監察医 朝顔。 【監察医 朝顔】10話のあらすじネタバレと感想!朝顔の法医という職業への熱い思い!

【監察医 朝顔】10話のあらすじネタバレと感想!朝顔の法医という職業への熱い思い!

監察医 朝顔

2020年フジテレビ系夏クールと秋クールの月9ドラマは上野樹里さんの主演で、法医学者と刑事という異色の父娘を描く『監察医 朝顔2』をお送りします。 2クール連続放送は、月9ドラマとしては33年の歴史において『監察医 朝顔2』が初となり、フジテレビ系としてはフジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』以来、実に10年ぶりとなります。 と同時に、母が東日本大震災で被災し、今なお行方が分からないという、癒えることのない悲しみを抱えている朝顔が、心の穴を少しでも埋めるかのように父と肩を寄せ合って笑顔と涙を繰り返し、恋人で刑事の 桑原真也(くわはら・しんや/風間俊介)との結婚、娘の つぐみ(加藤柚凪)の誕生を経て、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越えていく姿を細やかに紡ぎ上げるヒューマンドラマです。 『監察医 朝顔』は、視聴率では2019年夏クール放送の連続ドラマにおいてトップを獲得し、月9ドラマとしては2年ぶりに全話2桁を達成。 放送終了後には続編を望む声を含めて1000件近くも視聴者から称賛の声が寄せられるなど、まさに日本中から愛された万木家という家族が、今夏より『監察医 朝顔2』として帰ってきます。 『監察医 朝顔2』は、『監察医 朝顔』ラストの翌年春を舞台に幕を開けます。 『監察医 朝顔2』では、前作同様、各話でさまざまな事件と遺体を扱いながら、全話を通して、東日本大震災と母の死に朝顔がより深く向き合っていくことなります。 さらに父娘と、その家族のかけがえのない日々を2クール放送だからこそできる丁寧さで四季の移ろいとともに、あふれるほど情感豊かに描き切り、人は必ず亡くなるからこそ今という瞬間がどれだけ生きる意味と喜びに満ちているかということを力強く描いていきます。 法医学者とは事件性の疑いの有無にかかわらず死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師のこと。 朝顔は周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持ち、実直な人柄で自分よりもつい相手のことが気になってしまう、愛情深く心優しい女性です。 遺体を前にした朝顔は「教えてください。 お願いします」とささやきながら解剖をおこない、誰よりも懸命に、真摯に遺体に向き合っていきます。 そうして見つけられた遺体の真実は、時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった想いを朝顔に語りかけます。 『夏クールドラマ視聴率トップ! そしてフジテレビ史上最速&10年ぶり月9史上初の2クール連続放送へ! 朝顔役の上野さんは、『監察医 朝顔』クランクイン前から実際の法医学者の方に話を聞き、解剖室を見学し、岩手県陸前高田市を訪れて被災した土地を巡り、被災した方々から話を聞くなど、入念な役作りをおこない見事なまでに朝顔を好演しました。 父・平役の時任さんは、過去に上野さんと『江~姫たちの戦国~』(NHK11年1月~11月)に出演し、浅井家の父娘という間柄を演じましたが、時任さん演じる浅井長政は、上野さん演じる江がまだ生まれたての頃に、織田信長との戦で敗れ自害。 そのため『江~姫たちの戦国~』ではふたりの共演シーンはなく、『監察医 朝顔』が実質初共演となり、浅井長政が自害した1573年から446年の時を経て、ついに父娘としての共演を果たした時任さんは、上野さんとともに父娘の心の機微まで文字通り全身で演じ、TVドラマ史に残る最高の父娘を生み出しました。 夫・桑原役の風間さんは、上野さんとは『監察医 朝顔』が初共演。 恋人の時も夫になってからも陰になり日向になり、朝顔のことを守り続けた桑原の優しさと温かさを完璧に演じ、「理想の夫婦」と大いに話題を呼ぶことに。 そして、『監察医 朝顔』第5話(2009年8月12日)ラストからの出演となった娘・つぐみ役の加藤さんは、約70人のオーディションで選ばれ、キャスティング時にプロデューサーの金城綾香が「日本中の人をメロメロにしてくれると信じています」と述べた通り、つぐみの一挙一動に、日本中が一気に虜になりました。 誰かひとりでも欠ければ家族ではなくなる、絶妙かつ完璧な組み合わせの4人が織りなし、フジテレビ系連続ドラマとしては初めて東日本大震災を真正面から扱うということも放送前から注目を集めた『監察医 朝顔』は、放送開始より「涙腺が崩壊しました」「俳優さん、脚本、音楽、どれも素晴らしかったです」「最高の月9ドラマ」など視聴者から絶大な支持を獲得。 最高視聴率は14. 6%と2019年夏クールで全局トップとなり、月9ドラマとして『コード・ブルー-ドクター・ヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(2017年7月~9月)以来、2年ぶりとなる全話2桁を達成。 また、フジテレビ系として2クール連続放送の作品をお送りするのは、フジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』(2009年10月~2010年3月毎週(木)22時)以来、実に10年ぶりのこと。 また、『監察医 朝顔2』で主演を務める上野さんは、本作が初めての2クール連続放送のドラマ出演となります。 その翌年の春を舞台に『監察医 朝顔2』は幕を開けます。 いまも変わることなく、興雲大学法医学教室で法医学者として働く朝顔。 父の平はそれまでと同じく野毛山署の強行犯係で刑事として働いていました。 平は変わらず時間があれば東北へ向かい妻の遺体を探しています。 一方、朝顔の夫の桑原は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送り、娘のつぐみは、最近になって「弟が欲しい」と朝顔たちにこぼしています。 『監察医 朝顔2』では、『監察医 朝顔』と同様に、各話でさまざまな事件と遺体を扱いますが、2クール連続という長期放送であることと、自然災害が多発している昨今を鑑みて、前作では描けなかった東日本大震災以外の大規模災害にも朝顔たちは相対していきます。 父娘と、その家族のかけがえのない日々を、四季の移ろいとともに2クール連続放送だからこそできる丁寧さで、あふれるほど情感豊かに描き切る『監察医 朝顔2』に、どうかご期待ください! 注釈• 1:原作とアレンジについて ドラマの原作は漫画「監察医 朝顔」。 2006年から「週刊漫画サンデー」(実業之日本社)で連載が始まり、6巻以降は電子版のみでの発刊となるも人気を博し続け、2013年発刊の30巻をもって完結をした医療漫画となる。 原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くした、という設定だが、今回、連続ドラマ化するにあたり、東日本大震災により母が行方不明になっている、という設定にアレンジ。 フジテレビ系連続ドラマとしては初めて東日本大震災を真正面から扱う。 それに伴い原作では、ほぼ一巻でしか触れられなかった震災と母の存在に向き合う父娘の日常と心の機微を、本作では前面に押し出し、深く、そして細やかに描いていく。 2:法医学者と監察医について 監察医とは、東京23区、大阪市、神戸市などの監察医制度のある地域で、事件性の疑いがない死因不明の遺体の死因究明を専門に監察医務院に勤める法医学者。 監察医制度のある地域では、事件性の疑いのある遺体の死因究明は主に大学の法医学教室に勤める法医学者が担当する。 監察医制度のない地域では、法医学者が監察医の役割も兼ねる。 3:視聴者の声の総数ついて 『監察医 朝顔』最終回(9月23日)以降に、フジテレビ公式サイト、フジテレビ入電、『監察医 朝顔』公式サイト、『監察医 朝顔』公式Twitterに寄せられた視聴者の方からの声の総数。 4:月9ドラマの始まりについて 1962年よりトーク番組、海外作品、音楽番組などをドラマと交互に放送していたが、1987年4月6日よりスタートした『アナウンサーぷっつん物語』より、若者がターゲットの作品を中心にして、月9枠でドラマを放送することが定着した。 5:これまでのフジテレビ系2クール放送ドラマ一覧 『過ぎし日のセレナーデ』(1989年10月~1999年3月毎週(木)22時/主演:田村正和) 『ナースのお仕事3』(2000年4月~9月毎週(火)21時/主演:観月ありさ) フジテレビ開局45周年記念ドラマ『白い巨塔』(2003年10月~2004年3月毎週(木)22時/主演:唐沢寿明) フジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』(2009年10月~2010年3月毎週(木)22時/主演:唐沢寿明).

次の

上野樹里が「監察医 朝顔」で月9にカムバック!配役がズル過ぎると言う声…

監察医 朝顔

早期購入特典:ポストカード付き 上野樹里『のだめカンタービレ』以来13年ぶりの月9主演、時任三郎と初共演! 法医学者と刑事とい う異色の父娘が誕生! 7月期ドラマでトップを独走! 朝顔 が勤務する興雲大学法医学教室の主任教授に山口智子、教室のメンバーに板尾創路、平岩紙、中尾明 慶、志田未来が集結。 、坂ノ上茜、戸次重幸と魅力的な俳優陣が更なる華を添える! そんな朝顔に、父としてだけでなく仕事相手としても寄り添うのが、時任三郎演じるベテラン 刑事・万木平 まき・たいら。 一方、朝顔と平はとある過去を抱えている。 それは2011年3月11日に発生した東日本大震災。 今なお 行方不明者がいる中、朝顔の母もそのひとりだ。 本作では、各話でさまざまな事件を扱いながら、全話を通して 、ぽっかりと空いた母の穴を少しでも埋めようとするかのように肩を寄せ合い、笑顔と涙を繰り返し て、少しずつ前へ進んでいく父娘のかけがえのない日々を、あふれるほど情感豊かに紡いでいく。 【ストーリー】 万木朝顔 上野樹里 は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。 新米とはい え、周囲から一目置かれるほどに優れた技量と豊富な知識を併せ持つ朝顔は、実直な人柄で、自分よ りもつい相手のことが気になってしまうような愛情深く心優しい女性だ。 そんな朝顔は、捜査畑ひと 筋の刑事でもある父・ 平 時任三郎 とふたりで、寄り添うように暮らしている。 他愛もない会話 と穏やかな笑顔。 2011年3月11日から変わらない娘と父の日常。 そこに母の 里子 石田ひかり の姿 はない。 毎週涙しながらドラマを観た夏ドラマ あれから数ヶ月経ち待ちに待った発売初日。 予約してたので初日に到着 待ちきれず到着早々に特典映像観て 涙。 本編の最終回がもう一度観たく鑑賞 また涙。 ほんといい作品だなぁって。 震災のお話も含め、生と死について もの凄く考えさせられた作品でした😭 辛い現実を受け止めながらもご遺体やご遺族と向き合う朝顔と父の姿に感動🥺 そして影で支える旦那様や仲間たち そして、最愛の愛娘である、つぐみちゃんの愛くるしさにはほっこり🥰🌸 ほんと理想の家族・職場だと思いました。 大切な人と一緒に観て欲しいな ヒロインが法医学者で父や恋人が刑事のサスペンスドラマ自体は今更、珍しくは無い。 しかし事件の犯人キャラは殆ど重視されず、 法医学者として遺体と真剣に向き合い死者の生前の人生や人柄を解き明かしていく描写に これだけ力を入れた作品も、これまで無かったように思う。 また主人公の朝顔は優秀な若手ではあるがチート設定を貼りつけた天才キャラ等ではなく チームで仕事に取り組んでいく様を丁寧に描き、 家庭における家族とのやり取りや仕草からリアルな雰囲気を醸し出す様など イケメン俳優の持ち上げばかりを行っていた最近の月9ドラマとは根本から作劇が異なっている。 震災で母親を失った設定は原作にはオリジナル設定らしいが、これも 家庭では娘が生まれ自身が母となり、仕事に追いて友人の妻の死に関わる葛藤を抱え 公私に渡る経験を通じて少しずつトラウマを克服していく様が非常に丁寧に描かれ好感が持てました。 ここ近年の月9は終わったと言われる程低迷をしてしまっていますが、それを完璧に覆した作品だったと思います。 ここ近年でも面白かったり話題が高かった作品もあります。 杏さん主演のデートや長澤まさみさんのコンフィデンスマンJPがそれにあたりますがどちらかといえばコメディ色が強い両作品でした。 今回この朝顔はコメディではないこーいった作風の中で評価が高かった事が一番素晴らしかった。 11というワードが物語の根底の軸になっており、これがこの作品の評価の高さにつながっていると感じるし主題歌の朝顔も同じ位に優れていた。 とても良い作品だったと思うと共に月9ってやはり凄いなっていうものを残したと思います。 最終回の時円盤化の発売がなかったのでなぜと落胆しましたが、次週特別編放送となり発売に至ったので本当に良かったです 上野樹里主演で法医学者のドラマ。 そうすると比べられてしまうのが、「アンナチュラル」ですが、同じ法医学物でもちょっと違います。 殺人犯を追いつめるのではなく、テーマは事件の背景です。 遺体から事件・事故がどのように起こって、何故そのような事になってしまったのかがスポットです。 主人公の朝顔は東日本の震災で母を失っています。 刑事である父親は罪の意識もあって暇を見つけては現地へ母親を探し続けています。 主人公と父親が事件・事故の現場に立ち会う際に そもそも刑事くらいが現場に入れるのは、鑑識が調べ尽くした後ですが… 鑑識はヘアカバー、マスク、手袋、靴カバーと自分の痕跡を残さないようにしてますが、何故か主人公と父親は手袋と靴カバーのみ…。 物凄く違和感あります 笑 しかし最終回でそんな指摘も吹き飛びました。 ドラマの中で土砂災害にボランティアとして赴き、普段は司法解剖等で遺体には慣れていますが、災害現場は違います。 とてもリアルな描写に被災された方はどんなに辛かっただろうと思わずにはいられません。 そして警察、消防、自衛隊だけでなく、ボランティアとして参加した医師達のおかげで死因や全てのご遺体ではありませんが、身元確認等が出来ているんだなぁと痛感しました。 そして未だに行方不明の方が大勢います。 月日が経つとほぼ被災する事のなかった人々は段々記憶の片隅に追いやられてしまいますが、まだ苦しんでいる方達がいるのを忘れてはいけないと、このドラマで思い知らされました。 最初は「どうかなぁ」と見始めましたが、このドラマを見られて良かったです。 最終回は涙腺崩壊でした。

次の

監察医 朝顔2

監察医 朝顔

深夜、朝顔(上野樹里)の元に茶子(山口智子)から連絡が入る。 山梨県で発生した大規模な土砂災害に対し、興雲大学法医学教室に応援要請があったのだ。 朝顔は、つぐみ(加藤柚凪)を平(時任三郎)に任せ、法医学教室へと急いだ。 事故直前、現場には、桑原(風間俊介)と神崎(市川右團次)の姿があった。 反社会組織とつながり、違法な開発や投棄を行っている建設会社を追っていた桑原たちは、情報提供者の現場監督・赤井(笠原秀幸)に会い、彼の案内で不法投棄の現場を見に行っていた。 朝顔は、茶子、光子(志田未来)、高橋(中尾明慶)、絵美(平岩紙)とともに不測の事態も想定してさまざまな機材や書類を準備。 法医学教室の解剖案件は藤堂(板尾創路)と熊田(田川隼嗣)に任せて現地へと向かった。 早朝、災害対策本部が置かれた市民センターに到着した朝顔たちを迎えたのは、離婚して山梨県警の検視官に復職していた伊東(三宅弘城)だった。 事故から一夜が明け、被害状況も徐々に明らかになっていた。 土砂崩れによって下敷きになったのは、老人ホーム、建設現場のプレハブおよび社員寮、三棟の民家だという。 しかし、二次災害の危険があることから、死傷者の数はまだわかっていなかった。 待機を指示された茶子は、その間に他大学の法医や地元の医師、警察・行政関係者らと連携し、遺体安置所の設営を進める。 ほどなく、そこに遺体が運び込まれてくるが・・・。

次の