかと思えば次にトンボに乗り移る。 どんどん身体の小さな生物に乗り移っていく。 マユミは「こんなにちっちゃな身体しか操縦できないくらいカズキの魂は小さくなってしまったんだね」と呟く。 マユミがありがとうと伝えると、トンボの目から涙が流れる。 そして、そのままトンボは海の方向に飛び去って行った。 振り向くとカズキは亡くなっており、カズキもまた泣いていた…。 夕暮れを背に車椅子を押して帰るマユミのシーンで終了。 ***感想・評価・考察***.

次の